ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

今日は何の日?7月7日はマルハンで出玉のタナボタを狙え!!!

特集一覧へ
マルハン新小岩店グランドオープン!!刺激的な魅力を体感出来るハズ!!

更新日: 2015/07/07

 

7月3日(金)、東京は朝からバケツをひっくり返したような大雨。 こんな日はパチンコを日がな一日打っていたい。 そんな一日の始まりはやっぱり取材でお預け。

えー、もーいーですよ、慣れましたよ。

訪れたのはJR新小岩駅南口傍、そう、マルハン新小岩店だ。

マルハンと言えば、つい先日も新宿東宝店がグランドオープンしたばかり。 これは期待しない方がおかしいくらいだ。 オープンは12時、そして朝から大雨にも関わらず、10時前から大勢のファンが詰めかけていた。織り込み済みとは言え、相変わらず圧巻される。 屋上駐車場は詰めかけたファンで埋め尽くされ、大雨の中ファンの熱気、狙い台の話題でザワついている。

11時を少し回ったところで、入場開始。 整理券を配布してあるので混乱もなく、期待に胸ふくらますファンの足取りは軽い。 「この中に自分も入りたい」という、渇望を無理矢理に抑えつつ店内へ。

相変わらず清潔感漂う店内では、スタッフも明るく元気にお出迎え。 地下の店といっても閉塞感もなく、エスカレーターを下るとそこには左ウィングにぱちんこ「CR北斗の拳6 拳王」、右ウィングには「牙狼金色になれXX」、そして「CR大海物語3スペシャル」に「CR真・花の慶次」とかなりのボリュームだ。

左ウィングの北斗コーナーは、新たに増設された

最奥にはスロットコーナーがあり、「ニューアイムジャグラーEX」をはじめ「ジャグラー」シリーズがふんだんに用意され、「ミリオンゴッド 神々の凱旋」、パチスロ「北斗の拳 転生の章」他、人気機種は網羅。 概要としては、パチンコ「CR大海物語3スぺシャル」98台、スロットは「ジャグラー」シリーズは92台用意されているらしい。 そして、グランドオープンの為に、北斗の島を増設、内訳は4円パチンコが270台、1円が132台、20円スロットが184台、5円スロットが44台と新小岩の王者たる堂々とした規模を誇る。

店内でカウントダウンのアナウンスが始まると、すでにスタンバイ済みのファンがハンドルに、レバーに手をかける。

「3!2!1!」

一斉にスタッフがクラッカーを鳴らし、店内に賑やかな音楽が鳴り響く!

ファンは一心不乱にハンドルを回し、レバーオンと戦いの火蓋が切って落とされた。  

と、瞬く間にマリンちゃんの聞きなれた声で「リーチ♡」続けざまに「おめでとう♡♡」。 慶次がキセルをポーンポーン、牙狼はヤミテラスリーチから牙狼剣を差し込んで・・・・。

いかん、目の毒だ。何かの間違いだ、見なかったことにしよう、そうしよう! スロットコーナーに逃げ込んだものの、ジャグラーはペカり、年配のファンが目押しを一発成功、ミリオンゴッドはパルテノン神殿にたどり着いた猛者がニヤけている。

あぁ、やっぱりここも目の毒だ。 スロも下皿にドンドンメダルが溜まり、あっという間に4円パチンココーナーにも玉箱が2箱、3箱、4箱・・・・と積まれ。

いかん、気が狂いそうだ! そうだ、1円パチンコに行こう! マルハン新小岩店では、4円パチンコは玉積みだが、1円コーナーはマターリ各台計数器。 ここは安全地帯だ。  と、思ったのも束の間。 玉積みがないだけで、右の島の台が大当たり!続けざまにその右隣のお兄さんにリーチが舞い降り、左の台も大当たり。これはサイド・バイ・サイドじゃないか! そして、その真後ろの熟女も連鎖で?大当たり。 テールトゥノーズ、前も後ろも左右も!囲まれたっ、逃げ場がない!!!  もはや、説明するまでもなく、中央通路を挟んで低貸しの5スロコーナーでもBBを引いてる学生らしきお兄さんも、主婦らしきお姉さんも嬉々としてレバーを叩き、リールを止める!止める!!止めまくる!!! 仕舞いにはこちらの息の根まで止められるんじゃないかと戦慄を覚える。

嗚呼、毎回マルハンでは伝説の「オスイチ」を目の当たりに出来る。 ただ、体感出来ないだけ。 あのカウントダウンからわずか1時間余り。 ついにお呼びがかかるのを待っていましたとばかりに、別積み専用箱(通称BB)がスクランブル(緊急出動)!

某芸人のように「スタッフぅ~」と呼ばれる前から気の利いたイケメン店員が颯爽と登場!別積みが、そして玉箱タワーが、至る所に林立!

いや、既に富士の樹海のような様相を呈している。 この出玉の森で、自分の打つ台がないばかりに道に迷った冒険者のようにヘトヘトになる。

嗚呼、圧巻のマルハンタワー!!

そして、この記事が読まれるころ7月7日(火)は、ここマルハン新小岩店は10時オープン。 スロットなら天井狙いなどしなくても、パチンコでも自分の打ちたい好きな台を選ぶだけで楽しめそうだ。 考え方によっては、初心者はいかに台にありつくか、その努力だけで十二分に余暇を楽しめるだろう。 ちなみに、このグランドオープンの7月3日、新小岩店は[しちみ]と覚えておくと良いかもしれない。

そして今日7月7日、いつ行くの?今日でしょ?

写真/文 パパラッチョ〇野

この記事の関連情報

関連する店舗

関連する機種

この記事に関連する店舗の来店レポート

このページのトップへ