機種情報

icon

パチスロ獣王 王者の帰還

facebook twitter

設置店検索

ユーザー評価

2.49
(21件)
AT 天井有
メーカー名 サミー
機械割 97.2%〜116.9%
導入開始日 2013/12/02
機種概要 サミーの最新作『パチスロ獣王 王者の帰還』は、その名前が示している通り、獣王の血を受け継いだ正統後継機。
今回もAT「サバチャン」は健在で、ATをゲットすれば1Gあたり約2.5枚のハイスピードでコインが増えていく。また、「上乗せ特化ゾーン」の充実も特徴で、上乗せコンボのライサバ、倍プッシュのダチョサバ、パチンコST機ライクなゴリサバ、そしてすべてを凌駕する最強上乗せのゾウサバ…と計4種類が存在。

ボーナス出現率

●各ボーナスの払い出し枚数
獣ボーナス…9枚役15回or25回成立まで(純増約90or120枚)。
超BB…9枚役10回成立まで(純増約60枚)。

PR動画

icon

演出情報

通常時

液晶演出

演出は見どころ満載

通常時の液晶演出は見どころ満載。獣王、猛獣王の流れを汲みつつも新しい演出も盛り沢山だ。中でもゴリラカットイン、王者の威厳はどこかで見たことがあるような…。

前兆ステージ「アニマルモード」

※実戦値

「アニマルモード」はボーナスorATの前兆ステージで、主にチャンス役成立後に突入することが多い。滞在中は画面下部の「帯の色」で期待度を表示。なし<青<緑<赤の順にランクアップしていき、最終的に連続演出で当否が明かされる。また、頭に「超」がつくアニマルモードなら…ボーナスorATは目前だ。

小役ナビ&チャンス予告

カバはリプレイ対応で青ナビ…といった具合に各動物と成立役の間には基本法則があるので、まずはこれをすべて暗記。矛盾が起こったり、レバーONでの強演出はアツい。

ステージ共通の連続演出は成功=AT確定

液晶の左側に配置されている「サバチャンランプ」が点灯すれば、その時点でAT確定。連打やPUSHボタンからランプを点灯させる演出も…。

連続演出中のチャンスパターン(ゴリラステージ中)

連続演出中のチャンスパターン(ダチョウステージ中)

連続演出中のチャンスパターン(ライオンステージ中)

通常時もAT中も「夜」に注目

・状態アップのメイン契機役はチャンス3枚役

通常時の夜背景は、ライオンステージなら超高確orAT前兆、ダチョウとゴリラではAT前兆が確定する。また、AT中の背景は、夜に切り替わった時点で高確または超高確滞在が濃厚。夜よりも上位にあたる「覚醒」は超高確濃厚となる。まずは夜への移行率をチェックだ。

AT・ART・RT中

基本解説

サバチャン中・獣玉獲得状態の示唆

●状態によって獣玉獲得率&獲得時の獣玉振り分けが異なる

獣玉の抽選状態は通常、高確、超高確の3種類で、チャンス3枚役やチャンスリプレイを契機として上位状態への移行抽選が行われる。どこに滞在しているのかは液晶背景で示唆され、夜背景なら高確以上が濃厚、覚醒背景は超高確の可能性大。この移行に関しては設定差があるので、夜になりやすい台は粘る価値アリだ。

サバチャン中・ボーナス抽選状態

AT中のボーナス確率は常に一律ではなく、BB状態A~Cのどれが選ばれているかによって大きく変動する。状態Aでは4641.2分の1とかなり低めの確率だが、状態Cなら98分の1と大きくジャンプアップ…ATでコインを増やしつつ、ボーナスにも期待できるようになる。

プレミアム演出

通常時

逆回転フリーズは超BB

レバーON後、リールが引っかかるようにブルブルと震えたら…その時点でチャンス役以上が確定する。さらにブルブルが続くほど期待度は上昇していき、全リールがブルブル+逆回転(エイリやん出現)で超BB当選が確定する。

icon

解析情報通常時

基本・小役関連

基本解説

「王者の帰還」の注目点

ボーナス(擬似?)は3種類!? リールの左側に見えるランプには「ZOUSAVA(ゾウサバ)」の文字があり、なにやら特別扱いのような雰囲気だが、ダチョウやライオンがこれにどう絡むのかが気になるところだ。「ビーストチャンス」は、いわゆる上乗せ特化ゾーンか!?

