ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

常時山本

最低でも103%、ロックマンアビリティの設定使用状況

記事一覧へ

公開日: 2018/10/23

 
皆様、こんにちは。
 
今回は『ロックマン アビリティ 史上最大の試練』についてお話していきますね!
 
 
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. (C)Spiky
 
 
 
設定4,5,6,Hという変則スペックかつ、設定4でも完全攻略で機械割103%という打ち手の技術が問われる機械です。
 
 
 
ほとんどのホールがバラエティとして導入していますかね。
コンテンツの人気が高いためSNSでもよく画像を見かけます。
 
なんでも、粗利率がとても高く出ているようです。
当然ながらホールは貢献度が高くて評価しているでしょう。
個人的には初週からぶっこ抜きだったからぶっちゃけ興味すらないんですけどね。
 
 
実際のデータを見てみましょう。
 
 
 
◆ホール実績値
設定4 …   95.1%
設定5 …   96.8%
設定6 …   98.4%
設定H … 101.0%
 
 
 
◆メーカー発表完全攻略値
設定4 …103.0%
設定5 …105.4%
設定6 …107.6%
設定H …109.0%
 
 
 
◆設定使用比率
設定4 … 48%
設定5 … 27%
設定6 … 19%
設定H …   6%
 
 
 
 
 
ご覧の通りで実績値はメーカー発表より低いのに設定は低いままです。
せっかくユーザーはコンテンツを楽しみに打っているのにもったいないですねぇ。
 
とは言え、実際にビタ押しが難しいからかMY自体が低く長期運用とはいかない様子です。
 
ビタ押し箇所は6箇所、人によっては苦手な位置もありますしね。
 
 
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. (C)Spiky
 
 
 
粗利率が高い要因としてもう1つ。
ビタ押しが得意なユーザーだけでなく、コンテンツファンが打つことにより、完全攻略されずに割が低く出ているのでしょう。
 
今後もこういったコンテンツの機械は間違いなく出てくるハズなので使い方次第で長期運用も可能と考えます。
 
この言葉がホールへ届く ⇒ 設定を使用 ⇒ ユーザーの遊技促進へと繋がったら最高じゃないですか!
 
 
それではまた次回!
 
 
常時山本:@jojiyamamoto

この記事の関連情報

関連する機種

ライター・タレントランキング

このページのトップへ