ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

塾長

ジェダイの復讐

記事一覧へ

公開日: 2015/05/06

初めて映画館で観た洋画はスターウォーズ。現在の有楽町マリオン、当時の日劇で母親と一緒に観たと記憶しています。俺が8歳のときですから、まだチンポに小便以外の用途があると知らなかった頃の話です。

 スターウォーズシリーズはすべて映画館で観ました。公開の何日も前からコスプレ姿で劇場の前に並ぶ、いわゆるアメリカのバカマニアほどではありませんが、いまだにルークはマークハミル、レイア姫はキャリーフィッシャー、オビワンはアレックギネス、チューバッカは八百屋コカツといった具合に主要キャストの俳優名をソラで言えますからライトなマニア。とにかくスターウォーズは畑中葉子の後ろから前から同様、大好きな映画のひとつです。

 そんなこともあってか、最近よくスターウォーズのパチンコを打っています。どういうシステムなのかはいまひとつ分かりませんし、どういったリーチアクションがアツアツなのかも分かりませんが、以前、詳しい人に「数字が三つ揃えば当り」と教えてもらったので少なくとも当りを捨てたことはないと思われます。

 

 俺がよく打つのは確率149分の1の甘デジと呼ばれるタイプ。半日打って当りなしはまずもってあり得ない、清水健太郎が薬剤師の資格を取るくらいあり得ない話なので勝っても負けても楽しめます。もうこの際だから次のパチスロジャーナルでは10点満点を付けてやろうか…。そんなことも考えています。

 

 映画で観たシーン、或いは映画では決して観られぬシーンがパチンコの液晶画面で観られるというのはファンに取って嬉しい限り。ドリカムの言葉を借りるなら嬉しい、楽しい、大好きなんですが、問題がひとつ…。これを打ち始めたきっかけが映画だからでしょう。この場面になるといつもこう叫んでしまいます。「死ね! 死ね!」と。

 

 

この記事の関連情報

関連する機種

ライター・タレントランキング

このページのトップへ