ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

【番長3のART引き戻し情報を総まとめ!】設定差・ゲーム数・期待値・狙い目

特集一覧へ
『押忍!番長3』のART引き戻しに関する情報を完全網羅! 引き戻し特訓までの基本的な流れや突入するまでのゲーム数、当選率などなど、重要な設定推測ポイントでもあるので要注目!

更新日: 2021/07/09

 

 

 

押忍!番長3』の引き戻し特訓に関する情報を総まとめ!

これを見て番長3をもっと楽しもう!

 

 

ART引き戻しまでの基本的な流れ

 

 

  

ART終了後、規定ベルやレア役契機ではなく特訓に突入することを「引き戻し特訓」と呼び、偶数設定ほど突入しやすくなっている。

 

また、高設定ほど引き戻し特訓に突入した際、確定対決(勝利確定の対決)になりやすいので、設定判別の重要な要素でもあるぞ。

 

 

引き戻し特訓の抽選詳細と期待度

 

 

 

ART終了後は以下の順番で引き戻し特訓の抽選が行われる。

 

1:特訓突入抽選

2:対決勝利抽選

3:対決逆転抽選

 

「2:対決勝利抽選」に当選した場合は確定対決、非当選なら通常対決となり、対決中に勝利抽選が行われる。

 

 

引き戻し特訓当選率

 

 

 

偶数設定ほど引き戻し特訓に突入しやすく、頻繁に突入するようであれば偶数設定に期待できる。

 

特に設定6の突入率は突出しているため、設定判別に重要な要素となっているぞ。

 

 

引き戻し特訓 当選率
設定 当選率
1 16.41%
2 25.00%
3 16.41%
4 29.30%
5 16.41%
6 39.06%

 

 

引き戻し特訓の確定対決抽選

 

 

 

引き戻し特訓の対決は、高設定ほど確定対決になりやすい特徴がある。

 

 

引き戻し特訓時の対決振り分け
設定 通常対決 確定対決
1 94.53% 5.47% 
2 94.53% 5.47%
3 91.41% 8.59% 
4 91.02% 8.98% 
5 89.84% 10.16% 
6 69.92% 30.08% 

 

 

確定対決を正確に見抜くことはできないものの、以下のパターン発生時は確定対決と考えていいだろう。

 

・次回予告発生

・特訓中、プレミア演出で告知

・弱・中対決で何も引かずに勝利

 

 

引き戻し特訓時の対決振り分け

 

 

 

引き戻し特訓時は弱対決の振り分けが高くなっている。

 

 

【引き戻し特訓時の種目振り分け】

  

対戦相手 種目 振り分け
ノリオ バドミントン 22.01% 
調理実習 5.86%
めんこ 1.86% 
サキ めんこ 22.01% 
バドミントン 5.86% 
バスケット 1.86% 
チャッピー 大相撲 22.01%
ラグビー 5.86%
バドミントン 1.86%
マダラ 調理実習 6.03%
大相撲 1.38%
ラグビー 1.03%
バスケット 1.55%
調理実習 0.82%

 

 

総合的なART引き戻しの期待度

 

引き戻し特訓や確定対決などを加味した総合的なART引き戻し期待度は以下のとおりで、設定6は約5回に1回の割合で引き戻しに期待できる。

 

 

ART引き戻し期待度(トータル)
設定 当選率
1 5.70%
2 8.70%
3 6.10%
4 11.00%
5 6.30%
6 20.30%

 

 

引き戻し特訓までのゲーム数

 

基本的な引き戻しゲーム数

 

 

 

引き戻し特訓はART終了後、最大48Gのプレ前兆後に前兆が開始するため、ART後は50Gほど様子をみたほうが良い。

 

ただし、プレ前兆中に規定ベルやレア役などで対決に当選した場合は、48Gを超えてしまうことがあるので注意。プレ前兆は見た目で判断できないため、引き戻し特訓の有無を確認するなら最低でも50Gほど様子をみよう。

 

 

引き戻し特訓の狙い目

 

ART終了後、即ヤメしている台であれば、引き戻し特訓が潜伏している可能性があるので「50Gほど回して引き戻し特訓の有無を確認する」が、引き戻し特訓の基本的な狙い目となる。

 

ただし、すべての台をそのように回すと投資だけが膨らんでいくため、

 

・通常BBが出現している台

・引き戻しの可能性がある履歴が残っている台

 

などに絞り、狙ってみるほうがいいだろう。

 

 

まとめ

 

設定判別するにあたり、引き戻し特訓は重要な要素。

 

特に設定6を狙う際は必要不可欠となるため、カウントやメモを怠らないようにしよう。

 

 

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