機種情報

icon

ミリオンゴッド-神々の凱旋-

facebook twitter

設置店検索

ユーザー評価

3.36
(158件)
AT 天井有
メーカー名 ユニバーサルブロス
機械割 調査中
導入開始日 2015/04/06
機種概要 GOD揃い=大量出玉というシンプルなゲーム性と圧倒的な出玉性能で人気を誇る回胴界の神が再び我々の前に現れる。その名も『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』。
本機は5号機初のゴッドとなる「神々の系譜」の流れを汲むマシン。基本的なゲーム性は系譜を継承しつつも、100G継続のGGは純増3.0枚のATへとパワーアップし、さらなる出玉性能を獲得している。

ボーナス出現率

ゲームフロー

icon

演出情報

通常時

液晶ステージ・通常時

裏天国時・演出発生率

液晶演出

停止図柄・見どころ

●高モード期待度
奇数のみ<左偶数+奇数ケツテン<偶数順目<左奇数+奇数ケツテン<奇数順目<0ハサミ(中奇数)<奇数ハサミ(中奇数)<Vハサミ(中奇数)

リーチ目一覧

チャンス目一覧

演出期待度

基本的な演出法則はこれまでのシリーズを踏襲しており、期待度の低い演出でも連続で発生すればチャンス。アルテミスの矢での青7リプレイハズレなど演出と成立役の絡みによってモードを示唆するパターンも用意されている。

前兆中に発生しやすい演出

前兆中は液晶演出が頻発しやすい傾向にあり、雷演出などの弱めの演出でも頻発すれば前兆の期待大。消灯演出や枠揺れ演出の頻発も前兆中に発生しやすい。チャンス役非成立でもGG当選するケースがあるため、演出頻発時は状況を問わずしばらく様子を見るようにしよう。

モードに関わる演出

モード示唆演出は基本的に神々の系譜を踏襲。ブラックホールの1G終了やアルテミスの矢の青7リプレイハズレが発生すれば高モード滞在に期待できる。また、光の風はモードアップ示唆となっており、リプレイ時に吹けばモードアップ濃厚。風が通常と逆に吹くパターンもモードアップの期待大となる。ステージチェンジ発生時はチェンジする方向や順番にも注目したい。

GOD成立時に発生した演出(実戦上)

先読み時は「3」が止まった場合でも問答無用で7が停止するパターンや、V31などのリーチ目からGOD揃いとなるパターンがあるため、予告図柄が3でも諦めは厳禁。遅れ発生時はPUSHボタンからのフリーズ発展があるため、忘れずにPUSHボタンを押そう。なお、演出ナシ時は最後まで演出のないパターンと第1停止でフリーズするパターンを確認。GOD時の演出はかなり多彩だ。

赤7成立時に発生した演出(実戦上)

赤7成立時は基本的に強めの演出が発生。弱めの演出から入賞というパターンは少ないと思われる。また、GOD揃い時に見られた炎からの太陽の戦車止まりサンプルは確認できず、必ず先読みまで発展して「3」表示からの赤7入賞となった。太陽の戦車発生時は先読みの有無に注目したい。なお、新演出となるボタンのロングバイブは驚くこと間違いナシ。一度は味わいたい演出と言える。

特殊役「中赤7・赤7・GOD」成立時に発生した演出(実戦上)

特殊役成立時は赤7成立時と似たような演出傾向。基本的にはアツめの演出が発生しやすいようだ。最終的に逆風が吹くケースが多かったことを考慮すると、系譜同様に特殊役成立時はモード爆上げの可能性大。逆風のモードアップ示唆としての役割の強さも見て取れる。特殊役成立だけでは何も起こらないためガッカリしがちではあるが、高モードに期待できるだけに勝負はここからと言える。

中段黄7成立時に発生した演出(実戦上)

GODや赤7成立時に比べると演出は明らかに弱め。モードアップ契機となるだけに演出後に風が吹くケースが多く見られた。黄7成立時は、その後の展開に注目と言ったところだろう。なお、系譜では天国滞在時に中段黄7を引けば超高確率でGG当選。中段黄7からのGG当選ならループ率ストックにも期待できた。系譜を継承するマシンだけに、中段黄7が大量出玉に繋がる可能性は高い。

裏モード・天国示唆パターン

GG当選告知系の演出

ブラックホールは3連続でチャンス、4連続でGG確定。心臓演出は鼓動が高速になればGG当選の期待大で、巨大化やボタン演出もGG告知時に発生しやすい演出のひとつ。また、GG告知時は各演出に鏡が絡みやすいため、第1停止時に鏡が出るかどうかも注目ポイントとなる。なお、アツい演出発生時は赤7やGODの可能性アリ。

