機種情報

icon

アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-

facebook twitter

設置店検索

ユーザー評価

3.31
(167件)
AT 天井有
メーカー名 ミズホ
機械割 97.23%〜116.30%
導入開始日 2014/02/24
機種概要 冥王・ハーデスが君臨するもう一つの神の世界、『アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-』が登場。
純増約2.9枚のATがガンガン上乗せされるゲーム数上乗せ特化タイプということで、GG当選時は上乗せゾーンからスタートするなど、見た目も仕様もミリオンゴッドとは大きく異なるようだ。
お馴染みGOD揃いのほかにもHADESが揃えば凄いことが起こる…。

ボーナス出現率

ゲームフロー

初当り契機はGOD揃い、冥王揃い、紫7揃いの確定役の他、液晶奇数揃いの4種類がある。GOD揃い以外の初当り時はまず3種類いずれかの上乗せ特化ゾーンに突入し、初期ゲーム数を獲得した後にGGスタートとなる仕組みだ。

icon

演出情報

通常時

液晶演出

演出パターンも豊富

通常時・激アツ演出発生時の各役成立期待度

GG中・激アツ演出発生時の各役成立期待度

AT・ART・RT中

基本解説

特化ゾーン待機「ジャッジメント」

液晶に奇数が揃うと、次ゲームからジャッジメントという上乗せ特化ゾーン待機ステージに移行。そこで押し順3枚役が2回成立すると、いずれかの上乗せ特化ゾーンに移行する。ジャッジメント中のチャンス役はゲーム数上乗せ抽選や、特化ゾーンの昇格抽選を行っているようだ。

GG中・ストックの仕様

●表ストックはGGのゲーム数が0になったら即放出!
●裏ストックはGG終了後通常時に転落→前兆を経て奇数が揃う!

本機は特定状況下でジャッジメントをストック。GOD揃いなどを機とする表ストックはGG残りゲーム数が0になると即放出されるが、GG初当りorGG中奇数揃い時に獲得可能な裏ストックは一旦通常時に転落→前兆を経て再発動となる。

GG中・デジャヴフリーズ

デジャヴフリーズは、ひとたび発生すれば継続抽選に漏れるまで連続。その都度30G以上のゲーム数が上乗せされる。ちなみに、履歴に赤ダイヤがある状態だとデジャヴフリーズの発生期待度がアップする。赤ダイヤは下段黄7以外のチャンス役で出現する可能性があり、ゲーム数上乗せしたチャンス役でも有効。特殊リプレイ時は特に出現しやすいようだ。

奇数揃い時のポイント

チャンス役成立後に奇数テンパイが発生したらチャンス。前作と同様、奇数テンパイで右が奇数ならば例外なく演出が継続し、実戦上、4連続で奇数テンパイが発生すれば奇数揃い=ジャッジメントが約束される。なお、奇数が揃うゲームでは強めの演出が発生しやすい。

GG中・特化ゾーン突入契機

特化ゾーン突入契機は奇数揃いや特定役成立などで、実戦上は75%でラッシュオブケルベロスを選択。なお、GG中の紫7揃いはゾーンオブペルセポネ、天井到達or冥王成立はプレミアムオブハーデスが確定するので、一気大量上乗せに期待しよう。

GG中の上乗せ

GG中の上乗せには、ゲーム数上乗せ、デジャヴフリーズ、特化ゾーン、HZからの特化ゾーンなどがある。主にチャンス役で内部状態移行および上乗せ抽選が行われ、内部状態が上位に滞在している時や強いチャンス役ほど当選期待度およびゲーム数が優遇される模様。内部状態は液晶ステージで示唆され、ハーデスステージは激アツとなる。

プレミアム演出

通常時

全回転フリーズ

 

もちろん、いつものコレもアリ!

 

21845.33分の1で発生する全回転フリーズは、3図柄停止で紫7、5図柄停止で冥王、7図柄停止でGOD揃いが確定。発生時の各役期待度は1:1:1となるので、7図柄まで発展することを祈ろう。

GOD揃い確定演出

様々なタイミングで発生する可能性のある、液晶のブラックアウトは、シリーズお馴染みのGOD揃い確定演出。レバーON時に振動発生は通常時(&非前兆中)、エンクロージャプレミアムはGG中のみGOD揃い成立が確定する。

ポイント

プレミアム演出

・前作までの演出だった下記の4演出は本前兆以上確定

確定役成立時の演出振り分け

AT・ART・RT中

アヴェマリアが流れる条件

●上記条件を全て満たしている時の押し順のない通常リプレイ時にアヴェマリア抽選を行う

GG突入時にあらかじめ条件を満たした時に楽曲を変化させるか否かの抽選を行っている
→否となった場合は条件を満たしても楽曲は変化しない!

