機種情報

icon

パチスロ蒼天の拳2

facebook twitter

設置店検索

ユーザー評価

2.75
(50件)
メーカー名 サミー
機械割 97.1%〜113.7%
導入開始日 2014/06/16
機種概要 羅龍盤に代表される秀逸なリール制御と百裂拳チャンスによる刺激的な上乗せ。
予測不可能な出玉性能で多くのスロッターを虜にした『パチスロ蒼天の拳2』が、究極進化を遂げて登場。

ボーナス出現率

ゲームフロー

PR動画

icon

演出情報

通常時

液晶演出

新蒼天演出

ゲーム性だけでなく、原作を活かした液晶演出も本機の欠かせない魅力の一つと言える。今作では新たに、原作ファン歓喜のシュケンとヤーマのエピソードを搭載。他にも多数のエピソードムービーが搭載されている。

注目演出ピックアップ

PUSHからのカットイン詳解

カットイン発生は基本的にチャンス役成立だが、ベルリプレイでも発生の可能性あり。この場合は演出が発展した(実戦上当選)。

ナビ系演出詳解

ナビ系演出は色で成立役を示唆。発生タイミングが遅いほど、強チャンス役や本前兆に期待が持てることになる。お馴染みのキリン柄はとにかく激アツだ。

スコープ演出詳解

基本的には前兆の役割を果たし、玉玲が撃ち返せば若干チャンスとなる。道士が頻出したら、炎上や宿命への道に期待しよう。

紅華会のチャンスアップパターン

各キャラクターのチャンスパターンはご覧のとおり。これらが発生すれば、後の連続演出成功への期待が高まる。

実戦上の連続演出期待度

枠ランプステップアップ・基本解説

枠ランプステップアップは、step毎に対応役が存在。step4での中段チェリー成立はAT期待度アップだ。なお、枠ランプステップ時は効果音が発生するのだが、音は一段階多いため、音だけを聞いているとstep1とstep2を勘違いしてしまうので注意しよう。

激闘乱舞in上海・演出解説

縞服のザコはチャンス示唆で、キリン柄のザコは刮目の刻+隠れ上乗せ確定。周期ゲーム数付近での前兆は長ければ長いほど期待度が高まり、ここで同系統以外の演出頻発が確認できれば刮目の刻突入に大きな期待が持てる。なお、激闘乱舞in上海中における各演出の期待度は上の通り。シャッターは弱いが、特定条件下のみ激アツとなる点を覚えておこう。

ドラゴンステージ・基本解説

・移行すれば激アツのステージ

チャンス役からまれに突入するドラゴンステージ。激闘乱舞in上海のみならず、天授の儀にも期待できるようだ。

羅龍盤に運命を問え!!詳解

●実戦上…期待度85.7%

※サンプル件数:7件

かなりの期待度を誇る激アツ演出。PUSHボタンを押す指にも力が入る所だ。復活パターンもある。

AT・ART・RT中

基本解説

宿命の刻・BGM変化解説

プレミアム演出

ポイント

プレミアム演出

プレミアム演出の発生は当然の如く本前兆、即ちAT確定。教会演出のおやつやバー演出のカクテルがレインボーといったお馴染みのものや、ジョニー・ナナ・ニーナ・エイリヤンといったサミー歴代のキャラが登場するものなど、多種多彩な演出がパターンされている。プレミアムだけにどれも出現率はかなり低いが、ファンならば一度は拝みたいものばかりだ。

AT・ART・RT中

エンディング発生条件

天授の儀が20連以上すると、継続抽選に漏れた際にエンディングが発生。原作ファンならずとも感動間違いナシのエピソードが液晶に映し出される。天授の儀終了で残念な場面ではあるが、20連以上したのであれば大量ゲーム数上乗せ必至。その後の激闘乱舞in上海ロング継続を目指して、感動しながらも気合いを入れ直すようにしよう。

icon

解析情報通常時

基本・小役関連

基本解説

「蒼天リール」で中段 チェリーの 高確率状態を実現

北斗カウンターが炎上すれば、炎上した北斗カウンターがゼロになるまで中段チェリー確率が10倍にアップ。炎上中に再度炎上した役を引けば、カウンターが32に復帰する。また、凍結が発生すれば5G+転落抽選に当選するまで中段チェリー確率が30倍にアップ。

