ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

【コードギアスR2天井狙い】天井期待値・狙い目・恩恵・ハイエナ条件を徹底網羅!

特集一覧へ
6号機の後継機が登場しても、現役稼働中の『パチスロコードギアス反逆のルルーシュR2』(サミー)。本稿では天井期待値や狙い目などを詳解するので、設置期限を迎える前にもう一稼ぎしておこう!

更新日: 2021/08/13


  コードギアス2-0

 

パチスロコードギアス反逆のルルーシュR2』の天井情報をまとめて紹介。発動条件や恩恵、狙い目、ヤメ時などを見極めて有利に立ち回ろう!

 

 

天井発動条件

 

コードギアス2-2

 

天井到達条件
項目 内容
天井到達条件 ボーナスor
ARTセット開始から1000G消化

 

 

天井の発動条件はボーナスorARTセット開始から1000G消化。数ゲームの前兆を経て発動する。

 

ボーナスでハマリがリセットされるのはもちろん、ARTのセット開始時点でもリセットされる。仮にART単発終了後に即ヤメされていた台があった場合は、ART消化に40G+継続バトル数ゲーム分があるので、おおよそ残り950G程度が天井となる。

 

本機の場合、ART開始でデータランプが1Gに戻ることが多いのであまり問題にはならないが、ホールによっては特殊な場合もあるので一応気に留めておこう。

 

 

天井恩恵

 

コードギアス2-3

 

天井到達時の恩恵
項目 内容
天井到達時の恩恵 ART当選

 

 

天井到達でART1セットのみ。

 

 

狙い目

 

等価交換で600G~、5.6枚交換では持ちメダル遊技なら650G~、現金投資なら700G~が狙い目となる。プラス収支自体にはもう少し手前からになりそうだが、収支を安定させるためにも必ずこの狙い目ラインを守ろう。

 

 

天井到達までの想定投資額・想定時間

  

最大天井到達までの想定投資枚数&想定時間
打ち始めG数 投資枚数 時間
0G〜 約1600枚 約72分
100G〜 約1450枚 約65分
200G〜 約1250枚 約57分
300G〜 約1100枚 約50分
400G〜 約950枚 約43分
500G〜 約800枚 約36分
600G〜 約650枚 約29分
700G〜 約500枚 約22分
800G〜 約350枚 約15分
900G〜 約200枚 約8分

※投資枚数…50枚あたり32Gで算出
※想定時間…1分あたり14Gで算出

 

 

天井狙いでも、天井に到達するよりボーナスなりARTに当選するケースの方が多くなるので、これらを含めた平均投資額は13000円よりグッと少なくなる。

 

 

コードギアス2-1

 

 

天井到達までの想定時間は、個人差もあるが、多少ゆっくり目に打っても600G以降からなら30~35分も見ておけば充分。フルウェイトでブン回せば30分切りも可能だ。

 

とはいえそもそも本機は“出玉瞬発力ではなくボーナスとARTが絡む持続力”が見どころなため、天井到達までの時間ではなくその後の消化にかかる時間を気にすることが重要。閉店まであまり時間がない時はスルーしたほうが賢明だ。

 

 

設定変更時の挙動 / 電源OFF→ON時の挙動

 

設定変更後 / 電源OFF→ON時 詳細
項目 設定変更後 電源OFF→ON
天井ゲーム数 リセット 引き継ぐ
内部モード 再抽選 引き継ぐ
内部状態 再抽選 引き継ぐ

 

 

設定変更(リセット)時および電源OFF→ON時の液晶はどちらも学園廊下ステージで、ホールが未対策ならガックンチェックも可能。

 

 

ヤメ時

 

ART終了画面をチェックし、ここで設定4以上確定画面が表示されなかったらART終了後、前兆がないのを確認してヤメ。

 

ART終了画面の詳細はコチラ

 

 

まとめ

 

ARTの純増が約1.4枚/Gとややおとなしめなだけに、他機種も含めた選択肢の中では優先度が低くなりがちな本機。だが、持続力が持ち味ななだけで、けっして出玉性能が劣るというわけではない。

 

むしろライバル達が他のマシンに目を奪われているスキを突いてオイシイ思いをできるかもしれないので、これを機会に改めて目を向けてみよう!

 

 

執筆者:いのせんと
■出生地:福岡 ■生年月日:1985年10月30日 ■Twitter:@Innocent_Hp 21歳でP業界の門を叩き、気づけば業界歴15年目の編集者。東京都在住。社畜生活の合間に年間150日ほど稼働するため、機種知識や業界のトレンドなどへの造詣は深い。「パチ&スロは楽しくて脳汁の出る最高の遊び」をモットーに、勝ちより楽しさを優先することも多いため年間収支は大体トントン。

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