icon

解析情報通常時

基本・小役関連

基本解説

通常時の基本

・奇数テンパイや同一演出が4~5G連続して奇数が揃う

・チャンス役時は基本的に宝石が表示される

通常時は3種類の液晶ステージを行き来することで内部モードを示唆。他に奇数テンパイや奇数ケツテンパイ、奇数ハサミ目の出現頻度などでも内部モードを示唆している。今作はAT機のためリプレイの連続入賞によるGG抽選は廃止されたが、黄7連による抽選は健在。

チャンス役&通常役

チャンス役成立時は、通常時ならGG当選やヘルゾーン当選、モードアップなどに期待が持て、GG中ならゲーム数上乗せや上乗せ特化ゾーン突入への期待が持てる。

メインリール・リーチ目

●1リール確定型

※右リール停止の1確目はペナルティの関係上GG中のみ狙うことが可能

小役確率・各種当選期待度

確定役は3種類

※プレミアムオブハーデス中の冥王揃い、ゾーンオブペルセポネ中の紫7はゲーム数上乗せ

メイン抽選によりこれらのフラグが成立すればGG確定。GOD確率は定番の8192分の1だ。なお、今作では右下がり黄7でもGOD揃いと同じ扱いとなる。紫7は通常時だとケルベロスもあるが、GG中はペルセポネ確定、冥王揃いは常にハーデス確定だ。

3役の合算確率は3120分の1

通常時・紫7成立時の特化ゾーン振り分け
ペルセポネ…25%
ケルベロス…75%

GOD揃いはGG100Gと3回の上乗せ特化ゾーンが確定。最低250G継続が約束されるが、特化ゾーン振り分けが優遇されるためそれだけでは終わらない。冥王揃いはプレミアムオブハーデス確定で100G+α、紫7揃いは通常時だと75%がケルベロス、25%でペルセポネに振り分けられるが、GG中ならペルセポネ確定となる。

小役確率

モード推測演出

闇の霧演出はモードアップに期待でき、発生時の各種リプレイ成立はモードアップ確定。また、同演出+低確A時の下段共通黄7&チャンス目、或いは低確A&B時の中段黄7の成立もモードアップが約束される。なお、ギロチン演出・第2停止までの継続は天国準備が濃厚。天国昇格に期待しよう。

モード関連

液晶の数字

 

●激アツ目

 

●チャンス目

※「1・2・3」は朝イチ以外、「3・2・4」は鎖に巻かれないのが条件

液晶出目の法則も歴代シリーズを継承。基本的には奇数図柄が多いほどGG抽選の高モード、あるいはGG前兆に期待が持て、奇数ハサミ(中・奇数)やVハサミ(中・奇数)の頻出は、その期待度がさらに高まる。

モード示唆・液晶図柄系

モード示唆・演出系

演出パターンも豊富

内部状態関連

ヘルゾーン突入を左右する「裏モード」

 

裏モードの種類は計4種類。モードアップ期待度の高い「右上がり黄7」「中段黄7」「特殊リプレイ」などを引いた後はヘルゾーン突入に期待!!

 

裏モードの仕組みは前作のGG200モード、前々作の裏天国モードに似ており、表のモードとGG抽選とは別系統で抽選・移行が行われる。裏モードがONになるとHZ突入期待度が大幅にアップし、長く継続すればHZの連チャン、ひいては奇数揃いの大チャンスとなる。また、裏モードON時はヘカテの杖+リプレイハズレや竜巻雷+奇数非テンパイなどの演出が発生しやすいことを覚えておこう。

GG抽選モード

通常時のGGモードは8種類で、天国へアップさせてからGG当選を狙うのが基本的な流れ。前作同様、天国モードならリプレイやハズレでも現実的な割合でGG当選が期待できると推測される。なお、GG中は専用のモードで上乗せ抽選を行うため、初当り時のGG抽選モードをここで引き継ぐことはない。従って、GG終了のたびに新しくGG抽選モードが振り分けられる。この点は前作と異なるので要注意。

モード移行率(低確A滞在時)・詳細数値

通常A滞在時はチャンス役成立でモードアップ確定。通常リプレイ&押し順黄7でもモードアップの可能性があり、その数値は偶数設定の方が優遇されている。また、奇数or偶数設定で移行先の傾向が異なり、奇数設定(特に設定5)は天国準備以上or低確Bへ、偶数設定(特に設定6)は通常へ移行しやすいのが特徴。ただし、どの設定でも基本的には2段階以上のアップは少なく、8割以上は低確Bへ移行する。

モード移行率(低確B滞在時)・詳細数値

低確A同様GG当選はほぼ絶望的なモードなので、一刻も早く通常以上にアップさせたいのだが…設定6に関しては別格の上がりやすさ&落ちづらさを誇り、これが優秀な初当りの一因を担っている。設定1や3はなかなかここから上がれない&低確Aに落ちることもあるので、必然的にハマりやすくなるというわけだ。

