ブログ

名波誠

礼文島

記事一覧へ

公開日: 2017/11/12

 

あいうえお順で紹介している旅打ち用語・パチスロ用語の基礎知識シリ~ズ。今回は「れ」から始まる言葉です。

 

れぶんとう【礼文島】

――北海道の北、稚内市の西およそ60㎞の日本海に浮かぶ島。島名はアイヌ語の「レプン(=沖の)」に由来する。

 

20171112-1

 

礼文島は人口3千人弱、東京都の八丈島より少し大きいぐらいの面積です。

ボクが訪れたのは2003年(平成15年)の夏なので、もう14年ほど前になりますか。朝の気温が10℃くらいで、とても寒かったのを覚えています。

 

20171112-2

礼文島に向かうフェリーからの景色。大型のカモメの群れが追いかけてきます。

 

20171112-3

夏の観光シーズンは、どの便も混雑。この写真の船「ボレアース宗谷」は今(2017年11月現在)も現役で走ってます。

稚内と礼文島を結ぶ航路は1日2~5便(冬は減便)。

料金はクルマ1台(4m以上5m未満)+おとな1名(ドライバー)で往復3万8000円ぐらい。

人間だけなら片道2370円(往復割引なし)です。

 

 

20171112-4

20171112-5

日本最北の飛行場、日本最北のスキー場、日本最北のなど、いくつかの日本最北が礼文島に存在していますが、残念ながら(?)礼文島に2軒あるパチンコ店は日本最北ではありません。

※日本最北のパチンコ店は緯度的に、稚内市のほうになります。

 

 

1軒目

20171112-7

 

こんなに海に近いところにあって大丈夫なんでしょうか。

20171112-8

ウニの絵がナイスです。ブランク絵柄でもいいから、何かの機種で採用されないかな。

 

 

2軒目

20171112-9

わかりにくいけど、写真中央の建物の左下がパチンコ店の入口。右半分は飲食店なので、ものすごく小さいパチンコ店です。

 

20171112-10

港のすぐ近くにあって、名前は「グランド大勝(だいかつ)」さん。

スロ・パチ合わせて72台の、とても小さなホールです。

(´・ω・`)
それなのに「グランド」

 

 

大変残念なのですが、グランド大勝さんは今年(2017年)の1月に火事で全焼してしまいました(ケガ人は、いなかったということです)。

 

ありし日の様子…

20171112-12

シマの上に「等価交換」の文字が見えてます。かつて日本有数の等価交換地帯だった北海道ですが、ここ礼文島も例外ではありませんでした。

 

20171112-13

スロット出玉ランキング!

大花火、タロットマスター、ネオプラネット、クライマックス。

 

クライマックスはユニバ系(当時はアルゼ)の完全告知マシンで、なかなかの不遇台です。4機種しか設置していないのに、どうしてそのチョイス。

営業マンの言いなりになったのかな
(´・ω・`)

 

 

20171112-14

店内から、海の向こうに利尻島が見えます。

 

たった1日だけの訪問でしたが、独特の雰囲気があって、今でもハッキリと思い出せます。記憶に残る島でした。

 

 

稚内に帰るときに乗ったフェリーの上から…

20171112-300

まるで富士山が海に浮かんでいるかのように見える利尻山。

北海道の超メジャーお菓子「白い恋人」の白い箱のド真ん中に印刷されてる山です。

 

 

礼文島を出発してから稚内に到着するまで約2時間、ずーっと乗りっぱなしだったカラス2羽。

20171112-18

旅上手なカラスですね
(´・ω・`)

 

 

「1軒目」のほうは現在も営業中だという情報もあるのですが、ボクは未確認です。まあ、パチンコ店のあるなしに関係なく、ぜひ訪れてほしい場所ではありますけれども。

 

 

ライター・タレントランキング

このページのトップへ