通常時・ボーナス&AT獲得のポイント

高確移行については主にチャンス3枚役とチャンスリプレイが鍵を握っており、ATやボーナスは強チェリーや強チャンス目が激アツ。チャンス3枚→直後に強チェリーといった具合に立て続けに引けば大チャンスだ。

小役確率・各種当選期待度

通常時の小役確率

状態別のチャンス目出現率

モード関連

通常時のモードは5種類

●通常時のモードで変化するのは「天井ゲーム数」と「獣王モード突入率」

・モード移行契機はボーナス終了時とAT終了時
・前兆中や確定画面中のチャンス役時は次回モードの昇格抽選

通常モードA~Cはいずれも天井が967G(+前兆)と深いが、天国モードに移行すれば100G+αでの連チャンが確定。また、モーニングモードはスタートから100G以内の獣王モード当選率が高い。

内部状態関連

通常時の状態示唆

ボーナスやAT抽選に関わる内部状態には高低があり、液晶の背景で滞在中の状態が示唆される。なお、ゴリラステージは獣王モードの前兆の可能性があり、移行=チャンスだ。

 

●背景の他にライオン/ダチョウ/ゴリラの3ステージがある

高確&前兆示唆パターン

白ナビの頻発、マングース登場など、チャンスを示す演出は多数あるので、これらを絶対に見逃さないこと。また、液晶以外の部分(獣王ランプなど)で演出が発生した場合もしばらくは様子を見る必要がある。

通常時・状態移行率の詳細数値

高確、超高確への移行率には設定差があり、高設定になるほど高確以上に移行しやすい。現在が高確かどうかは滞在ステージである程度示唆され、ライオンorダチョウステージで夕方(=高確確定)、ライオンステージで夜(=超高確or本前兆)といった挙動が目立つ台は高設定の可能性がアップ。なにも引かずに夕方になる…といった台は狙い目だ。

通常時の状態移行

ポイント1…押し順3枚こぼしの高確移行率
→高設定は何も引かずに夕方に移行しやすい

ポイント2…高確中のチャンスベル時の超高確移行率
→高設定はチャンスベル後に夜に移行しやすい

ポイント3…超高確中の高確転落率
→高設定は超高確から高確に転落しにくい

状態移行については実に単純明快で、高設定ほど上位状態に昇格&滞在しやすい…という特徴がある。また、何も引かずに(押し順3枚こぼしで)夕方に移行しやすいのも高設定の特徴なので、夕方や夜に移行しやすく、滞在も長い台は高設定濃厚と考えてOKだ。

ボーナス当選関連

通常時・チャンス役成立時のボーナス&AT抽選

通常時にチャンス役が成立すると、その時点での内部状態(低確、通常、高確)をもとにボーナス抽選が行われる。上の表の通り、ここでの当選率に設定差はあまりない。特に高確滞在中のボーナス当選率は1/153.2~1/152.9とほぼ全設定共通だ。

AT・ART・RT関連

ATの初当り契機

赤7揃いの「超BB」はAT確定、白7揃いの「獣BONUS」では消化中に肉を集めるほどAT当選の期待が高まる(10個で当選確定)。ボーナスを経由しないパターンとしては、一定周期で発動する「獣王モード」からの当選で期待度は約40%。そのほか、チャンス役からの「直撃当選」もアリだ。

通常時・チャンス役成立時のボーナス&AT抽選

通常時にチャンス役が成立すると、その時点での内部状態(低確、通常、高確)をもとにボーナス抽選が行われる。上の表の通り、ここでの当選率に設定差はあまりない。特に高確滞在中のボーナス当選率は1/153.2~1/152.9とほぼ全設定共通だ。

自力当選ゾーン

突入契機

初代獣王を完全再現「自力AT高確率ゾーン・獣王モード」

●AT期待度…約40%

獣王モードに突入すると、チャンス目の出現率が通常時の10倍にアップ。もちろん、チャンス目出現=AT抽選となるため、ここではAT自力当選の期待が一気に高まる。流れとしては初代獣王の前兆を再現。出目(成立役)とドット演出の法則を覚えておけば、よりアツく楽しめる。

獣王モードのポイント(実戦値)

