機種情報

icon

秘宝伝 〜TheLast〜

facebook twitter

設置店検索

ユーザー評価

2.96
(8件)
メーカー名 大都技研
機械割 97.1%〜114.6%
導入開始日 2016/05/30
機種概要 大都技研から装いを新たに登場する『秘宝伝 ~TheLast~』は、1Gあたり純増3.0枚のAT「秘宝RUSH」で出玉を増加させるマシン。
チャンス役いらずで高確率がループする初代秘宝伝の伝説モードが進化を遂げて復活しているので、高確率×秘宝RUSHの連鎖に期待できる仕組みだ。
上乗せ特化ゾーンは「クレアチャレンジ」と「PYRAMID POWER」の2種類になり、大量上乗せ期待度もアップしている…

ボーナス出現率

ゲームフロー

通常時のチャンスゾーン「秘宝チャンス」からATを目指し、当選時はATが必ず特化ゾーンからスタートする。継続はゲーム数ではなく差枚数管理となったため、獲得した枚数を必ずゲットできることに加え、純増約3.0枚というスピーディさも大きな魅力となっている。AT中の特化ゾーンは枚数上乗せだ。

icon

解析情報通常時

基本・小役関連

基本解説

通常時・注目ポイント

通常時の滞在ステージは内部状態を示唆しており、火山や回廊なら期待大。各種チャンス役ではチャンスゾーン(秘宝チャンス)の抽選が行われ、当選時は10G程度の前兆を経て告知が発生する。

秘宝チャンス・基本解説

チャンスゾーン(秘宝チャンス)は2種類が用意されており、いずれも消化中は高い確率でAT抽選を行なっている。この高確率が頻発する状態が「伝説モード」で、伝説ショートなら高確率に平均で約3回、伝説ロングでは平均11回突入。これにより、ATの連打→大量出玉が期待できる。

小役確率・各種当選期待度

小役確率

チャンス役・基本解説

「チャンス目とチャンスベルは秘宝チャンス抽選、チェリー&スイカは状態昇格抽選」が基本。だが、超高確中はチェリーとスイカでも高確率当選確定だったり、高確以上の共通ベルは必ずチャンスベル扱いになる…など、状態に応じてルールが変化する特徴がある。

小役確率

チャンスベル・昇格率

共通ベルは高確以上で成立すればチャンスベル扱い。共通ベルの合算確率は100分の1と高いので、高確以上ならチャンスベルの連打に期待できる。なお、押し順ベル・共通ベル・チャンスベルを停止型から見抜くのは不可能だ。

内部状態関連

状態移行率

チャンス役からの秘宝チャンス当選率だけでなく、上位状態への移行抽選にも設定差がある。結論からいえば「高設定になるほど上位に昇格しやすい」という特徴があり、とくにチェリー成立時の「通常→高確」には設定1と6とで約2.5倍もの差が…。

伝説モード・高確率当選率

伝説モード・転落率

伝説モード・設定変更時移行率

伝説モード・突入抽選

主な伝説モード移行タイミングはAT当選時(高確当選時の移行はレア?)で、非伝説→伝説ロードへの移行率の設定差が大きい。伝説ロードは高確率当選までは絶対に転落しないので、「初当りAT後にチャンス目ナシで高確率が出てくるかどうか」に注目だ。

自力当選ゾーン

突入契機

秘宝チャンス・当選率

通常or高確滞在時に抽選契機役を引いた際の当選率には設定差があり、とくに通常滞在では設定1の約32%に対して設定6は約55%と大差がある。チャンス目とチャンスベルからの当選率に注目しておけば、設定の推測は十分に可能だ。

クレア高確・当選率&当選時伝説モード移行率

AT終了時に発動する可能性がある「クレア高確」の抽選は、AT開始時に(内部的に)行われており、その当選率にも大きな設定差がある。低設定での当選率はかなり低いので、一度でもクレア高確に当選すれば高設定の可能性アップと考えてOKだ。

当選時前兆ゲーム数・小役別

ゾーン中当選契機

秘宝チャンス・基本解説

ATの入口となるチャンスゾーン「秘宝チャンス」はドラゴンバトルと高確率の2種類(無限高確率は確定)。前者は3Gのみと短いがリプレイでも4分の1でATに当選。後者は基本的に10Gor20Gの継続で、消化中に様々な演出が発生する。どちらもチャンス目は確定だ。

各チャンスゾーン中・AT当選率

icon

解析情報ボーナス時

基本・小役関連

基本解説

秘宝RUSH・見どころ

特化ゾーン・終了後の見どころ

■特化ゾーン終了後は新規書き下ろし2Dアニメーションが進行
■ストーリーは全30話、伝説の秘宝を巡る物語の真実が本作で明らかに!?