G-STOP・チャンス目

※「ハズレ」は1枚の払い出しがあるものも含む

表の高モード示唆パターン

G-ZONE終了後は基本的にアクロポリスの丘スタートとなるが、他ステージからスタートすればその時点でGGストックあり確定。さらに、遺跡スタートなら天国ロング以上が、泉ステージや神殿ステージなら天国ショート以上が確定する。

表モードと各前兆示唆パターン

液晶出目出現率・滞在モード別

モードアップ期待度・光の風(左→右)発生時

Gゾーン中演出シナリオパターン

※「強出目」時は奇数ハサミ中奇数などの高モード示唆目が停止するがモード示唆の役割はしていない ※「Vテンパイ」時は75%で鏡が出現
※中段黄7や右上がり黄7など特定の役を引いた場合は偶数揃いになるなど、シナリオ通りにならないパターンもあり

Gゾーン中のシナリオは全30種類あり、No.20以降はGG確定シナリオ。確定シナリオは鏡が頻発する傾向にあるため、鏡が頻発すればGG連チャンの期待が高まる。また、5G目まで奇数テンパイが一度も発生しないシナリオはNo.19or20のみとなっており、確定シナリオとなるNo.20では5G目に必ず鏡が出現。バラケ目4連続時は、5G目の左リールが勝負所と言えよう。

GG後のステージ

AT・ART・RT中

GOD成立時に発生した演出(実戦上)

楽曲変化

アメイジング・グレイスは発生した時点で残りGG個数5個以上確定。1~4連目での発生や2連続発生なら、さらなる特典が見込める。発生時は現在の連チャン数にも注目しよう。なお、超限定的な条件を満たすとベートーベンの名曲が流れる可能性アリ。クリア条件は容易ではなさそうだが、流れればまさに歓喜と言えよう。

裏天国時・演出発生率

液晶演出

液晶ステージ・GG中

GG中・限定演出

お馴染みのGG中の「?」ナビは健在。ハズレやチャンス役に対応している。また、ボタン演出から「AMAZING GRACE」の文字が出現するパターンも存在。

GG中・上乗せ時の演出

チャンス役やハズレ後に奇数テンパイが発生すれば上乗せのチャンス。右図柄が奇数だと演出継続となり、奇数テンパイ3連続で激アツとなる。奇数テンパイ中のリーチ目は上乗せ確定だ。

宇宙ステージ・移行条件

●SGGとゴッド揃いがかぶると専用の宇宙ステージ

ステージ移行すると、映画2001年宇宙の旅でお馴染みのクラシック音楽「ツァラトゥストラはかく語りき」が流れる。

SGG・赤7揃い時に発生した演出

GG中・チャンス役成立に期待できる演出

GG中も基本的な演出傾向は通常時と同じ。炎演出やボタン演出が発生すればチャンス役成立の期待大となり、神の雷や天空の扉が発生すれば赤7やGOD揃いの期待大となる。なお、雷演出は通常時と異なり前兆中以外の発生で激アツ。いきなり雷演出が発生した際は、各リールに赤7を押そう。

GG中・モードに関わる演出

中段黄7成立時に発生した演出(実戦上)

特殊役「中赤7・赤7・GOD」成立時に発生した演出(実戦上)

赤7成立時に発生した演出(実戦上)

プレミアム演出

ポイント

プレミアム演出

出現した時点で赤7orGOD揃い確定となるプレミアム演出も多数存在。今作から追加されたデカCHANCEボタンやボタン演出からの「神熱」など、プレミアム演出だけにひと目でそれと分かる演出が多い。出現時は周囲の注目を集めること間違いナシだ。

icon

解析情報通常時

基本・小役関連

小役確率・各種当選期待度

ゴッド揃い確率

GG当選&モードアップ期待度・各役成立時

成立役ごとのGG当選期待度やモードアップ期待度は上記の通り。基本的な役構成や役割は神々の系譜を踏襲しており、GODや赤7揃いなら状況を問わずGG確定、中段黄7成立でハイチャンスとなる。GG当選のチャンスを逃さないためにも各役の役割は必ず暗記しておこう。もちろん、チャンス役成立後の即ヤメは厳禁である。

