機種情報

icon

SLOT魔法少女まどか☆マギカ

facebook twitter

設置店検索

ユーザー評価

3.77
(140件)
ART 天井有
メーカー名 メーシー
機械割 97.9%〜116.2%
導入開始日 2013/12/16
機種概要 本機は4種類のボーナスと1Gあたり純増約2.2枚のART「マギカラッシュ」を搭載。ボーナスは全て擬似ボーナスで、ゲーム数テーブル方式を採用。ボーナス当選のメイン契機は規定ゲーム数の消化となるが、チャンス役成立時の直撃抽選や自力チャンスゾーン中に特定条件を満たすことでもボーナスに期待が持てる仕組み。

ボーナス出現率

●各ボーナスの払い出し枚数
エピソードボーナス…60G固定+ART確定。
ビッグボーナス…50G+α裏ボーナス…30G固定+ART確定。
プチボーナス…30G固定。

ゲームフロー

ART「マギカラッシュ」は通常時からの突入ルートも用意されているが、メインルートはボーナス成立時&消化中の抽選。よって、ボーナスを引き当てることがARTへの一番の近道となる。ボーナスはゲーム数の消化やチャンス役成立時に抽選が行われるほか、自力チャンスゾーン突入でも期待できる。キュゥべえチャレンジなら、その時点でボーナス確定だ。

icon

演出情報

通常時

液晶演出

通常時の演出をピックアップ

 

●ステージ共通演出

小役ナビやチャンス予告は多種多彩。各ステージごとの固有演出と共通演出が用意されている。チャンス予告は連続すれば前兆の可能性が高まるため、頻繁に発生している場合はしばらく様子を見るように。

通常時の高期待度演出

キュゥべえルーレットやカウントアップ演出はチャンス役に期待できるため、しっかりと小役を狙いたい。次回予告発生なら演出成功の大チャンスだ。

パチスロオリジナルの発展演出

パチスロオリジナルの展開が堪能できる発展演出は、成功すれば自力チャンスゾーンへの突入が確定。全部で4種類が用意されており、杏子やほむらなら演出成功の大チャンスとなる。また、それぞれチャンスパターンが盛り込まれているので、消化中はチャンスパターンの有無に注目しながら打ち進めたい。

ボーナスorARTのチャンス「魔女バトル」

勝利できればボーナスorARTとなる魔女バトルは期待度の異なる全6種類。まずは開始時のタイトルの色が重要となり、青<赤<花火柄の順に期待度がアップとなる。また、発展演出と同様にチャンスパターンが盛り込まれているので、各演出のチャンスパターンを把握しておこう。敗北した場合は逆転パターンの発生に期待したい。

前兆ゾーン「円環の理」

●ゲーム数による当選時の前兆やチャンス役からの前兆で移行するゾーン

・円環中はまどか→さやか→マミさん→杏子→ほむらと魔法少女が集まるほど最後の連続演出期待度がUP
・5人全員集まれば激アツ!!

 

 

●円環の理中の演出

円環の理に突入したら、まずはキャラの合流に期待。さやか→マミさん→杏子→ほむらの順に仲間が加わる可能性があり、杏子まで合流すればハイチャンス。まどかやキュゥべえのセリフ演出は文字の色で期待度を示唆しており、赤字が頻繁に発生するようなら本前兆の期待度アップとなる。最終的にまどかのアップになれば魔女バトルに発展だ。

オリジナルのキャラ系連続演出の期待度

スイカ成立後にパチスロオリジナルのキャラ系連続演出が発生すればチャンスゾーン突入の期待が高まる。特にキュゥべえとの対決演出は期待度が高いのでアツい。ここでしか見られないキュゥべえの卓球も必見だ。

ボーナス確定画面は直前の連続演出と対応

ボーナス確定画面で登場するキャラは基本的に直前の連続演出で敵を倒したキャラ。この法則が崩れるとビッグ以上確定となり、組み合わせによってはART確定の上位ボーナス確定となる。

バトル系連続演出の期待度

円環の理の最後やART中に発展するバトル系連続演出は全部で6種類。さやかとマミさんの単独戦は基本的に期待度が低いがタイトルの色が変化すれば期待度が一気に上昇する。

サブ液晶のリアクションセリフの期待度

リール右側のサブ液晶にキャラが表示されている時、キャラをタッチするとセリフが表示される。その吹き出しの色が緑や赤ならCZやボーナスの期待大で、金色ならボーナスorART確定となる。同じ色でもセリフ内容によって期待度は細かく異なる。