様々な局面で重要な役割を担う中段チェリーは状況に応じて出現率が変化。左リールが擬似リールになっているため、状況によっては中段チェリー出現率が数十倍にもアップする。蒼天リールと銘打たれたリール演出にも注目だ。

通常時に弱チェリーが成立すると、必ず「押せ!」と変換の指示が発生する。MAX BETを押して左リールが逆回転すれば、中段チェリーへの変換成功となる。実戦上は約5分の1で中段チェリーへ変換となった。

「北斗カウンター」で前兆示唆

液晶上部では消化ゲーム数を表示。左右にある北斗カウンターは、中段チェリー入賞やスイカ成立で作動し、チャンス役直撃やチェリー高確の示唆を行う。基本的な役割は前作と同じだが、今作では炎上や凍結により中段チェリーの高確率示唆が行われる。また、ゲーム数前兆時は下段中央にカウンターが出現。前兆の期待感を煽る。

通常時・小役確率

数種類あるスイカとチェリー確率には設定差あり。チェリーは状況で確率が変わるので注意しよう。

小役確率・各種当選期待度

チャンス役・AT期待度

ほとんどの成立役でAT抽選を行っているものの、メインとなるのはやはり中段チェリー。その他のチャンス役は内部状態アップや炎上or凍結の契機役と言えるだろう。

ゲーム数解除カウンターの挙動

■100G手前で発生しやすい
■それ以外では百の位が偶数の前半でしか発生していない

実戦上、ゲーム数解除カウンターが発動したゲーム数はご覧のとおり。100G付近で発生しやすいので、最適なヤメゲーム数はこのあたりだろう。百の位が偶数の前半もチャンスのようだ。

・龍告知が発生したらゲーム数解除カウンター発動(炎上や凍結の場合も)

ドラゴンステージ・基本解説&小役確率

●ドラゴンステージ前兆ゲーム数振り分け
8〜13G…各1.6%
14〜20G…各3.1%
21〜31G…各6.3%

ドラゴンステージは7G継続。突入の時点で宿命の刻が確定し、消化中に中段チェリーを1回引けば激闘乱舞が、2回引けば天授の儀が確定する。消化中は中段チェリーが4.97分の1~4.93分の1の高確率で出現するため、約79%は1回以上中段チェリーを引ける計算だ。

ドラゴンステージ・中段チェリー1回時振り分け

小役カウント方法

炎上&凍結割合・スイカ/中段チェリー成立時

スイカからの炎上率には設定差が存在。弱スイカからの炎上率は設定4以下と設定5以上で、強スイカからの炎上率は設定6のみ優遇されている。弱スイカからの炎上率は設定の高低を見抜く重要な手がかりとなるため、弱スイカ成立回数と炎上回数は必ずカウントしておくようにしよう。

炎上or凍結当選時・前兆振り分け

注目しておきたいのは弱スイカからの炎上率で、頻繁に発生すれば設定6の期待が高まる。AT本前兆中も炎上凍結の抽選を行っているが、この場合は注意。炎上の最大前兆は21Gとなっており、この消化を待たずにAT当選した場合は炎上の当否が分からない。サンプルから除外しよう。

内部状態関連

紅華会演出

天国示唆演出

演出の法則はこれまでのシリーズを踏襲している部分も多く、打ち込んでいた方なら見逃すことはないだろう。基本的に珍しい演出が発生すれば天国もしくは前兆と考えてOK。

内部状態・基本解説

チャンス役成立時のAT当選率は内部状態に左右される。3種類ある状態はそれぞれステージで示唆されるので覚えておこう。

天国・炎上・凍結示唆演出

状態移行率・成立役別

低確→通常のメイン役はチャンス目と弱スイカ。通常→天国はそれに強スイカが加わる。

状態移行率・低確滞在時のトータル移行率

※トータル移行率には炎上・凍結の分は考慮されておりません

状態移行率・通常滞在時のトータル移行率

※トータル移行率には炎上・凍結の分は考慮されておりません

状態移行率・天国滞在時のトータル移行率

状態の転落率に設定差はなく、契機役はリプレイのみ。

AT・ART・RT関連

初当り契機

初当り契機は主にゲーム数解除とチャンス役直撃の2種類。ゲーム数解除が近づくと、新搭載されたゲーム数解除カウンターが作動するケースもある。また、チャンス役直撃当選率は内部状態によって変化。中段チェリー成立は常に激アツだ(中段チェリー高確率による当選はチャンス役直撃の一部 )。

