お知らせ クーポン ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

スマパチ『リゼロ2』先バレモードの初当り48回大分析で信頼度だけではわからない王道演出パターン判明

特集一覧へ
大量データをもとに、演出信頼度ではなく、最も大当りに絡みやすい「王道演出」を紹介する当企画。今回の調査機種は、大都技研が誇る大ヒット機種『リゼロ鬼がかりver.』の正統後継機『e Re:ゼロから始める異世界生活 season2』。人気の高い先バレモードで調査したぞ。

更新日: 2024/02/18

 

 

 

 

リゼロ2初当り 

 

大都技研のスマパチ第1弾『e Re:ゼロから始める異世界生活 season2』 が、ついにホールデビューを果たした。大当り確率は1/349.9で、RUSH突入率は55%、RUSH回数145回転、継続率は約77%。RUSH突入時は約3000個+αからスタートし、RUSH中も25%が約3000個+αと、まさに大ヒット機種『リゼロ鬼がかりver.』のスペックを継承&進化させているのだ。

 

そんな本機にて恒例の初当り調査を実施。『リゼロ』といえば先バレモードが人気ということもあり、今回は先バレモードでの傾向を調査している。

 

通常時大当り48回分のデータから、各演出ジャンルごとに王道演出を紹介していこう。

 

 

【注目演出】リゼロ2「これ待ち」演出の中で出現回数トップは強欲予告

 

Re:ゼロ2初当り

 

 

注目演出の中で最も多く出現したのが「強欲予告」で、合計20回出現。2番手は10回出現した「激熱ジャッジ」で、「私の名前はただのエミリア予告」は5回と最も少なかった。

 

 

注目演出 出現回数別・通常時大当り占有率
出現回数 出現割合(出現数)
3つ出現 約2.1%(1回)
2つ出現 約8.3%(4回)
1つ出現 50.0%(24回)
出現せず 約39.6%(19回)

 

 

注目演出のトータル占有率は約60.8%。注目演出が複合したのは5回のみで、単独出現が24回と圧倒的に多い。注目演出の複合パターンでは、強欲予告+激熱ジャッジのパターンが最も多かった。

 

 

リゼロ2初当り

Re:ゼロ2初当り

 

 

ノーマルリーチ中に「強欲」の文字が出現すれば信頼度72%にまで上昇し、さらに「強欲SPリーチ」発展濃厚に。注目演出の中では最も信頼度は低いが、占有率ではトップだ。

 

 

リゼロ2初当り

 

 

変動中やリーチ後のボタン演出から発生する予告で、信頼度は75%。占有率は約10.4%と注目演出のなかでは最も低かった。

 

 

Re:ゼロ2初当り

激熱ジャッジ 発生内訳
パターン 出現割合(出現数)
死に戻りSP 30.0%(3回)
強欲SP 50.0%(5回)
俺を選べSP 20.0%(2回)

Re:ゼロ2初当り

 

 

SPリーチの当落時に発生する演出で、信頼度は75%。最も多く出現したのは強欲SPリーチの5回で、逆にトータル信頼度が77%ある「俺を選べSPリーチ」が2回と最も少ない結果に。

 

e Re:ゼロから始める異世界生活 season2』の詳細情報はコチラ

 

 

【先バレ予告】占有率は驚異の約93.8%

 

リゼロ2初当り

Re:ゼロ2初当り

 

 

今回は先バレモードにて調査しているので当たり前かもしれないが、「先バレ予告」の占有率は非常に高く、約93.8%もある。また種類の内訳はランプ・赤が約95.6%と圧倒的で、白も2回大当りした。

 

なお、先バレ予告が発生しなかったパターンを見てみると、「スバルATTACK」が2回で、残る1回は「氷結の絆SPリーチ」で大当りしている。

 

 

Re:ゼロ2初当り

 

 

e Re:ゼロから始める異世界生活 season2』の詳細情報はコチラ

 

 

【保留変化予告】先バレに匹敵する発生頻度の中、蝶・赤保留がトップ

 

