特集

icon

『CRフィーバー革命機ヴァルヴレイヴ』特集第3回! 右打ち中の注目演出はコレだ!!

特集一覧へ
これでもうモヤモヤとはオサラバ!? 「革命RUSH」のゲーム性に革命を起こす禁断の裏コマンドを極秘公開!

更新日: 2018/02/16

毎度どうも、土下座右衛門です。

 

愛社精神あふれるワタクシとしましては、間もなく始まる『艦これ』の冬イベが大型と聞き、今から戦々恐々としております。

 

あ、いや、仕事としては何も関わっていませんよ? ただの一般ユーザーとしてです。

社内のどこかで何かが行われているはずですが、担当部署がどこにあるかを調べることすらしません。そりゃだって「聖域」ですからね!

 

狩猟生活と提督業の両立、果たしてうまくやっていけるのやら。はいそこ、社会人としての本業がカウントされてないとか言わない。

 

 

さて、CRフィーバー革命機ヴァルヴレイヴの特集も3回目。今回は「革命の刻」&「革命RUSH」の「電サポ中演出」編です。

 

 

 

 

■「革命の刻」突破は電サポ次回までor大当り  

 

 

 

まず、初当り後に突入する8回転の電サポモード「革命の刻」について。

 

通常時は大当り後に「革命の刻」突入判別演出が発生します。大当りした時点で確変(RUSH突入)確定でも、いったんは必ず「革命の刻」に突入し「革命RUSH」に直行することはありません。

 

「革命の刻」中の演出で成功すれば、数回転の待機ZONEを経てから「革命RUSH」に突入します。

また、演出成功時に図柄が揃っていれば大当りです。ラウンド消化後にまずは「即連ZONE」に突入し、約20回転消化後「革命RUSH」へと移行します。

 

なお「革命の刻」のモードは演出特製の異なる4種類から自由に選べますが、選択項目に「ビーストハイモード」があればチャンス! 内部確変の期待度がアップします。「神となったソウイチ」がある場合は「革命RUSH」突入濃厚となります。

 

 

 

演出成功期待度がアップする、各モードでの注目パターンはコチラ!

 

 V-ZONE 

ピノのセリフ「ゲキアツヤメマスカ」

 

 カミツキ突発 

ボタン出現(※出現確定の最終変動は除く)

 

 カルルスタイン出撃 

「継続」を選択

 

 ショーコクッキング 

マリエが登場

 

 ビーストハイチャレンジ 

山田&霊屋が登場

 

 

 

 

■V揃いは9R確変! ※なお7テンはない模様  

 

連チャンモードである「革命RUSH」はある特殊な方法(後述)を用いない限り、確変濃厚の「超革命RUSH神」を除き、表面的には確変か時短かわかりません。

 

 

「蒼(そう)・焔(えん)・神(かみ)」と3種類あるモードは、直前の大当り図柄によってどれに突入するかが決まります。

・青図柄大当り(3R)→蒼

・赤図柄大当り(9R)→焔

・V図柄大当り(9R)→神

 

当選時の内訳を見ればわかる通り、「焔」よりも「蒼」のほうが時短である可能性が高くなります。

100回転までは回転数がカウントされ、もし内部的に確変だった場合は「超革命RUSH神」へと昇格して残り回転数も「無限∞」へと変化します。100回転で終わった場合は時短だったということです。

 

9R通常はわずか3%しかありませんので、「焔」ならほぼ確変と思いたいところ。ただし9R確変のうち何割かは「V図柄」に振り分けられることと、3R通常との比率が「3:7」であることを考えれば、おいそれとは安心できないかもしれません。

 

 

 

 

■レバブルは通常時よりアツい! いや超アツい!?  

 

さて、演出についてですが予告、特に前兆に関しては「蒼&焔」と「神」でやや内容が異なります。しかし「神」は確変確定ですので、いずれは当たるということで省略します。リーチは全モード共通です。

もちろん「蒼&焔」の場合は、同じ演出でも確変か時短かによって信頼度が異なります。

 

 

通常時同様、予告の中心は「出目ルギーシステム(チャンス目前兆)」です。

 

レベル表示はないので、単純に出目が重要に。2個並びでは心許ないですが、同色揃いなら青・赤問わずに大チャンス! 真ん中にV図柄停止は実戦上、すべてVコン演出に発展しておりハズレ未確認です。

 

 

その他、先読み系では「時限爆弾」出現と「キャラボイス」発生に注目。ともにパターン不問で大チャンスです!