初当り契機分析

実戦上のAT初当り契機を分類。その割合を示しているのが上の円グラフだ。中段チェリーの重要さがよく分かる。中段チェリー以外のチャンス役には、それほど大きな差は見られなかった。

※AT初当りサンプル件数:ゲーム数6件/チャンス役37件

実戦上のAT当選率はご覧のとおり。サンプル数が少なく状態別でもないためあくまで参考値となるが、傾向はつかめるのではないだろうか。数値を見る限り、これまでのシリーズに近いと思われる。

宿命の刻当選率

宿命の刻+凍結or炎上割合・スイカ/中段チェリー成立時

宿命の刻+ドラゴンステージ当選率

天授の儀当選の近道となるドラゴンステージは、状態や設定を問わずチャンス役成立時に一発抽選。通常のチャンス役なら0.5%で、最強チェリーはAなら2.5%、Bなら5%で当選となる。

天授の儀直撃当選率

通常時はリプレイ成立時に天授の儀直撃抽選を行っている。リプレイ成立時の0.007%、トータル当選率は95677分の1と激低ではあるが当選すれば大量出玉獲得に繋がる可能性大だ。

ゲーム数解除・基本解説

基本のゲーム数に16~57Gの追加ゲーム数(天井の775Gが選択された場合のみ12G~34Gのいずれかのゲーム数が追加される)が加わり、ATは告知される。追加ゲーム数のメインは30G半ば過ぎで、濃いのは50Gあたりだ。ちなみにリセット台の狙い目は、100G付近よりも200Gもしくは400G台。昼前が狙い目か。

ゲーム数解除テーブルは通常1〜3の3種類があり、3がもっともチャンスゾーンが多い(1ほど天井に寄っている)。高設定ほど通常3が選ばれる割合が高くなっており、それだけハマりづらくなっている。

設定変更時を除き、上記のタイミングでゲーム数解除カウンターが作動すれば、通常2や3の可能性が高まる。25G~50Gでフェイクが発生した場合は通常3が濃厚、その後の100G台や200G台もチャンスとなるので、すぐさまヤメないほうが無難だろう。逆に空いたら奪取したい。

規定ゲーム数振り分け・モード別

追加ゲーム数振り分け

※追加ゲーム数には規定ゲーム数消化後の前兆も含みます

※天井の775Gが選択された場合のみ12G~34Gのいずれかのゲーム数が追加される

AT当選時・前兆ゲーム数振り分け

icon

解析情報ボーナス時

基本・小役関連

基本解説

バトルボーナス・基本解説

バトルボーナスは、1セット約20Gのループ型AT「宿命の刻」とゲーム数上乗せ型AT「激闘乱舞in上海」によって構成。宿命の刻の死合パートで拳志郎が宿敵に勝利すれば激闘乱舞in上海に突入し、激闘乱舞in上海の規定ゲーム数を消化すると宿命の刻に復帰する。

宿命の刻・基本解説

●1Gあたりの純増約2.7枚

宿命の刻はループ式ATだが、単純な継続率管理ではない。初当り時に決定する宿命モード(1回のAT中で固定)と、宿命前半終了時の最終オーラ色それぞれを参照する継続システムだ。よって、節目セットのオーラ昇格チャンスは本当にチャンスなのである。

死合パートでは拳志郎が宿敵と勝負。引き分けなら宿命の刻ループとなり、勝利すれば激闘乱舞in上海または天授の儀に突入する。引き分けや勝利期待度は宿敵によって変化する仕組みで、バトル中に羅龍盤役物が落下すれば大チャンスとなる。

天授の儀・基本解説

スペシャルATとなる天授の儀は、1セット18Gの約80%ループ。前半の小役パートでは高確率でゲーム数上乗せが発生し、後半の死合パートでケンシロウが負けない限り2つのパートがループする。なお、拳志郎が負けてしまった場合は、それまでに獲得した上乗せゲーム数を持って激闘乱舞in上海に移行する。