Re:ゼロ2初当り

保留変化予告(最終) 種類内訳
パターン 出現割合(出現数)
結晶・紫 約4.8%(2回)
蝶・紫 約38.1%(16回)
蝶・赤 約40.4%(17回)
蝶・鬼熱 約4.8%(2回)
強欲 約11.9%(5回)

Re:ゼロ2初当り

 

 

保留変化予告のトータル占有率は87.5%と、先バレ予告に匹敵する高占有率を誇る。その中で最も多く出現したのが蝶・赤保留で17回出現、16回出現と僅差の蝶・紫保留が2番手だ。最も信頼度の低い結晶・紫保留で2回大当りしている。

 

e Re:ゼロから始める異世界生活 season2』の詳細情報はコチラ

 

 

【先バレ&保留変化以外の先読み予告】出現回数トップはドナぷる予告

 

Re:ゼロ2初当り

先バレ&保留変化以外の先読み予告 出現回数
演出名 出現回数
ドナぷる予告 13回
魔女の手ホールド予告 11回
キャラクターイルミ予告 11回
絶望接近予告 10回
チャンス目予告 9回

Re:ゼロ2初当り

 

 

先バレ&保留変化以外の先読み予告のトータル占有率は約68.8%。出現回数トップは13回出現した「ドナぷる予告」で、2位は11回出現した「魔女の手ホールド予告」と「キャラクターイルミ予告」だ。 

 

 

リゼロ2初当り

 

 

変動中に盤面右下のエキドナギミックが揺れれば、信頼度が52.9%にまで上昇。占有率は約27.1%で、先バレや保留変化予告を除いた先読み予告のなかではトップだ。

 

 

リゼロ2初当り

 

 

液晶画面を魔女の手が掴む予告で、画面が斜めになり背景が赤くなればチャンスパターンだ。出現回数をみると、ほとんどは通常パターンで、チャンスパターンは2回しか出現していない。

 

 

リゼロ2初当り

 

 

変動開始時にキャラの擬似イルミが発生する予告で、期待度は白<赤<金<エキドナの順。実戦で出現したのは白と赤で、赤が8回と最も多く出現した。

 

 

Re:ゼロ2初当り

絶望接近予告 種類内訳
パターン 出現割合(出現数)
距離 遠距離 10.0%(1回)
中距離 10.0%(1回)
近距離 80.0%(8回)
背景 通常 0%(0回)
100%(10回)

 

 

スバルの恐怖した顔のアップからスタートし、遠ざかるほど期待度が下がるところがポイント。実戦では最も期待度が高い近距離が8回出現している。また背景の色もポイントで、赤なら期待度アップとなり、実戦で出現した10回はいずれもこの赤パターンだった。

 

 

Re:ゼロ2初当り

チャンス目予告 発生内訳
パターン 出現割合(出現数)
約33.3%(3回)
約55.6%(5回)
約11.1%(1回)

 

 

図柄停止後に蝶が出現、その色で期待度が変化する。実戦で最も多く出現したのは紫で5回。最も期待できる金も1回出現した。

 

e Re:ゼロから始める異世界生活 season2』の詳細情報はコチラ

 

 

【連続予告】トータル占有率は約81.3%

 

リゼロ2初当り

連続予告 出現回数
演出名 出現回数
Re:連続予告 28回
ゼロから始める連続予告 6回
Re:×0予告 5回

リゼロ2初当り

 

 

連続予告のトータル占有率は約81.3%で、それを3演出だけで占めている。出現回数トップは「Re:連続予告」で28回出現。残る2演出は出現回数が5~6回と、トップとの差が非常に大きかった。

 

 

リゼロ2初当り

 

 

Re:連続予告は占有率が6割近くもあり、よく初当りに絡んでいる。連続回数別に見ると、3連が9割近くを占有した。

 

 

リゼロ2初当り

 

 

「ゼロから始めよう」の文字とともに、スバルが駆け抜けていく連続予告。トータル信頼度は42.3%で、次の「Re:×0連続予告」と同じだ。出現回数においても1回しか違っていない。

