ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

経験者に聞く三重県オールナイトの思い出 #2

特集一覧へ
パチンコ・パチスロユーザーにとって大晦日~元旦の風物詩、三重県オールナイト営業。文字通りオールナイト38時間(前後)ぶっ通しでホールが営業しているその日の様子を、参加経験者に聞いてみました。参加したことがある方も未経験者もお祭りの雰囲気を感じてもらえたら嬉しいです!

更新日: 2021/12/13

 

  

こんにちは。ぱちタウン編集部の阿島ノボルです。

 

全3回でお届けする「経験者に聞く三重県オールナイト営業の思い出」。2回目となる今回は、ジャンバリ.TVからこの方に登場していただきました。

 

ジャンバリ.TV ヤルヲ氏(@yaru_wo

 

取材はオンラインで行ったため写真はスクショ画像になっていますが、いったいどんな燃えカス話が聞けるのか? 本来の意味のライター仕事を、しっかり務めて努めて阿島は来年もDMMに勤めたいと思います!

 

 

オールナイト1番の魅力はあり得ない非日常感

 

阿島「ヤルヲさんはよくオールナイト営業で無茶されているイメージがありますが、参加歴はどれくらいですか?」

 

ヤルヲ「回数は4回ですね、最初に行ったのが5年前かな? その年から続けて4回。全部仕事で参加しています」

 

阿島「それだけ参加されているともう慣れたものかと思うんですが、ヤルヲさんが感じるオールナイト1番の魅力はなんでしょう?」

 

ヤルヲ「そうですね…、“あり得ない時間にホールで打っている”ということですね」

 

阿島「日をまたいだり早朝も絶賛稼働中だったり、普段では絶対あり得ない状況ですよね。参加した際の企画はどういった趣旨だったんですか?」

 

ヤルヲ「基本的にぶっ通しで打つのが前提ですね。最初の3回はうちいくTVの時だったんで、1年目はパチ7と合同という形で」

 

阿島「最初は合同だったんですね」

 

ヤルヲ「パチ7の編集長と並びで打つ、みたいな。それが38時間中30数時間かな? その次の年はうちいくTV単体。ナカキンに似たやつを集めてナカザイルっていうのを作って、オールナイトで誰かが実戦している途中にショーみたいな感じで、ナカザイルのステージをやったのが2年目。3年目は僕の借金を返すために38時間でGODを5回引けたら100万円っていう企画をやりました」

 

 

阿島「仕事なら企画がありますが、プライベートでもオールナイトで打つならなにか目標は定めるとより楽しめそうですね」

 

ヤルヲ「我々の仕事だとどうしても過酷になりがちですけどね。その次はもうジャンバリに移籍していて、ジャンバリは収録だったんですけど時間の縛りが24時間だったんで、凱旋を打ってもつまらんだろうということになり…じゃあ6号機をってことで、24時間リゼロを打ちました」

 

阿島「どれもクセが強めな印象ですが、特に記憶に残っている企画はどれでしょう?」

 

ヤルヲ「やっぱ凱旋のGOD5回で100万ですかね。寝ずはもちろん、ほぼ食事もしなかったんで。25,000G回しました」

 

阿島「1営業で25,000G…。結果はどうだったんですか?」

 

ヤルヲ「GODは1発だったし100万は取れなかったですね。負け額は…いくらだろう? ちょっと覚えてないですけど、GOD1発しか引けなかったんで収支も散々ですよ(笑)」

 

阿島「かなり過酷じゃないですか。打っている時はどういう心境なんでしょう?」

 

ヤルヲ「年をまたぐくらいの0時~深夜2時3時までは、けっこう高めのテンションでいけるんですよね。ワクワク感というかお祭り感に包まれているんで。その先の年をまたいで朝方とか昼になると、もう記憶はないですよ。『なんで俺、こんなことやってんだろう…』のほうが勝ってますね」

 

阿島「演者さんは翌日まで打ち切るのが仕事の場合が多いかと思いますけど、明け方でも周りのお客さんは元気に稼働してるんですよね」

 

ヤルヲ「正直、頭おかしいなと思ってます」 

 

 

阿島「それくらい好きな人が集まるのがオールナイト営業(笑)。寝ないで一晩中パチンコ・パチスロを打てる貴重な機会ですから、ぶっ倒れる限界までいくぞっていう気持ちで挑みにくる」

 

ヤルヲ「その気合いはわかりますよ。でもね最初に参加した年の話ですけど、パチ7が東京から三重までバスを出したんですよ。行きたい人は30日にバスが出て1日に戻るみたいなツアーを組んでくれて」

 

阿島「オールナイトバスツアー?」

 