通常時・「青7」「黄7」連続成立割合

小役確率

モード関連

内部モード・基本解説

8種類の表モードと3種類の裏モードでGG当選を管理。各モードの役割は系譜を踏襲しているが、今作ではGG当選すれば3連以上確定となるVモードが追加された。なお、表と裏のダブル抽選は健在だ。

表モード移行率・設定変更時

設定変更時のモード移行率には設定差があり、設定5・6は低確率1に移行しにくく、設定3・5・6は低確率2や天国準備に、設定4・6は通常に移行しやすい傾向にある。決定的な差はないが、朝イチの挙動は要チェックだ。

モード移行率・各役成立時(低確1)

モード移行率・各役成立時(低確2)

モード移行率・各役成立時(通常)

モード移行率・各役成立時(天国準備)

モード移行率・各役成立時(Vモード)

モード移行率・各役成立時(天国ショート)

モード移行率・各役成立時(天国ロング)

モード移行率・各役成立時(超天国)

モード移行抽選・前兆中

前兆中もモード移行抽選は行われるため油断は禁物。非本前兆中のGゾーン時も通常時とまったく同じ数値で抽選が行われる。なお、本前兆中及び本前兆中のGゾーンでは専用の数値を参照してモード移行抽選。ただし、こちらも通常時の設定1と同じと考えて差し支えないレベルとなっている。

裏モード移行率・滞在モード別

通常時はハズレor右上がり黄7時に裏モードの移行抽選。裏低確からの裏天国準備or裏天国移行率は設定4と6が優遇されており、とりわけ設定6は別格の数値となっている。また、裏天国準備中は裏天国移行率に設定差がないものの、裏低確への転落率に大きな設定差が存在。設定4以上が落ちにくい傾向にある。裏天国への移行は、高設定のサインと考えて良いだろう。

AT・ART・RT関連

当選契機

GG当選契機

リプレイの連続がG-STOP抽選になるなどの変更点はあるものの、やはり基本的には系譜を踏襲。

GG当選率・「黄7」3連時

GG当選率・モード別

GG当選率・裏天国時

裏天国滞在時は、通常時…下段黄7成立時の4分の1、GG中…上段青7成立時の6.4分の1でGG当選。移行率はかなり低いが、移行すれば大量ストックに期待できる。裏天国中に発生しやすい演出は、必ず暗記しておこう。なお、GG本前兆中&SGG中はGG中の数値を参照して抽選。G-STOP中&Gゾーン中は無抽選となる。

GG当選率・5G以内の小役履歴別

通常時は小役履歴に宝石などが複数個出現するとGG抽選。宝石が2個なら12.5%、3個なら50%、4個なら100%GGに当選。

前兆ゲーム数・振り分け

自力当選ゾーン

突入契機

G-STOP当選率・「青7」3連時

G-STOP突入率(設定1)

ゾーン中当選契機

G-STOP・見どころ

G-STOP・内部抽選の流れ

G-STOP・出目グループと鏡割合を考慮した各図柄当選割合

※リーチ目はリーチ目のみ当選した場合の値
※リーチ目と他の出目で複数当選した場合は図柄揃いのほうにカウント

GG中のG-STOPには鏡高確と鏡低確からなる2種類の内部状態が存在。鏡高確中は、GG当選率はもちろんV揃いや7揃い期待度も大幅にアップする。

G-STOP・図柄グループ別図柄組み合わせ内容

G-STOP中はレバーON時に成立役に応じたグループ選択抽選。グループによって図柄の組み合わせ内容が異なる。チャンス役成立時や鏡高確中は、必ず鏡のあるグループが選択されるため図柄揃いの大チャンスだ。図柄揃い期待度の低い鏡ナシ時は、リーチ目停止を願うのもアリだろう。

G-STOP・成立役別図柄グループ選択率

※押し順3枚役・押し順15枚黄7・各1枚役こぼし

・チャンス役を引けば選ばれるグループはC・D・G・Hのみ…つまり鏡2個以上確定で7orVorS揃いの大チャンス到来!!