オーラ昇格パート・基本解説

前半11Gは成立役に応じてオーラ昇格抽選が行われ、チャンス役成立は大チャンス。節目のセット開始時はオーラ昇格チャンスが発生し、緑オーラや赤オーラまでの昇格もある。

オーラ昇格パート中は様々な演出で成立役やオーラ昇格を示唆。中(逆)押しチャンスやキリン柄など、ここで発生する多くの演出は激闘乱舞in上海中にも発生する。なお、実戦上のオーラ最終色別の死合結果は上表の通りで、赤オーラは引き分け以上が確定。サンプルこそ少ないが、虹オーラは勝利確定と考えてよさそうだ。

●オーラ昇格パートの延長
基本的にオーラ昇格パートは11G固定だが、実戦では残りゲーム数が0→??に変化し、その後5G継続したケースもあった。ちなみに、この時は緑オーラまで昇格して死合に勝利。

死合パートの流れ

宿命の刻の後半では死合が行われ、引き分けならば次セット継続。見事勝利すれば激闘乱舞in上海or天授の儀に突入し、更なる出玉増加が見込める。一方、死合敗北時はAT終了となるが、敗北と思いきやの復活パターンもあるので、最後の最後まで諦めてはならない。

天授の儀・小役パート解説

小役パート中は複数のモードがあり、モードによって上乗せ期待度が変化。モードは帯の色によって示唆され、赤やキリン柄なら高モード滞在に期待できる。毎ゲームの上乗せ期待度も演出によって示唆されるため、小役パート中は液晶に注目するようにしたい。

天授の儀・死合パート解説

死合パート中はお馴染みのバトル演出が発生。拳志郎攻撃ならその時点で継続確定となり、劉宗武攻撃で終了のピンチとなり、北斗鎧破掌を食らうと終了の大ピンチとなる。

刮目の刻・各小役確率

激闘乱舞in上海・各小役確率

※各小役はリールアクションの有無にかかわらず最終的な停止型の確率です

秀宝乱舞中・小役確率

※弱チェリー…右リール中&下段に羅龍盤が停止するフラグ

※リプレイ1…押し順ありor押し順なしのリプレイ/リプレイ2…押し順ありのリプレイ/弱役…リプレイやベル揃いフラグ

小役確率・各種当選期待度

刮目の刻・基本解説

・ルーレット発生時の発展先
百裂拳チャンス
秀宝乱舞
天授の儀

刮目の刻中は中段チェリー出現率が大幅アップ。中段チェリーを引くと演出に発展し、演出成功で上乗せや特化ゾーン突入となる。継続期待度の異なる刮目の刻の種類にも注目したい。上乗せ終了後は残り刮目の刻を消化できる。

AT開始時のオーラの色・継続率期待度

開始時のオーラは宿命の刻の継続率を示唆。厳密には、このオーラで示唆しているのは単純な継続率ではなく、継続率を左右する「宿命モード」なのだが、「いい色ほど継続しやすい」と覚えておけばOKだ。

死合パート・チャンスアップパターン解説

●1G目…キャラの種類とPUSHに注目 

1G目はルーレットで対戦相手を選択。ルーレットの枠のオーラはオーラ昇格パートの最終的な色で、PUSH指示の発生は実戦上、引き分け以上が確定だ。

●2&3G目…無言がアツい!

対戦相手とのセリフパターンは多彩。基本的に拳志郎が強気な発言であるほどチャンスで、無言やセリフ金文字は実戦上、激アツだ。

●4G目…映るのはどちらの足!?