獣王モード=自力当選チャンスで、ここではチャンス役を引くほど当選の可能性が高まる。これまでに集めたデータでは、1~3回程度のチャンス役でも当選期待度はそこそこあり、4回以上で(実戦上)確定。チャンス目の出現率は通常時の10倍なので、チャンスは十二分にある。

 

●ラストゲームではライオンorゾウルーレットで当否を告知

・当選期待度
ライオン…25.0%
ゾウ…9.0%

ラストは初代獣王でお馴染みのルーレットによって告知。序盤のスクロールの時点でハズレ絵柄の肉やチェリーを弾き飛ばせば当選(A停止でAT)の期待が高まる。

獣王モードはゲーム数で管理

獣王モードは「ゲーム数管理」なので、ボーナスorAT後の消化ゲーム数に応じて自動的に発動する。

獣王モード・特定ゲーム数消化時の突入抽選値

滞在モードに応じて天井が変化するほか、当たりやすいゾーンにも違いがあり、たとえば通常Aでは200Gや400Gなど百の位が偶数=チャンスとなるのに対し、通常Bでは300Gや500Gなど奇数がチャンスとなる。また、この抽選値には設定差もあり、序盤の100G、200G、300Gはその差が大きいという特徴がある。獣王モード当選時の前兆は12〜30Gなのだが、天井に到達してAT当選となった場合は4G(天国モードは4Gor25G)だ。

ゾーン中当選契機

獣王モード中・AT当選率

●獣王モード中・AT当選率(理論値)
設定1…1/53.3
設定2…1/49.4
設定3…1/52.2
設定4…1/47.0
設定5…1/49.4
設定6…1/44.8

獣王モードでのAT当選率は設定1で53.3分の1、設定6で44.8分の1とあまり差はない。内部的には弱チェリー時と獣王モード開始時の当選率に設定差があるのだが、当選契機を特定できないため、獣王モードでのAT当選率は設定推測材料として活用できない。

icon

解析情報ボーナス時

基本・小役関連

基本解説

ATの仕様

●AT仕様「サバンナチャンス」
継続ゲーム数50G+α
1Gあたりの純増約2.5枚
初回ゲーム数50G以上

AT「サバンナチャンス」に突入すると、まずは「切り裂きチャレンジ」によって初期ゲーム数が決定される(初当り時は50G以上を保証)。AT消化中はチャンス役で上乗せ&獣玉ゲットのダブル抽選となるので、とにかくチャンス役を引けるかどうかがポイント。獣玉は、10個で上乗せ特化ゾーンへの発展確定だ。

獣ボーナスでATをGET

●1stボーナス

→肉が10貯まればAT確定!
(10個未満は抽選)

白7揃いの獣ボーナスは、9枚役が15回成立するまで継続。この間に肉を計10個獲得できれば、消化後のAT突入が確定する。肉獲得のメインは9枚役なのだが、9枚役成立までのリプ連回数で獲得率、獲得数が激変。実戦ではリプレイ8連後の9枚役で肉5個獲得となった。

 

●2ndボーナス

9枚役15回成立の時点で「非当選」となった場合でも、約50%は2ndボーナスへと発展する。こちらは延長戦ということもあり9枚役10回成立までと若干短いが、AT当選期待度は高めだ。

 

●ATの当否はリールアクションで告知!

超BBは激アツボーナス

赤7揃いの「超BB」は、成立すれば消化後のAT突入が約束される。また、それとは別に初当りストックを獲得できる可能性も高く、カットインから赤7揃いを達成するとストックをゲット。9枚役以外が成立したゲームがストック(赤7揃い)のハイチャンスとなるようだ。

獣ボーナス・1stボーナスのポイント

チャンス役さえ引けば肉を獲得できるのだが、仮に9枚役ばかり…という状況でも、9枚役間でリプレイが多く成立していれば肉獲得の可能性は高まる。最終的に10個に到達できればAT確定、9個未満の場合は2ndボーナスやATの抽選が行われている。

獣ボーナス・2ndボーナスのポイント

2ndボーナスは、AT非当選ボーナスからの逆転を目指す「延長戦」のようなもの。ATの当否は獲得ポイントに応じて決まる仕組みで、リプレイ成立時にポイントの獲得を抽選。チャンス役成立時は「赤7揃い抽選」が行われ、赤7揃いでAT当選確定(複数回揃いは、その都度ストック)となる。