G-STOP・図柄振り分けの例

図柄振り分けは基本均等となっており、1図柄20%の割合で選択。鏡に変わった個数分だけ鏡選択割合がアップする。つまり、鏡3個時は20%×3で鏡出現率60%。左で鏡が停止すれば中でも60%で鏡出現となるため、上のパターンならVorS揃い確定となる。

G-STOP・GOD揃い

G-STOP中にGOD揃いや赤7揃いが発生した場合は、図柄揃い抽選が行われずにG-STOP終了。よって液晶で揃った分+GOD揃い分or赤7揃い分とはならず、GOD揃いであればGOD分のみの、赤7揃いであれば赤7分のみのストック獲得となる。かなりレアなケースではあるが参考までに覚えておこう。

G-STOP・図柄減算抽選値

7・V・Sのみで構成されたハサミ目が出現すればHOLD目となり、次ゲームで中図柄のみが再始動。レバーON時の成立役に応じて図柄減算抽選が行われ、最大で4個の図柄消滅の可能性がある。チャンス役成立なら1個以上の図柄消滅となるため図柄揃い期待度大幅アップだ。

G-STOP・各グループ別停止図柄選択率

icon

解析情報ボーナス時

基本・小役関連

基本解説

AT「ゴッドゲーム」・基本解説

液晶ステージは4パターン。今回も開始時のモードとストック数を示唆しており、ポセイドン以上ならば残りストック1個以上が確定する。

セット数のループ抽選・ポイント解説

GG後は必ずG-ZONEに突入。ここで液晶図柄が揃えば、セット数継続確定となる。ちなみに系譜では揃わなくてもわずかにチャンスがあったが…。

小役確率・各種当選期待度

GG当選期待度・各役成立時

GG中・「青7」「黄7」連続成立割合

小役確率

AT・ART・RT中・モード関連

モード移行率・各役成立時

GG中のモードは通常時から引き継がれるものの、GG中のモード移行率には設定差ナシ。モード転落役こそ異なるが、通常時と似たようなモード移行抽選が行われる。大量出玉獲得を目指すためにも、コインを増加させつつ上位モードへの移行を目指したい。なお、GG中のみ押し順右上がり黄7と押し順不問右上がり黄7でモード移行率が変化する。

AT・ART・RT中・上乗せ&ボーナス関連

赤7揃い・見どころ

赤7揃いで突入する「SGG」は最低16G継続。その間は赤7確率が大幅にアップし、赤7が揃えば1セット上乗せ&SGGゲーム数が16Gに巻き戻されるSTタイプ。さらに、SGGのゲーム数が減らなくなる上に赤7確率もアップする「メデューサモード」も存在。

SGG・基本解説

SGG中にメデューサが登場するとゲーム数減算がストップ。メデューサ中は赤7出現率もアップする。また、メデューサ中のみチャンス役でストックしてもゲーム数が巻き戻る可能性があり、その際は50%の割合でSGGの上位バージョンSGG-EXに昇格。大量ストックの大チャンスだ。

セット数上乗せ・ポイント&当選期待度

GG中のセット数上乗せは、基本的に奇数テンパイの連続から告知に至る。このあたりの法則も系譜と同じで、右の図柄が奇数だったら次ゲームも奇数テン確定。3連続以上でチャンスとなる。

SGG・メデューサ当選率

上乗せ当選率・「押し順右上がり黄7」成立時

G-STOP抽選・「3枚役」5連時

G-STOP突入率(設定1)

G-STOP・出目グループと鏡割合を考慮した各図柄当選割合

※リーチ目はリーチ目のみ当選した場合の値
※リーチ目と他の出目で複数当選した場合は図柄揃いのほうにカウント

GG中のG-STOPには鏡高確と鏡低確からなる2種類の内部状態が存在。鏡高確中は、GG当選率はもちろんV揃いや7揃い期待度も大幅にアップする。

SGG-EX・基本解説

SGGの上位バージョン「SGG-EX」は、系譜における超天国EG的な位置付け。見た目上は通常のSGGと変わらないが、SGG-EX中は上乗せ確率が約3分の1にまでアップする。突入は容易ではないが、突入すれば大量ストックは貰ったも同然と言えよう。

SGG・救済措置

SGG・小役履歴による各種抽選

通常SGG中も小役履歴による各種抽選は健在。宝石出現率もアップしているため、赤7揃いがイマイチの場合にもGG当選に期待できる。メデューサ中の巻き戻し契機含め、小役履歴は要チェックだ。

G-STOP・図柄グループ別図柄組み合わせ内容

G-STOP中はレバーON時に成立役に応じたグループ選択抽選。グループによって図柄の組み合わせ内容が異なる。チャンス役成立時や鏡高確中は、必ず鏡のあるグループが選択されるため図柄揃いの大チャンスだ。図柄揃い期待度の低い鏡ナシ時は、リーチ目停止を願うのもアリだろう。

G-STOP・成立役別図柄グループ選択率(鏡低確)

・チャンス役を引けば選ばれるグループはC・D・G・Hのみ…つまり鏡2個以上確定で7orVorS揃いの大チャンス到来!!