AT「秘宝RUSH」・基本解説

本機のATは枚数管理型となっており、表示されている獲得枚数のカウントがゼロになるまで継続が約束される。スタートの時点で増える枚数がわかるということなのだが、消化中にも特化ゾーンの抽選は行われているので、当選した場合は枚数が上乗せされる。

エピソード・基本解説

新規収録のアニメエピソードは全30話。これがAT中に少しずつ流れ、ロング継続なら秘宝伝の「謎」のすべてが明かされることになる。なお、このアニメには秘密があり、隠しキャラは何かを示唆しているとか…。

小役確率・各種当選期待度

秘宝RUSH HYPER・基本解説

クレアチャレンジは先読み保留タイプで、保留の内容が演出発生を示していれば必ず継続。終了条件は「?」か「!?」でベルを引くこと(つまり、ベル以外なら継続確定)で、前者は50%、後者は33%で終了となる。ピラミッドパワーは一撃3桁もある激アツ上乗せで、実戦ではトータル4桁上乗せゲットも…。

AT・ART・RT中・内部状態関連

状態移行抽選

AT・ART・RT中・上乗せ&ボーナス関連

秘宝RUSH HYPER・基本解説

先読み告知の「クレアチャレンジ」は保留玉が「?」か「!?」の際に終了の危機となるが、そこで押し順ベル以外なら継続が確定。後者は毎ゲーム1~512枚上乗せが必ず発生。1セットは5G継続だが、33%の抽選に当選すれば次セット継続だ。

大量出玉獲得に繋がるポイント

「超秘宝RUSH」は、期待獲得枚数約2500枚の最強特化ゾーン。クレア高確率は、AT終了時に告知されれば以後はATが実質約60%ループとなる。

超秘宝RUSH・各種数値

超秘宝RUSH中は残り枚数減算がストップするうえに、超高確率で秘宝RUSHに突入するため、大量上乗せに期待できる。なお、今までのシリーズ同様内部的にはロングとショートの2種類があり、ロングは文字通りロング継続に期待が持てる。

秘宝RUSH HYPER・当選率

秘宝RUSH HYPER・ストック抽選

クレアチャレンジ&ピラミッドパワー・モード抽選

ピラミッドパワー・上乗せ抽選

クレアチャレンジ・保留抽選

クレアチャレンジ・上乗せ抽選

icon

設定推測ポイント

小役確率関連

小役確率

ゾーン関連

秘宝CHANCE突入率(実戦値)

実戦データ上は「高設定ほどチャンス役からの秘宝CHANCE当選率が高い」という傾向が見られるので、秘宝CHANCEに入りやすい台は粘る価値アリ。滞在ステージごとに当選率は異なるので、それぞれを分けてサンプルを集めておこう。

AT・ART・RT関連

AT終了時の画面

AT終了画面でピラミッド役物のセンサーをタッチすると出現する画面は、前作同様設定示唆の役割。選択率こそ前作とは異なるようだが、基本法則は上のようになっており、基本的には前作と同じ(神の目ランプ点灯は若干変更あり)。高設定確定パターンを見逃さないためにも、AT終了時は必ずタッチしよう。

機械割

機械割

●機械割
設定1… 97.1%
設定2… 99.3%
設定3…101.3%
設定4…104.3%
設定5…107.4%
設定6…114.6%

icon

天井ゾーン止め時

天井

各種天井

設定変更時・天井ゲーム数振り分け

通常時に高確&超高確へ移行した場合は、押し順ベル成立時に状態転落抽選を行う。転落率は高確滞在時は6.3%、超高確滞在時なら37.5%と高いが、超高確移行時のみ10Gの保証ゲームあり(転落先は通常)。また、リセット時の天井ゲーム数振り分けは上の通り。天井到達時は基本的に無限高確率経由でATが告知される。

ヤメ時・狙い目

ゲーム数・モード・内部状態

設定変更時

設定変更時は通常1500Gの天井が最大1000Gまでの範囲で再抽選される。この時、全体の約20%は500G以下を選択するため、朝イチ台は狙い目だ。

icon

打ち方朝イチ

打ち方・小役

打ち方とチャンス役の停止型

まずは左リールにBAR絵柄を目押し。大抵のケースでは左下段にBARが止まるわけだが、ここからでもチャンス目の可能性はアリなので、全停止後のフラッシュの有無に注目しておこう。このほか、チェリーは強弱2種類、スイカは強弱の区別なし。ベルに関してはその一部がチャンスベルとなり、入賞時に効果音が発生した場合はチャンス目扱いとなる。

この機種の関連情報

特集

動画

このページのトップへ