ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

遊タイム狙いは期待値だけではなく「時給」にも注目すべし!

特集一覧へ
期待値を稼ぐ使命を課せられた「期待値稼ぎ隊」の隊員1号と2号が、誰でもできる期待値実戦の模様をお届けします。狙えるポイントや、ヤメ時なども紹介しているので立ち回りの参考に是非! 前回に続いてパチプロYouTuberのRIN‐リン‐さんからプロの立ち回りを聞いてみました。

更新日: 2021/10/22

 

 

今回の『期待値稼ぎ隊』は前回に引き続き、パチプロYouTuberの「RIN‐リン‐(以下、RIN)」さんを迎えてお届けします。

 

[前編]はコチラ

 

さて、後編はRINさんが遊タイム狙いをするうえでもっとも重要視していることや、どれぐらいの期待値を目安に立ち回っているのかを聞いてきました。

 

それでは張り切っていってみましょう!

 

 

RIN‐リン‐ インタビュー「期待値を追うこと以外に時給を考えることも重要」

  

編集S(以下、S)「それでは今回もよろしくお願いします」

 

 Twitter:@RIN77777RIN

 

RIN(以下、R)「よろしくお願いします!」

 

S「早速ですが、遊タイム狙いの目安としている期待値はどのぐらいでしょうか」

 

R「“期待値”でいうと甘デジなら1000円以上、ライトミドルなら2000円以上、ミドルは3500円以上を目安にしています」

 

S「スペックによって期待値が変化するのはなぜでしょう?」

 

R「これは時給換算をして1500円以上の台を狙っているからです。遊タイム狙いがメインの立ち回りではないので、時給1500円以上ならわりと拾える印象です。他のパチプロさんたちも時給や日当を目安にしている人がほとんどだと思います」

 

S「ほう。期待値というよりは時給を目安にしている、ですか」

 

R「はい。甘デジなど大当り確率が高い機種の期待値は低いですが、時間効率が良くなるので時給換算だとどれも1500円以上になります。つまり、期待値が1000円のミドルタイプと甘デジが空いていた場合、甘デジを打ったほうが時給は高くなるということです」

 

 

S「期待値だけにとらわれず、時給換算して見極めることも大事ということですね」

 

R「はい。同じ期待値の台だと、どうしても高スペックのミドルタイプに目がいきがちですが、時給に換算すると甘デジを打ったほうが良い場合もあります」

 

S「なるほど、勉強になります。遊タイム狙いの際に重要視していることや、自分のなかでのルールがあれば教えてください」

 

R「重要視してるのは台数と稼働率、そして回転率です。『大海4SP』と『牙狼』が20台以上設置していて稼働率が4~6割、回転率はともに19前後あるホールを目安にしていますが、この条件だと打てる確率が高いですね。ちなみに私がよく行くホールは等価ではないので、この回転率になります。また、自分のルールといえるのかわかりませんが、徘徊や待機をするのが苦手なので、ホールを1周して打てる台がなければ移動します。最近はハウスルール(※)を徹底しているホールが増えているので、ウロチョロしてウザがられないように気をつけています」

 

※止め打ち、捻り打ち、通路で空き台を待つ行為など、ホールにごとに禁止されているルール。このルールを破ると出禁になる場合もある。

 

S「最近はプロ禁止を謳っているホールも増えてきていますからね。パチプロは目立たないことも重要だということをよく聞きます。1周してすぐ退店するということは、遊タイムの狙い台を探すために1日で最大何店舗ぐらい回ったことがありますか?」

 

R「体力的にも精神的にも、10店舗ぐらいが限界でした……」

 

S「期待値を稼ぐのも大変なんですね」 

 

R「はい…(苦笑)」

 

 

S「RINさんの経験上、遊タイム狙いに絞って立ち回った場合、1日で何台ぐらい拾える印象でしょうか」

 

R「3、4台が平均かな、という気がします。ただ、同じ台数でも人によって積める期待値が変わってくるので、まずはどれぐらいの期待値を目指しているのか、そのラインをしっかりと自分のなかで決めることが重要だと思います」

 

S「その期待値ラインが高すぎると拾えないし、逆に低すぎると収支が安定しない。RINさんの場合は時給1500円以上がベストということですね」

 

R「そういうことです」

 

S「貴重なお話しありがとうございます! それでは最後に、これから遊タイム狙いをしようと思っている方、うまくいってない方に対してアドバイスをお願いします」

 

 

R「あまり偉そうなことは言えないですが…。まずは遊タイム狙いしているプロっぽい人が多数いるホールを探して、そのなかでこの人うまいなって思える人(よく良い台を打ってる人)を見つけましょう。その人の動きをよく観察し、真似することが最短でうまくなる秘訣だと思います。狙い目などはSNSでプロの稼働を参考にするのがいいですね! Twitterが特に勉強になります」

 

S「なるほど!」

 

R「あとは、最低限打つ機種のラムクリアのセグを調べること(不明な機種もあるので注意)。朝イチに据え置き狙いをする場合は、入り口から狙い台までの最短距離を把握することですが、前の人を抜かしていいわけではないですよ! ルールはしっかり守りましょう。大海SPは朝イチに1回転回すとラムクリ判別ができないので、他機種を打つにしても朝イチのうちにラムクリランプの確認は済ませたいですね」

 

S「ラムクリアランプの確認は“遊タイム搭載機種に対してホールがどういう扱いをしているか”にも繋がるので、これは必須項目ですね」

 

R「その通りです。それとヤメる際は一礼してからヤメましょう!」

 

S「それはちょっとよくわからないんですが、礼に始まって礼に終わるとかそういう感じです?」

 

R「……」

 

S「あ、そこは反応ナシなんですね。ありがとうございました!」

 

R「こちらこそありがとうございました!」

 

 

まとめ

 

さて、前後編にわたり、パチプロYouTuberであるRINさんの思考や遊タイム狙い時の立ち回りを聞きましたが、遊タイム狙いをするうえでのポイントを以下にまとめてみました。

 

 

【遊タイム狙い時のポイント】

データ公開ツールで前日のハマリ回転数を確認

遊タイム狙いは朝イチが断然オススメ

『P牙狼 月虹ノ旅人』は稼働率が良いのでハマリ台を狙いやすく、『P大海物語4スペシャル』は遊タイムを意識している人が少ないので狙い目

期待値は甘デジなら1000円以上、ライトミドルは2000円以上、ミドルタイプは3500円以上が目安(どれも時給1500円以上)

朝イチ、ラムクリアランプの確認は必須

遊タイム狙いに限らず、うまい人がいたらその人の動きをよく観察。SNSなどでパチプロの稼働を参考にする

ヤメる際の一礼を忘れずに

 

 

最後の項目は置いといて、これから遊タイム狙いをしたい、お小遣いを稼ぎたいというかたは上記を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

もちろん、これらはパチプロの立ち回りなので、朝イチからなかなか打てない人たちにとって、すべてをやることは難しいかもしれません。しかし、どれか1つでもやり続ければ、必ずプラス収支に繋がるはずです(ヤメる際の一礼以外)。

 

インタビューは今回で終了となりますが、RINさんのYouTubeチャンネルではこれからもタメになる情報を配信していくそうなので、こちらもお見逃しなく!

 

 

 

YouTubeチャンネルはコチラ

「チャンネル登録もお願いします☆ by RIN」

 

 

次回は「隊員1号」が、6号機パチスロで期待値を稼いできたのでお楽しみに!

 

 

次回予告

1号、6号機の狙い目実戦だけで
貯メダル5000枚突破!?

 

乞うご期待!

 

 

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