冥界モード移行率・詳細数値

低確A&B滞在割合にも設定差があり、奇数設定の方が低確A&Bに滞在しやすいので、奇数偶数の差は上の表数値以上に大きい。1日に複数回冥界モード移行が確認できれば、ほぼ確実に奇数設定、とりわけ設定5の可能性が高まることになる。

モード移行率(冥界滞在時)・詳細数値

トータルGG当選率が約190分の1と高いこのモードだが、その分転落率も非常に高く、平均滞在ゲームはわずか約12G。ここでチャンス役を引けば超天国も見えるが、そんな薄いところを引くくらいなら素直にGGを当てたい。

モード移行率(通常滞在時)・詳細数値

通常リプレイ&押し順黄7成立時のモードダウン確率は偶数設定よりも奇数設定の方が高いため(合算すると約2%で転落)、必然的に奇数設定は通常滞在割合がダウン。ただし、天国移行率はほぼ全設定共通であるのに対して、天国準備移行率は奇数設定の方が優遇されている。一方の偶数設定は「上がりづらい&落ちづらい」傾向があるため、通常モードの滞在ゲーム数は長め。さらに、偶数設定の通常モードはGG当選率が奇数設定に比べ高いので、ここでGGに当選することが、偶数設定…特に設定4&6の初当りのメインルートとなる。

モード移行率(天国準備滞在時)・詳細数値

名前通り最も天国移行へ期待できるモードで、その期待度は50%以上。モードアップ率には大きな設定差こそないものの、モードダウンのしづらさは奇数設定が大きく優遇されているため、結果的に奇数設定の方がここから天国以上に昇格しやすくなっているのが特徴だ。また、設定6はモード転落時に通常へ移行しやすい点も大きなポイントの一つ。他の設定で通常が選ばれるのは転落時の約3%と非常に低いので、この差は大きい。

モード移行率(天国A滞在時)・詳細数値

天国A滞在時、1GあたりのGG当選率は52.7分の1で、転落前にGGを射止められる割合はおよそ37%。通常リプレイ&押し順黄7を機にモード転落する際は、ほぼ低確A&Bへ移行、即ち振り出しに戻ってしまうので、そうなってしまう前に是が非でもGGを引き当てたい。なお、天国Aから天国Bへ直接昇格することはない。

モード移行率(天国B滞在時)・詳細数値

1GあたりのGG当選率は天国Aと同じだが、通常リプレイ&押し順黄7成立時のモード転落率が抑えられているため、必然的に転落前にGGを射止められる確率は61%までアップ。仮にモード転落してしまっても4割は天国Aへ移行(低確への移行はなし)→引き続きチャンスとなる点も、天国Bの大きな特徴の一つといえるだろう。

モード移行率(超天国滞在時)・詳細数値

1GあたりのGG当選率19分の1と、最もGG当選に期待できる超天国だが、その分モードダウン率も高い。その結果、平均わずか9GでGG当選or転落の決着がつくため、このモードにロング滞在するということはない。ただし、転落しても約4割は天国AorBに移行するので、そうなれば引き続きチャンスだ。

裏モード移行率(非裏モード滞在時)・詳細数値

モード昇格契機は通常リプレイを除く全役と特定ゲーム数の消化。下段共通黄7&押し順黄7成立時の移行率には設定差があり、その数値は設定3or5or6が優遇されている。特定ゲーム数はGG終了後、およびリセット後400Gor800G消化の2パターン。800G消化後はその時点でショートB以上への移行が約束される。

※裏モードショートA&ショートB滞在中に一定ゲーム数消化した場合も同数値で裏モード移行抽選を行う(上位モードが選ばれた場合のみ昇格・転落はナシ)

裏モード移行率(裏モードショートA滞在時)・詳細数値

ショートA滞在時は通常リプレイの約6分の1で転落。通常時のHZ当選期待度は33.3%程度であり、HZに結び付かないことも多々あるが、ここでチャンス役を引ければショートBやミドルに昇格することもある。なお、HZ当選時は83.3%で非裏モードへ転落する。

裏モード移行率(裏モードショートB滞在時)・詳細数値

ショートBは通常リプレイでの転落率がショートAよりも抑えられており、1Gあたりの転落率は24分の1。また、HZ当選後は必ずショートBがループすることも大きな特徴の一つであるので、たとえHZ中にGGを射止められなくても再度チャンスが訪れることもあるというわけだ。

裏モード移行率(裏モードミドル滞在時)・詳細数値

ミドルへ昇格すると、例外なくHZ当選まで滞在。HZ当選後は60%で同モードがループし、転落時も10%でショートAにとどまる。なお、ミドル滞在中はチャンス役成立時の5%でロングへ昇格。HZ当選に漏れ続ければロングへ移行することもあるだろう。

