機種情報

icon

秘宝伝~伝説への道~

facebook twitter

設置店検索

ユーザー評価

2.05
(45件)
ART
メーカー名 大都技研
機械割 97.9%〜113.5%
導入開始日 2015/12/21(月)
機種概要 これまで数々の「伝説」を生み出してきたあの人気マシンが、5.5号機仕様でついに復活。その名も『秘宝伝 ~伝説への道~』、すなわち…あの秘宝伝シリーズの後継マシンである。
新作のたびに画期的なシステムを搭載している本シリーズだが、今作はなんと「チャンス目=高確率or特化ゾーン確定」という嬉しいシステムを搭載している。

ボーナス出現率

●ボーナス仕様
ビッグ…純増200枚(264枚超で終了)

ゲームフロー

PR動画

icon

演出情報

通常時

ピラミッド役物・見どころ

本機は専用筐体で、様々なギミックを搭載。特に注目したいのが右上のピラミッド役物で、ここはパチンコのハンドルのように右に回すことが可能だ。時折液晶上でココを回す指示が発生することがあり、その場合はもちろん激アツとなっている。

隠しランプ・状況別の役割

主に筐体の上部に散りばめられている「隠しランプ」たち。その名前の通り、音もなくひっそりと点灯するものなのだが、実は各ランプにはそれぞれ重要な役割があり、事前に覚えておけばゲームを一層楽しめるようになるだろう。

隠しランプ・状況別の役割

主に筐体の上部に散りばめられている「隠しランプ」たち。その名前の通り、音もなくひっそりと点灯するものなのだが、実は各ランプにはそれぞれ重要な役割があり、事前に覚えておけばゲームを一層楽しめるようになるだろう。

AT・ART・RT中

注目演出・ART中

ART中の演出は基本的に「チャンス目が成立しているかどうか」を示唆するものが大半。よって、チャンス役成立後などにアツめの演出が連続すれば、チャンス目成立の期待度が一気に高まる。

秘宝RUSH HYPER・ボタンでのSB成立判別

MB中の「否」表示はSB成立否定なので、シャッター煽りなど終了示唆演出が出たら押すのもアリだ。ただし当然ながら、この時「否」が出現しないとかなりピンチなので(終了確定ではない)、相応の覚悟でPUSHすべし。

クレアチャレンジ・大量上乗せに期待できる演出

クレアチャレンジ中の「神の声」は50G以上の上乗せが確定。そのほか、上記のように演出内容によっては大量ゲットを事前に察知できるので、必ず覚えておこう。

バウンドストップ・タイミング別の示唆内容

まれに発生する「リール停止時のバウンドストップ」は、発生すれば何かが起こる…と考えてOK。成立役と発生タイミングによって上記のように示唆内容は変わるのだが、いずれにしても発生すれば激アツだ。

icon

解析情報通常時

基本・小役関連

小役確率・各種当選期待度

チャンス目(MB)・基本解説

・チャンス目確率…約120分の1(設定1)

シリーズお馴染みのチャンス目はすべてMBとなっており、チャンス目入賞の次ゲームからMBがスタート。253枚を超える払い出し(完走)orSB成立(パンク)でMB終了となるが、MB中のSBは必ず押し順ベルと重複するためSB成立によるパンクを出目で見抜くことはできない。また、通常時orART中問わず完走時は特典あり。毎ゲーム11枚獲得できるART中は完走の大チャンスと言える。

