ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

スロカイザー

魔の10日間-中編-

記事一覧へ

公開日: 2022/07/27

 

【7月12日】
相変わらず、体調は何も良くなっていない。だが、これまでと違い「コロナ陰性」と診断されたので、幾分か気は楽になっていた。

 

また、念のために自分でも検査キットを取り寄せてチェック。すると、再び陰性。これでコロナの可能性はゼロになった…とはいえないけど、可能性はかなり低くなった。なので、もしかすると明日になったらケロっと元気になっているかもしれない。

 

そんな希望を胸にこの日も布団に入って、ずっと寝ていた。

 

体調が悪いと、見る夢も悪夢が多くて目覚めは最悪。具体的な内容は覚えていないが心地の良くない夢ばかり見ていた。あと、タレントの板東英二氏が頻繁に夢に出てきた。

 

 

 

 

もしかすると、夢に板東英二氏が出てくると、体調を崩している可能性があるのかもしれない(風評被害)。

 

【7月13日】

 

…。
……。
………。

 

キツい、ツラい、ダルいの三拍子。「何か変わったか」と訊かれたら、自信満々にこう言える「何も変わっていない」と。

 

相変わらず、38℃を超える熱が続いており、頭痛も激しい。起き上がるのが辛くて、身体はフラフラで平衡感覚も失われている。

 

私はよく風邪をひく。コロナが蔓延して、うがい手洗いマスクを徹底するようになってからは一度も風邪をひいたことはなかったが、それ以前はしょっちゅう体調を崩していた。季節の変わり目では、高確率でクシュンクシュンとクシャミをしていた。

 

そんな私なのだが、ここまで高熱が長引く風邪は経験したことがない。

 

これ、本当に風邪なのか。時期的に熱中症の可能性もあるのではないか。実はどこか悪いところがあるんじゃないか。

 

クーラーの効いている自宅からクーラーの効いているホールの往復、それが私の日常なので熱中症に心当たりはないけれど、どうしてもただの風邪には思えない。兎にも角にも、疑心暗鬼。身体が弱ってネガティブさに拍車が掛かって、必要以上に疑心暗鬼。

 

「理由は判らないけど、高熱が続いている」というのは不安でしかなかった。コロナ陰性という希望から治る気配がないという絶望に叩き落された、この日が一番精神的にキツかった。

 

もう一度、診てもらった方がいいかもしれない。セカンドオピニオンという手段もある。今やるべきベターな選択は色々思いつくのだが、それを実行する気力がない、体力もない。もう一度診てもらうにしても、また何十回も予約の電話をしなければいけないとなるとどうしても億劫になる。そして、私の出した結論は

 

もう1日様子を見てみよう。

 

本当に深刻な病気だったらこの1日が命取りになっていた可能性もあったかもしれないが、幸いにも今回は特に何も起きなかった。

 

【7月14日】

ついに迎えてしまった誕生日。

 

朝起きたら快復していて「神様から誕生日プレゼントを貰った」と喜びたかったのだが、相変わらずの高熱。ただ、ずっと38℃を超えて微動だにしなかった体温は、38.0℃~37.8℃ぐらいを行ったり来たりするようになっていたので、身体は少し楽になっていた。今思うと、ずっと38℃を超えていたから感覚がマヒしていただけだと思う。

 

また食欲もある程度戻っていて、少しなら固形物を食べられるようになっていた。この少しというのは具体的にいうと、バナナ1本ぐらいだ。ちなみに調子に乗って2本食べたらリバースした。

 

まだまだ体温は高めだが、少しずつだが確実に快調の兆しが見えてきている。これならもう一度診てもらう必要がないかもしれない。そんな素人判断で布団生活を続けることにした。

 

ちなみに自分への誕生日プレゼントということで

 

 

 

 

 

今年は遊戯王のカードをオンラインショップで購入した。家に届いたのは5日ぐらい前だったが、そのときはまだ封を開ける気力がなかった。

 

【7月15日】

熱は相変わらずなのだが、食欲が確実に戻ってきているというのを実感。脂っこいものは流石にまだ無理だが、普通の食事なら問題なくできるようになっていた。もちろん、量は少なめだが、食を楽しめるようになったのは嬉しい限りだ。

 

この日ぐらいから悪夢を見ることが減ってきて、楽しい夢やストーリー性のある夢を見るようになって目覚めは良くなっていた。同時に板東英二氏も夢に出てこなくなってきた。やはり、板東英二氏は体調が悪いときに…以下略。

 

この調子ならあと2~3日寝れば治りそうな気もするのだが、1週間熱が続いたという経験はないので見当がつかない。また、1週間ずっと寝ていて、食欲がなかった期間も長かったので身体は結構ボロボロだ。熱が下がったとしても日常生活に戻るのには少し時間が掛かるかもしれない。

 

体調が良くなったら、しばらく散歩でもしてリハビリしようかな。

 

そんな風に先のことを考える心の余裕が出てきた。

 

……つづく

 

※次回の更新は金曜日あたりを予定しています。

 

ライター・タレントランキング

このページのトップへ