小役確率・各種当選期待度

サバチャン中・チャンス役別の期待度

チャンス役出現時は、獣玉ではなく直接ゲーム数の上乗せとなることもある。一撃で獲得できるゲーム数は20~200G。これは獣玉の獲得抽選とは別に行われているものなので、ゲーム数が上乗せされると同時に獣玉をゲット…というダブルでの当選にも期待できる。

AT中・各役成立時の獣玉獲得率

各役成立時の「獣玉獲得率」は表の通りで、やはりレアな役になるほど当選率と平均獲得数に期待が持てる。また、当選率については滞在状態でも大きく変動し、高確や超高確にいればゲットの可能性が大きくアップ。超高確中ならチャンスリプレイorチャンスベルでも50%かつ獲得時は一撃10個確定だ。

AT・ART・RT当選関連

1stボーナスの詳細数値

まずはチャンス役を引くか、リプ連で肉をゲット。チャンス役については、その種類で獲得期待度&個数が異なり、レアな役ほど大量ゲットに期待できる。一方のリプ連は、9枚役間で連続するほど期待度が加速度的に上昇。3連以上でゲット確定だ。

2ndボーナスの詳細数値

リプレイ時のポイント
0pt…43.7%
1pt…34.3%
2pt…13.2%
3pt…3.9%
4pt…3.1%
5pt…1.5%

1stボーナスで10個に満たなかった場合でも、2ndボーナスに発展すればまだまだチャンスは継続。ここでもやはりチャンス役やリプレイが鍵を握っており、チャンス役では7揃い抽選、リプレイはトータル出現数(獲得ポイント)で抽選が行われる。

超BB中・AT抽選の数値

超BB中のトータルAT当選率
押し順3枚0回時…1/6.60
押し順3枚1回後…1/5.85
押し順3枚2連後…1/4.68
押し順3枚3連後…1/2.95

超BB中はチャンス役の成立、または押し順3枚役の連続でATのストック抽選が行われる。たとえチャンス役を引けなくても押し順3枚役は3連で50%、4連以上で100%ストックなので、押し順3枚が出ただけでもチャンスだ。なお、カットインは計3種類でダチョウ<ゴリラ<ライオンの順に期待度がアップ。ゴリラ以上であればアツい。

AT・ART・RT中・モード関連

サバチャン中・BC終了時のモード移行率

サバチャン中・BC回数カウタンーはモード&状態示唆

画面左上に表示されている「BCカウンター」は、0回ならライオン、1回ならダチョウ…といった具合に回数と対応キャラがあらかじめ決まっているのだが、注目すべきはその「向き」で、正面を向いている場合はBB状態がBまたはCであることが確定する。

 

●プレミアムキャラは激アツ

カウンター部分に歴代サミー機種のキャラたちが現れた場合は、その時点でBB状態C…すなわちボーナス確率98分の1となっていることが確定。さらに獣ゾーンのモードはE確定=最大11回が天井となる。獣王の「キリン」も激アツで、BB状態こそC確定ではないが、獣ゾーンモードはE確定だ。

AT・ART・RT中・内部状態関連

AT中・状態移行の詳細数値

AとBは逆押しチャンス目出現率の違い
A=逆押しナビ低/B=逆押しナビ高
スタート時に逆押しナビが高い「B」が選択されると1回目のビーストチャンスまではチャンス目頻発

ATがスタートすると、まずは内部状態が4種類の中からひとつ選ばれる。最初にどれが選ばれるかには設定差があり、高設定になるほど通常A以外…すなわち通常Bや高確B、超高確Bの選択率がアップするのだが、B系統はAと比べてチャンス目の出現率が高くなっているため、結果的に高設定ほど獣玉を獲得しやすくなる。

サバチャン中・獣玉獲得状態の示唆

●状態によって獣玉獲得率&獲得時の獣玉振り分けが異なる

獣玉の抽選状態は通常、高確、超高確の3種類で、チャンス3枚役やチャンスリプレイを契機として上位状態への移行抽選が行われる。どこに滞在しているのかは液晶背景で示唆され、夜背景なら高確以上が濃厚、覚醒背景は超高確の可能性大。この移行に関しては設定差があるので、夜になりやすい台は粘る価値アリだ。

