ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

名波誠

宮古市(みやこし)

記事一覧へ

公開日: 2020/11/22

Spare the rod and spoil the child.

(かわいい子には旅をさせよ)

「パチスロひとり旅Classic」です。

 

今から18年ちょい前の2002年(平成14年)3月下旬頃、東北地方の岩手県に滞在していました。

 

           

2002年3月26日(火曜)

お昼頃起床。

 

岩手県宮古市(みやこし)のビジネスホテルに連泊(2泊)していたので、昼間の時間帯も部屋にいたままでオッケーだったのです。

このときは「パニック7・本誌」(当時は毎月10日発売)向けの原稿を書いていたものと思われます。

 

~宮古市ちょっといい話~

「宮古」と聞くと、沖縄県の宮古島のほうを真っ先に思い浮かべる人もいるでしょう。

 

 

20201122-1

 

 

平成の大合併で「宮古市」が誕生するまで、宮古島付近は平良市(ひららし)、伊良部町、上野村(うえのそん)など5つの市町村に分かれていました。

2004年12月頃、合併について5つの市町村で話し合った結果、新しい市の名前をいったんは「宮古市」に決定します。

「宮古市」も候補に挙がっていましたが、宮古島のとなり、伊良部島をホームとする伊良部町に配慮した結果なのか、あるいは伊良部町のほうから積極的に「宮古市」に反対したのか、その経緯は不明です。

 

しかし今度は、もともとあった”元祖”の岩手県宮古市が反発。

「宮古市」はヤメてくれ、と。

思いっきりカブっとるやんけ、と。

(´・ω・`)
なんで河内弁?

 

岩手県宮古市の反発を受け、あらためて宮古島付近の5つの市町村全体で住民アンケートを実施した結果、「宮古市」>「宮古市」という結果になったため、めでたく新市名を「宮古市」とすることに決まり…

かけたのですが、これには伊良部島がホームの伊良部町が微妙に反発。

いや、ウチは伊良部島だからサー。宮古島じゃないからサー。

(´・ω・`)
雑な沖縄弁

 

2005年3月、伊良部町は新市の合併協議会から離脱します。

※残りの4市町村はすべて宮古島がホームなので、「宮古市」でも「宮古島市」でも、どっちでもいいという雰囲気。

合併特例法の期限が目前に迫っていたこともあり、しかたなく4市町村だけで合併することに決まり…

かけたのですが。

期限ギリギリになって、伊良部町の議会が「やっぱり合併します」「宮古市でいいです」という結論を出して一件落着。

考えを変えた理由は不明です。

 

 

事前にボクに相談してくれれば、ひらがな表記の「みやこ市」にする手もありますよ、と提案できたんですけど。

(´・ω・`)

 

表記違いで読み方が同じ市は全国にたくさん存在してますし。

千葉県佐倉市/栃木県さくら市
広島県三次市/徳島県三好市/愛知県みよし市
山形県山形市/岐阜県山県市
愛知県江南市/高知県香南市
北海道北斗市/山梨県北杜市
佐賀県鹿島市/茨城県鹿嶋市

ほか

 

住民アンケートの選択肢は「宮古市」と「宮古島市」の二択だったんだそうです。

今となっては宮古島と伊良部島が立派な橋で繋がって一体感が強まったので(2006年着工、2015年完成の伊良部大橋)、「宮古島市」で結果オーライかもしれませんが。

 

(´・ω・`)
もういいですか名波さん
満足しましたか?

 

 

 

 

原稿のメドが立ったから外出する。

クレディアに2万円振り込み。

ガソリン満タン。

 

駅裏のキレイな大型ホールへ。

6枚交換で、そこそこの客付き。

もしかしてパラダイス店?

 

大花火に限らず3~4台おきに高設定台があるフンイキ。

ここでアドリブが効かないやつは!

 

で選んだ大花火。

投資1000円、座って2回転目にBIG入りました~苦笑い。

 

15:00~17:15で2箱ゲットの会心の一撃。

(+)4万7600円

これで岩手県の生涯収支はトータル
(+)6万2800円

 

ホテルに戻って原稿の続き…

のつもりがテレビが面白くて面白くて。

はかどらない。

徹夜になってしまった。

 

メドが立ったと勘違いしたあげく、結局は終わらない、進まない、おさまりの良くない原稿になってしまう。

そんなことがよくありました。

要するに「超絶アマチュア」だったということです。

 

           

2002年3月27日(水曜)

宮古市のホテルを午前10時ギリギリにチェックアウト。

1時間半ぐらいしか寝てない。

 

海沿いを北上するか、内陸部に移動するか。

すこし悩んで盛岡市の方向へ。

 

 

20201122-3

 

 

次回に続きます。

 

ライター・タレントランキング

このページのトップへ