ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

【ディスクアップの打ち方を徹底解説!】リーチ目・ビタ押し・ボーナス察知・技術介入・最速揃え・機械割

特集一覧へ
『ディスクアップ』の打ち方について詳しく解説! リーチ目・ビタ押し・ボーナス察知・技術介入・最速揃え・機械割

更新日: 2021/12/02


パチスロディスクアップの筐体画像

 

 

『パチスロ ディスクアップ』の打ち方・リーチ目などまとめて紹介。

 

 

リール配列

 

 

 

通常時の打ち方・BAR狙い

 

「最初に狙う絵柄」

 

ハサミ打ちで消化し、スイカテンパイ時は中リールにスイカを目押し。

 

 

「BARを枠上〜上段に狙うことを推奨」

BARを枠上から上段にしっかりと押せていれば、ハズレ時は必ずBARが上段に停止するため、それ以外の停止形で小役がハズれればボーナス確定。

 

枠上と上段にキチンと打ち分けられるプレイヤーならスイカABを見抜けるなど、面白い要素も多数存在している。

 

※ボーナスの可能性があるスイカAはBAR枠上ビタ押し時にBARが中段までスベる

 

 

●BAR枠上停止時


 

【成立役】

・スイカ

・ボーナス

 

リプレイの可能性があるケースは4コマスベリした時のみなので、基本的にはスイカ確定。

 

 

●BAR上段停止時

 

 

【成立役】

・ハズレ

・リプレイ

・9枚役

・ボーナス

 

フリー打ちでOK。

 

 

●BAR中段停止時

 

 

【成立役】

・9枚役

・スイカ

・ボーナス

 

目押しミスを除き、ここまでスベったら小役ハズレでボーナス。

 

 

●BAR下段停止時

 

 

【成立役】

・ボーナス

 

左リール枠上、上段にBARを狙い、下段までスベってきたらその時点でボーナス確定!

 

 

●チェリー停止時

 

 

【成立役】

・チェリー

・ボーナス

 

中・右リールフリー打ちでOK。

 

 

⇒ BAR狙い時のリーチ目はコチラ

 

 

通常時の打ち方・赤7狙い

 

「最初に狙う絵柄」

 

ハサミ打ちで消化してスイカがテンパイした時は中リールにもスイカを目押ししよう。

 

「1コマ以上スベれば小役」

赤7を枠内に押した場合、ハズレおよびスイカ成立時は必ずビタ止まり。1コマ以上スベって小役がハズれればボーナス…という上級者向けの制御を楽しむことができる。

 

ビタ止まりからのボーナスもあるため、押した位置によって多彩なリーチ目を味わえるところも魅力的だ。

 

 

●赤7上段停止時

 

 

【成立役】

・ハズレ

・9枚役

・スイカ

・ボーナス

 

 

●赤7中段停止時

 

 

【成立役】

・ハズレ

・リプレイ

・9枚役

・スイカ

・ボーナス

 

 

●赤7下段停止時

 

 

【成立役】

・ハズレ

・9枚役

・スイカ

・ボーナス

 

 

●チェリー停止時

 

 

【成立役】

・チェリー

・ボーナス

 

中・右リールフリー打ち。

 

 

⇒ 赤7狙い時のリーチ目はコチラ

 

 

通常時の打ち方・青7下のチェリー狙い

 

「最初に狙う絵柄」

 

ハサミ打ちで消化し、スイカがテンパイすれば中リールにもスイカをフォローしよう。

 

 

「枠内にチェリーを押せばスイカABを完璧に見抜ける」

左リール枠内にチェリーを目押しできればスイカABを簡単に見抜くことが可能。

 

ただし、押した位置により揃うラインが変化するので、見抜くためにはある程度高めの目押し精度が必要だ。

 

 

●チェリー停止時

 

 

【成立役】

・チェリー

・ボーナス

 

中・右リールフリー打ち。

 

 

●青7枠上(スイカ上段)停止時

 

 

【成立役】

・ハズレ

・リプレイ

・スイカ

・ボーナス

 

スイカテンパイ時は中リールにスイカを目押し。

 

 

●青7上段停止時

 

 

【成立役】

・ハズレ

・9枚役

・スイカ

・ボーナス

 

 

●青7中段停止時

 

 

【成立役】

・9枚役

・スイカ

・ボーナス

 

上段に青7を押した場合はハズレの可能性アリ。

 

 

●青7下段停止時

 

 

【成立役】

・9枚役

・ボーナス

 

この形からの9枚役があるのは青7を下段に押した時のみ。チェリーを枠内に押していた場合は、青7BIGの1確だ。

 

 

青7下のチェリー狙い時のリーチ目はコチラ

 

 

演出別の対応役

  

 

 

停止音を伴い消灯した上パネルの数で対応役を示唆。第3停止まで続けばDUルーレットに発展するチャンスだ。ラジカセ演出と複合するとアツい。

 

 

●消灯数別の対応役

1消灯…リプレイ/ベル/チェリー

2消灯…スイカ

3消灯(DUルーレット発展なし)…スイカ

3消灯(DUルーレット発展あり)…リプレイ以外の全役

変則消灯(1消灯→3消灯・DUルーレット発展なし)…ボーナス

変則消灯(1消灯→3消灯・DUルーレット発展あり)…激アツ

 

小役対応の消灯は、対応役矛盾でボーナス確定!