チャンス役+MB重複成立時の挙動

小役優先制御となっているため、チャンス目内部当選中もベルやリプレイ成立時は次ゲームにチャンス目入賞を持ち越し。小役非成立であれば目押しナシでもチャンス目が揃う。

MB中・小役出現率

MB(チャンス目)確率

共通ベル確率

SB(シングルボーナス)確率

小役確率

MB(チャンス目)・各役成立時の重複期待度

MB(チャンス目)・詳細確率

モード関連

テーブル・基本解説

テーブルシナリオ選択率

内部状態関連

状態移行抽選

シナリオテーブル&高確率ゾーン連続失敗回数

状態&テーブル示唆演出

状態示唆演出のメインとなるのはステージで、回廊ステージは超高確、渓谷ステージは高確滞在を示唆している。他にも、隠れランプのユラーリが点灯すれば超高確orMB内部当選中(通常時のみ)、吸い込まれユラーリが発生した場合は超高確orボーナス内部当選中…など、法則は多数ある。滞在テーブルに関する示唆演出は「ティアラ演出(上写真)」のみで、この演出が発生して小役非成立だった場合は上位テーブルの滞在に期待が持てる。

AT・ART・RT関連

当選契機

終了準備状態・基本解説

ARTが終了すると内部的には「終了準備状態」となり、押し順ベルの不正解(3枚ベル)をもって終了となる。この終了準備中は「回廊ステージ」なので、ここでチャンス目を引いた場合の高確率ゾーンは「高確率」の期待大。すなわち大チャンスだ。

自力当選ゾーン

突入契機

ステージ・基本解説

高確率ゾーン振り分けはステージによって変化する仕組みで、紅蓮の渓谷でチャンス目成立ならドラゴンバトルor高確率or無限高確率、輝きの回廊でチャンス目成立なら高確率or無限高確率当選が濃厚。上位ステージ滞在時は是が非でもチャンス目を引き当てたい。

高確率ゾーン・振り分け方法

高確率の種類はMB成立ゲームにおける「状態」と「テーブル」に応じて決定され、状態は超高確、テーブルはCが「もっとも期待度の高いものが選ばれやすい」という特徴がある。また、テーブル振り分けのための「シナリオ」はART終了時などに決定。
ちなみに、このシステムに当てはまらないパターンが2つある。1つは強チャンス目+MB当選時で、この場合は必ず高確率以上を選択(3.9%で無限)。もう1つはART終了後のRT状態でMBを引いた場合で、このケースは高確率当選が濃厚となる。

高確率ゾーン・失敗時役モノタッチ時出現率(実戦値)

高確率ゾーン・振り分け

クレア高確・突入割合

ゾーン中当選契機

高確率ゾーンの仕組み

チャンス目からMBがスタートするのだが、このボーナスが終わっても高確率ゾーンが必ず終わるわけではない。MB後は内部的にRTに移行し、そのRTが終わる(3枚ベルが揃う)と高確率ゾーン終了となるのだ。

追っかけタイム・見どころ

追っかけタイムはステージアップが目標。チャンス役や11枚ベル揃いはアップ期待度が高いので、成立役も重要だ。?が3つ並んで出現する「?ナビ」は押し順に正解して11枚ベルを揃えられれば必ずステージアップだ。

ドラゴンバトル・見どころ

ドラゴンとともに画面に現れる下の体力ゲージを減らすのがこのステージの目標。基本的には満タンスタートだが、ゲージが既に少ししか残っていない激アツパターンもあり。やはり成立役が攻撃の鍵となっている。

高確率&無限高確率・見どころ

シリーズお馴染みの高確率は他とは異なり、基本的に10ゲーム継続固定。即終了がないので期待度は高めだが、やはり成立役は重要なのでチェリー等が出やすいMBが継続するほど期待度は高くなる。演出内容や期待度はシリーズの伝統を受け継いているので、秘宝伝ファンには堪らない高確率だ。

高確率ゾーン・状況別のポイント

高確率ゾーン中は「MB入賞→SBでパンク→RT移行→押し順ベル不正解で終了」という流れになるのだが、現在がどの状況なのかは上記のような各状況から確認可能だ。

高確率・滞在中の抽選詳細

高確率はトータル期待度約60%。一番期待度の低いベルやリプレイでも32分の1でARTに当選する上、パンク契機役のSB時は20%で当選する。

追っかけ&ドラゴン・ゲーム性概要

追っかけ&ドラゴン・初期ポイント抽選

■基本的には0ptが選ばれる
■50pt選択時はもちろん当確

追っかけ&ドラゴン・成立役&ポイント状況別ART抽選

※ART発動時にMBが継続していた場合はART準備状態に突入

ART抽選契機は上表にある4つで、その時点での獲得ptに応じて当否が決定される。ptが19以下の場合は強チャンス目以外でARTに当選する可能性はないので、早めにptを獲得できるほど有利。ART非当選の場合はポイントアップ抽選が行われる。