円環の理の演出期待度

発展時の期待度
1人…24.5%
2人…18.0%
3人…22.3%
4人…86.1%
5人…100%

円環の理中はまどかの仲間が4人(杏子)になれば期待度アップだが、3人以下はほぼ変わらない。キュゥべえのセリフは色だけでなくタイミングにも注意。第3停止なら激アツだ。

円環の理突入時・演出別本前兆期待度

円環の理へ突入する演出は上記の通りで、カーテン演出や歯車演出以外からの突入ならチャンス。前兆を煽る演出として発生しやすいマミさんやまどかの魔法少女アイテムから、そのまま円環の理に突入すれば本前兆が確定する。

円環の理中・激アツ法則

仲間合流濃厚となる稲妻(大)は、3人以上合流後に発生すればアツい。なお、大小問わず、稲妻演出時にハズレ・MB以外が成立→仲間合流せず…は本前兆が確定だ。

●演出発生+チャンス役否定で本前兆が濃厚になるパターン




●円環の理中のミッション演出発展はCZ確定
フェイク前兆中であればマジカルチャレンジおよびキュゥべえチャレンジ抽選は行われており、円環の理中にミッション系の演出に発展した際は、その時点でボーナス前兆はフェイク&CZの本前兆中であることが確定する。

円環の理中・基本演出&期待度

魔法少女合流演出は3人以下と4人以上では期待度が大きく変化。5人目のほむらまで合流すれば本前兆が確定する。なお、仲間が合流する可能性があるのは、稲妻orカーテン演出発生時だ。

1度でも発生すれば本前兆のチャンスとなるのが、このキュゥべえ誘惑セリフ演出。演出発生時のポイントは上記の通りだが、同演出は連続して発生する可能性もある。2連続ならアツく、3連続で発生すれば激アツだ。

バトル発展時・激アツ法則

カーテン演出からのバトル発展時は、カーテンが開くタイミングにも注目。第1停止時と第3停止時では期待度に約2倍以上の差が生じてくる。細かな点ではあるが、注意しておくことで楽しみも倍増すること請け合いである。

AT・ART・RT中

基本解説

ART・セット継続と引き戻し

通常時からのART当選や引き戻しといったボーナス契機以外でのART当選は複数セットに期待が持てる模様。ARTが終了しても次ゲームのレバーONに期待を込めたい。また、通常画面に戻っても押し順ナビが発生してARTに復帰するパターンを確認している。

液晶演出

ART中・注目演出

遠雷演出やゾウの使い魔演出はワルプルギスの夜の前兆に期待でき、第3停止でワルプルギスの夜が出現すれば突入が確定。また、通常時と同様に魔女バトルに勝利できれば、ボーナスまたはワルプルギスの夜へと結びつく。

ART中・本前兆に期待できる演出

※上乗せ告知発生時には、この前兆期待度は当てはまりません。

ボーナス中

基本解説

ビッグ中・完全告知

完全告知は、ほむら揃い確定時にレバーONで金シャッターが閉まって告知が発生。ほむら揃いは、通常時のビッグ中に引けばARTに当選し、ARTが確定している場面で引けばワルプルギスの夜をストックする。

ビッグ中・バトル告知

 

●終盤はお菓子の魔女とのバトルが繰り広げられる
・お菓子の魔女が変身しなければ大チャンス

バトル告知は終盤に発生するお菓子の魔女との対決でARTの当否を告知。仲間が合流するほどART期待度が高まるため、より多くの仲間の合流に期待したい。なお、プレゼントBOX出現時に大きな箱や豪華な箱が出現すれば、仲間の合流やほむら高確への移行に期待できる。

ビッグ中・チャンス告知

チャンス予告はほむら揃いの可能性がある際にカットインが発生。カットインは3種類あり、青<緑<赤の順にほむら揃いの期待度がアップする。ちなみに、風船や飛行船などでチャンスパターンが頻発すれば、ほむら高確移行の期待が増す。

エピソードボーナス中は名シーンを再現

エピソードボーナスは60G固定となっており、原作屈指の名シーンを堪能することができる。ビッグとは異なり、ほむら高確へは移行しないが「狙え」指示が発生すれば、ほむら揃いのチャンスとなる。見事達成できればワルプルギスの夜が確定する。

液晶演出

プチボーナス・変身人数別ART期待度

icon

解析情報通常時

基本・小役関連

基本解説

MB中のベルの一部は強ベルに変換

通常時に4096分の1で成立する強ベルの他に、MB中の一部のベルが強ベルに変換されるケースがある。強ベルは停止型こそ通常ベルと同じだが、払い出し音が異なるため見逃すことはないだろう。

