ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

【実戦企画】ハイエナ道 第3回

特集一覧へ
17時からのお小遣い倍増計画!!

更新日: 2016/01/13

 

ゾーン狙いに天井狙い、確実に勝てるといわれる立ち回りが真実かを検証。 ホール、機種を問わず期待値のみを求めて立ち回る。 朝イチから実戦できないプレイヤーにあわせ、実戦時間は17時からのみ。 期待値を追い続けることで、年間でどこまで収支を伸ばせるのか…。もちろん、他のプレイヤーの反感を買うような立ち回りは御法度である。

 

今回の初戦となったのは土曜日ということもあり、何店舗か回ってみたけどやっぱりどこも高稼働。休日の夕方ともなるとさすがに人が多い…。時間だけが過ぎていくなかでオイシイ台を見つけられず、打てたのはなんとも微妙な台ばかり。「押忍!サラリーマン番長」以外はちょっとなかったかな。移動の時間とか考えると、このホールが最後だと思ってたので、打てそうな台をひと通り打ってみたらこんな感じに…。
4台打って全部負けても700枚くらいのマイナス。この程度で済むのがハイエナの良い所だと思うなどと、自分を慰めつつホールを後にする。
そろそろ打ちたくても良い台がない時は打たずに諦めて帰る…という選択肢も頭に入れようと真面目に考えだす家までの暗い帰り道。
あ、夕飯買ってくるの忘れた。こういう日に限って牛丼配達係(職場の先輩=メガネ・彼女なし)が直帰していないんだよな。負けたという自戒の念も込めて、今日は夕食抜きで…。明日の朝は焼鮭定食を食べることにする(メガネのお金で)。

 

この日は仕事が普段より長引いたので、会社近くのホールを中心に散策開始。
ぐるぐると歩き回ること3店舗目に何とか打てそうなゲーム数のパチスロ蒼天の拳2を発見。正直この機種なら200台後半からなら全然打てると個人的に思ってます(勝てるとは思っていない)。
運良く400ゲーム台のゾーンで当選してくれて一安心…と思いきや、およそ10分後には次の台を探してました。さすがに2連、上海なしだと無理。どれだけ早く当たってもこれじゃプラスにできないじゃないか! 北斗神拳伝承者、もうちょい頑張ってくれ、ちくしょう!!

あっさりとATを抜けたため、閉店までは時間に余裕があったので、ホール内を物色していると、次に見つけたのが「戦国コレクション2」。キラキラありだったので確保したものの打つかどうか少し悩んだが、結局、移動しても今日はこれ以上の台を見つけられないと判断しハイエナ開始。
移動の時間や次のホールの稼働状況などを考えて、厳しいと思ったら少し早めの狙い目でも打つというのは選択肢の1つとしてありだと思う。そして、今回はこれが結果的に大成功。
AT開始早々にスイカから200ゲームをゲットし、プラス収支が見えてきた。その後は何もなく終了してしまい、天国だけ確認してヤメようとしてたら突然の次回予告。なんとびっくり中段チェリー!
嬉しいけど、できればもう少し時間に余裕あるときに引きたかった…。焦りながら消化していると閉店ギリギリでなんとか取りきり、4000枚オーバーの出玉を獲得。あまりの嬉しさにテンションMAX! 「いっけー」と最近聞き覚えのあるセリフがつい口に出てしまった。
「今回の初勝利だりゅい。ふとももは正義、はっきりわかるりゅい」とかブツブツ呟きながらニヤケ顏で駅へと向かう僕が不審だったのだろう。お巡りさんから声をかけられるという緊急事態が発生。そうか、都会にマスクつけてる人が多いのはニヤケ顔を隠すためだったのか(多分違う)。

 

前日の快勝に気分を良くし、仕事帰りに訪れたのは自宅付近のホール。気持ちよく勝ったあとって、連勝が続いちゃうんだろうなー…なんて甘い考えで「スーパービンゴネオ」の天井狙い開始。…とりあえず気持ちよく負けた。

嫌な予感が漂うなかで、ちょうど真後ろにあったのが当日ノーボーナス、532ゲームの「押忍!サラリーマン番長」。これだけだと狙うにはちょっと弱いけど、データカウンターをポチポチして確認したところ、据え置きならば780ゲーム前後であることが判明。積極的にリセットをかけるホールではないので多分大丈夫…いただきます。
投資100枚ほどでボーナスを獲得。やっぱり据え置きでしたね。そして何も引いてないのに頂ラッシュ! 帰る準備をしていたところだったので本気で驚いた。これで、この台でのプラス収支がほぼ確定したので、気軽な気持ちで打ち出すと上乗せが止まらない。最強チェリーや絶頂RUSHも引くことができ、なんと2日続けての4000枚オーバー! 気負わないといい結果が出るのはスポーツもパチスロも同じみたいです。メンタル…大事。