追っかけ&ドラゴン・ポイント獲得抽選

クレア高確・滞在中の抽選

icon

解析情報ボーナス時

基本・小役関連

基本解説

ART「秘宝RUSH」・基本解説

ART中にチャンス目を引いた場合は、必ずいずれかの特化ゾーンへと移行。つまり、チャンス目出現=ゲーム数上乗せの大チャンスということになる。ART消化中の打ち方は基本的にナビの指示に従えばOKだが、画面左下に黒い「!ナビ」が表示された場合のみ要注意。ここではフリー打ちせず、いずれかのリールにBAR絵柄を狙っておこう。

ビッグ・基本解説

ビッグは成立時点でART確定。消化中は約6分の1でピラミッド揃いが成立しており、成立のたびにゲーム数上乗せが行われる。ちなみに左リールにある赤7のうち、12番のシングル赤7はビッグ絵柄ではないため、こちらを狙っても絶対に7は揃わない。ビッグを揃える際は「7・ピラ・7」の方の7絵柄を狙おう。

準備状態・基本解説

高確率ゾーンでART告知が発生した際にまだMBがパンクしていなければ、ART告知の次ゲームからART準備状態に突入。チャンス役はもちろん押し順ベル(完全ナビ)でも上乗せのチャンスなので、ここを経由すれば普段よりも初期ゲームが多い状態でARTに臨めるというわけだ。MBがパンクすると液晶のシャッターが閉まり、次ゲームからARTスタートとなる。

小役確率・各種当選期待度

MB・設定別の完走できる割合

MB中のSB確率…すなわちパンク役確率には若干設定差があるため、結果的にMB完走(ART中なら24G)できる割合にも多少設定差が生じる。具体的な数値を挙げると、設定1でART中のMBを完走できる割合は3.1%だが、設定6だと2.8%になるのだ。

AT・ART・RT当選関連

クレア高確率・基本解説

ARTが終了してしまっても、終了画面のBETやレバーON時にクレアが出現すると「クレア高確率」に突入。一度発動すれば、失敗するまでは必ずART終了時にクレア高確率がついてくる仕組みなので、突入時は大チャンス。絶対に成功させたい。

AT・ART・RT中・内部状態関連

ステージ・基本解説

ART中のチャンス目で移行する「秘宝RUSH HYPER」は秘宝スプRUSH<クレアチャレンジ<ピラミッドパワーの順に上乗せ期待度がアップ。どれが選ばれるかはチャンス目を引いた時点での内部状態が鍵を握っており、上位ステージ滞在時のチャンス目は期待できる。

AT・ART・RT中・上乗せ&ボーナス関連

上乗せ特化ゾーン「秘宝RUSH HYPER」・基本解説

チャンス目から移行する上乗せ特化ゾーンは「秘宝スプRUSH」「クレアチャレンジ」「ピラミッドパワー」の計3種類。いずれも大量上乗せの可能性を秘めており、最大24G目まで終了することなく継続すれば、3桁乗せ確定の「伝説チャレンジ」へ。

秘宝スプRUSH・見どころ

秘宝スプRUSH中は成立役がポイントで、基本的にはチャンス役の出現=上乗せ。実戦上、チェリーは10G以上、チャンス目なら20G以上となっている。レバーONの際に演出が発生すればチャンス役確定で、とくに「くじらアタック」はアツい。

クレアチャレンジ・見どころ

演出先読み機能のある「クレアチャレンジ」では、演出内容と成立役で上乗せ抽選。当然演出があるゲームの方が上乗せ期待度が高いわけだが、演出なし保留(?など)でいきなり上乗せが発生するケースもある。