小役確率

小役確率・各種当選期待度

チャンス役成立時の期待度

直撃確定役

32768分の1で成立する中段チェリーと10922分の1で成立する特殊役は成立した時点でボーナス確定。滅多に引けない役だけに恩恵は特別で、特殊役ならビッグ以上確定。中段チェリーはARTが約束された上位ボーナス確定となる。

モード関連

各状態&モードの特徴

●通常時・チャンス役成立時のボーナス当選率は高低2種類の状態がある

 

●6種類のモードによって決められる規定ゲーム数を消化してもボーナスに当選

・モード移行契機はボーナス当選時のみで下位のモードに転落することはない

通常時の内部状態は高低2種類があり、高確滞在中はチャンス役成立でボーナス当選に期待。高確移行後は最低10G間は転落しないという特徴がある。内部モードは6種類あり、いずれも規定ゲーム数消化でボーナスに当選。天国なら99G以内の当選が確定する。

モード移行割合(ボーナス後)

●中段チェリーは天国移行確定

ボーナス間のゲーム数を決めるモードは大別すると通常と天国の2種類。通常モードの移行割合は左表のとおりで、段階的にアップして天国へ繋がるという感じではなく、通常Aからでもそこそこの割合で移行する。

 

●天国モードからの移行割合

天国モードの最大の特徴はゲーム数解除以外のボーナスでは通常へ転落しないという点。ゲーム数解除時の通常転落率は高めなので、100G以内のチャンス役は非常に重要だ。

内部状態関連

通常時・状態移行率

高確移行のメイン契機は通常時の弱チェリーとボーナス(終了後に移行)。移行率は偶数設定が優遇されているのだが、その差はそれほど大きくないので、ほむら部屋に行きやすければ偶数設定の可能性がやや高くなる…ぐらいの認識でいいだろう。

各状態&モードの特徴

●通常時・チャンス役成立時のボーナス当選率は高低2種類の状態がある

 

●6種類のモードによって決められる規定ゲーム数を消化してもボーナスに当選

・モード移行契機はボーナス当選時のみで下位のモードに転落することはない

通常時の内部状態は高低2種類があり、高確滞在中はチャンス役成立でボーナス当選に期待。高確移行後は最低10G間は転落しないという特徴がある。内部モードは6種類あり、いずれも規定ゲーム数消化でボーナスに当選。天国なら99G以内の当選が確定する。

ボーナス当選関連

消化ゲーム数別・ボーナス当選期待度

直撃ボーナス当選率(状態別)

強ベルは出現率が低いので、強チェリーとチャンス目が直撃当選のメイン役。当選時のビッグ比率はゲーム数解除よりも若干高くなっている。スイカと弱チェリーはほぼ当たらない確率だが、難関を突破して当選した場合はエピソードor裏ボーナス確定となっている。

直撃ボーナス当選時の振り分け

ゲーム数解除時のボーナス振り分け

モードに応じてゲーム数解除時のボーナス振り分けも変わり、通常Bや朝イチのリセットモードだとプチボーナス比率が高くなる。滅多に移行しないが、天国準備なら激アツだ。

ボーナス当選ゲーム数テーブル

ボーナス確定画面は直前の連続演出と対応

ボーナス確定画面で登場するキャラは基本的に直前の連続演出で敵を倒したキャラ。この法則が崩れるとビッグ以上確定となり、組み合わせによってはART確定の上位ボーナス確定となる。

穢れポイント振り分け・設定変更時

リセット時は上表の割合で穢れを再振り分け。約5回に1回は70pt以上貯まった状態でのスタートに期待できるため、朝イチから勝負の際はソウルジェム役モノによる穢れ蓄積示唆演出にも気を配っておきたい。

穢れポイント振り分け・ボーナスorART準備中

・ボーナス準備中は右下がりリプレイ成立前までが区間
(右下がり&ART突入リプ確率は1/8.7)

この抽選は「通常時に当選したボーナスおよびARTの準備中」に限り行われており、すでにリプレイ確率が上がっているART中に当選したボーナスや、ボーナス経由のARTの準備中には行われていないので注意。

穢れポイント振り分け・マジカルチャレンジ失敗時

マジカルチャレンジorキュゥべえチャレンジが最短の4G(1G目はカットインが発生しない)で終了した場合は必ず10pt以上を獲得。また、連続失敗時にも蓄積抽選が行われ、3連続以上で蓄積確定だ。なお、キュゥべえチャレンジはボーナスに当選するため、失敗回数はリセットされる。

穢れポイント振り分け・ボーナス間ハマリ800G以降CZ成功時

ボーナス間で800G以上ハマって、マジカルチャレンジorキュゥべえチャレンジでボーナスに当選した際は穢れ蓄積抽選が行われる。900G以上なら大量蓄積にも期待できる。