 

 

リゼロ2初当り

 

 

変動開始時に「Re:×0」の文字が出現した後、Re:連続予告やゼロから始まる連続予告と繋がっていく。連続予告のなかでは出現回数が最も少なかった。

 

e Re:ゼロから始める異世界生活 season2』の詳細情報はコチラ

 

 

【リーチ前予告】タイトルロゴ予告の占有率は約81.3%

 

リーチ前予告 出現回数
演出名 出現回数
タイトルロゴ予告 39回
ステージチェンジ予告 21回
SDキャラ予告 20回
とぼけないでください予告 18回
変動開始キャラカットイン予告 14回

Re:ゼロ2初当り

 

 

リーチ前予告のトップはタイトルロゴ予告で、出現回数は39回、占有率にすると約81.3%もある。これは保留変化予告に次ぐ高数値だ。2位のステージチェンジ予告は21回、3位のSDキャラ予告が20回と、3位までが20回以上出現した。

 

 

Re:ゼロ2初当り

タイトルロゴ予告 発生内訳
パターン 出現割合(出現数)
動作小+エフェクト紫 約7.7%(3回)
動作小+エフェクト赤 約74.4%(29回)
動作大+エフェクト赤 約17.9%(7回)

Re:ゼロ2初当り

 

 

変動中に液晶下部のロゴが動き、エフェクトが発生する予告。エフェクトが赤くなれば信頼度20.6%で、ロゴが上昇する動作大なら信頼度55.8%に上昇する。実戦では動作小+エフェクト赤が29回と最も多く出現している。なお、信頼度95.5%の動作大+エフェクト金というパターンもあるが、実戦では出現しなかった。

 

 

Re:ゼロ2初当り

ステージチェンジ予告 発生内訳
パターン 出現割合(出現数)
墓所 約33.3%(7回)
禁書庫 約33.3%(7回)
禁書庫・強 約33.3%(7回)

 

 

変動開始時にステージチェンジが発生、移行先が禁書庫ならチャンス、赤エフェクトの禁書庫・強パターンなら大チャンス。実戦では墓所、禁書庫、禁書庫・強が均等に7回ずつ出現した。 

 

 

Re:ゼロ2初当り

SDキャラ予告 発生内訳
パターン 出現割合(出現数)
15.0%(3回)
チャンス 25.0%(5回)
40.0%(8回)
Re:連続予告 20.0%(4回)

 

 

液晶右上にSDキャラが出現し、そのキャラが持っているアイコンによって期待度が変化する。実戦で1番多く出現したアイコンは「熱」で、チャンスがそれに続く。

 

 

Re:ゼロ2初当り

とぼけないでください予告 種類内訳
パターン 出現割合(出現数)
キャラ エミリア 約38.8%(7回)
レム 約5.6%(1回)
ベアトリス 50.0%(9回)
エキドナ 約5.6%(1回)
内容 継続 約11.1%(2回)
チャンス 50.0%(9回)
大チャンス 約33.3%(6回)
強欲 約5.6%(1回)

 

 

まず出現するキャラ、そして「とぼけないでください」に続く内容で期待度が変化。出現回数が多かったのは、キャラはベアトリス、内容はチャンスだ。なお、エキドナが出現した時の内容は強欲になる。 

 

 

リゼロ2初当り

 

 

変動開始時に横からキャラが飛び出せばステップ1、下からさらに大きなキャラが飛び出せばステップ2だ。実戦ではステップ2が9割近くを占有した。

 

e Re:ゼロから始める異世界生活 season2』の詳細情報はコチラ

 

 

【リーチ後予告】占有率約52.1%のSP発展予告がトップ

 

リーチ後予告 出現回数
演出名 出現回数
SP発展予告 25回
リーチライン予告 14回

Re:ゼロ2初当り

 

 

リーチ後予告で10回以上出現したのは、注目演出を除くと上記2演出のみ。1位は25回出現・占有率約52.1%のSP発展予告で、2位が14回出現したリーチライン予告だ。

 

 