ピラミッドパワー・見どころ

通常の回転パターン以外が発生したら…3ケタ乗せに激期待
※フラッシュはチャンス役示唆

最強の上乗せ期待度を誇る「ピラミッドパワー」では、液晶画面に3桁のデジタルが出現。レバーONでこの数字が回転すれば上乗せ確定となり、当然…3桁目(左)が1以上で停止すれば3桁乗せだ。

伝説ミッション・基本解説

・ART中にSBが連続して成立すると伝説ミッション突入のチャンス

ART中の「!ナビ」はSB成立の合図(目押しで入賞回避)だが、これが2回、3回と連続して発生した場合は「伝説ミッション」が発動する可能性アリ。規定ゲーム数(3~5G)の間にSBを引かなければ達成=50G以上の上乗せとなる。

超秘宝RUSH・基本解説

突入すれば大量上乗せの期待が高まる「超秘宝RUSH」。その突入契機は秘宝RUSH HYPER終了時の抽選などで、フリーズ発生=突入となる。ちなみに、秘宝RUSH HYPER経由の場合は「継続ゲーム数が短いほど期待度アップ」で、ピラミッドパワーの1G終了は確定。獲得できる上乗せゲーム数は内部状態がロングであれば圧巻の約400Gだ。

伝説チャレンジ・基本解説

秘宝RUSH HYPERは内部的にはMBで、これはSB成立でパンク→終了となる。SBを引かずに24G目まで到達できた場合は「伝説チャレンジ」が発動!

ビッグ・ピラミッド揃いでの上乗せ

超秘宝RUSH中・上乗せゲーム数振り分け

クレアチャレンジ・大量上乗せに期待できる演出

クレアチャレンジ中の「神の声」は50G以上の上乗せが確定。そのほか、上記のように演出内容によっては大量ゲットを事前に察知できるので、必ず覚えておこう。

秘宝スプRUSH中・ゲーム数上乗せ振り分け

特化ゾーン・状態別振り分け

特化ゾーン・消化中の仕組み

どの特化ゾーンもこのシステムで上乗せ抽選を行うが、ピラミッドパワーとスプRUSHは抽選状態がほぼ固定(一部例外あり)なので、実際はクレアチャレンジに大きく関わる部分。

特化ゾーン・上乗せ状態の特徴

■通常B〜チャンスBはクレアチャレンジ中しか選ばれない

特化ゾーン・レベル抽選&状態振り分け

■最初に「レベル」を決定し、「レベル」に応じて最終的な抽選状態が決まる

特化ゾーン・上乗せ振り分け

■「特殊」選択時は1〜256G均等上乗せ

超秘宝RUSH・突入率

突入すれば大量獲得必至の「超秘宝RUSH」。その突入契機は「秘宝スプRUSHなど3種類の特化ゾーン終了時の抽選」と「ART中の毎ゲーム行われるフリーズ抽選」の2種類となっている。当然ながら当選率はかなり低く、両者を合算しても5000分の1程度の狭き門だ。

超秘宝RUSH・内部状態振り分け

伝説ミッション・当選率&成功時上乗せ

超高確滞在中であればSB1連でも20%で当選する。成功時の報酬は状態不問で、3割が3ケタ乗せだ。ミッションの規定ゲーム数(3~5G)は96.4%で最長の5Gを選択する(3Gが3.1%、4Gが0.39%)。

icon

設定推測ポイント

小役確率関連

MB(チャンス目)確率

小役カウント時の注意点

小役確率

ほぼすべての役の出現率に設定差があるため、設定看破のためには小役カウントが必須となる。通常時&ART中の小役をカウントする際は、MB中をサンプルゲームから除く必要がある点に注意。最も簡単な方法としては、液晶が通常時&通常ART中のみサンプル対象とする方法で、液晶メニューで表示される当選履歴ゲーム数を全て足せばサンプルゲーム数となる。ただし、ART終了準備状態(クレア高確率含む)だけはゲーム数がカウントされないので注意しよう。