サバチャン中・ボーナス抽選状態

AT中のボーナス確率は常に一律ではなく、BB状態A~Cのどれが選ばれているかによって大きく変動する。状態Aでは4641.2分の1とかなり低めの確率だが、状態Cなら98分の1と大きくジャンプアップ…ATでコインを増やしつつ、ボーナスにも期待できるようになる。

サバチャン中・BC回数カウタンーはモード&状態示唆

画面左上に表示されている「BCカウンター」は、0回ならライオン、1回ならダチョウ…といった具合に回数と対応キャラがあらかじめ決まっているのだが、注目すべきはその「向き」で、正面を向いている場合はBB状態がBまたはCであることが確定する。

 

●プレミアムキャラは激アツ

カウンター部分に歴代サミー機種のキャラたちが現れた場合は、その時点でBB状態C…すなわちボーナス確率98分の1となっていることが確定。さらに獣ゾーンのモードはE確定=最大11回が天井となる。獣王の「キリン」も激アツで、BB状態こそC確定ではないが、獣ゾーンモードはE確定だ。

AT・ART・RT中・上乗せ&ボーナス関連

4つの上乗せ特化ZONE

・継続G数…5G+α

ダチョサバはイチかバチかの倍プッシュ。まずは最初の5Gで基本となるゲーム数が決定され、ラストに押し順の2択演出が発生…ここで「正解」なら、獲得ゲーム数が2倍になる。もちろん、以後も正解し続ければ4倍、8倍、16倍…だ。

 

・継続G数…5G+α

ライオンの鋭いツメで切り裂くライサバでは、上乗せコンボを目指す。基本的には3枚役、9枚役が連続することでコンボアタックへと発展するが、チャンス役が成立した場合は一発発展。リール逆回転でコンボアタックがスタートする。

 

・継続G数…10G+α

最強の上乗せゾーンであるゾウサバでは、なんと滞在中のチャンス役出現率が約2分の1にアップ。もちろん、チャンス役が出現するたび(リプレイ以外の成立でOK)に上乗せが発生する。3桁上乗せも十分に射程圏内だ。

 

・継続G数…10G+α

基本継続が10Gとなるゴリサバは、パチンコST機のような流れとなり、10G以内に図柄揃いが達成できればSTが10Gに回復、金色か銀色の「ゴリラッシュ」表示が出た場合は5G以上継続の毎ゲーム上乗せゾーンに移行する。

上乗せ特化ZONE「ライサバ」

ライサバ中は、リプレイ以外の小役を引けば上乗せ確定。また、押し順9枚役&3枚役は最大5連続すると「コンボアタック」に発展し、さらなる上乗せが期待できる。コンボのループ率は最大で80%なので、思わぬ大量ゲットの可能性も…。

上乗せ特化ZONE「ダチョサバ」

ダチョサバでは、まず最初に基本となるゲーム数を決定。以後は、このゲームを増やす倍々チャレンジとなり、2択に成功するごとに獲得ゲーム数が2倍、4倍と倍々に増えていく。2択チャレンジは最大5回なので、MAXでは32倍だ。

上乗せ特化ZONE「ゴリサバ」

パチンコST機のようなゴリサバでは、ゴリラッシュに入るかどうかが鍵。図柄が揃えば最低でも上乗せはされるが、ラッシュ発展時は獲得ゲーム数を一気に増やせる。金の図柄揃いは、ロング継続のチャンスだ。

上乗せ特化ZONE「ゾウサバ」

他の3つと比べると異次元の上乗せに期待できるのが、このゾウサバ。ゾウサバ中はチャンス役確率が2分の1以上にアップし、ゾウが揃えば大量上乗せ濃厚となる。

サバチャン中・獣玉獲得のポイント

チャンス役を引けば高確率で獣玉ゲットだが、仮に引けなくても「3枚役」が連続すればチャンス。3ゲーム連続した時点で必ず獣玉を獲得できるので、2連続したら次のレバーは気合いを入れよう。4回、5回とさらに続けば…!?