4G目は攻撃キャラを表示。まずは足元から映し出されるが、拳志郎攻撃時は敵攻撃時よりも若干タイミングが遅い。一瞬の違和感を覚えたら、その時点で引き分け以上が確定するというわけだ。なお、敵表示時も直後に双龍役物が動けば拳志郎の攻撃にチェンジ→引き分け以上確定となる。

●5〜8G目…構えの有無と攻撃種類が勝負所

※サンプル件数…拳志郎19件・霊王12件・張太炎13件・ヤサカ1件・劉宗武0件

激闘乱舞in上海・刮目の刻までの流れ&当選率

刮目の刻への突入契機はチャンス役及び25G消化ごとの周期抽選の2種類で、当選時は5G程度の前兆を経て告知が発生。刮目の刻当選期待度は滞在ステージで変化し、一度ステージ昇格すると刮目の刻に当選するまで転落することはない。

●刮目はストックする
刮目の刻本前兆中も刮目の刻突入抽選はされており、当選時は内部的にストック。複数当選していた場合は刮目の刻終了直後に再度刮目の刻へ突入するので、ヒキ損は一切ないというわけだ。

刮目の刻・種類別の数値

選ばれやすいのは焔や凍で、焔は7G固定。凍及び実戦上の発生率が15.7%であった双龍は、7G+継続抽選となる。なお、実戦では7GのST・双龍天羅が選ばれることはなかった。発生頻度が低い分、上乗せ期待度はかなり高そうだ。

死合パート・継続濃厚/勝利濃厚パターン

死合パート・高継続率(高宿命モード)示唆

ヤサカとの死合時に拳志郎ではなく飛燕が登場した場合は高継続率の可能性大。また、相手の必殺技を食らう→PUSHナシで耐える、復活演出で美福庵主登場も、同様に高継続率に大きな期待が持てる。

天授の儀中の小役

天授の儀中のスイカ以外のチャンス役はリール制御によって成立を確認できないケースがある。ただし、各チャンス役は抽選されており、察知できない場合でも上乗せ抽選は行われている。

激闘乱舞in上海・初期ゲーム数振り分け

50%の割合で30Gスタートとなり、25%の割合で40Gが、20%の割合で50Gが選択される。それ以上の振り分けは低いが、100Gと200Gの振り分けが同じなので70Gを超えれば激アツだ。

宿命の刻・最終オーラ色別勝利or継続割合

宿命の刻の継続or勝利抽選は、AT開始時に決まる宿命モードとオーラ昇格パート終了時のオーラの色を参照して行われる。オーラが昇格すればするほど継続or勝利期待度アップとなるため、オーラ昇格パート中は気合いの入れどころと言えよう。白や青オーラばかりでも継続するようであれば、高い宿命モードに滞在している可能性大だ。

死合パート・スイカ成立時の書き換え抽選

・死合中に強スイカが成立したら敗北なし!

死合パート・オーラ別の死合抽選結果

■16Gバトルは飛燕vsヤサカ→飛燕敗北から拳志郎vsヤサカのバトルに発展するパターン

宿命の刻・1セット目の抽選

宿命の刻1セット目は宿命モードを問わず継続以上確定。具体的な数値は上表のとおりだが、勝利割合に関しては2セット目以降の宿命モード1・2の値と同じとなる。敗北に振り分けられる割合が全て継続に振り分けられる仕組みだ。

死合パート・最終的オーラ色&キャラ別勝利期待度

オーラの昇格に力を注いだ後は、敵キャラに注目。劉宗武もしくは飛燕で継続以上となり、期待度の低い霊王でも緑以上で勝利確定だ。

死合パート・キャラ別セリフ一覧

AT・ART・RT中・モード関連

激闘乱舞in上海・激闘モード抽選解説

激闘乱舞には刮目突入率の異なるA〜Dの激闘モードがあり、高モードに移行するほどチャンス役成立時や周期抽選時の刮目当選率がアップする。モード移行抽選は主に激闘乱舞突入時・刮目の刻終了時・周期到達時に行われ、刮目終了時のみモード転落の可能性がある。ただし、刮目中にバトル未勝利だった場合は、モード転落の可能性がない。

激闘乱舞in上海・激闘モード振り分け率

激闘乱舞in上海・周期到達時の激闘モード格上げ率

宿命の刻・宿命レベルカウンター値解説

宿命モードは初当り時に決定されたレベルカウンターに応じて抽選され、高いほど継続率および勝利に期待が持てる。これをベースに、オーラ昇格での最終的なオーラの色も加味した上で行き先が決定される。