裏モード移行率(裏モードロング滞在時)・詳細数値

ミドルと同様、昇格後は必ずHZ当選まで滞在し続けるが、最大の相違点はHZ当選後のループ率。ロングは80%と非常に高い割合で同モードがループするので、ひとたび昇格すれば平均5回のHZ当選に期待できる。奇数揃いは手中に収めたも同然といえるだろう。

裏モード滞在中・演出発生率

裏モードを示唆する演出の発生率は上記の通り。注意すべき点は裏モードを煽る「裏フェイク」の存在。これにはトータル約120分の1で突入し、平均24G継続するのだが、裏フェイク滞在中は非裏モードでも鎖演出が発生しやすくなっているのが特徴だ。なお、鎖以外の2パターンは1度でも発生すれば裏モード濃厚となる。

液晶出目出現率・滞在モード別

・通常時の大半は低確A・低確B・通常に滞在するので、1回くらい強い出目が出ても高モードを過信するのは危険

基本的には強い出目が出るほどチャンスとなるが、天国以上確定のVハサミ奇数・本前兆確定の激アツ目以外は天国以下でも出現する可能性がある。1回くらいの出現で過信は禁物だ。なお、「4・8・4」「8・4・8」は冥界モードが濃厚。チャンス目はGG当選時に出現する可能性が高い。

通常時・ステージ移行割合

モード推測演出

闇の霧演出はモードアップに期待でき、発生時の各種リプレイ成立はモードアップ確定。また、同演出+低確A時の下段共通黄7&チャンス目、或いは低確A&B時の中段黄7の成立もモードアップが約束される。なお、ギロチン演出・第2停止までの継続は天国準備が濃厚。天国昇格に期待しよう。

AT・ART・RT関連

黄色7×3連時のGG当選率

黄7×3連時のGG当選率は設定に準じて高まり、その数値差は設定1と6とで5倍以上とかなり大きい。簡単にサンプルを採取できる要素ではないが、それなりに集まれば設定推測要素の一つとして活用できるので、必ずチェックしよう。

前兆ゲーム数

チャンス役での当選、黄7orダイヤ連での当選、GG終了時の裏ストック放出時は、GG発動までに最大30Gの前兆を経由。本前兆中は裏モードの昇格&転落抽選も行われる。ただし、HZ抽選は行われない。

ダイヤ×2連時のGG当選率

ダイヤ×2連時のGG当選率は設定に準じてアップ。ダイヤ×3連以上はGG確定となるが、前ゲームでの抽選で既にGG当選していた場合は、GG当選後の特化ゾーン終了直後に再度奇数図柄が揃う仕組みだ。

GG当選率・モード&成立役別

GG当選率は滞在モードで変化。天国以上滞在時は通常リプや押し順黄7でもそれなりの割合でGGに当選するので、チャンス役を引けずともGGに繋がるケースは多々ある。低確&通常滞在時のGG当選率には設定差があり、その数値は偶数且つ高設定ほど優遇。低確&通常滞在時と思しき状況でのGG当選が確認できた場合は偶数設定、特に設定6の可能性が高くなると覚えておこう。

本前兆&待機状態中・昇格抽選

通常時にGG当選した場合、次ゲームから本前兆がスタートするわけだが、その瞬間に通常時のモードの概念はなくなる点に注意。つまり本前兆中のチャンス役はストック抽選を行っておらず、上記の抽選のみ行っていることになる。

本前兆・ゲーム数振り分け

フェイク前兆移行率&フェイク前兆・ゲーム数振り分け

※特殊リプレイ成立時&ダイヤ2連時はフェイク前兆には移行しない
(ダイヤ2連時は2連した各チャンス役によるフェイク前兆移行抽選は行う)

自力当選ゾーン

突入契機

奇数揃い高確率ゾーン「ヘルゾーン(HZ)」

●液晶出目で「3・2・4」が止まれば次ゲームからHZ

HZ突入契機の詳細は不明だが、状態移行にチャンス役が関与しているのは間違いなさそう。また、HZ後にHZへ再突入したりGGに当選するケースもあるので、チャンス役後やHZ後はしばらく(30G程度?)様子を見よう。

 

●HZは5or10or15G継続・トータル期待度は約25%

HZトータルの奇数揃い期待度は約25%だが、背景が青→黄→赤の順で期待度アップ。チャンス役成立時も大チャンスとなる。継続ゲーム数は5・10・15Gの3種類で、継続の際背景の色が黄や赤に変化することもある。また、演出発生時は激アツで、ボタン→CHANCEは期待度30%(実戦上)、PUSHボタン演出は実戦上すべて当選に結びついている。なお、HZ中は毎ゲームのガチ抽選。