●獣ゾーンで獣玉がガンガン貯まる

「獣玉の上乗せ特化ゾーン」という役割を持つ「獣ゾーン」は、9枚ベルの獲得回数をもとに突入抽選が行われている。画面右下に表示されている数字が「ゾロ目」の時がとくにチャンスで、突入後は5Gにわたって「リプレイ以外で獣玉を1個以上ゲット」という状態になる。

サバチャン中・ラストアタックの数値

獣玉は10個獲得で上乗せゾーン発展だが、10個集められないまま終了を迎えた場合は、その時点で獲得している個数をもとに「ラストアタック」の発動抽選が行われる。BCを1度も消化していなかった場合は抽選値が優遇され、8個でも50%で、9個なら75%の高確率でBCに突入する。

サバチャン中・獣玉上乗せ特化「獣ゾーン」詳細

獣ゾーンではリプレイで獣玉の獲得抽選、押し順9枚や3枚役では100%獲得となる。獲得できるのは1個や2個のケースが多いものの、既にいくつかの獣玉をゲットできている状態なら、これを機に10個に届く可能性もあるので、とにかく1つでも多くの獲得を目指したい。

ゾウサバの突入契機は2つ

BCからの振り分けはライサバ35.9%、ダチョサバ44.1%、ゴリサバ16%、そしてゾウサバは3.9%…と、大量上乗せを狙える分ゾウはかなりの狭き門。もうひとつの突入ルートである「ゾウ召還フリーズ」は、AT中チャンス目成立時の約1.9%で発生。チャンス目出現率とあわせてトータル8289.1分の1だ。

BC時の上乗せ特化ゾーン振り分け

AT中・上乗せゲーム数

ゲーム数上乗せ確率
1/318.1(チャンス目確率を159分の1で算出)

チャンス役からの即乗せは成立役ごとに期待度が異なり、強チェリーなら50%、チャンス目は5%となっている。弱チェリー、チャンスリプ、チャンスベルからは上乗せ率1%と低いものの乗れば33Gor55G、さらに獣ゾーンorBCも確定する。

ライサバ・詳細数値

継続は5G(+リプレイ成立まで)で、リプレイ以外が成立すると上乗せ&メーター上昇。コンボアタック発展時は2回のアタックが保証され、3回目からは内部ループ率(50%~80%)にしたがって継続か否かが決定される。この内部ループ率の振り分けは成立役に応じて変化し、チャンス役優遇…さらに2G連続で激アツとなる。

ゴリサバ・詳細数値

 

●ゴリサバ中の上乗せ確率(理論値)
・最終ゲーム以外
初回…1/4.55
初回以外…1/10.97
・最終ゲーム
初回…1/100%
初回以外…1/4.00

ゴリサバ中は成立役ごとの「上乗せ率」をもとに当否が決定され、当選した場合は前兆を経てゲーム数ゲット、もしくはゴリラッシュ発展となる。ゴリラッシュは内部的にA~Cの3種類があり、最終ゲームでの継続期待度はA<B<Cの順に高い。

ダチョサバ・詳細数値

ダチョサバでは、まず基本のゲーム数を決定→2択のドリームチャレンジという流れになるわけだが、基本ゲーム数については、前半5Gで成立した役ごとに獲得できるゲーム数の範囲に違いがある。また、ダチョサバ消化中はチャンス役成立時に直撃ゲーム数上乗せも別で行われ、当選時はサバチャン最終ゲームで告知される。

ゾウサバ・詳細数値

ゾウサバ中の上乗せは意外にシンプルで、全体の33%を占めるリプレイでは上乗せなし、残る67%…つまりリプレイ以外の全役は必ず上乗せとなる。ゲーム数の振り分けは、弱チェとベルリプで10G以上、チャンス目は20G以上、強チェリーとゾウ揃いは30G以上確定だ。

サバチャン中・チャンス役別の期待度

チャンス役出現時は、獣玉ではなく直接ゲーム数の上乗せとなることもある。一撃で獲得できるゲーム数は20~200G。これは獣玉の獲得抽選とは別に行われているものなので、ゲーム数が上乗せされると同時に獣玉をゲット…というダブルでの当選にも期待できる。

AT中・各役成立時の獣玉獲得率

各役成立時の「獣玉獲得率」は表の通りで、やはりレアな役になるほど当選率と平均獲得数に期待が持てる。また、当選率については滞在状態でも大きく変動し、高確や超高確にいればゲットの可能性が大きくアップ。超高確中ならチャンスリプレイorチャンスベルでも50%かつ獲得時は一撃10個確定だ。