宿命の刻・宿命レベルカウンター昇格率

●トータルの昇格率
チャンス目…25.0%
中段チェリー…33.3%
最強チェリー…100%
弱スイカ…10.0%
強スイカ…33.3%
強ベル…50.0%

宿命レベルは本前兆中のチャンス役で昇格の可能性あり(弱チェリーを除く)。後の出玉に大きく影響を与えるので、引けるだけ引きたい。

宿命の刻・宿命レベル別宿命モード振り分け

前兆終了時に宿命レベルに応じて1~5まである宿命モードの振り分け抽選。宿命モードはAT開始時のオーラの色で示唆される仕組みとなっているため、AT開始時は液晶に注目するようにしよう。

宿命の刻・タイトルロゴオーラ別宿命モード期待度

AT・ART・RT中・内部状態関連

宿命の刻・状況別初期オーラ振り分け

オーラ昇格パート突入時は初期オーラの振り分け抽選が行われる。振り分けは継続セット数によって異なり、オーラ昇格チャンスの発生する末尾3のセットは青オーラ以上が、末尾7のセットは黄オーラ以上が、10の倍数セットは緑オーラ以上が確定する。

オーラ昇格パート・トータルオーラ昇格率

オーラ昇格パート中はチャンス役成立時にオーラの昇格抽選。緑オーラ以下時はチャンス役が成立すれば必ず1段階以上オーラが昇格する仕組みで、強スイカ成立なら緑オーラ以上に、中段チェリー成立なら赤オーラ以上に昇格する。赤オーラまで昇格すれば継続確定+50%で死合勝利だ。

オーラ昇格パート・成立役別オーラ昇格率

※中段チェリーBはオーラ昇格抽選に当選した時のみ中段チェリーが出現します

※中段チェリーCはオーラ昇格抽選に当選した時のみ中段チェリーが出現します

■中段チェリーBとCはオーラ昇格パート中のみの特別な役
■実際の確率はどちらの役も7.2分の1だがオーラ昇格抽選に当選した時のみ中段チェリーが停止する

死合パート・各オーラの死合抽選の特徴

緑オーラなら勝利期待度33%。赤オーラなら継続確定に加え50%の割合で死合勝利に期待できる。また、虹オーラは勝利確定。見た目で判断することは不可能だが、虹2オーラなら天授の儀突入も確定する。

AT・ART・RT中・上乗せ&ボーナス関連

激闘乱舞in上海 ・基本解説

●1Gあたりの純増約2.7枚

激闘乱舞in上海はゲーム数上乗せ型AT。突入時はお馴染みの百裂拳チャンスが発生し、30~200Gの初期ゲーム数を決定する。また、消化中はチャンス役成立時にゲーム数の上乗せ抽選。中段チェリー成立時や25ゲーム周期の抽選に当選すると、刮目の刻と銘打たれた中段チェリー高確率状態に突入する。

●刮目の刻に突入すれば中段チェリー高確率状態

刮目の刻の種類は「焔・凍・双龍・蒼龍天羅」の4種類があり、後者になるほど上乗せ期待度アップ。中段チェリー入賞時はルーレット演出に発展し、バトル勝利や演出成功で秀宝乱舞に発展することも。上乗せ特化ゾーン秀宝乱舞は、1セット5Gの中段チェリー超高確率ゾーンだ( 秀宝乱舞は初回必ず継続する )。

百裂拳チャンス・基本解説

百裂拳チャンスは、PUSHボタン連打で敵を撃破して最終的に停止したゲーム数を上乗せ。PUSHボタン連打は押しっぱなしでも有効となっており、PUSHバイブが発生すれば撃破濃厚となる。なお、最大上乗せゲーム数は200G。上乗せゲーム数ではなく上乗せ特化ゾーン突入が告知されるパターンもある。

秀宝乱舞・基本解説

上乗せ特化ゾーンとなる秀宝乱舞は、1セット5G継続。消化中は中段チェリー成立でゲーム数上乗せ確定となり、中段チェリー期待度は演出によって示唆される。なお、規定ゲーム数消化時は継続演出が発生し、成功で次セットが発動する。

真百裂拳チャンス・基本解説

激闘乱舞in上海中もカットイン発生時は白7揃いのチャンス。期待度はカットインの色で変化し、見事揃った場合は真百裂拳チャンスに突入する。ひとたび突入すれば50G上乗せが約67%でループ。ヒキ次第では一気大量上乗せも十分に可能だ。

