ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

スロカイザー

フクシュウノ刻

記事一覧へ

公開日: 2019/04/29

 

何故、パチスロを打つのか。

 

哲学的ではなく、純粋な動機という意味だと、おそらく多くの者が「勝つため」「楽しむため」「銀英伝の腕時計を買うため」だろう。だが、ライターという職業をしていると、これらにプラスして他の理由で打つことがある。

 

それは「データ採りのため」、それは「原稿を書くため」、それは「予習・復習のため」

 

先日、編集者から「今度、パチスロ化物語の実戦をする」という連絡が来た。この機種は今年の夏でお別れすることになるので、その卒業式的な感じだろう。

 

この機種には色々な思い出がある。機種担当で原作アニメも好きだったので、本当によく打っていた。良くも悪くも様々な経験をした。中でも一番忘れられないのは、

 

 

 

 

バトル系番組の収録中に万枚を出したことだ。本当にやりたい放題で上乗せしまくった。

 

ただ、1つ残念だったのは、ちょうどガラケーからスマホに切り替えたばかりで操作に慣れてなく、マイスロ保存に失敗して実戦データを残すことができなかったということだ。

 

こんな思い入れの深い機種なのだが、最近はあまり打っていないので、数値関連の記憶がかなり曖昧。

 

それでは本番のときに色々と困るので、復習をするために今でもパチスロ化物語に高設定を使っている…という噂を耳にするホールまで足を延ばして実戦することにした。

 

もちろん、インターネットの海に飛び込めば即座に目的の情報は手に入るが、ディスプレイをじっと眺めているより五感をフルに使って実際に打ったほうが、より復習が捗るというものだ。

 

朝の並びは多くて私は後ろの方の番号を引いてしまったが、朝イチからパチスロ化物語を打つ人はあまり多くなくて余裕で台を確保。

 

高設定を使っていると噂されるホールだが、簡単にツモれるほど世の中は甘くないので低設定上等の精神でレバーを叩いた。

 

とはいっても、あくまで今回の目的は復習なので、財布が悲鳴を上げるまで打ち続けるつもりはない。

 

 

 

 

財布から歓声が上がった。

 

開始直後から挙動が良くて手応え抜群。解呪連モードからの解呪ノ儀によく行くし、小役確率もバッチリ。

 

この機種は設定看破の難易度が高いので、まだ安心はできないが現状は「低設定とは思えない」。世の中は甘かった。

 

挙動が良いのならヤメる理由はない。出玉が減ってしまう可能性はあるけれど、ここで追わないのはスロッターではない。

 

 

 

 

怒涛の解呪ノ儀スルー。だが、ここまで解呪ノ儀が連チャンするということは、もうアレだろう。解呪連モードロングにぶち込んだのだろう。

 

そして、解呪ノ儀で苦戦したのは最初だけで、途中からはAT当選ラッシュ。

 

 

 

 

 

 

 

微妙な獲得枚数ラッシュ。

 

解呪連モードロングの通常時は650Gぐらい滞在して、その間、ATに7回当選するも1000枚ぐらいしか増えなかった。

 

連チャン中に不安要素も出てきた。ボーナスに3回当選したが、確定画面が全て基本パターン(ヒロイン順番)だったのだ。

 

■赤7時
基本パターン
設定1~3…93.8%
設定4…87.5%
設定5…75.0%
設定6…68.8%

ヒロイン1枚絵
設定1~3…6.3%
設定4…12.5%
設定5…18.8%
設定6…25.0%


設定1~4…ナシ
設定5~6…6.3%

 

途中、「もしかしたら、設定6かも!?」なんて期待もしたが、ちょっと設定6は怪しくなってきた。それでも高設定なのはほぼ間違いないので続行。

 

既に自分の頭の中には「復習」の2文字はなく、「今日、どれぐらい勝てるのだ。もしや、万枚に行くかもしれない!?」と出玉のことばかり。

 

もちろん、万枚はただの希望。手元には5000枚弱の出玉はあるが、解呪連モードロングが終わった今、ここからが大変だ。

 

何か大きなトリガーを引けなければ、ロングフリーズのような強烈なモノが引けなければ流石に無理だろう。

 

 

 

 

あ、引けた。

 

これはもしかすると、もしかするぞ。ロングフリーズだけで5000枚は厳しいと思うが、3000枚ぐらい獲得できれば万枚は射程内。

 

復習のつもりで打ち始めたが、万枚の実戦データを保存するという復讐を果たすことができるかもしれない。

 

 

 

 

 

ボーナス中に全然7が揃わなかった。それでも1000枚以上出たのだから上出来だ。

 

時計を見ると16時、現在6000枚ぐらい持っている。まだ、万枚の可能性はある。十分にある。

 

私は回した。残り時間、必死に回した。その結果…

 

 

 

 

力及ばず。

 

21時を過ぎて、キリの良いところで実戦終了。最後の最後で本日最大ハマリの600Gが来たのが痛かった。

 

投資額:9K
獲得枚数…6166枚
結果…+108K

 

結局、最後まで挙動は良好のまま。設定6の可能性は十分にあったが、さらにもう1回ボーナスを引くも確定画面は基本パターン。なので、設定4・5のヒキ強だったのかもしれない。

 

さて、万枚には届かなかったが、これで銀英伝腕時計の資金は揃った。余裕で銀河帝国モデル・自由惑星同盟モデル、両方を購入できるというものだ。

 

翌日からRe:ゼロ4連敗で財布から12万円消えるということがない限り、余裕で購入できるというものだ。

 

色々と察してほしい。

 

この記事の関連情報

関連する機種

ライター・タレントランキング

このページのトップへ