G-STOP・成立役別図柄グループ選択率(鏡高確)

・チャンス役を引けば選ばれるグループはC・D・G・Hのみ…つまり鏡2個以上確定で7orVorS揃いの大チャンス到来!!

G-STOP・図柄振り分けの例

図柄振り分けは基本均等となっており、1図柄20%の割合で選択。鏡に変わった個数分だけ鏡選択割合がアップする。つまり、鏡3個時は20%×3で鏡出現率60%。左で鏡が停止すれば中でも60%で鏡出現となるため、上のパターンならVorS揃い確定となる。

G-STOP・図柄減算抽選値

7・V・Sのみで構成されたハサミ目が出現すればHOLD目となり、次ゲームで中図柄のみが再始動。レバーON時の成立役に応じて図柄減算抽選が行われ、最大で4個の図柄消滅の可能性がある。チャンス役成立なら1個以上の図柄消滅となるため図柄揃い期待度大幅アップだ。

G-STOP・各グループ別停止図柄選択率

SGG・巻き戻し時ループストック振り分け

巻き戻し時は液晶上の残りゲーム数を参照してループストック抽選。

SGG・EX格上げ抽選

SGG・メデューサ関連の詳細数値

SGG中のチャンス役成立時はメデューサ抽選が行われ、当選率とゲーム数振り分けは成立役によって変化。メデューサ中はチャンス役でも巻き戻し抽選が行われ、当選時はSGG-EXへの格上げに期待できる。なお、逆押し赤7成立時は100%でSGGとなっているものの、次ゲームはレバーONによる格上げ抽選が行われる。

GG上乗せ確率・各役成立時

※超天国時は全設定共通で4分の1で上乗せ


※小役連続成立や確定役での上乗せは除く

上乗せ確率は成立役と滞在モードによって大きく変化する。ただし、現実的に上乗せが見込めるのは天国ショート以上のみ。押し順不問右上がり黄7からの上乗せ発生なら天国ショート以上の可能性が、中段青7からの上乗せ発生なら超天国の可能性が高まる。なお、SGG-EX中の上乗せ確率は別格。毎ゲーム約4分の1で上乗せ当選が見込める。

GG当選率・裏天国時

裏天国滞在時は、通常時…下段黄7成立時の4分の1、GG中…上段青7成立時の6.4分の1でGG当選。移行率はかなり低いが、移行すれば大量ストックに期待できる。裏天国中に発生しやすい演出は、必ず暗記しておこう。なお、GG本前兆中&SGG中はGG中の数値を参照して抽選。G-STOP中&Gゾーン中は無抽選となる。

裏モード移行率・滞在モード別

GG中はハズレor右上がり黄7成立時にモードアップ抽選が、上段青7成立時にモード転落抽選が行われる。通常時に比べ転落率がアップしているものの、モード昇格率は通常時同様に設定4と6が優遇。とりわけ設定6は別格の数値で優遇されている。また、モード転落率は設定5が突出して落ちにくく、裏天国に移行さえしてしまえば設定5は裏天国のロング継続による大量出玉に期待できる。

SGG・小役履歴によるGG当選率

G-STOP・鏡高確当選率

鏡高確に当選すれば毎ゲーム鏡が出現するためGG当選の大チャンスとなるが、鏡高確当選率は激低。青7×5連の64分の1、「3枚役5連からの当選時」からで見ても57分の1でしか鏡高確にならない。GG中のG-STOPは基本的に鏡低確と考えて良いだろう。

ループストック抽選

初当り時は天国ショート&天国ロング滞在なら25%以上のループストック確定。超天国滞在なら50%以上のループストックが確定する。GG中・ハズレからの当選はその大半が1%ループとなるものの、ハズレ以外での当選ならば25%ループは現実的。チャンス役による上乗せなら4分の1で1%ループ以外だ。

icon

設定推測ポイント

内部状態・モード関連

裏モード移行率・滞在モード別

通常時はハズレor右上がり黄7時に裏モードの移行抽選。裏低確からの裏天国準備or裏天国移行率は設定4と6が優遇されており、とりわけ設定6は別格の数値となっている。また、裏天国準備中は裏天国移行率に設定差がないものの、裏低確への転落率に大きな設定差が存在。設定4以上が落ちにくい傾向にある。裏天国への移行は、高設定のサインと考えて良いだろう。