ヘルゾーン当選時・シナリオ&ゲーム数

HZ中のGG当選率はシナリオで管理され、そのシナリオはHZ当選時に振り分けられる。11G以上継続の黄or赤はGG当選期待度の高い当該背景Bが約束される(AとBで見た目上の違いはない)。

演出パターンも豊富

ゾーン中当選契機

ヘルゾーン・当選までの流れ&当選率

HZ突入率は通常時orGG中によって変化し、通常時は設定3&5、GG中は設定3&5に加えて設定6も優遇。GG中のHZ突入率は総じて通常時よりもダウンしており、突入時の奇数揃い期待度も約20%まで低下する。

裏モード中の主なHZ当選契機は通常リプレイで、通常時は約9%でHZに当選。GG中は押し順3枚でもHZ抽選が行われるが、トータル突入期待度は通常時の方が高い。なお、HZ当選時は必ずそのゲームで告知が発生。GG中における各役成立時のHZ当選率は設定差がある点も覚えておこう。

ヘルゾーン中・奇数揃い抽選

HZの背景は青・黄・赤の3種類で、黄と赤には内部的にAとBの2種類が存在。どちらもBの方が期待度は高く、背景赤B時にチャンス役を引ければ、その時点でGG当選が約束される。なお、AとBを見た目で判断するのは不可能だが、11~15G目の黄&赤はB確定だ。

icon

解析情報ボーナス時

基本・小役関連

基本解説

ATの仕様

●AT仕様「ゴットゲーム」
初当り時は必ず上乗せ特化ゾーン突入
→ここで初期ゲーム数決定
1Gあたりの純増約2.9枚
チャンス役などでゲーム数上乗せ&特化ゾーン抽選
セット数による継続アリ(一度通常時に転落する)

GG中の上乗せ

GG中の上乗せには、ゲーム数上乗せ、デジャヴフリーズ、特化ゾーン、HZからの特化ゾーンなどがある。主にチャンス役で内部状態移行および上乗せ抽選が行われ、内部状態が上位に滞在している時や強いチャンス役ほど当選期待度およびゲーム数が優遇される模様。内部状態は液晶ステージで示唆され、ハーデスステージは激アツとなる。

小役確率・各種当選期待度

GG初当り時はまず3つの上乗せ特化ゾーンに突入

裏ストック・継続率抽選

冥界モード以外での小役によるGG当選時はほぼ1%が選ばれるが、設定5&6のみ若干ながら50%以上が選ばれやすい。他の契機によるGG当選時の振り分け割合は全設定共通で、冥界モード中、GOD揃い&天井&GG中奇数揃いは50%以上が確定する。特に冥界モードは最高継続率である80%の振り分けが多いのが特徴。

AT・ART・RT中・内部状態関連

モード・ポイント解説

GG中には固有のモードが用意されており、これらはゲーム数上乗せや奇数揃い期待度を管理。超天国へ移行した場合は期待度の低いチャンス役でも上乗せや奇数揃いに繋がりやすくなる。また、デジャヴフリーズの期待度は専用モードで変化し、高確率への移行でチャンス。小役履歴に赤ダイヤがある間は高確率となるので、是非チャンス役を引き当てたい。

モード・ポイント解説

GG中には固有のモードが存在。これらはゲーム数上乗せ&奇数揃い抽選を管理しており、天国以上へ移行した場合は期待度の低いチャンス役でも上乗せや奇数揃いに繋がりやすくなる。ハーデスステージ及びゴッドステージ・夜は天国以上濃厚なので、気合いでレバーを叩いてチャンス役を手繰り寄せたい。

GG中・モード移行抽選値

※表内に項目がない役ではモード移行抽選ナシ

GG中のモード移行抽選は各役成立時に行われ、最もモードアップに期待できるのは下段共通黄7。基本的に偶数設定の方が天国へ移行しやすく、設定3&5は天国へ移行しづらい分、超天国への移行率などが優遇されているが、体感的にその差を判断するのは難しい。なお、天国移行時は保証ゲームを消化するまで転落抽選はナシ。保証ゲーム消化後は、通常リプレイの一部で転落する。

GG中・ステージ移行率

特化ゾーン終了後・ステージ移行率

AT・ART・RT中・上乗せ&ボーナス関連

0G連上乗せも搭載

コンボフリーズは、上乗せ特化ゾーン中に冥王絵柄や紫7が揃い、リールが逆回転したらスタート。ボタン演出が発生し、BETボタンを叩いて逆回転…というアクションが続くたびにゲーム数が上乗せされる。デジャヴフリーズは、チャンス役でゲーム数が乗ったら発生する可能性があり、デジャヴが発生するたびにゲーム数が上乗せされる。

GG中・ケルベロスのポイント

●固定演出は2つのみ

消化中は毎ゲーム10G以上が上乗せされ、実戦上、押し順15枚成立は20G以上、強攻撃orチャンス役成立は30G以上の上乗せが確定する。なお、6G目以降は画面が割れればゲーム数上乗せ→特化ゾーン継続。

GG中・ペルセポネのポイント

●カットイン発生で紫7揃いのチャンス

●杖演出発生時はチャンス役に期待!