超秀宝乱舞・基本解説

超秀宝乱舞に移行すれば毎ゲーム上乗せ確定。実戦上は必ず10G以上の上乗せが発生しているため、トータル50G以上の上乗せに期待できる。大量上乗せの大チャンスだ。

刮目の刻・演出期待度

中段チェリー停止時はバトル演出or記憶の扉に発展。バトル演出の勝利期待度は対戦相手によって異なるが、霊王撃破時はその恩恵が大きいようだ。

秀宝乱舞・演出パターン

戦車群やチェリーを狙え演出発生で上乗せの大チャンス。兵士や戦車でも、チェリーPUSHやボタン大などのチャンスアップパターンが絡めば上乗せ期待度大幅アップとなる。

●チャンスアップパターン

●5G目は扉と背景の色に注目

5G目に出現する扉と背景の色は継続期待度やチャンス役成立期待度を示唆しており、赤扉や赤背景が出現すれば継続期待度アップ。ゲーム数上乗せが発生すれば問答無用で継続確定となるため、チェリーPUSHなどの演出が発生しても継続期待度大幅アップとなる。5G目は扉と背景の色に注目したい。

秀宝乱舞中・上乗せに関する理論値

秀宝乱舞中の上乗せ当選率や上乗せゲーム数振り分けは1〜4G目or5G目で変化。チャンス役成立時はゲーム数を問わず20G以上の上乗せが確定する。

秀宝乱舞中・継続抽選(5G目)

秀宝乱舞中・上乗せゲーム数振り分け

天授の儀・導入ムービーや死闘中の上乗せ

天授の儀前兆中・導入ムービー中・死闘パート中も上乗せ抽選は行われており、上乗せしたゲーム数は次の小役パートにて告知される。小役パート中に比べ上乗せ当選率は低いが、上乗せ当選すれば弱チャンス役でも30or50Gの上乗せが確定する。

天授の儀中・小役パートのモード振り分け

小役パート中の上乗せ当選率や上乗せゲーム数振り分けはセット毎に振り分けられる天授モードによって変化。天授モードは小役パート中の左右の帯の色や死闘パート中のバトル内容によっても示唆される。帯がキリン柄なら天授モードE確定となるため、大量ゲーム数上乗せの期待大だ。

天授の儀中・小役パートの小役確率&ゲーム数上乗せ当選率

天授の儀中・リールロック発生時上乗せ当選率

天授の儀中・モード別の上乗せ理論値

激闘乱舞in上海・周期抽選での刮目の刻当選率

■激闘乱舞突入→初回の25G周期は50%で刮目の刻に当選する
■チャンス役で刮目当選しても持ち越し
■周期8回目の200Gでは必ず刮目の刻に当選
■刮目の刻終了時は約20分の1で引き戻し

■周期抽選では刮目の刻・蒼龍天羅には当選しない

激闘モードを問わず初回25G目の抽選は50%の割合で刮目当選。それ以外での周期による刮目当選率はテーブルによって管理されており、激闘モードD滞在時のみテーブルが優遇されている。また、刮目に当選せず200G経過した場合は必ず刮目当選。刮目終了時は20分の1の割合で刮目引き戻しに期待できる。

激闘乱舞in上海・チャンス役での刮目の刻抽選

モードの影響を受けるのは、チャンス目・強弱スイカ・強ベルのみで、モードがアップすればするほど刮目当選率もアップ。また、強スイカor強ベルから刮目当選した場合は凍以上が、弱チェリーから刮目当選した場合は双龍以上が確定する。なお、当選率は低いもののゲーム数上乗せに当選した場合は100or200Gの上乗せが確定する。

激闘乱舞in上海・上乗せ&刮目の刻当選率

刮目の刻・抽選パターン解説

刮目中に中段チェリーが成立すると1〜7のレベル振り分け。レベルによって発展する演出先が決まり、発展時や演出中に成功抽選が行われる。なお、レベル振り分けは成立役や刮目の種類によって変化。レアな役ほど高レベルが選択されやすく、蒼龍天羅時は成立役を問わず高レベルが選択されやすい傾向にある。