 

 

なお、ラジカセ演出やイコライザ演出などの詳細は、以下のリンクにて確認できる。

 

⇒ その他演出の詳細はコチラ

 

 

1枚掛け時のボーナス最速狙い手順

 

本機は1枚掛けが可能なので、ボーナス成立後は1枚掛けでボーナスを揃えよう。ボーナス最速狙い手順は以下の通りだ。

 

 

●手順1:逆押しで右リール中段に青7をビタ押し

 

 

 

[中段に青7停止時]

 

 

成立役…青7BIGor異色BIG

 

青7BIGが揃わなければ、次ゲームで異色BIGを狙おう。

 

 

[中段にBAR停止時]

 

 

成立役…赤7BIG or BARBIG or REG

 

REGが揃わなければ手順2へ。

 

 

●手順2:逆押しで右リール中段にBARをビタ押し

 

 

 

[中段にBAR停止時]

 

 

成立役…BARBIG

 

 

[中段に赤7停止時]

 

 

成立役…赤7BIG

 

 

●手順1&2共通・ボーナス絵柄非停止時の打ち方

右リール中段にボーナス絵柄以外が停止した場合は小役濃厚。右リール中段に停止した絵柄に応じて目押しをおこなう。

 

 

 

 

[右リール中段の絵柄別成立役]

星停止…共通9枚役

リプレイ停止…リプレイ

スイカ停止…スイカ

 

 

ボーナス中の打ち方(真・技術介入)

 

通常時の同色BIG中は約3分の1で「ARTのゲーム数を上乗せできるフラグ」が成立。フラグ成立時はカットインが発生し、ビタ押しに成功すれば必ずARTのゲーム数を上乗せできる。

 

 

「カットイン発生時に手順スタート」

 

 

発生率は約1/3。カットインのキャラは揃えたボーナス絵柄によって変化する。

 

 

●同色BIG中の真・技術介入手順

 

  

 

[ビタ押しに失敗してもチャンスあり!]

ミスをした場合でもボーナス絵柄・星・星が揃えば上乗せゲット。

 

[成功時専用の高設定示唆も搭載]

ビタ押しに成功したのにゲーム数が上乗せされない、設定推測フラグも存在。一度でも確認できれば高設定の期待大となる。

 

 

「ART中の同色BIGはフリー打ちで上乗せ」

 

 

 

通常時と異なり、ART中の同色BIGは名称が『ハイパーBIG』に変化。技術介入不要でARTのゲーム数を上乗せすることが可能。初代ディスクアップにおける『ハイパーBIG』がよりお手軽になったイメージだ。

 

枚数アップの技術介入をおこなった後はオールフリー打ちで消化できる。

 

 

ART中の打ち方

 

ART中はレバーON時に左リールに狙うボーナス絵柄のナビが発生。指示された絵柄を狙い、中・右リールをフリー打ちすれば9枚役をゲット。一般的なART機の押し順ベルと同じ扱いなので失敗してもペナルティはない。

 

また、失敗するとRTが転落してしまう可能性があるバシュン演出とリプレイの押し順ナビもしっかりとチェックしておこう。

 

 

◇3wayナビ

 

 

左リールに指示された絵柄を狙うのみ。初代と同じく、法則が崩れることも?

 

 

◇バシュン演出

レバーON時にバシュンという効果音とともに上パネル左右にあるランプが点灯したら、左リールにチェリーを狙って消化。レア役の可能性もあるのでスイカテンパイ時はしっかりと目押ししよう。

 

 

 

[チェリーを狙わなかった場合の回避法]

 

 

 

◇押し順ナビを厳守

 

 

 

ART中の押し順ナビをミスするとRTが転落してしまう可能性があるため要注意。急いで押さず、慎重に消化することをオススメしたい。ナビはサブ液晶だけでなく、上パネル、ボタン、リール下のランプで表示される。

 

 

 

 

ビタ押し成功率別の出玉率

 

「完全攻略の条件」

・1枚掛け最適手順にてボーナスを狙いにいく

・スイカとチェリーの取りこぼしナシ

・ボーナス中の枚数調整をおこなう

・同色BIG中のビタ押し成功率が100%

・通常時、ART中ともに1枚役(RTパンク役)は取得しない

 

1枚掛け最適(ボーナス狙い)手順は、成立フラグを最速で見抜くといった意味もあるので、しっかりと実行したい。同色BIG中のビタ押し成功率は53%以上なら機械割が100%を超えるため、初・中級者も積極的にチャレンジしよう。

 

 

●ビタ押し成功率別の機械割〈設定1〉

50%…99.9%

52.2%…100.0%

66%…100.9%

80%…101.8%

100%…103.0%

 

設定1でもビタ押し成功率が100%なら機械割は103%!

 

 

まとめ

 

目押し機の登竜門として君臨するディスクアップは、目押しのレベルアップにうってつけの機種。

 

上手い人が横に座っていると弱気になる人もいるだろうが、最初は誰だって完璧に目押しするのは至難の業。演出やリーチ目を楽しみつつ、一歩ずつ着実にレベルアップしていこう!

 

 

執筆者:いのせんと
■出生地:福岡 ■生年月日:1985年10月30日 ■Twitter:@innocent_hp 21歳でP業界の門を叩き、気づけば業界歴15年目の編集者。東京都在住。社畜生活の合間に年間150日ほど稼働するため、機種知識や業界のトレンドなどへの造詣は深い。「パチ&スロは楽しくて脳汁の出る最高の遊び」をモットーに、勝ちより楽しさを優先することも多いため年間収支は大体トントン。

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