AT・ART・RT関連

通常時・ART当選率

※中段チェリーはART確定

ART終了時・引き戻し当選率

前兆&終了準備中・ART当選率

ボーナスやARTの前兆中にもART抽選が行われているが、特に分かりやすいのはボーナス告知から揃えるまでの準備中。この間は液晶上で演出や告知が発生するので抽選されているのが実感できる。強チェならチャンスで中段チェリーなら2セット以上確定だ。

自力当選ゾーン

突入契機

オリジナルのキャラ系連続演出の期待度

スイカ成立後にパチスロオリジナルのキャラ系連続演出が発生すればチャンスゾーン突入の期待が高まる。特にキュゥべえとの対決演出は期待度が高いのでアツい。ここでしか見られないキュゥべえの卓球も必見だ。

ゾーン中当選契機

2種類の自力チャンスゾーン

●「マジカルチャレンジ」は自力ボーナス高確率ゾーン 

 

●「キュゥべえチャレンジ」は発生時点でボーナス確定

自力チャンスゾーンの大半はマジカルチャレンジとなり、カットインが3回発生するまでにBAR揃いとなればボーナス確定。カットインの色は3種類あり、赤ならBAR揃いの大チャンスとなる。キュゥべえチャレンジは突入した時点でボーナスの当選が約束されるが、ここでBAR揃いを達成できればエピソードボーナスまたは裏ボーナスが確定する。

マジカルチャレンジ・ポイント詳解

マジカルチャレンジ中は約4分の1で発生するハズレカットインが3回発生する間に約33分の1のBAR揃いを引くというのが目標。チャンス役はボーナスに直接当選することもあり、カットイン回数を上乗せしてくれることもある。

チャンスゾーン・詳細数値

スイカからのキャラ系連続演出成功はほぼチャンスゾーン。CZは2種類あるが圧倒的にマジカルチャレンジ比率が高く、ボーナス確定のキュゥべえチャレンジはレア。前兆中やゾーン中のチャンス役はKC昇格や回数上乗せに期待できる。

マジカルチャレンジ中・ボーナス振り分け

その間に上の2役が成立した時は上位ボーナスへの書き換えが発生!

キュゥべえチャレンジ中・ポイント詳解

キュゥべえチャレンジ中はBAR揃いだけでなく、チャンス役が成立するだけで成功=ボーナス昇格が確定。ハズレカットインやBAR揃いの確率はマジカルチャレンジと同じなので、チャンス役を引くのが成功の近道。昇格時は8分の1で大量上乗せ必至の裏ボーナスとなる。

icon

解析情報ボーナス時

基本・小役関連

基本解説

ARTの仕様

●ART仕様「マギカラッシュ」
1セット50G+α
1Gあたりの純増約2.2枚
ゲーム数上乗せ&上乗せ特化ゾーンあり

ART中はチャンス役成立でゲーム数上乗せや特化ゾーンへの突入、そしてボーナスの3つに期待できる。また、ART中は4つのステージが用意されている。

4種類の擬似ボーナス

ビッグ中はベルやチャンス役を機にほむら高確の抽選が行われ、ゲーム数を上乗せした場合は消化ゲーム数の減算が一旦ストップ。ほむら高確中はART確定となるほむら揃い確率がアップする仕組みだ。エピソードボーナスおよび裏ボーナスは消化後のART突入が確定する。

ビッグ中・ART当選までの流れ

●基本性能
継続ゲーム数…50G+α(1Gあたり約2.2枚増)
消化中はベルやチャンス役で「ほむら高確」のゲーム数を上乗せ抽選
ほむら揃いでART確定

ビッグ中は「ほむら揃い」でART当選が確定。ベルやチャンス役成立時にほむら高確への突入抽選が行われ、ほむら高確に移行すれば文字通りほむら揃いの確率がアップする。ほむら高確中はビッグのゲーム数減算がストップするため、ART突入に期待できるだけでなく出玉的にもお得となるのだ。告知タイプは3種類用意されているので好みのタイプを選びたい。

 

●ほむら狙い時は中押しや逆ハサミもアツい

チャンス予告でのカットイン発生時は中押しや逆ハサミで消化するのも一興。中押しなら、ほむら中段停止で1確。逆ハサミ時はほむら絵柄がテンパイすれば2確となる。

プチボーナス・ポイント詳解

・お菓子の魔女の紹介画面は次回モードを示唆

BAR揃い確率…1/6553.6
カットイン期待度/青…11.56%
カットイン期待度/緑…37.97%
カットイン期待度/赤…100%

プチボーナス中はベルやチャンス役成立時にART抽選が行われており、ARTに当選した場合はラスト2Gに発生するマジカルルーレットで当否を告知。レアケースだがBAR揃いを達成できた場合もART確定となる。BARを狙えカットインは発生した時点で激アツだ。