実はこの機種、今日まで2・3度しか打ったことがなかったのです。理由は1つ…操ちゃんがいないから。操ちゃんがいない番長なんて番長じゃない(あくまでも個人的な意見です)。
……とは言っても、いないものは仕方ないのでATは雫ちゃんを選んだけど…ふむ、悪くない、むしろ良い。あ、でも1番好きなのは名前忘れたけどあの秘書っぽい人ね、研修とかで出てくる。
ち、ちげーし、別に俺Mとかじゃねーし(震え)。

「パチスロ モンキーターンⅡ」は、前作にはとてもお世話になったんだけど、なぜか今作とは疎遠でして。かなり久しぶりに打ってみたけど…まぁゾーンなんて当たりゃラッキーみたいなもんだし。ここまで回してなぜやめた前に打ってた人などと愚痴りながらマイナス100枚。
まだまだ時間もあるしとフラフラしていたら見つけたのが、「パチスロリング 呪いの7日間」。ちょこちょこ打ってはいるんだけど満足に勝てたことがほとんどない。相性というものがあるとするなら間違いなく最悪。結局、勝てないと楽しくないから積極的に打ちたくはない…と敬遠気味。期待値ありそうなら打つけど、ホールにあるうちにどんどんどーんと勝ってみたいです。1回で良いのでお願いしますと願いを込めてレバーを叩くもマイナス150枚。
やっぱりGWは厳しい。メンタルで負けているような気もするけど…。
GWみなさん何してました? 僕はアニメ見てるかパチスロ打ってるかの2択でしたよ。それ以外にやることないし、遊ぶ友達いないし……。

GWのせいで人が多く、ハイエナしようと試みるも全く打てる台が見つけられなかったので、次のハイエナとしての稼働は少し空いて9日。ハイエナせずにパチンコ打ったり、設定やゾーンなど気にせずに乱れ打っていたので、GW期間の収支は大幅にマイナスですけどね…。
ホールを数軒チェックし、帰ろうかと悩んでいた21時半過ぎに巡り会ったのは「パチスロ アラジンAⅡ」。AT後、20ゲームまでは高確確定なので、さすがに無理だろうとは思いつつ、とりあえず打ってみたら数ゲームで当たった。自分の前に打ってた人6000枚近く出してたよ。他人のおこぼれに預かる…これぞまさしくハイエナじゃないですか!? 勝手ですが今回のベストオブハイエナに勝手に認定したいと思います。
ちなみに、20ゲームを過ぎて満月ステージからステージが変わっても、高確滞在の可能性はあるのでヤメ時にはご注意を。

 

日曜なのに半日出勤という地獄を終えて、お馴染みの自宅近くの某ホールへと向かう。一通り見回ってみたが、日曜ということもあり打てる台というかそもそも空き台すらほとんどない…。そんななか、バラエティコーナーで見つけたのは天井が見えかけている「スカイガールズ~よろしく!ゼロ~」。期待値的には多分微妙だと思うけど、天井に到達すればラッキーということでGO! 正直天井まで行く気は全然しないんですが、好きだった台なので久しぶりに打てて楽しかった。とりあえずビッグボーナス引いたら200枚は貰えるのってホントにありがたい。

翌日、翌々日は仕事も定時で上がれ、これまでも良く打ってる「パチスロ蒼穹のファフナー」に狙い台を発見。ハイエナ以外でもよく打っているのだけど、今はこれが打ってて1番楽しい。普通に打ってても333ゲームのゾーンは安定してチャンスゾーン取れているのでオススメ。ただ、ARTが取れないことも普通にあるので、その時は気を落とさずに次を探しましょう。
ちなみに555ゲームもそれなりにチャンスみたいですがここ狙うんなら、そのまま天井狙っちゃっても良いかもしれないですね。

 

勝率が低すぎたため、全然勝ててる気がしてなかった今回の実戦。「戦国コレクション2」と「押忍!サラリーマン番長」の2台で大きなプラスが取れたおかげで、差枚は大幅なプラスなのが唯一の救い。
次こそは勝率の低さを本気でどうにかしたい。早すぎるゲーム数からは打たないようにする、さらに足を使って移動を増やすなど、対策はいくらでも取れると思うので、もう少し考えて動いていこうと思う。
やはりハイエナする以上、安定して勝てないと意味がない。もう1度初心に帰り、期待値を追い求めて稼働していきたい。

再びの快勝に気を良くし、今期はどのアニメのDVDを買おうかと決めかねているうちに、気づいたらお財布の中からちょっとありえない人数の諭吉さんが旅立たれてしまった。パチスロって、ホントよくできたシステムだなー。
やっぱり趣味打ちはほどほどにしとかないと(猛省)。ということで次からも頑張って行きたいと思います。最高のメシマズをあなたに届けたい…そう心から思っている私、エナり一樹でございます。

 

今後、注目していきたい機種の1つが「パチスロ ゴッドイーター」。かなり多くのホールに導入されているんじゃないかな? …ということで打つ機会はかなり多くなると予想。まだ詳しい恩恵とかは不明だけど、天井がそこそこ浅め(777ゲーム)なので積極的に狙ってみても良いんじゃないかと。あと、アリサちゃん可愛いよね。これだけで十分打てるわ。

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