MB(チャンス目)・詳細確率

MB確率に差はあるが、ベルやリプレイ重複のMBには差がないので、これらを除いてカウントすることでより推測精度がアップする。ただし、MB成立後はリプレイ確率がアップする関係上、重複契機を完璧に見抜くことは難しい点を意識しておこう。

ゾーン関連

高確率ゾーン振り分け(実戦値)

クレア高確・突入割合

突入率は設定差があるものの、サンプルが得づらい割に差が大きくないため、設定推測要素としてはやや弱い。

ボーナス関連

ビッグ・詳細確率 

トータルのビッグ出現率は高設定ほど高くなり、高設定なら一日に複数回出現も射程圏内。また、11枚チェリーとの重複も高設定ほど発生しやすいので、中段チェリーや角チェリー+上段リプレイを見逃さないように。

AT・ART・RT関連

ART&高確率ゾーン終了画面(実戦値)

※サンプル件数/高確率ゾーン後:設定1…25件、設定2…10件、設定4…40件、設定5…27件、設定6…68件・ART後:設定1…12件、設定2…5件、設定3…5件、設定4…11件、設定5…9件、設定6…23件

ART終了時は、すぐに次ゲームの消化に入らず「終了画面」の状態でピラミッド役物にタッチしてみよう。大抵はメインの3キャラいずれかが液晶に出現するが、クレアなら次ゲームからのクレア高確率が確定する模様。

ART終了画面

※神の目点灯は液晶画面の種類はどれでもOK

しっかりとチェックしておけば高設定看破に使える「終了画面」。大前提として「メインの4キャラ以外が現れれば設定3以上が確定」という法則があり、そのほか、出現パターンによっては設定4以上、5以上とさらに絞り込める。なお、ラッシュ=奇数設定で出やすい、レオナ=偶数で出やすい、シャーリー=高設定で出やすいという特徴に関しては、かなりのサンプルを集めないと安定しないので、あくまで参考程度に。

機械割

機械割

●機械割
設定1… 97.9%
設定2… 99.3%
設定3…101.5%
設定4…105.3%
設定5…109.1%
設定6…113.5%

icon

天井ゾーン止め時

狙い目ゾーン・天井・止め時

狙い目ゾーン

天井には、高確率ゾーンハマリ天井とART間ハマリ天井の2種類がある。現在のハマリ状況は液晶の遊技履歴で確認することができるため、狙いラインに到達している台を見つけた際は積極的に狙うようにしたい。

天井突入条件

1…高確率ゾーン(通常時のチャンス目)間500Gハマリ。2…高確率ゾーンを11回連続後、12回目の高確率ゾーン。

天井仕様

1…ARTに突入。2…無限高確率に突入。

リセット仕様

リセット時 天井までのゲーム数…ART間天井:リセット、MB間天井:引き継ぐ。 液晶ステージ…深緑の森。 電源OFF/ON時 天井までのゲーム数…引き継ぐ。 液晶ステージ…深緑の森。

icon

打ち方朝イチ

打ち方・小役

打ち方&チャンス役の停止型

ART中の押し順失敗時

ART中の押し順ナビを無視して3枚ベルが揃うと、SBを入賞させてしまった時同様リプレイ確率がダウンする。以降はチャンス目(MB)かビッグ成立までリプレイ確率が戻らないため、ナビには必ず従おう。ちなみにMB中の押し順ナビをミスした場合はRT転落の心配はないが、払い出し枚数が少なくなる関係上、MB完走までの所要ゲーム数が1G多くなるのでこちらも注意。

打ち方・高確率ゾーン中

ユーザー評価詳細

一覧へ

  • 早く打ってみたいすねぇ⤴

    3.83

    浩一郎

  • 前作のAタイプの方が面白かった。 だいとのAT機は…きちゅい(>_<)

    5.00

    ケンポん

この機種の関連情報

動画

ブログ

このページのトップへ