刮目の刻・中段チェリー停止時のレベル振り分け

激闘乱舞in上海・白7揃い期待度

激闘中に白7が揃ったら、大量上乗せに期待できる真百裂拳チャンスが確定。背景青でも期待度約4分の1だ。

刮目の刻・連続演出突入時の成功率

刮目の刻・連続演出中(2G以降)のチャンス役別成功率

刮目の刻・連続演出成功時の振り分け

刮目の刻・役物噛み付き別成功期待度

アマテラシュちゃんはプレミアム。刮目からの連続演出中に出現すれば、天授の儀濃厚となる。なお、中段チェリー変換発生は確定だ。

死合中・天授の儀濃厚パターン

AT・ART・RT終了後

内部状態関連

状態振り分け・宿命の刻終了時

icon

設定推測ポイント

小役確率関連

設定差のある小役確率

弱スイカの炎上率

炎上率で注目すべきは弱スイカ。差はさほど大きくないが、頻発すれば設定6に期待できる。

炎上中・チェリー確率

※ベルリプレイの一部が弱チェリーになるため弱チェリー確率がアップしています

凍結中・チェリー確率

※リプレイ・ベルリプレイの一部が弱チェリーになるため弱チェリー確率がアップしています

秀宝乱舞中・小役確率

※弱チェリー…右リール中&下段に羅龍盤が停止するフラグ

※リプレイ1…押し順ありor押し順なしのリプレイ/リプレイ2…押し順ありのリプレイ/弱役…リプレイやベル揃いフラグ

刮目の刻・各小役確率

激闘乱舞in上海・各小役確率

※各小役はリールアクションの有無にかかわらず最終的な停止型の確率です

内部状態・モード関連

低確からの状態移行率

状態移行率にも設定差はあり、高設定ほど天国移行率が高くなっている。中段チェリーがあまりにもスカる台は見切った方無難か。

ゾーン関連

序盤でのゲーム数解除

AT・ART・RT関連

宿命の刻初当り当選率

高設定ほど宿命の刻に当たりやすいが、特に差が大きい契機は弱スイカ。当選率自体は高くないが、複数回確認されればアツい。

機械割

機械割

●機械割
設定1… 97.1%
設定2… 98.6%
設定3…101.0%
設定4…105.0%
設定5…110.6%
設定6…113.7%

icon

天井ゾーン止め時

狙い目ゾーン・天井・止め時

狙い目ゾーン

ゲーム数解除でのAT当選の可能性もあるが、実戦上の解除率は非常に低い。その大半は777G以降の天井に寄っているものと思われる。

天井突入条件

AT終777G+前兆。激闘乱舞に入らない宿命の刻(AT初当り)が9回連続し、10回目の宿命の刻。

天井仕様

ゲーム数天井…宿命の刻に当選(最低継続率を否定)。激闘天井…1セット目に必ず激闘乱舞に突入する。

リセット仕様

リセット時 天井までのゲーム数…再セット。 激闘天井…再セット。 状態…再セット。 液晶ステージ…ランダムに決定。 電源OFF/ON時 天井までのゲーム数…引き継ぐ。 激闘天井…引き継ぐ。 状態…引き継ぐ。 液晶ステージ…ランダムに決定。

天井

激闘天井

激闘天井の条件となるのは「AT初当り回数」。1回のATで宿命の刻がどんなに連チャンしようが、激闘非突入なら「1回」としてカウントされる。

icon

打ち方朝イチ

打ち方・小役

羅龍盤狙い

羅龍盤が上中段に停止すれば、その時点で中段チェリー以上確定。残りリールの停止型によっては、AT濃厚となるケースもある。また、羅龍盤中下段停止時は、右リールの羅龍盤停止位置によってチェリーの強弱が変化する。

スイカは斜め揃いで弱スイカ、水平揃いで強スイカ。スベリを伴ってベルが揃えば、揃うラインを問わず強ベルとなる。なお、チャンス役の停止型は複数あるため、見極める際は全リール停止後の効果音とフラッシュに注目しよう。

BAR絵柄狙い

●左リール上段にBARを狙う

朝イチ・宵越し

朝イチ挙動

状態振り分け・設定変更後

規定ゲーム数振り分け・設定変更時

この機種の関連情報

特集

動画

ブログ

この機種が打てるオススメ店舗

このページのトップへ