突入した時点で50Gが加算され、継続中は紫7揃い出現率が大幅にアップ。カットイン発生→紫7揃いで50G以上が上乗せされ、0G連が発生すれば更なる上乗せが見込める。また、杖演出発生時はチャンス役成立に期待。強パターンならばその期待度はグッと高まり、大量上乗せに繋がるケースも多々ある。

GG中・ハーデスのポイント

●上乗せ示唆演出は2種類

突入した時点で100G獲得。継続中は冥王揃い出現率が跳ね上がり、揃えば100G以上が上乗せされる。実戦上、弱カットインと強カットインでは冥王揃い期待度が大きく異なったので、強カットインの発生を願おう。また、紫7揃い時と同様、冥王揃い時は0G連の可能性があり、発生すれば激アツ。保証ゲーム数消化後はカットイン発生orチャンス役成立で継続となる点も同様だ。

デジャブフリーズ・ポイント解説

●デジャヴフリーズ抽選は専用のモードで管理

デジャヴフリーズには通常とプレミアムの2種類があり、2連以上の場合は継続率を有するプレミアムデジャヴフリーズが確定。単発だった場合は通常デジャヴorプレミアムでの単発…のどちらかとなる。

 

小役履歴に赤ダイヤがある間は例外なくデジャヴ高確率に滞在。ここで中段リプ・チャンス目・右上がり黄7・中段黄7のいずれかを引ければ50%でデジャヴフリーズへと発展する。ちなみに、デジャヴフリーズには通常とプレミアムの2種類があり、プレミアムのみ継続率の概念がある。

ストックの種類・裏&表ストック

本機のストックには表ストックと裏ストックの2種類があり、前者保有時は液晶右アイコンで表示→GGゲーム数が0になったら即放出。後者保有時はGG終了後一旦通常時に転落→前兆を経て放出されるが、GG終了後30G以内のGG当選はストックか天国による初当りか、正確に見抜くのは難しい。

特化ゾーン・内部状態解説

特化ゾーンは見た目上3種類だが、内部的に継続率が優遇された「超」特化ゾーンがそれぞれあるため、実は6種類。特化ゾーン当選契機などに応じて、この6種類から特化ゾーンを選択し、その種類によって継続率を振り分ける…という流れだ。この時「超」なら、80%or90%継続が確定する。

GOD成立時・特化ゾーン振り分け

GOD成立時に得られる特化ゾーンはペルセポネやハーデスの割合が高く、全回転GODならば超ペルセポネや超ハーデスの可能性もある。GODは3回の特化ゾーン突入が約束されるので、全てケルベロスが選ばれる確率は低い。

ケルベロス中・ゲーム数上乗せ振り分け

消化中は毎ゲーム上乗せが発生。押し順15枚は20G以上、チャンス役は30G以上の上乗せが確定し、中段黄7ならば4割で100G以上が加算される。ちなみに、ケルベロスは5G保証。6G以降は毎ゲーム継続抽選が行われるが、チャンス役成立はその時点で継続が約束される。

ハーデス&ペルセポネ共通・ポイント解説

ハーデス&ペルセポネ中は4.5分の1でカットインが発生し、その2分の1で揃う計算。0G連発展時はご覧のシステム&割合で継続抽選が行われるが、たとえハーデスで0%継続が選ばれても1回目には到達するので、最低200Gは上乗せされることとなる。知識として頭にインプットしておこう。

ゲーム数上乗せ・当選率&振り分け

上乗せ期待度が最も高いのは中段黄7で、成立=上乗せ確定。右上がり黄7&チャンス目がこれに続き、低確率or通常時でも50%で上乗せに繋がる。また、中段リプは基本的に上乗せ期待度が低いが、当選時は100G以上に最も振り分けられやすい。

ハーデス&ペルセポネ中・0G抽選

0G連期待度は図柄揃い時の20%。心臓演出は鼓動1回の時点で期待度は50%となり、2回まで到達すれば期待度は80%まで跳ね上がる。首尾よく0G連に当選すると継続率を抽選。0G連抽選に当選した時点で最低1回は0G連が発生するが、2回目以降の0G連はあらかじめ選ばれた継続率に応じて抽選される。この際、ハーデスは半数が0%を選択するため2回目の0G連は発生しないが、50%以上の継続率が選ばれていれば2回目以降の0G連にも期待できる。

特化ゾーン振り分け・GOD成立時

※普通の奇数揃い時は冥界モード中やGG中などで振り分けが異なるがGOD揃いに関してはどの状況で引いても振り分け共通

GOD成立時は特化ゾーン振り分けが優遇されており、ケルベロス選択率は半分以下まで低下。全回転GODならば10%で「超」に振り分けられ、超ペルセポネや超ハーデスの可能性もある。

