ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

森本レオ子

『P戦国乙女6』に学ぶセクハラ対策

記事一覧へ

公開日: 2020/10/31

 

女の敵は女じゃない。………クソジジイだッ!!

 

おはこんばんちわ、森本レオ子です。

 

冒頭の一文を半沢直樹の節で脳内再生してくださったハイセンスなみなさま。ありがとうございます。

 

そんなアナタのために、今日も誠心誠意ブログを書いております。

 

レオ子ちゃんも令和ギャルの端くれなので、右にならって(別に左にならってくれても構いません)フワちゃんが好きです。

 

〝イマドキの若者〟を免罪符にしながら、要所要所でしっかりオッサンに牙を剥くところ。めちゃめちゃホンモノを感じます。

 

ぴえんを超えてぱおん、LOVEを超えてKOVEです。

 

 

 

 

何より惚れたのが、ダウンタウンなうに出演した際、坂上忍さんから「恋してるの?」と聞かれ、「この関係性で言うわけない」と一蹴したくだり。アレが最高でしたね。

 

坂上さんだって別に個人的な興味で聞いているわけじゃないだろうし、フワちゃんもまた、きっと自分の恋愛話では大きな笑いが取れないと、瞬時に判断してのあの返しだと思うんです。

 

あそこで赤裸々な恋バナに逃げないで勝負する勘の良さと胆力、そして何より判断の早さに痺れました。

 

youtuberに飽きたら、是非とも麻雀かポーカーをやって欲しいです。多分、めちゃめちゃギャンブルに向いていると思うんですよね〜、フワちゃん。

 

 

 

 

パチンコ番組でもまた、特に新人の女性ゲストを迎えた際に振る話題として、「恋はしているのか」「彼氏はいるのか」は定番中の定番。それに止まらず、やれ経験人数だの好きな体位だのまで聞かれることも、ままあります。

 

セクハラと言ってしまえばそれで終いなのですが、実際女性演者に対しては、そういう面でしか興味がない人が多いのもまた事実。

 

ゲストを招く立場にしてみれば、一切の興味がなくても、ハッシュタグmetooで全世界に蛮行を拡散されるリスクを背負いながら、それでも投げなければならない玉でもあるのです。その点をご了承頂ければ、今後もパチンコ番組を楽しく視聴できるかと。

 

反面、女性演者のパーソナルなことに、そこまで視聴者の興味が向いているかと言えば、実際はそうでもないと思うんですよね〜。数で言えば興味がない人の方が多いと思います。

 

プライベートの切り売りが大きくハネないことをフワちゃんが瞬時に悟ったように、どこの馬の骨かもわからないヤツのパーソナルな部分なんて、「彼氏は70歳」「経験人数は4ケタ」くらいの爆弾を持っていない限り、大ウケすることはないんじゃないかなぁ。

 

 

 

 

metooスレスレのやりとりで一番盛り上がるのは、上手いかわし方を目の当たりにした時。少なくとも私はそう思っています。

 

ちなみに、レオ子ちゃんが選ぶ「セクハラベストバウト」は、「パチンコ激闘伝!実戦守山塾」(もしかしたら違う番組かもしれないです)に出演した時のセレブ大鳥さんですね。

 

守山アニキさんから「彼氏はいるのか」と、ど真ん中にストレートを投げられた際、即座に「私の彼氏は銭形平次ですよ〜」で、華麗に煙に巻いたセレブさん。あの瞬間、私の中に〝尊敬する女性ライター〟と名付けられた新規フォルダが作成されました。

 

ぴえんを超えてぱおん、LOVEを超えてKOVEです。

 

攻撃を上手くかわしながら、パチンコ愛も加えていなす120点の回答。お恥ずかしながらもう10年以上も〝森本レオ子〟をやらせてもらっておりますが、セレブさんの何倍もバッターボックスに立っているにもかかわらず、これ以上のスイングができたためしがありません。

 

セレブさんも、今すぐたぬ吉の被り物を脱いで、プロポーカープレイヤーになってもらいたいです。

 

 

 

乙女たちだってそういうことなんでしょう。スリーサイズなんか答えたくなければ答えなくたっていいんです。

 

好きな対位だって答えたくなければ、「クワトロ・バジーナです!」って、困惑させてやりゃいいんです。

 

愛嬌たっぷりにサービス精神を添えて煙に巻けば、オジサンなんてイチコロでしょう。むしろ、そうされたいんじゃないですか? 

 

もちろん、「いませ〜ん」「ご想像におまかせしまぁ〜す」と、ゆるふわ系女子感たっぷりに返すのも、昭和っぽくてもはや逆にアリな気もします。

 

いつの時代も、モテの鉄則はふわフワ系女子ってことなのかもしれないですね。

 

 

PS.

履歴はしっかり消しといてね♡

 

この記事の関連情報

関連する機種

ライター・タレントランキング

このページのトップへ