ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

パチスロ・ピックアップ情報01/30更新

特集一覧へ
狙い目&設定推測01/30更新

更新日: 2015/06/02

最近更新された人気機種の情報のなかから、勝利に直結するポイントをピックアップ!
それぞれの機種の詳細は機種ページでもチェックしておこう!!

 

チェリーからのポイント振り分けは高設定ほど優遇。弱チェリーからの20~300pt、強チェリーからの100~300ptに設定差があることを頭に入れておこう。なお、ベルからのポイント振り分けには設定差がない。

スイカ・チャンス目・紅炎目からのポイント獲得率も高設定ほど高くなっている。設定推測をする際は、設定差の大きいスイカからの30~300pt、チャンス目・紅炎目からの70~300ptに注目しよう。

ポイント獲得の特化ゾーンとなる喝ゾーンは、チャンス役成立時や規定ゲーム数消化時に突入抽選。トータル突入率が300分の1を上回るようなら高設定の期待大だ。

いずれのルーレットにも設定差が存在するが、サンプル採取の容易なCZルーレットを軸に押し退きを判断したい。CZ当選率が35%以上であるようなら高設定の期待大だ。また、高設定ほど優遇されているラブラブお銀デート突入率もチェック!

AT間999Gハマリ(設定変更時は777G)で天井到達となり、AT+確定倍ちゃんをストック。大量上乗せに十分期待できるためハマリ台は狙い目だ。

(C)C.A.L/2014 (C)OLYMPIA

 

テーブル移行抽選が行われるのは通常BBorKC終了時。ここで大半はテーブルAが選ばれるようになっており、いわゆる天国モードに該当するテーブルCは高設定になるほど選択率が高くなる。なお、テーブルC中はボーナスを抽選しておらず、チャンス役での当選でも必ずKCに当選する。

チャンス役で内部状態を通常A→通常B→高確と段階的に昇格させ、転落する前に初当りを射止めるのが本機の王道パターン。それゆえ、状態移行率は高設定ほど優遇されているが、高確滞在中の初当り確率に設定差はない。

通常BB後およびKC後は必ずジャルダンステージから始まるが、実際に高確からスタートする割合はあまり高くない。ただし、設定が高いほど高確選択割合が優遇されるので、頻繁に高確からスタートする台は高設定の期待大となる。

(C)本宮ひろ志/集英社/FIELDS (C)Sammy (C)RODEO

 

リセット時は合戦カウンター・制覇図・戦力パラメータが再抽選されるため、前日閉店時と変化していた場合はリセットが濃厚。

(C)コーエーテクモウェーブ All rights reserved. (C)NET CORPORATION

 

設定1のボーナス確率・機械割はともにSPと完全に一緒。よって小役合算も6.03分の1に近い数値である可能性が高い。今回の実戦でも設定1は6.11分の1だったが、設定6は5.45分の1と出現率に大きな差があった。通常時はSPの小役出現率を参考にして立ち回って問題ないだろう。

(C)YAMASA

 

天国への移行率が最も高いのは設定6で、以下設定4、設定5の順となる。設定6の天国移行率が群を抜いて高いのが特徴だが、ループ率については低く、最もループしやすいのは設定5となっている。よって、天国滞在が正確に見極められれば設定推測は簡単なのだが…実際は天国以外でも96G以内に当たるケースもあるため、ここでの判断ミスが推測設定を大きく見誤らせることも。

基本となる通常Aからの天国移行を考えた場合、設定6の「天国への上がりやすさ」は際立っている。仮に毎ゲーム抽選での当選が続いたとしても、2回当選時点での天国移行率は58.4%。チャンス役契機で3回当選なら天国は89.9%。つまり、BBを2~3回ほど引いて天国に上がらないようなら、その台は設定6の可能性大幅ダウンと考えてOK。リセット時は通常A確定なので、朝イチは「2or3回ボーナスを引くまでに天国に移行するか」が6見極めの重要ポイントとなる。

(C)DAITO GIKEN,INC.

 

 

※内容はすべて独自調査によるものです。

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