ハーデス&ペルセポネ中・ゲーム数上乗せ振り分け

ハーデス&ペルセポネ中は右上がり黄7でも上乗せ確定。チャンス目&中段リプレイは50%で上乗せに繋がり、中段リプレイは上乗せ当選で30G以上が確定するばかりか、3ケタ上乗せ期待度も高い。

デジャブフリーズ・当選後の抽選

デジャヴフリーズには内部的に通常とプレミアムの2種類があり、継続率があるのは後者のみ。継続率は最低50%、最高85%で、中段黄7が契機であった場合は66%以上が約束される。

特化ゾーン振り分け・当選契機役別

確定役以外でのGG当選はほぼケルベロスとなるが、これが冥界モード中ならばハーデス確定。また、「超」ペルセポネor「超」ハーデスが選ばれるのは紫7揃い・冥王揃い・GOD揃いの3パターンのみで、全回転からの紫7揃いor冥王揃いは50%で「超」が選ばれる。

 

※待機中の昇格抽選で移行するケースはある

GG中・奇数揃い抽選

本機は超天国へ移行しづらい分、滞在中は奇数揃い当選率が別格に優遇されている。中段リプやチャンス目でも8分の1で奇数揃いに結び付くが、中段黄7ならば低確や通常でもそれなりに当選するので、こちらの方が奇数揃いへの現実的な道のりと言えるだろう。

特化ゾーン・継続率振り分け

継続率振り分け割合は上記の通りで、特に注目したいのはケルベロス時の振り分け率。2割で50%以上の継続率が選ばれるので、ケルベロスが発動した時点で諦めるのは早計だ。また、「超」が選ばれた場合は80or90%継続が確定。ケルベロスorペルセポネに関しては90%の方が選ばれやすいので、ハーデス以上に大量ゲーム数を獲得できることも。

特化ゾーン・昇格抽選

当選から発動までの間にチャンス役を引けば特化ゾーン昇格のチャンスだ。

GG中の上乗せ

GG中の上乗せには、ゲーム数上乗せ、デジャヴフリーズ、特化ゾーン、HZからの特化ゾーンなどがある。主にチャンス役で内部状態移行および上乗せ抽選が行われ、内部状態が上位に滞在している時や強いチャンス役ほど当選期待度およびゲーム数が優遇される模様。内部状態は液晶ステージで示唆され、ハーデスステージは激アツとなる。

AT・ART・RT終了後

内部状態関連

モード移行率・GG終了後

GG終了後はGG初当り時の滞在モード&設定を参照してモード移行抽選が行われる。詳しい数値はご覧の通りで、天国滞在時の初当り時を除き、基本的に天国へ移行することは稀。仮に天国スタートとなっても即座にGG当選するとは限らないので、GG終了後30G以内の当選は、ほぼ裏ストックと考えて差し支えはないだろう。

icon

設定推測ポイント

ゾーン関連

滞在モード比率・設定別

■奇数設定は通常時の半分以上が低確A&B
■天国滞在比率は設定5が最も優秀だがそこまで大きな設定差があるわけではない

設定4&6は通常モード滞在比率が高く、そこでのGG当選率も高い。それ以外の設定は、低確A&B滞在比率が高く、通常モード中のGG当選率は低い。

低確A・B滞在時・モードアップ期待度

通常リプレイ・押し順黄7からのモードアップ割合には設定差があり、基本的に高設定ほど優遇されている。よって、低確中のハズレor下段黄7or通常リプ+闇の霧発生は高設定期待度がアップする。ただ、モードアップ時でも闇の霧が出るとは限らないので注意。

冥界モード移行率

冥界モードへの移行率は偶数設定よりも奇数設定の方が優遇。とりわけ設定5はその数値が顕著なので、幾度となく冥界モードへの移行が確認できれば設定5が濃厚となるが、冥界モードの平均滞在ゲーム数は12Gと短い。こちらも補足的要素として活用すべきか。

非裏モード移行率

モード昇格契機は通常リプレイを除く各役成立時と特定ゲーム数の消化で、下段共通黄7&押し順黄7成立時の移行率には設定差が存在。その数値は設定3&5&6が優遇されていおり、とりわけ設定5は下段共通黄7成立時の17%で裏モードへ移行する。しっかりとチェックして設定推測に役立てよう。

GG開始時モード

GG開始時の天国選択率は設定2以下と設定3以上で大きな差がある。天国移行時は必ず20G以上の保証ゲームがあり、保証ゲームが11G以上ある場合はハーデスorGOD(夜)ステージに高確率で移行する。なお、モード振り分けを行うのは1回のGGで1度のみ。途中で特化ゾーンなどに移行した場合は、当選時のモードを引き継いでGG再開となる。

