ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

地上の“楽園”はここにアリ!笑顔の華咲き乱れる「楽園袋井店」はやっぱり楽園だった

特集一覧へ
ヤバイラーとも会える!?「楽園袋井店」に行ってみよう!

更新日: 2016/06/01

「うわぁぁぁぁぁ・・・・・・・」(((((三ヽ(≧Д≦)ノ

 

拝啓、ぱちタウン読者の皆様へ。

まだ5月だというのに、真夏日続きの中、いかがお過ごしでしょうか。

私こと、編集部・矢ナリーは「楽園」グループのマスコット「ヤバイラー」に追いかけられております。私が何をしたというのでしょうか(汗

敬具

 

 

今回の取材の舞台は静岡県袋井市。

ホール名は『楽園袋井店』。

 

取材当日は5月22日、さっぱりとれた日曜日。

日付がゾロ目で、日曜日、天気も快晴と、かなり縁起のよさそうな取材日和だ。

道中には日本一の富士山もお目見え。まるで“晴れの休日出勤”を祝福してくれているようだ(泣w

 

さて、まずは店内をチェック!

↑↑店舗情報はコチラ!↑↑

 

経営企業である浜友観光のHPによると、

楽園」グループの7番目(1994年オープン)に誕生したお店だ。

 

賞品コーナーを中心に、ぐるっと一周できる店内!

設置台数は、袋井エリアで最大級!

パチンコ・328台(4円:262台、1円:66台)、

パチスロ・367台(20円308台、5円:59台)の計695台だ。

 

 

まばゆい『CR牙狼 魔戒ノ花』コーナーをはじめ・・・。

沖ドキ!』シリーズや『ジャグラー』シリーズの両コーナーの遊び心溢れる装飾の数々!

るさしさ潔さ」と四拍子が揃って快適な店内だ。

いたるところにマスコットの「ヤバイラー」&「キングヤバイラー」たちも顔を出す。

さて、時刻は8時45分。

いよいよ開店の時間が迫ってキターーーー!

アツい日差しの下、どんどん伸びていく長蛇の列。

 

スタッフさんも日差しに負けない素敵な笑顔でご案内!

おっと、整列中にゴミ回収しているスタッフさんもいる。なるほど、だから列がキレイなのか!

 

そして、お客さんも待ちに待った開・店・時・間!!

 

おっと取材陣に向かってピースを送るお客さんが!がんばってくださいね!!

 

↑↑行列が伸びていく様子を動画でお届け↑↑

店内ではスタッフさんとヤバイラーもお出迎え。

次々と流れ込んでくるお客さんに興奮しているのか、その場で飛んだり、回ったり。

 

開店から数十分。お客さんでたされていく店内。

まず、満席となったのが入場口真横のパチスロコーナー。

 

列の先頭、朝5時から並んでいたというお客さんの狙い台『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』はもちろん、『モンスターハンター月下雷鳴』や『北斗の拳 強敵』『北斗の拳 転生の章』『HANABI』などなど。言うまでもなく満席状態。

 

 

パチンコはというと、真っ先に埋まったのが『ぱちんこCR真・北斗無双』と『CR牙狼 魔戒ノ花』。

さすが不動人気機種。瞬く間の出来事だった。

目の前で生まれた「パーフェクトフェイスオブガロ」が羨まし過ぎて、撮影の手がつい止まってしまう・・・。

 

 

おっと忘れてはいけない。

装飾賑やかな『沖ドキ!』や『ジャグラー』はどうなっただろう??いずれも袋井店で設置数だけでも最高規模のコーナーだ。

チェックしておかなければ。

 

と、覗いてみると満席となった『沖ドキ!』コーナーが目に飛び込んでくる。

ジャグラー』シリーズのコーナーの方も空き台の気配は薄い。

 

2台並んで光る「カナちゃん」が、ガガガガ・・・。また手が止まってしまうぅぅぅ・・・orz

 

そうこうしていると、店内だけでなく外の駐車場も満車状態に。

収容台数500台では手狭になってきている、とでもいうのか!?

 

再び、店内に戻ると朝より一層活気が増し増し

目の前には築かれた赤いヤバイラー山脈が広がっているじゃあないか!!

 

 

そんな活気を受けてか否か。同日実施していたREAL取材も展開中だ!

 

そんな活気に呼応して、スタッフさんの動きもしくなっていた!

 

 

ただ、どんなに急いでいてもその笑顔は、

崩れない!

 

崩れない!!

 

計数やカウンター対応だけでなく、店内の案内に、お客さんとのしそうな会話も。

スタッフさんだけじゃない、お客さんの顔にも満面の笑みが!(^▽^)

大人の事情とはいえ、お見せ出来ないのが残念だ。

 

そうこうしていると、開店以来姿が見えなかったヤバイラーも再度登場!

お客さんと楽しく触れ合っている姿を盗さつ・・ではなく、激写!!

していると、気付かれ→追いかけられる→冒頭へ

「奴の足が遅くて助かったぜ!」(矢)

 

ただ、ヤバイラーが出てきてから、さらにさらに活気も膨れ上がる。

ヤバイラーが通った後に咲く大輪の華(笑顔)!

なんとも楽しそう!!『こんな光景の中で遊びたいっっ』(心の声

そう、このホールのコンセプトは「地域の中でのふれあいの場所」。

すでに十分な環境と思うが、現状では若年層が中心で高齢層のファンは少ないそうだ。

だからこそ、袋井店が日々作り出す活気は布石だ。

いま来店しているファンの“信頼”が、高齢層に届き、新しい“信頼”が生まれるように、

常にパチンコホールとして“本物”を用意していくそうだ。

 

最後に同店の飯田 敦店長は、

「私は6月16日で店長就任から1年を迎えます。まだまだお客様には感謝を伝え切れていません。これからも『楽園袋井店』のいいところを知っていただいてしんでいただける為にがんばります」

と意気込みを伝えてくれた。

 

最後に、今回のベストショット。

タイトルパチニケーション

 

どこでも見る光景かもしれない。

でも、この小さなキッカケがお客さん同士を繋いでいく。

「店長、安心してください。(コミュニティが)出来上がってますよ!」

 

文/写真/動画 矢ナリー

この記事の関連情報

関連する店舗

この記事に関連する店舗の来店レポート

このページのトップへ