ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

【実戦企画】 勝利の境界線 第1回

特集一覧へ
回る=勝てるの方程式に迫る!!

更新日: 2016/01/13

この回転率を守れば負けることはない…それがボーダーラインである。
ボーダーを1回転以上越える台を実戦し、理論値で勝てるのかを証明していく。
基本ルールだけでなく、止め打ちは保4止めなど最低限のみといったルールも加え、誰でも実行可能なルールでの実戦を敢行。
理論に基づいた立ち回りをすれば結果は必ずついてくる…。

 

(C)円谷プロ (C)OK!!

まず、実戦のホールとして選んだのは、前日の下調べでボーダーを超えているであろう台を複数確認した大型店。確かな実績があるという王道の選択こそが勝利への近道だ。

次は実戦をする機種。ボーダーが甘い機種、海物語シリーズのような定番の機種、最新台、この3つの候補から選出した。ボーダー+1回転の台を見つけるのであれば、このあたりが無難だろう。

実戦日は台を素早く選ぶことも考えて、朝は早めに整列。「並ぶことも仕事」という大義名分さえ手に入れれば大好きなモバ○スをポチポチしてても怒られることもないし…完璧! 開店直後は並んでいる最中に手に入れた、南○光(R)×2枚の親愛度を上げ、特訓させるために時間をロスするというアクシデントにもみまわれたが、ギリギリのところで新台「CRぱちんこウルトラバトル烈伝 戦えゼロ!若き最強戦士」の確保に成功。新台を選んだのは…直感である。そう、理論と直感の融合は最強なのだ。

このあと「CRスーパー海物語IN沖縄3」と「CRルパン三世〜消されたルパン〜」でも似たようなボーダー超えるであろうという台を見つけたのだが、結局は最初に確保した「CRぱちんこウルトラバトル烈伝 戦えゼロ!若き最強戦士」へと帰還。大事なことなので2回言っておくが、理論と直感の融合は最強なのだ。ヒーローが大好きな南○光ちゃんを引いたことからもわかるだろう!!

 

さて、実戦を開始するにあたってまずは250玉あたりの回転数をチェック。最近の台は回転数のムラが激しいからといって250玉で10回転程度の台では話にならない。

しっかりと仕事をしているアピールをしつつ、嫁の双○杏を愛でていると…液晶には赤保留が点灯していた。モバ○スを一旦閉じ、カメラを準備している間にも保留は育ち、該当変動ではチェッカー柄に昇格…さらにハイパーゼロフラッシュも発生!! 高信頼度演出が2つも発生すれば、課金の道に一直線…ではなく大当りは間近だろう! ついでに明日、出社したら次からはオスイチ企画(4月末始動予定)に変えてもらえるように進言しよう。そうしよう。

課金ガチャを引くがごとく可動したULTRAレバーを気合いを入れて引いたが…まさかのハズレ。頭脳派にはオスイチは向かないな…やめておこう。再び、視線をヘソと保留とモバ○スに戻すことにする。

このあと1250発を使う頃にはデータカウンターの表示は102回転。この機種の特徴の1つでもある電チューのロング開放はいまだにないが、この時点でボーダーを大幅に越えておりスルーの通りも悪くはない。この条件なら続行するしかないでしょう。

 

250玉あたりでは16〜21回転と多少のブレこそあるものの、2500発を使うころには204回転。その後も大きく回転数が落ちることはなく、3750発使用で310回転と、まだ当たっていないこと以外は順風満帆。まぁこの打ち込んだ玉があれば、一番高いチャンスガチャを5回も引けるわけだが…それはそれ。プロの方々がおっしゃる期待値を稼いでると自己暗示をかけ実戦を続行。

視線をヘソと保留とモバ○スに移動し続けること403回転、大当りは突然やってきた。緑保留からのウルトラマンダイナSPSPからウルトラ兄弟RUSHを獲得…あまり期待していない無料でもらったガチャチケットからSRがでたようなものだ。そしてこれが10連チャンを達成し、差玉は一気にチャンスガチャ約6回分(注…+4829発)!

回転数のほうも安定してきたので、差玉分(現時点)の課金も決め、再びモバ○スに…いや実戦に集中する。いまガチャを回すと総選挙の投票券もらえるし…双○杏のために、プロデューサーはがんばるよ!

 

初当り2回目は連チャン終了後わずか105回転。ウルトラマンコスモスSPSPハズレからの再始動。

連チャン中は2回連続出玉なし大当りというピンチもあったが、なんとか大量課金への夢を繋ぐことに成功した。連チャンしてるのに玉が増えていない…この感覚、SRを連続で引いたのにどっちも価値が低いってのに似てるな。

 

最終的に連チャン数は25連まで伸び、加速度的に出玉が増えたので課金もスピードアップ。この回りと持ち玉ならば、もう負ける確率は0といっていいだろう。あとの問題はSRを引けるかどうか…ではなく、さらに差玉を上乗せできるいかどうか、その一点のみだ。

しかし、余裕ができたかと思うと、とにかく当たらない…。400回転過ぎても当たらない…。モバ○スのイベントとガチャも一旦区切りがついてしまったため、残った楽しみといえばタイガ(DAIGO)の「ういっしゅ」を数えることくらい。ちなみに、ここまでで発生した回数は2回で出現率は約1/200程度。この演出、ほぼガセなのに少し安いSRくらいの価値がありやがる…。

600回転を通過。回りは悪くないので持ち玉の減りこそ遅いものの、やはり当たらないのは精神的にキツい。携帯の充電がなくなりそうなので、気持ち的にもソワソワし始める。

640回転を通過。携帯の使用料金が上限に達したため、タイガSPリーチに発展したところで勝ち逃げを決意。「ういっしゅ」が発生するまで頑張りたかったが、そうそうSRはお目にかかれるもんじゃないよね。

ふと気づいたのだが、ここで実戦記を書く以上、艦○レを推すべきだったのではないだろうか…。台選びにこそ成功したが、モチーフ選びを間違えたことに気付き帰路につくことにする。今日の夕飯は牛丼(大盛り)に玉子をつけよう。

 

展開にも恵まれていたが回転率が優秀だったからこそ、ボーダーでの実戦と比較して、+3000発近い差が生まれたといえる。

台選びのポイントとしては、いつの時代も新台にチャンスがあるということに変わりはないといった感覚。設置される台数が多い話題の機種ほど、優秀な台を発見できる可能性は高くなるとも感じた。もちろん、ホール選びも重要だが…。

回転率を計算する際には、打ち始めだけでなく持ち玉遊技の時も忘れずに…。基本的に朝イチより回転率は落ちるので、終わってみてボーダー以下ということがないように注意だ。自動計数のホールでなくとも、計量カップを活用すればアバウトだが回転率は確認できるのでオススメ。慣れるまでは面倒だが、勝てるならそれもアリでしょ?

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