 

 

当該変動でのリーチ前予告では、通常時も激アツだった「カミツキ」「ニンゲンヤメマスカ」がやはりアツい!

 

 

「カミツキ」は通常時と若干異なり、図柄テンパイ後のSPリーチ発展前に発生します。同時にレバブルを伴うことがあり、その場合は大当り濃厚なようです。

 

 

「ニンゲンヤメマスカ」は通常時のようなランプ点灯からのチャンスアップではなく、警報からの煽り演出として発生。その後は専用リーチへと発展します。当たれば9R確変濃厚!?

 

 

 

 

■確変中ならリーチの平均3回に1回は当たる  

 

続いて、リーチについて。 

「ニンゲンヤメマスカ」も含め、専用予告から発展するリーチは、見た目の派手さが示す額面どおりに大チャンスです。

 

「三連Vを狙え演出」は文字どおり、V図柄が3つ揃えば大当り。もちろん当たれば9R確変濃厚です。最終煽りがボタンorレバーの2パターンあり、レバーだと……?

 

 

 

「ドラム量産ミッション」は順目or逆順目のチャンス目停止から、ロゴ出現で突入。ボタン連打で制限時間内に図柄が3つ揃えば大当りです。逆順目のほうが期待度高め。

 

 

ただし、プレミアムであるエピソードリーチ(全回転)がなかなか出ないように、信頼度の高さと出現率は反比例します。上記のリーチもその例に漏れず、大当りには絡みにくい印象です。

 

 

信頼度と出現率のバランスを考えると、「短尺リーチ」「デカ図柄リーチ」が大当りへの王道と言えます。 

 

「短尺リーチ」は通常時の「キャラクターリーチ」と同じような位置付けで、ノーマルロングのようなリーチ。特に青図柄テンパイ時は期待できます。

 

 

「図柄拡大リーチ」は「短尺リーチ」の図柄が大きくなっただけのようで、見た目に派手さはないものの実はこれが激アツ! もし時短だったとしても、大当りが十二分に期待できます。最終煽りでのボタン出現はハズすのが難しいレベル!

 

 

総じて言えるのはリーチ頻度がそれほど高くないので、複合する演出次第で当たる時はどんなリーチでもあっけなく当たります。この辺は通常時と同じですね。

 

ということで今回はここまで! 通常時と同じく、各演出の信頼度は3月5日(月)をメドに公開予定です。

 

 

 

 

……おっといかん、忘れてました。

最後まで読んでくれた方に、「革命RUSH」を裏モードへと導く 秘密のコマンド を授けましょう。

 

「革命RUSH」中に当選した青図柄or赤図柄揃いの大当りラウンド消化中に、Vコンを1回引いてボタンを7回押す

 

以上です。

で、これを行うと何が起きるかと言いますと……

 

その後突入する「革命RUSH蒼(焔)」が、確変なのか時短なのか丸分かりになります

 

マジ卍!!(←一度使ってみたかった)

 

詳細に説明しますと、大当り消化中にVコンを引くと、落下している右ロゴ背後の液晶にボタンアイコンが出現。ボタンを1回押すたびに「×7、×6、×5…」と表示された数字が減っていきます。

 

ボタンを7回押した後に左ロゴ背後に「裏モード」と表示されていれば、入力成功です。もう一度ボタンを7回押すと「表モード」に戻ります。

 

↓これが↓↓↓↓こうなります↓

※見えやすいよう役物を移動させています

 

 

では、具体的にどこで確変か時短かを見分けるのか。それは「即連モード」を抜けて「革命RUSH」に移行した瞬間に明らかになります。

 

突入時のタイトルが「革命RUSH蒼(焔)」になっていれば確変確定です。 逆に「超」が付いてなかったら、その時点で時短確定です。

 

 

時短が確定してしまってガッカリするのか、それとも引き戻しの勝負どころと気合を入れるのかはその人次第。いずれにせよ、裏コマンドの使用は自己責任でお願いします。

なお、一度「革命RUSH」から抜けてしまうと「表モード」に戻りますので、また「裏」を楽しみたい場合は再入力が必要です。 

 

 

 

特集の最終回となる次回は、試打にて爆発力のほどを実戦検証します! 公開は2月16日(金)です。

 

第1回「スペック」編へは コチラ から。

第2回「通常時演出」編へは コチラ から。

第4回「試打実戦」編へは コチラ  から。

 

 

 

 

 

 

※掲載した数値及び情報はDMMぱちタウン独自調査によるものです。

©SUNRISE/VVV Committee,MBS

icon

この記事の関連情報

icon

関連する機種

このページのトップへ