ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

【実戦企画】勝利の境界線 第10回

特集一覧へ
回る=勝てるの方程式に迫る!!

更新日: 2016/01/13

 

この回転率を守れば負けることはない…それがボーダーラインである。
ボーダーを1回転以上越える台を実戦し、理論値で勝てるのかを証明していく。
基本ルールだけでなく、止め打ちは保留4個止めなど最低限のみといったルールも加え、誰でも実行可能なルールでの実戦を敢行。
理論に基づいた立ち回りをすれば結果は必ずついてくる…。

 

開店時にはしっかりと狙っていた台を確保し、250玉あたりの回転率はボーダーの+3回転以上。長い時間、実戦をしていても、回転率は落ちることがなく、初当り確率と平均連チャン数は理論値に近い。堅実な立ち回りで摑み取った軍資金を手に、知り合ったばかりの女性のもとに行く。

…というのが2016年になって最初に見た夢だ。

正月の夜に一生懸命、実戦をする機種とホールを選んでいたから夢にまででてきてしまった。まじめ過ぎるのも考えものである(上司へのさりげないアピール)。
まぁ、女性が最後にでてきた理由は実家に帰った際に、嫁探しの話を親からずっとされていたせいだろうな…。
とにかく、そんな理想的な展開になれるように頑張ろう!

今回、実戦をする機種は『CR熱響!乙女フェスティバル ファン大感謝祭LIVE』。
導入されてから日が浅いから回る可能性がある! というのは建前で、自分の大好きなシリーズをじっくりと楽しみたい。
もちろん、ボーダー+1回転以上は必須なだけに、ホールも重要となってくるのだが、事前に情報収集をしていたため、心配事は一切ナシ。

初打ちが仕事関係となってしまったことには、微妙な気持ちになったが、勝つことができれば翌日からのデスクワークも気分良く始められるはずだ。

 

実戦に選んだホールの入場方法は並び順。
目的とする機種の設置台数は多かったが、念のため早い時間帯からホールの前で待っていると、後ろにカップルが並んだ。
どうやら、この人たちも自分と同じ機種を狙っているようなので、状況の良さに期待は高まったのだが、すごく気分が悪い(あくまで個人的な感想です)。寒空の下、自分はひとりで並んでいるのに楽しそうにしやがって…。
普段よりも時間の流れが長く感じる…。

嫉妬と怒りから開放された勢いにまかせ、開店後はお目当ての機種に直行。
途中にあった、『CR牙狼 魔戒ノ花』や『CRスーパー海物語IN JAPAN』に向かう人も多く、パッと見た感じではボーダー以上は回りそうだったのだが、ソロの力をみせつけるために『CR熱響!乙女フェスティバル ファン大感謝祭LIVE』でカップルの隣を確保した。

ボーダー+1回転を下回るまでは、粘るぞ…!

 

とりあえず、回転率を計ってみると、最初の250玉で16回転…ボーダー以下である。
スタートから不安になる回転数だったため、一度、席を離れて後ろからほかの台の様子をみていると、しっかりと回っていそうだ。

ムラがでているだけと信じて、実戦を続行すると500玉でトータルの回転数は36回転、750玉で57回転と順調。
2500玉を使うころには197回転とボーダー+1回転以上になったのだが、初当りは獲得できていない…。
「美女とお近付きになれる可能性がある」というオイシイエサに釣られて、お金を貢いでいるような気分になりつつも、期待値ってやつを求めて打ち続けることにした。

ちなみに、回転率は機種単位で同レベルとなっていることも多い。
そこで、実戦を再開する際にほかの台の状況をもう1度、観察してみると、朝イチから気になっていたカップルの台は回転率も優秀なうえに、順調に出玉を伸ばしていた。
…リア充、爆発しろ。

 

投資が3875玉のとこで獲得した初当りは11R通常。
その後、わずか10回転で獲得した大当りも11R通常。
あっという間に大当り確率は理論値の通りになったが、まったく喜べない状況である。やはり、出玉をしっかりと確保できないことにはどうしようもない。
彼女はできるが1ヶ月も経たないうちに浮気され、破局を繰り返す、気持ちはそれと同じようなものだ。
実際には彼女すら作れないのだが…。

まぁ、大当りを獲得してれば、いつかは確変突入率も平均連チャン数も理論値に近くなるだろう…と思っていたが、どうやら勘違いだったらしい。
そもそも、当たらない…。
気が付けば、トータルの投資は10000玉以上。
かわいいキャラクターを愛でる余裕もなく、となりのカップルにソロのチカラをみせつけることもできずに、ただただ、貸玉ボタンを押し、250玉あたりの回転数のメモをとっているのみ。
そして、789回転でようやく大当りを獲得したものの、やはり11R通常。理論値とは一体なんだったのだろうか…。

9割の期待値を信じる心と1割のカップルへの嫉妬心で実戦を続けてきたが、12500玉とトータルの投資が大きくなってしまったため、さらに好条件が期待できそうなMAXタイプへの移動を決意した…。

 

正直、実戦をしている間も『CR牙狼 魔戒ノ花』のことがずっと気になっていた。恋に恋する乙女のように。
外見は30歳を目前にしたオッサンだけれど…。
とにかく、開店時から多くの人でにぎわい、自分の目で見た印象も良い。
うしろからチェックをしていても多くの台がボーダーの+1回転以上は回っているようだったので、より回転率の良さそうな台を確保して実戦を再開した。

21回転、17回転、23回転とムラはあるが回転率は抜群に良く、投資1250玉で初当りも獲得!
持ち玉を使い切り、追加の投資をしても回転率は大きく下がることはなかったが、時間がなくなってきたため、トータルの投資が15000玉に到達したところで、この日の実戦を終えた…。

実戦機種の選択に多少のミスはでてしまったものの、決して状況は悪くなかったはずだ。しかし、結果だけをみれば大敗。
ここまで、すべてが夢オチ…であれば嬉しかったのだが、サイフの中身を見る限り、どうやら現実のようだ…。
明日からは、大人しくデスクワークをして、負け分を会社から取り戻そう。

 

今回の実戦でメインとなった『CR熱響!乙女フェスティバル ファン大感謝祭LIVE』は電チュー経由の大当りに、電サポが規定回転数で終了する確変がある。
回転率が良いと潜伏状態になった場合でも、そこまでストレスを感じることなく、打ち続けられることもメリットの1つ! …とドヤ顔で解説したかったのだが、確変大当りを獲得できずに実戦は終了。
まぁ、大当り確率も理論値の通りではないけれど、現行機は連チャン回数が大事だとあらためて感じさせられた。
もちろん、回転率も大切で、回っていたことによって負け額が減ったことも事実である。負けは負けだけれども…。

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