ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

名波誠

勝てるうちに勝っておかなければ

記事一覧へ

公開日: 2019/12/31

(通常時もBIG消化中も、スイカ揃いは15枚払い出し)

 

というわけで「パチスロひとり旅Classic」のつづきです。

前回は2000年(平成12年)10月上旬、北海道札幌市で裏エイトマンを打ったり裏ハナビを打ったりしましたが。

今回も、まあ、同じような感じです(にがわらい)。

 

20191231-1

 

エイトマンの設置店が1軒だけだった高知県宿毛市ではライバルらしいライバルがいない状況でしたが、札幌市には設置店が数軒あり、わずかながらライバルと呼べなくもない若いプレイヤーがチラホラおりました。

ただ、技術介入(リプレイハズシ&BIG中のスイカ取得)が激ムズだったこともあってか、「日を追うごとにライバルがモリモリ増えていく」というようなことは全くなく、時間帯によってはフリー打ちの客しかいないことも普通でした。

(´・ω・`)
当時の言い方は「おやじ打ち」だけど

 

           

2000年10月5日(木曜)

午前9:50

札幌市西区のビジネスホテルからスタート。

午前10:30

札幌市・新道Y店に到着。

1シマ設置のエイトマンを打つ。

 

この「新道Y店」でエイトマンを打つのは初めてで、下見もしていませんでしたが、何度か打った「東区N店」と同じグループのお店なので、おそらく中身も一緒だと思われました。

実際、一緒でした。

 

 

エイトマン…投資6000円でリプレイ4連からBIG。

そのまま連チャンしてBIG×5連。

連チャン終了を確認してすぐにヤメ。

(+)3万1200円

 

もう今日は終わりにしようかな。

でもまだ午前中だし。

やっぱり打つ。

 

ライター関連の仕事やホームページの更新など、パチスロ以外にもやるべきことがそれなりにありましたからね。

専業のプロであれば、ハイ次!ハイ次!

と打ち回るのが当たり前でしょうけど。

 

 

昼12:00

札幌市・北24条D店へ

リアルボルテージ…投資4000円でノーマルBIG×3発。逃げる。

(+)1万4800円

 

親類の家に立ち寄ったりしたあと

 

19:00

札幌市・東区N店へ

エイトマン…総投資1万5000円

2発目のBIGを起点に連チャンしてくれた。

2時間でヤメ。

(+)2万4400円

 

本日のトータル収支…
(+)7万_400円

 

電話で編集F・編集Iと打ち合わせ。

モエレ健康センター泊

 

東京の編集部員との打ち合わせで、次号の漫画「パチスロひとり旅」はエイトマン編でやることを確認しました。

マイナー機ゆえ、東京では全く話題になっていないとのこと。

漫画で描くとエイトマンのライバルが増えちゃうな~困っちゃうな~と思いつつも、立場上、内緒で打ち続けるわけにいきません。

 

           

2000年10月6日(金曜)

午前9:00

札幌市・東区N店

エイトマン…投資1万8000円でBIG。

しかし連チャンせず飲み込まれ。

(-)1万8000円

 

サンダーV…(-)2000円

大花火…(+)1万6400円

 

13:30

札幌市・新道Y店に移動。

エイトマン…総投資4万円で、ようやくBIG。

連チャンしてくれた。

換金3万2200円。

(-)7800円

 

ふぅ~(ため息マーク)

死ぬかと思った。

 

本日のトータル収支…
(-)1万1400円

 

札幌市に来てからのエイトマンの連勝は「5」でストップ。

仕様が甘いとはいえ、投資が嵩んだり、連チャンがショボイと普通に負けます。

 

インターネットカフェで23:00まで仕事。

モエレ健康センター泊

 

20191231-3

 

           

2000年10月7日(土曜)

午前9:00

札幌市・東区N店

 

今日は10月7日にちなんだ番号の台が高設定らしいんだけど

どうなの?

 

当時、メールの配信はありませんでした。

この高設定情報は、どこからもたらされたんでしょ。

店内POPとかですかねえ。

まったく思い出せません。

 

 

末尾7番は取られたので10番のエイトマンに座ってみる。

投資5000円でREG。そのコインでBIG。

連チャンスタート。

2時間半で5000枚超え!

(+)9万8400円

 

まだ11:45なんすけど。

 

入院している親類のお見舞いなどのあと

パチ屋には行かず

夕方からビジネスホテルで原稿。

 

これだけ勝ちやすいのに、ほとんどライバルがいないというのは痛快です。

それもこれも、四国の高知県で、たまたま偶然、エイトマンに出会ったおかげ。

しかし、およそ半月後(2000年10月26日頃)には別冊パチスロパニック7にエイトマン編の漫画作品が載ってしまうので、そのあとはライバルが増えるかもしれません。

勝てるうちに勝っておかなければ!

 

ところが、この直後。

思わぬ角度からライバルが現れます。

それは突然のことでした。

 

つづきは次回…

 

ライター・タレントランキング

このページのトップへ