Re:ゼロ2初当り

SP発展予告 種類内訳
パターン 出現割合(出現数)
ムービー 通常 76.0%(19回)
死に戻りSP 24.0%(6回)
蝶々 なし 96.0%(24回)
出現 4.0%(1回)

Re:ゼロ2初当り

 

 

テンパイ後に暗転し、文字と一緒に流れるムービーの種類、そして最後に蝶々が出現するかどうかで信頼度が変化する。ムービーは高速で流れるため区別しにくいが、最後にエミリアが登場するのがデフォルトで、死に戻りSP示唆の場合はスバルが出現。実戦では出現しなかったが、この他にエキドナが出現する強欲SP示唆パターンもある。

 

 

Re:ゼロ2初当り

リーチライン予告 発生内訳
パターン 出現割合(出現数)
継続 約7.1%(1回)
約78.6%(11回)
約14.3%(2回)

 

 

テンパイ後に出現するラインが赤や金なら期待度アップとなる。最多出現は11回出現した赤で、金も2回出現。さらに金よりも上の鬼アツもあるが、実戦では未出現に終わった。

 

e Re:ゼロから始める異世界生活 season2』の詳細情報はコチラ

 

 

【リーチ系統】出現回数トップは死に戻りSP

 

リーチ系統別 通常時大当り占有率
パターン 出現割合(出現数)
死に戻りSP 約45.8%(22回)
強欲SP 約41.7%(20回)
俺を選べSP 約4.2%(2回)
氷結の絆SP 約2.1%(1回)
スバルATTACK 約6.2%(3回)

Re:ゼロ2初当り

 

 

リーチ系統別のトップは、22回出現した死に戻りSPリーチだ。2位は20回出現した強欲SPリーチで、この2系統のリーチの合計占有率は85%以上となっている。

 

e Re:ゼロから始める異世界生活 season2』の詳細情報はコチラ

 

 

【死に戻りSPリーチ】出現回数トップはvsガーフィール

 

Re:ゼロ2初当り

死に戻りSPリーチ 種類内訳
パターン 出現割合(出現数)
vsガーフィール 約40.9%(9回)
vsロズワール 約31.8%(7回)
vsエルザ 約27.3%(6回)

 

 

全3種類あり、信頼度はガーフィール<ロズワール<エルザの順で、出現回数も信頼度の低い順に多くなっている。

 

 

Re:ゼロ2初当り

死に戻りSPリーチ チャンスアップ内訳
パターン 出現割合(出現数)
タイトル 約90.9%(20回)
約9.1%(2回)
テロップ 約77.3%(17回)
約22.7%(5回)
キャラクターイルミ 約4.5%(1回)
約4.5%(1回)
約31.8%(7回)
約45.5%(10回)
約13.7%(3回)
カットイン 出現せず 約13.7%(3回)
約22.7%(5回)
約40.9%(9回)
鬼アツ 約22.7%(5回)
当落時 通常ボタン 約77.3%(17回)
強欲ボタン 約9.1%(2回)
激熱ジャッジ 約13.6%(3回)

 

 

実戦で出現したチャンスアップは上記の5つで、この他にBGM変化と0図柄テンパイ変化もあるが未出現に終わった。デフォルトパターンを除いて、最も多く出現したチャンスアップはキャラクターイルミ・赤で、10回出現。またカットイン・赤も9回出現しているため、リーチ発展時はこの2演出に注目しよう。

 

e Re:ゼロから始める異世界生活 season2』の詳細情報はコチラ

 

 

【強欲SPリーチ】強欲フラッシュ発生に期待

 

Re:ゼロ2初当り

強欲SPリーチ 種類内訳
パターン 出現割合(出現数)
vsガーフィール 35.0%(7回)
vsロズワール 35.0%(7回)
vsエルザ 30.0%(6回)

 

 

種類や対戦相手などは死に戻りSPと同じだが、信頼度の順番がガーフィール<エルザ<ロズワールと違っている。実戦ではガーフィールとロズワールが7回ずつ出現し、エルザも6回とほぼ均等に出現した。