AT・ART・RT関連

GG当選率&G-STOP当選率

リプ3連からのG-STOP当選は設定6でのみ確認。何度も当選を確認できれば粘る価値ありだ。なお、サンプルは少ないが黄7×3連からのGG当選率に大きな差は見られなかった。確率も低いため、参考程度の要素と言える。

上乗せ当選率・「押し順右上がり黄7」成立時

GG初当り確率

G-STOP当選率・「青7」3連時

青7が4連した際はG-STOP確定となるが、その際はもちろん3連時の抽選も行われている(「黄7」3連時も同様に抽選)。3連時の抽選に当選&4連時のG-STOPがGGに突入した場合は設定推測的に「?」となってしまいがちなので解説しておくと、3連時のG-STOPは一旦ストック。GG終了後の通常時に前兆を経てG-STOP突入となる。

GG当選率・「黄7」3連時

青7×3連時のG-STOP当選率ほどではないが、黄7×3連からのGG当選率にも設定差が存在。サンプル採取に難はあるが、小役履歴に注目しつつ、カウントして設定推測に活かしたい。

GG当選率・モード別

GG当選率に設定差が設けられているのは、低確1or2・天国準備・通常滞在時のみ。チャンス役成立時のGG当選率は基本的に偶数設定が優遇されているため、通常以下と思わしき状態でチャンス役からGGに当選すれば偶数設定の期待が高まる。また、低確1or2・天国準備滞在時のハズレ・通常青7からのGG当選率は高設定が優遇。天国以外での謎当り発生は高設定のサインだ。

濃厚パターン

天井ゲーム数振り分け・設定変更時

設定変更時は天井が510Gor1000Gor1480Gとなり、1480G天井が選択されれば設定4以上確定。リセットの有無が見抜けないため、見極めにはホール状況の把握が必須となるが、朝イチに1000G以上ハマった台は要チェックと言えよう。

icon

天井ゾーン止め時

狙い目ゾーン・天井・止め時

天井突入条件

GG後1480G+前兆。※リセット時は510Gor1000Gor1480G

天井仕様

GG当選(ループストック継続率1%…50%、80%…50%)。

リセット仕様

リセット時 天井までのゲーム数…1000G(+前兆)。 内部モード…再抽選。 液晶のステージ…泉ステージ(液晶出目は0・1・2)。 電源OFF/ON時 天井までのゲーム数…引き継ぐ。 内部モード…引き継ぐ。 液晶のステージ…泉ステージ(液晶出目は0・1・2)。

天井

天井・設定変更時の振り分け

設定変更時も天井到達時の恩恵は同じ。80%継続のループストックに期待できるため、リセット台は狙い目だ。

icon

打ち方朝イチ

打ち方・小役

成立役&停止型(実戦上)

基本的な成立役は系譜を継承しているが、所々で若干の変更が加えられている。右上がり黄7と中段青7の出現率が逆転している。実戦の感触から、役割も変わったように思われる。

朝イチ・宵越し

朝イチ挙動

表モード移行率・設定変更時

設定変更時のモード移行率には設定差があり、設定5・6は低確率1に移行しにくく、設定3・5・6は低確率2や天国準備に、設定4・6は通常に移行しやすい傾向にある。決定的な差はないが、朝イチの挙動は要チェックだ。

初当りゲーム数分布・リセット時(実戦上)

リセット時の初当りゲーム数分布を見ても分かる通り、501〜550Gの初当り件数が明らかに突出。リセット時は500G付近に仮天井が設けられている可能性が非常に高い。また、実戦上は1050Gを超える大ハマリもナシ。リセット時は天井が1000Gに短縮されているものと思われる。

■ただし実戦上単発が多かったので仮天井に期待しての過剰な投資は厳禁

ユーザー評価詳細

一覧へ

  • 大敗しても一発逆転のchanceがあるから好き

    3.67

    ムック

  • 楽勝で勝てます

    4.17

    万枚くん

  • GOD中毒です。 今月5日打って、115000+9800+5400+5000+5000枚 勝ちは、20万円てすが!

    4.00

    mithriru

  • コイン持ちは悪いと思う。ハーデスよりはゲーム数の振れ幅がない分、安定して 出ると思う。

    3.83

    プジン

  • 今年はGODinGODinGODで17000枚!今日はG-stop7揃いからのGOD2回で取りきれずの11500枚!やめられない‼

    3.67

    ゆきちん

この機種の関連情報

特集

動画

ブログ

このページのトップへ