裏ボーナス・ポイント詳解

・全てリプレイだったとしても最低200Gスタート

裏ボーナス中はリプレイを含む全役でARTゲーム数の上乗せが発生。30G消化できるため、ART初期ゲーム数の50Gを含めると、最低でも200GのARTゲーム数を獲得できることとなる。また、消化中にチャンス役を引き当てることができれば大量ゲーム数獲得の大チャンス。

ボーナス告知後はボーナス入賞まではART抽選

ボーナスが確定すると、まずは準備状態へ移行する。この間にチャンス役が成立した場合はART抽選が行われるため、引き損のない仕様となっている。チャンス役出現時はシャッターが閉まることを祈りたい。

ART中のボーナス

ART中に成立したビッグは、ほむら揃いでワルプルギスの夜をストック。通常時のビッグと同様に、ほむら高確へ移行すればチャンスとなる。プチボーナスは毎ゲーム上乗せ抽選が行われ、ルーレット発生で上乗せの期待が高まる。

小役確率・各種当選期待度

裏ボーナス・詳細数値

毎ゲーム上乗せの裏ボーナス中はベルを何回引けるかが鍵。リプレイだとほぼ5Gだが、ベルは最低でも10G、30Gの振り分けも現実的なので、最終的な上乗せゲーム数に大きく影響する。

エピソードボーナス・詳細数値

エピソードボーナス中はチャンス役でARTのゲーム数を上乗せ、ほむら揃いでワルプルギスの夜当選となる。ビッグと異なり、ほむら高確がないので継続G数も固定(60G)。まどか&ほむらのEPは特別で、それぞれアルティメットバトル、ワルプルギスの夜確定となっている。

AT・ART・RT当選関連

ビッグ中・ほむら揃い確率

・W揃い時は70%継続以上のワルプルギスの夜確定!!
・プチボーナス中のBAR揃いは1/6553.6

ビッグ中はほむら揃い、プチボーナス中はBAR揃いを達成できればART確定。ビッグ中のほむら揃いは内部状態によって確率が異なり、ほむら高確中は期待度が大幅にアップ。低確時は残りゲーム数によって期待度が異なる特徴がある。プチボーナス中のBAR揃いは激レアだが、カットインの5回に1回は期待できる計算だ。

ビッグボーナス中・ART抽選の詳細数値

●ビッグ中は状態によってチャンス役で抽選するものが変化
・ビッグ残り8G以上
通常時ビッグ…ほむら高確のゲーム数を抽選
ART中ビッグ…ほむら高確のゲーム数を抽選
・ビッグ残り7G以下
通常時ビッグ…ARTの初当りを抽選
ART中ビッグ…ワルプルギスの夜を抽選
・ほむら高確
通常時ビッグ…残り8G以上ならほむら高確のゲーム数を抽選
ART中ビッグ…残り8G以上ならほむら高確のゲーム数を抽選

ビッグ中はほむら絵柄揃いでART確定(ART中ビッグならワルプルストック)となるのだが、その抽選システムは少々複雑。ほむら高確やビッグの残りゲーム数に応じて、当選確率や契機役までもが変化するので、勝負どころをしっかり見極めておこう。

プチボーナス中・ART抽選の詳細数値

モード4・5移行時ART振り分け
1SET…87.50%
2SET…10.94%
3SET…10.94%

※最終ゲーム・モード0〜3時のその他の役成立時は押し順ベルと同じ確率で抽選

プチボーナス中はモードアップによってARTを抽選。モード移行抽選は毎ゲーム行われているが、最も重要なのは最終ゲームで、ここでチャンス役を引ければART期待度は急上昇。液晶上のルーレットをスタートさせるレバーONは実際にもアツいゲームなのだ。

プチボーナス・変身人数別ART期待度

AT・ART・RT中・モード関連

「9のヒミツ」に迫る

通常時の小役揃い時に入賞LEDの色が違っていると、高確or前兆!?

連続演出で勝利したキャラと、ボーナス確定画面に出たキャラが異なると…!?

ボーナス確定画面で赤7テンパイ時に特殊テンパイ音発生でエピソードボーナスor裏ボーナス!?

プチボーナス中にまどかが変身すると…!?

プチボーナス中のキャラ紹介の順番や登場キャラには秘密が…!?

ART中に「キュゥべえランプ」の目が点灯するとゲーム数上乗せ!?

●ワルプルギスの夜で一度も継続しないと…!?

