ヘルプ

特集

【実戦企画】勝利の境界線 第9回

特集一覧へ
回る=勝てるの方程式に迫る!!

更新日: 2016/01/13

 

この回転率を守れば負けることはない…それがボーダーラインである。
ボーダーを1回転以上越える台を実戦し、理論値で勝てるのかを証明していく。
基本ルールだけでなく、止め打ちは保留4個止めなど最低限のみといったルールも加え、誰でも実行可能なルールでの実戦を敢行。
理論に基づいた立ち回りをすれば結果は必ずついてくる…。

 

何事においても結果というのは大事なことである。
仕事はもちろん、学業でさえテストの点数が高ければ、日頃から勉強をしていなくても進級、進学ができるのだ。
現状のメガネは、この結果=勝利ができていない。
どんなにボーダー+1回転以上の台を打てているといった過程が良くても、勝てなければどうしようもないのだ。

とにかく、大きく勝てなくても確実な勝利という結果を得るために、今回は大当り確率の高い羽根デジタイプの機種で実戦をしようと思う。
コートが必要になってきた季節とおなじように、お財布の中身も寒々しくなってきたし…。

MAXタイプやミドルタイプとは違い、羽根デジタイプはバラエティコーナーとなっているところが多いため、ホールの選び方も重要。
すべてのホールにいえることではないが、まとまった台数で導入されている機種のほうがボーダー+1回転以上の台に巡り会える可能性は高いのだ。
そこで、ネットや知り合いへの聞き込み、現地での調査を入念におこない実戦の舞台を決めた。

結果が大切と言いつつも、台やホールを選ぶといった過程に使った時間のほうが長かったな…。

 

実戦に選んだホールは並び順ということで、早めに家を出発して1桁の整理券を確保。
開店後は真っすぐ、羽根デジコーナーに向かおうと考えていたのだが、途中にあった『CRセンゴク-史上最も失敗し挽回した男-』が気になり、台を確保してしまった。
このホールに導入されてから日が浅いということに加えて、ライトミドルながら高い連チャン性能を持っている…つまりボーダー+1回転以上回るだけでなく、大勝できる可能性があるといった甘い誘惑に負けた…。

まぁ、勝利の境界線を越えていれば実戦の趣旨からもズレてはいないし、問題はないだろう。最初の作戦とは少し違うが、終わり良ければ全て良しというやつだ。

まずは125玉の回転率を計ってみると9回転、250玉で18回転。
イヤな予感がしつつも500玉まで使ってみると、トータルの回転数が33回転とボーダーにすらとどいていない…。

やはり、結果をだすためには過程も大切だな…。その場の思いつきではなく、しっかりと考えてきた通り、羽根デジコーナーに移動をしよう。

 

早めに移動をしてきたのだが、やはり時間が経つと狙っていた台は、ほとんど埋まっていた…。
羽根デジタイプの機種が注目されており、シビアに台を選んでいるプレイヤーも多いホールなので、開店直後のタイミングを逃すとボーダー+1回転以上の台は確保しづらいのだ。

自分のミスを嘆いていても仕方がないので、とりあえずボーダーが甘い『CRぱちんこAKB48 バラの儀式Sweet まゆゆVersion』で実戦を開始。
朝イチに確保する予定だった機種のなかでは優先順位が低く、少し回されていたため、不安になりつつも回転率を計ると125玉で14回転と調子が良い。
さすがに、そのままの勢いが続くわけではなかったが、500玉を使ったところでは40回転とボーダー+3回転以上!

45回転、68回転と初当りも順調に獲得できているので、あとはとにかく回すだけだ!!

 

すべてが順調に進んでいるときに想像することといえば、成功をしている自分の姿だろう。
羽根デジタイプを打っている今回ならば一撃での大量出玉獲得はいないが、少しずつ、確実に持ち玉を増やしているといったところだ。

まぁ、そんな想像をしているときは大半が真逆の展開となっており、いまも投資が止まることなく、淡々と通常時を消化している…。
ここまで当たらないと錯覚にもおちいるのが人間というもの。
ハンドルから風(幻想)を感じ、得意げに写真を撮ってしまったのはここだけの話だ…。
ただし、回転率のほうはボーダー+1回転以上をキープしているため、初当り確率と連チャン数が理論値に近い数値になってくれれば勝てるはずなのだが…。

3回目の初当りを獲得するころにはトータルの投資が4250玉。
結果だけを求めるならば、1回の大当りで2000発以上の出玉を獲得できる機種を打てば、たったの2回の大当りで差玉を±0にすることができる。
キレイな女性の甘いささやきのように、他の機種が魅力的に映ったが、期待値ってやつを信じて実戦を続行した。

 

4回目の初当りでは、差玉こそプラスの領域までもっていくことはできなかったが追加の投資はナシ。
持ち玉がすべてノマレる間際での大当りとなった5回目の初当りなど、回っている恩恵はしっかりと感じられているのだが、勝利という結果にはなかなか結びつかない。
勝てそうで勝てない…目の前にエサを置かれたまま、待たされている犬のような感覚を覚えつつ実戦を終えた。

大当り確率が収束しやすい羽根デジタイプということに加えて、電サポ状態が短く、通常時の回転率が大きく影響するスペックでも敗北と最悪の結果…。
仕事や私生活では結果をだすことができない負け組なだけに、実戦くらいは勝ち組になりたかった…。

 

1つの保留で何度も変動するようにみせる演出が多々あるため、保留4個での止め打ちをするときも注意が必要。
今回、実戦をした『CRぱちんこAKB48 バラの儀式Sweet まゆゆVersion』のアンコールモード中でいえば、液晶の左下に保留の数が表示されているので、よく見ておこう。
ささいなことでも、回転率のアップに繋がるぞ! まぁ、どれだけ回っても、負けたんだけれど…。

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