 

 

リゼロ2初当り

強欲SPリーチ チャンスアップ内訳
パターン 出現割合(出現数)
タイトル 80.0%(16回)
15.0%(3回)
5.0%(1回)
テロップ 75.0%(15回)
25.0%(5回)
強欲フラッシュ なし 60.0%(12回)
出現 40.0%(8回)
0図柄テンパイ なし 95.0%(19回)
出現 5.0%(1回)
当落時 通常ボタン 65.0%(13回)
強欲ボタン 10.0%(2回)
激熱ジャッジ 25.0%(5回)

 

 

死に戻りSPリーチとの違いは、キャラクターイルミとカットインがなく、その代わりに強欲フラッシュがあるところ。その強欲フラッシュが8回と最も多く出現している。なお、強欲フラッシュ以外のチャンスアップが発生した場合は、その時点で大当り濃厚だ。

 

e Re:ゼロから始める異世界生活 season2』の詳細情報はコチラ

 

 

【図柄&昇格演出】占有率トップは2図柄

 

図柄別 通常時大当り占有率
図柄 出現割合(出現数)
0 約2.1%(1回)
1 約4.2%(2回)
2 約33.3%(16回)
3 約2.1%(1回)
4 約20.8%(10回)
5 約22.9%(11回)
6 約14.6%(7回)

 

 

図柄別占有率のトップは2図柄で、占有率は約33.3%。2位は5図柄で約22.9%、3位は約20.8%の4図柄だ。0・1・3図柄は大当り回数が1~2回と極端に少なかった。

 

 

Re:ゼロ2初当り

大兎殲滅BONUS
チャンスアップ内訳&RUSH突入率
パターン 出現割合(出現数) RUSH突入率(突入数)
突入時 通常 約97.9%(47回) 約57.4%(27回)
フリーズ 約2.1%(1回) 100%(1回)
攻撃キャラ スバル 約72.4%(34回) 約44.1%(15回)
エミリア 約25.5%(12回) 約91.7%(11回)
ベアトリス 約2.1%(1回) 100%(1回)
大兎イルミ 約69.6%(32回) 50.0%(16回)
約26.1%(12回) 約66.7%(8回)
約4.3%(2回) 100%(2回)
セリフ 約91.4%(42回) 約52.4%(22回)
約4.3%(2回) 100%(2回)
約4.3%(2回) 100%(2回)

Re:ゼロ2初当り

 

 

通常時に大当りすると大兎殲滅戦BONUSが発生し、演出成功で超強欲3000BONUSに昇格する。チャンスアップは上記の4つで、デフォルト以外で最も多く出現したのは攻撃キャラ・エミリアと大兎イルミ・紫だ。大兎イルミは昇格濃厚の虹パターンもあるが、実戦では出現していない。なお、突入時のフリーズと攻撃キャラ・ベアトリスは、発生した時点で超強欲3000BONUSに昇格している。

 

e Re:ゼロから始める異世界生活 season2』の詳細情報はコチラ

 

 

まとめ

 

最後に、通常時大当り48回分のデータから導き出した本機の王道演出パターンを紹介しよう。

 

 

Re:ゼロ2初当り

 

 

まず先バレモードを選択している場合は、先バレ予告は欠かせない。保留変化予告の蝶・赤ドナぷる予告といった先読みを経て、当該ではRe:連続予告で回数を重ねながらタイトルロゴ予告SP発展予告へと繋げていく。そして死に戻りSPリーチに発展し、キャラクターイルミ・赤が出現すれば大当りは目前。SPリーチは信頼度がより高い強欲SPリーチでもOKだ!

 

なお、本機のさらなる最新情報はコチラで紹介していくので要チェックだ! 

 

 

執筆者:いのせんと

■出生地:福岡 

■誕生日:10月30日 

■ X:@innocent_hp

21歳でP業界の門を叩き、気づけば業界歴15年目の編集者。東京都在住。社畜生活の合間に年間150日ほど稼働するため、機種知識や業界のトレンドなどへの造詣は深い。

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