ヤルヲ「けっこう地方から参加してくれた人がいて、関東から大勢で三重に行ったんですけど、そいつら逆に言うと帰りのバスまで」

 

阿島「帰れない(笑)」

 

ヤルヲ「そうです。だからみんなに予算を聞いたら、少なくても10万もってきましたとか、30万持ってきましたとか。だからみんなに言ってやりたいですよ、バカかと。そんな金あったら旅行に行けと」

 

阿島「一般的な感覚でいうと大金ですよね。それだけあったらいろんな選択肢がありますが、やっぱりパチンコ・パチスロファンはオールナイトに参加したくなっちゃうんですね」

 

ヤルヲ「狂ってますから、ほんとに(笑)」

 

※一応補足しておきますが、“狂ってる”=賞賛ですよ

 

 

悔いを残さないよう5号機でがっつり勝負

 

阿島「バカになれるお祭りというか、貴重な機会なことは間違いないですけども、ヤルヲさんの収支はどうですか?」

 

ヤルヲ「全部負けてますよ、大体平均20万くらいじゃないですか? リゼロも休憩やらもろもろ入れたら24時間の内20時間も回してないと思うんですよ。リゼロですよ、コイン持ちがいいリゼロ。20時間弱でも12万くらい負けてますから」

 

阿島「空席の状況もあると思うんですが、台移動されますか?」

 

ヤルヲ「基本的に1台と心中することが多いですね。普通の営業日では回せない1万ゲーム以上のデータが残せるっていうのも、ひとつの思い出になる」

 

阿島「選んだ台で天国か地獄かも…結果が普段より顕著に出る」

 

ヤルヲ「ある年のあるホールは凱旋がオール4だったとか、そういう話を後から聞いたりもあって、そういう漢気があるホールもあるので、店選び・台選び・ヒキが揃ったら超天国ですよ」

 

阿島「凱旋もハーデスもないですし、今年はポテンシャルが高いパチンコもたくさん登場しましたが、もし今年もオールナイトが開催されて参加するとしたら何を狙いますか?」

 

ヤルヲ政宗2一択じゃないですかね。設定は1でいいじゃないですか。決戦ポイントを貯めまくって、そこにお金も時間もかかりますけど。営業時間が38時間あるんで、超秀吉までいってそこでひと波作れたら終わらない」

 

阿島「やっぱり5号機」

 

ヤルヲ「設置されているのが1月末までだから絶対5号機だし、番長3も星矢もありますけど政宗2が1番夢を見れるんじゃないかなと思いますね」

 

 

阿島「せっかくだから夢を見たいですよね。では経験者として初めて参加される方へのアドバイスがあれば伺えますか」

 

ヤルヲ「まず遊技以外のところ。外で待っている間は寒いですけど、中に入ってしまえばあったかい。寝ずにずっと起きていると体がポカポカしてきちゃいますから、履いていく靴と別にサンダルがあったら楽だし、上下はジャージでいいと思うんですよね」

 

阿島「動きやすい楽な恰好で行きましょう」

 

 

盗難や置き引き…トラブルの要注意!

 

ヤルヲ「あとは軍資金は余裕をもって。正月でATMが使えなかったら…っていうのもあるかもしれないんで。中には50万円持ってきているって人もいましたから。何しに来たん?(笑)って言いたくなりますよ」

 

阿島「そこまで突っ込む覚悟(笑)。稀だと思いますけど、そんな人もいるんですね。でもまさか1回の営業時間内で50万円負けることは無さそうですが」

 

 

ヤルヲ「だから気を付けなきゃいけないのは、オールナイトに来た善良なお客さんを狙う…そのお金を取ろうと企んでいるスリみたいな悪い奴らがいるかもしれないって思ってほしい」

 

阿島「やっぱりずっと寝てないと判断力も落ちて、財布を置忘れたりしちゃいそう」

 

ヤルヲ「長財布を使っている人って台の上に置きがちですけど、台の上に財布を置いたままトイレに行っちゃったりとか気をつけた方がいいです。絶対にボディバッグとかポーチとか、バッグにタバコも財布も全部入れて肌身離さず持ち歩いてください」

 

阿島「せっかく年1のお祭りを楽しみに行ってるのに、盗難なんかで嫌な思いはしたくないですね」

 

ヤルヲ「そうですよ、毎回負けて嫌な思いをしてきた僕も、パチスロの勝ち負け以外で悲惨な思いをするほうが嫌ですね。台に集中できる状況を万全にして楽しんでほしいです」

 

 

 

まとめ

 

何度もオールナイトを経験しているからこそのお話をしていただいたヤルヲさん。

 

せっかくのお祭りですから、トラブルには巻き込まれないように注意したいものです。もし参加を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

それではラストとなる3回目もお楽しみに!

 

 

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