「即終了」はアルティメットバトルが確定。

●ワルプルギスの夜中に歌が流れると継続確定!?

発生=そこから3セットの継続が確定する。

各状態&モードの特徴

●通常時・チャンス役成立時のボーナス当選率は高低2種類の状態がある

 

●6種類のモードによって決められる規定ゲーム数を消化してもボーナスに当選

・モード移行契機はボーナス当選時のみで下位のモードに転落することはない

通常時の内部状態は高低2種類があり、高確滞在中はチャンス役成立でボーナス当選に期待。高確移行後は最低10G間は転落しないという特徴がある。内部モードは6種類あり、いずれも規定ゲーム数消化でボーナスに当選。天国なら99G以内の当選が確定する。

AT・ART・RT中・内部状態関連

ART中・全4種類のステージ

ART中のステージは全4種類。上位のステージへ移行するほどボーナスやワルプルギスの夜への期待が高まる。モザイク演出や画面揺らめき演出が頻繁に発生すればステージ変化に期待が持てる。チャンスパターンの有無にも注目したい。

AT・ART・RT中・上乗せ&ボーナス関連

上乗せ特化ゾーン「ワルプルギスの夜」

上乗せ特化ゾーン「ワルプルギスの夜」に突入すると、まずはARTゲーム数の減算がストップ。継続5G(初回のみ10G)後のバトルでほむらが負けなければ次セットに継続してさらに上乗せ…という流れになる。確実に上乗せをゲットできるだけでなく、このワルプルギスの夜そのものが上乗せゲームでもあるため、その恩恵は想像以上。

上乗せ特化ゾーン「アルティメットバトル」

ロングフリーズ発生時やワルプルギスの夜からの昇格などで突入する「アルティメットバトル」は、その名の通り究極の上乗せゾーン。基本的な流れはワルプルギスの夜と同じだが、こちらは継続率90%が確定し、さらに5連目までは必ず継続となる。また、セット継続時の上乗せ最低保証も5Gではなく10Gに倍増、終了時はエンディングボーナス確定…と、突入時の期待度はまさに圧倒的だ。

ART中・上乗せのポイント

チャンス役での上乗せが発生すれば、ワルプルギスの夜だけでなくボーナスにも期待できるため、さらなる出玉増加が望める仕様となっている。また、ボーナスの本前兆中に残りARTゲーム数が尽きても、必ずセット継続し、ボーナスをART中に迎えることができるという特典がある。

ART中・上乗せゲーム数(実戦値)

チャンス役成立時の上乗せ抽選に当選した場合の大半は、そのゲームで告知が発生。数ゲームの前兆を挟むこともあるので、演出の行方を見守りたい。チャンス目や強チェリーなら上乗せはもちろん、ボーナスやワルプルにも期待できるので出玉獲得の大チャンスだ。

ワルプルギスの夜・注目ポイント詳解

通常はタイトル文字の色が紫なのだが、これが赤だった場合はワルプルギスの夜の継続率が60%以上確定となる。また、さらに上位の「花火柄」なら70%以上が確定。色と継続率は完全リンクではないため、紫の場合でも高継続率→大連チャン発展の可能性はアリだ。

 

「ワルプルの弱攻撃→ほむらすぐに立ち上がる」などは、継続率60%以上確定。ほむらの先制攻撃は、1セット目限定でやはり60%以上となる。アツいパターンとして覚えておきたいのは70%以上確定パターンで、「まだまだ行くよ」か「4人勢揃い」が出れば開始早々激アツだ。

 

2G目はほむらが攻撃するかどうかをチェック。3G目はワルプルの攻撃方法で期待度が変化し、強攻撃(ビル)はピンチとなる。4~5G目は攻撃を受けたほむらが立ち上がれるかどうかだが、ここで強攻撃を受けてタメて立ち上がった場合は継続率60%以上確定だ。

 

ワルプルギスの夜消化中にチャンス役を引き当てた場合、あるいは継続が5セット、10セットと5の倍数セットに到達した際は、ラストの上乗せ後に「追撃チャンス」が発生してさらなる上乗せに発展する可能性がある。追撃パターンは計3種類あり、一撃<毎停止<連打の順に平均獲得ゲーム数が増加。連打上乗せならPUSHごとの継続抽選(MAX97.5%)となるため、想定外のゲーム数をゲットできることも…。

ワルプルギスの夜・チャンス役成立時の当選率

ワルプルギスの夜・非継続時の書き換え抽選

消化中は基本的に5Gの戦いが50~80%の継続率でループ。ほむらが倒れなければ次セット継続となり、同時に5G以上のゲーム数を上乗せ。継続抽選に漏れてもチャンス役が成立すれば高確率で継続に書き換えられるのが嬉しい。