サバチャン中・ボーナス抽選状態

AT中のボーナス確率は常に一律ではなく、BB状態A~Cのどれが選ばれているかによって大きく変動する。状態Aでは4641.2分の1とかなり低めの確率だが、状態Cなら98分の1と大きくジャンプアップ…ATでコインを増やしつつ、ボーナスにも期待できるようになる。

icon

設定推測ポイント

小役確率関連

2コマ目押しで設定差を見抜く「小役確率」

左リールを止める際、4番(下のゾウ)を左リールの上段か中段に狙っておくと、ベルリプレイB成立時には必ず中段で揃うことになる。その出現率には設定差があるので、毎ゲームキチンと目押しできるプレイヤーは設定推測に活用しよう。

ゾーン関連

通常時・状態移行率

ボーナス関連

獣ボーナス入賞時の設定示唆

■赤…高設定に期待
■紫…設定456確定
■虹…設定6確定

・ビタ押しに失敗した場合は爪フラッシュが必ず白になる

獣ボーナスが告知されたら、左リールは要目押し。ここで左に「白7・リプ・白7」のビタ押しに成功すると、筐体右上の爪ランプにフラッシュが発生する(失敗時は必ず白フラッシュ)。ポイントはこのフラッシュの「色」で、赤は高設定濃厚、紫は設定4以上、虹は設定6だ。

AT・ART・RT関連

サバチャン初当り

●サバチャン初当り
設定1…1/451.3
設定2…1/427.8
設定3…1/399.9
設定4…1/256.5
設定5…1/306.3
設定6…1/245.0

AT中・状態移行の詳細数値

AとBは逆押しチャンス目出現率の違い
A=逆押しナビ低/B=逆押しナビ高
スタート時に逆押しナビが高い「B」が選択されると1回目のビーストチャンスまではチャンス目頻発

ATがスタートすると、まずは内部状態が4種類の中からひとつ選ばれる。最初にどれが選ばれるかには設定差があり、高設定になるほど通常A以外…すなわち通常Bや高確B、超高確Bの選択率がアップするのだが、B系統はAと比べてチャンス目の出現率が高くなっているため、結果的に高設定ほど獣玉を獲得しやすくなる。

機械割

機械割

●機械割
設定1… 97.2%
設定2… 98.6%
設定3…100.3%
設定4…104.9%
設定5…111.2%
設定6…116.9%

icon

天井ゾーン止め時

狙い目ゾーン・天井・止め時

狙い目ゾーン

まずは朝イチから狙う…これが非常に効果的なので、複数の台を打てるようなら速やかに移動するのも手だ。また、天井狙いはできれば700G以上の台を狙いたい。999GでATに当選するので、AT終了後は100G過ぎに撤退しよう。

天井突入条件

ボーナスorAT間最大999Gハマリ。

天井仕様

ATに当選。

リセット仕様

リセット時 天井までのゲーム数…クリア。 AT抽選状態…再抽選。 獣王モードテーブル…再抽選。 液晶のステージ…基本的に引き継ぐ。 電源OFF/ON時 天井までのゲーム数…引き継ぐ。 AT抽選状態…引き継ぐ。 獣王モードテーブル…引き継ぐ。 液晶のステージ…引き継ぐ。

icon

打ち方朝イチ

打ち方・小役

打ち方

 

●プレミアム役はボーナスやATなど何かしらが確定!?

 

まずは左リールにゾウ絵柄を目押し。ゾウが左の上段&下段に停止したり、スベってチェリーを引き込むとチャンスだが、6番のゾウが下段に止まる何気ない出目でもチャンス目となる可能性がある。チェリーは3連になれば強チェ、リプレイ揃いも上段or中段ならチャンスだ。

 

朝イチ・宵越し

朝イチ挙動

設定変更時のボーナス&AT当選(実戦値)

朝イチ状態(設定変更orリセット時)では特別なモード移行をしやすいのか、50G以内の獣王モード(後述)またはボーナス当選率が実戦上5割以上と非常に高い数値となったのだ。100G以内であれば当選率は約8割とさらに上がるため、朝イチ台は大チャンス…かも!?

この機種の関連情報

特集

動画

このページのトップへ