ボーナス関連

設定別の大まかな特徴

小役履歴によるGG当選率は設定に準じてアップ。裏モード移行&HZ当選率は設定3&5&6、裏ストックループ率は設定5&6が優遇されているなど、設定5と6で似ているポイントはいくつかあるが、基本的に設定5と6とでは初当りのルートが大きく異なる。設定推測をするにあたり、まずはこの要素を把握しておく必要がある。

GGトータル当選率・モード別

通常モードでの当選契機

※確定役・黄7&ダイヤ連・天井・HZなどの契機を除く

設定4&6は通常モードでのGG当選率が優遇されており、とりわけ通常リプレイ&押し順黄7での当選率が高い。よって、設定4&6はチャンス役以外でのGG当選が多発する傾向にある。この挙動が確認できたら、設定4&6が濃厚と捉えてよいだろう。

裏ストック獲得の継続率

奇数揃い当選や確定役成立時は、その時点でストックを1個獲得し、次ゲームから内部的に裏ストック抽選を行う。この抽選は1~80%の継続率で管理され、継続抽選に漏れるまで「裏ストック1つ獲得+次ゲームも抽選」が毎ゲーム続く仕組みだ。この時の継続率には設定差があり、設定5&6は通常時の小役による当選で1%以外が選ばれやすくなっている。

※設定6でチャンス目契機に当選した場合のみ若干振り分けが異なる(1%の振り分けが94.08%になり、その分他の振り分けが僅かに減る)

AT・ART・RT関連

GG初当り確率

機械割

機械割

●機械割
設定1… 97.23%
設定2… 99.82%
設定3…102.78%
設定4…106.30%
設定5…111.12%
設定6…116.30%

icon

天井ゾーン止め時

狙い目ゾーン・天井・止め時

狙い目ゾーン

本機はGG後orリセット後に400Gor800Gハマると必ず裏モードへ移行する。詳しくは後述するが、このゾーンを狙い撃てば約4割(実戦上)でHZへ突入し、たとえ一発でGGを射止められずとも、上位の裏モードへ移行すればHZの連チャンにも期待できる。空き台となっていた場合は打つ価値ありと言えるだろう。

天井突入条件

GG後1570G+前兆30G。

天井仕様

GG当選(プレミアムオブハーデス確定)。

リセット仕様

リセット時 天井までのゲーム数…リセット。 モード…裏・表ともに再抽選。 液晶の背景…アケロン(湖)ステージ。液晶出目は「1・2・3」 電源OFF/ON時 天井までのゲーム数…引き継ぐ。 モード…引き継ぐ。 液晶の背景…アケロン(湖)ステージ。液晶出目は「1・2・3」

icon

打ち方朝イチ

朝イチ・宵越し

朝イチ挙動

設定変更(リセット)後の特徴

●リセット後50G以内のGG当選率(実戦値)
設定1…確認せず(12件中0件)
設定6…13.0%(23件中3件)

50G以内の演出サンプルを採取した結果、リセット後は奇数テンパイ以上の出目出現率が大幅にアップした。前作と異なり電源OFF/ONだけで液晶が騒がしくなることはないようなので、本機は朝イチの出目傾向からリセットの有無が見抜けそうだ。

 

リセット時は強い出目が頻発しやすく、鎖演出が発生しやすい。どちらかの挙動が確認できればリセットに期待でき、両方確認できた場合は確信してもよいだろう。ただし実戦上、リセットによるGG当選率アップなどの恩恵は少ない。

設定変更時・裏&表モード振り分け

設定変更時は裏&表モードの振り分け抽選が行われ、設定5&6は裏モード選択率が若干ながら優遇。また、偶数設定は奇数設定と比べて低確A以外からスタートしやすいが、設定推測要素として活用することは不可能であろう。なお、設定変更時の天国移行率はかなり低め。5%で冥界モードが選ばれる点も知識として頭に入れておこう。

ユーザー評価詳細

一覧へ

  • GOD揃い計5回で1万8千枚弱でました! 結局取り切れずに終了! 悔しい!( ̄^ ̄)

    4.00

    パチお

  • よすぎる。申し分ない。

    4.00

    樂兎

  • 2万枚でました。 ゴッド×5 冥王×1 紫7×2 あの日の引きはやばかった

    3.83

    つばさ

  • 朝一から300回転での当たり一発で、上乗せしまくり、3300回転で3回もGODが揃い、5100ゲームも回しました。はじてめの15000枚でした。

    3.83

    本わさび

  • 今年の初打ちはループで2000枚 二回目はGODインGODで8700枚 ループ引ければ勝てる台 大勝ちするならGODひけ、以上

    3.83

この機種の関連情報

特集

動画

ブログ

このページのトップへ