ワルプルギスの夜・抽選タイミング

ワルプルギスの夜・追撃上乗せ抽選

 

 

追撃チャンスは主にワルプル中のチャンス役で抽選されるのだが、当選しても発動はそのセットの終了後。当選後への発動までのチャンス役では追撃チャンスの昇格抽選が行われる。

 

ワルプル5連ごとに無条件で追撃上乗せに当選。25連目以降は必ず連打上乗せとなり、30連、35連でも必ず連打上乗せ当選となる。

 

※このページ内の昇格抽選は潜伏中に行われる

ワルプルギスの夜・ゲーム数振り分け

※連打上乗せゲームで引いたチャンス役での昇格抽選

 

一撃上乗せは上乗せ発生ゲームでチャンス役が成立すれば30G以上の上乗せが確定し、強系チャンス役なら50G以上&100G期待度も高い。連打上乗せはチャンス役を引いても1叩きあたりの上乗せゲーム数が変わることはないが、継続率が1段階以上アップ。最低でも90%以上に昇格する。

 

都合3回の上乗せは後半の方がゲーム数が多くなりやすく、1回目よりも2回目の方が少ないと3回目の100G乗せが確定。チャンス役が成立すれば1回目のゲーム数が多くなりやすいため、トータルにも大きく影響する。

ワルプルギスの夜・終了時のボーナス抽選

・20連以上すれば100%ボーナスに当選する!!

ワルプルギスの夜終了時にはボーナスの抽選が行われており、20連以上していればボーナス確定。基本的には連チャンすればするほどチャンスだが、2連終了時は20分の1とちょっとだけ優遇されている。

アルティメットバトル・上乗せゲーム数&ポイント解説

継続率が90%なことと継続時の上乗せゲーム数が10G以上なこと以外はワルプルギスの夜と共通。チャンス役による継続書き換え割合や追撃上乗せの確率はワルプルギスの夜と同数値だ。

ワルプルギスの夜・タイトル色&セリフ別継続期待度

ワルプルギスの夜・バトル内容別継続期待度

ワルプルギスの夜・開始画面別継続期待度

各セットの開始画面でも継続率を示唆。基本的にはまどかやほむらなら高継続の期待度が高まる傾向があり、キュゥべえは80%確定。2人のパターンは右にほむらがいるパターンのみ70%以上となる。まどか単体も80%確定のものと、そうでないものがあるので注意しよう。

プチボーナス中・ゲーム数上乗せ

ART中に引いたプチボーナス中はARTゲーム数の上乗せ抽選を行っており、各成立役ごとの上乗せ当選率や振り分けゲーム数は表の通りだ。押し順ベルは9枚ベルとMB中どちらでもOK。スイカ以外のチャンス役が成立すれば100%ゲーム数上乗せが発生する。

ワルプルギスの夜・ゲーム数消化での抽選

ワルプルギスの夜にも天井があり、ARTが500G続けば必ず1回は突入する。実戦上、初当りART突入時は比較的短いゲーム数でワルプルギスの夜に突入するためチャンス。

「9のヒミツ」に迫る

通常時の小役揃い時に入賞LEDの色が違っていると、高確or前兆!?

連続演出で勝利したキャラと、ボーナス確定画面に出たキャラが異なると…!?

ボーナス確定画面で赤7テンパイ時に特殊テンパイ音発生でエピソードボーナスor裏ボーナス!?

プチボーナス中にまどかが変身すると…!?

プチボーナス中のキャラ紹介の順番や登場キャラには秘密が…!?

ART中に「キュゥべえランプ」の目が点灯するとゲーム数上乗せ!?

●ワルプルギスの夜で一度も継続しないと…!?

「即終了」はアルティメットバトルが確定。

●ワルプルギスの夜中に歌が流れると継続確定!?

発生=そこから3セットの継続が確定する。

バトル系連続演出の期待度

円環の理の最後やART中に発展するバトル系連続演出は全部で6種類。さやかとマミさんの単独戦は基本的に期待度が低いがタイトルの色が変化すれば期待度が一気に上昇する。

サブ液晶のリアクションセリフの期待度

リール右側のサブ液晶にキャラが表示されている時、キャラをタッチするとセリフが表示される。その吹き出しの色が緑や赤ならCZやボーナスの期待大で、金色ならボーナスorART確定となる。同じ色でもセリフ内容によって期待度は細かく異なる。

ART中・本前兆に期待できる演出

※上乗せ告知発生時には、この前兆期待度は当てはまりません。

icon

設定推測ポイント

小役確率関連

弱チェリー確率

通常時の小役確率に設定差が設けられているのは弱チェリーのみ。プレイ中は弱チェリーをカウントし、設定推測に役立てたい。弱チェリーが90分の1以上で出現するようなら、高設定の期待が高まると覚えておこう。

ゾーン関連

マジカルチャレンジ当選率・スイカ成立時

スイカからのマジカルチャレンジ突入率には設定差があり、20~30%と段階的に当選率がアップ。なお、本前兆中及びキュゥべえチャレンジに突入した際は、サンプルから除外することをお忘れなく。

ボーナス関連

プチボーナスのキャラ紹介

上記の順番のあとに他のキャラが出た場合は無効になるので注意。

AT・ART・RT関連

ART当選率

ART終了時・引き戻し当選率

機械割

機械割

●機械割
設定1… 97.9%
設定2… 99.0%
設定3…101.9%
設定4…106.3%
設定5…111.2%
設定6…116.2%

icon

天井ゾーン止め時

狙い目ゾーン・天井・止め時

天井突入条件

ボーナス終了後999G消化。

天井仕様

ボーナスに当選。

リセット仕様

リセット時 天井までのゲーム数…再抽選。 ART抽選状態…高確移行抽選を行う。 液晶のステージ…学校ステージ。 電源OFF/ON時 天井までのゲーム数…引き継ぐ。 ART抽選状態…引き継ぐ。 液晶のステージ…学校ステージ。

天井

「ソウルジェム」の穢れは要チェック

筐体右上にあるソウルジェムに「穢れ」が吸い込まれたら、その溜まり具合をチェック。穢れの溜まり具合は3段階あり、真っ黒に染まれば3段階目が濃厚。穢れが溜まりきると次回ボーナスがART確定となるエピソードまたは裏ボーナスとなるため、3段階目まで発展したらボーナスを引くまで続行するのが無難だろう。

ソウルジェムの穢れ・ポイント&特徴解説

穢れの詳しい仕組みは上のとおり。ソウルジェムから液晶へ穢れがはみ出していればかなり溜まっている状況だが、穢れ獲得時の演出はほぼ小穢れ(1ポイント以上)なので、MAX以外を当たるまで追うのはリスクが高い。裏ボーナスの振り分けも低めなので過度の期待は禁物だ。

ソウルジェムの穢れ・獲得タイミング&数値

ヤメ時・狙い目

ゲーム数・モード・内部状態

ボーナス後のモード推測

ボーナス終了画面でリール横にあるタッチ液晶に触れると、キュゥべえが何らかのセリフを発する(触れば何度でもセリフが発生)。このセリフは次回モードを示唆しており、次回天国が確定するパターンもアリ。「諦めたらそれまでだ」なら通常Aを否定するため、天国のゾーンを抜けたとしても追ってみる価値があるだろう。

icon

打ち方朝イチ

打ち方・小役

打ち方

●左リール上段〜中段にチェリーを狙う

まずは左リールの上段から中段にチェリーを狙う。枠内にチェリーが停止した場合は右リールに赤7を狙い強弱の判別を行いたい。また、左リール枠内にスイカがスベってきたら中&右リールにスイカを狙いフォローすること。チャンス目は停止型がいくつかあるが、全停止後にリールフラッシュが発生するので見逃す心配はない。

朝イチ・宵越し

朝イチ挙動

朝イチの基本事項

設定変更(リセット)で高確移行抽選、内部モードと規定ゲーム数も再抽選となるが、据え置きの場合はこれらが行われずに前日のものがそのまま引き継がれる。朝イチに高確の挙動(ほむら部屋などで確認)なら設定変更の可能性が高まるので、朝から打つ場合は確認しておきたい。

穢れポイント振り分け・設定変更時

リセット時は上表の割合で穢れを再振り分け。約5回に1回は70pt以上貯まった状態でのスタートに期待できるため、朝イチから勝負の際はソウルジェム役モノによる穢れ蓄積示唆演出にも気を配っておきたい。

ユーザー評価詳細

一覧へ

  • 初の5000枚記念に。 ワルプルの赤連打が気持ちよすぎた。

    3.67

    saito

  • 今さらながらこの台の楽しさにきづいてしまった(≧∇≦) 演出の法則やモード別のゲーム数当選率などを把握&予想しながら打てば…◎

    4.50

    パールヴァティ

  • 素晴らしいです

    4.33

    ひでおでん

  • 面白いよー

    3.83

    kanagoo

  • なかなかの爆発的フラグが色々あり自信ナンバーワン

    4.00

    みるみんと

この機種の関連情報

特集

動画

ブログ

このページのトップへ