ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

パチンコ・パチスロ 2020 年やり残し大調査

特集一覧へ
「まだあの台を打っていない」「あの機種で勝っていない」「フリーズを引いていない」など、2020年のパチンコ・パチスロで思い残したことをつぶやいてもらう本企画。調査の結果判明した様々なやり残しを公開!

更新日: 2020/12/29

 

企画概要

 

 

 

新型コロナ、遊タイム搭載機登場、人気機種の撤去など、様々な出来事があった2020年。

 

最後を気持ちよく締めくくるため、パチンコ・パチスロに関する思い残しを自由に叫んでもらおうとスタートした当企画ですが、ユーザーのみなさんから、たくさんのやり残しをいただきました。

 

達成できなかった目標や、今からでも達成しようとしていることについて、集まった思いの丈を紹介していきます!

 

みんなが2020年にやり残したことを大発表!

  

【やり残しが多かった機種ランキング】

1位『ミリオンゴッド-神々の凱旋-

2位『P大工の源さん 超韋駄天

3位『SLOT魔法少女まどか☆マギカ2

次点:『P真・牙狼』『パチスロディスクアップ』『アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-

 

やはりと言うべきか、最もやり残したという声が多かったのは、今年ついに撤去された『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』。「最後に悔いなく撤去までに、ミリオンゴッド凱旋を打ち切れなかった」「金扉 ハレルヤ 第九」「GOD in GODもSGG-EXもできないまま凱旋とお別れしてしまった」などなど、人気機種ゆえのやり残しが多かったようです。

 

 

 

【やり残し内容ランキング】

1位 万枚・万発達成

2位 プレミアム(フリーズ・特定役・特定演出)出現

3位 パチンコの確変・RUSHで連チャン

その他:遊技頻度(もっと打ちたかった)/勝ちたい/目標の上乗せG数未達成/遊タイムについていけなかった/タレントに会っていない など

 

最も多かったのは、パチスロでの万枚、パチンコでの○万発達成という声。特にパチスロは6号機の台頭もあって、これまで以上に万枚の難易度が上がり、「5号機のあるうちに…」という人が多くみられました。

 

また、第3位のパチンコの確変・RUSHで連チャンは、『P大工の源さん 超韋駄天』をはじめとした人気機種が、多数登場したことで生まれた印象。「何故か1桁連チャンばかりで全然出ない」「ラッシュすら入らない」といった意見が多かったです。

 

 

 

【その他のやり残し】

●ホール入ってカメラに向かって礼

●ヤメられない

●やり残しなし

●行きつけのホール閉店(現在解体工事中)


こちらは特定の機種や演出、出玉関係以外のやり残しです。パチンコ・パチスロを「ヤメられなかった」という人や、明日どころか今日ホールで達成できそうな「カメラに向かって礼」というやり残しのある人も。

 

※今回参加いただいた方には抽選で素敵な景品をプレゼント!

※プレゼント当選者にはDMMぱちタウン公式アカウント(@DMM_pachitown)から、後日DMでご連絡させていただきます。

 

 

 

【ぱちタウンタレントのやり残し】

最後に、我らがぱちタウンタレントたちのやり残しをご紹介します。

 

 

【その他タレント陣のやり残し】

●『押忍!サラリーマン番長』の撤去最終日に投資60k、頂RUSH0回(ショウタク)

●『パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒』のアテナフリーズ(もやし)

●『SLOT魔法少女まどか☆マギカ2』のロングフリーズ(山崎ひびき)

●『P大工の源さん 超韋駄天』で一撃4万発(水木美帆)

●『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』のメデューサ(オモダたくみ)

●万枚達成(がっきー)

●万枚1回のみ&6号機で万枚達成(水樹あや)

●万枚達成(結愛)

●ジャグラーで万枚達成(デリカツ)

●『P大工の源さん 超韋駄天』で時速3万発(美穂)

 

 

タレント陣でも多かったやり残しは、やはり「万枚・○万発」という意見。達成していない割合は実に約7割。皆様、来年もこのヒキ弱軍団を、どうぞよろしくお願いします。

 

それでは、最後に2020年のトピックスを振り返りつつお別れしましょう。2021年は、ホールにとっても打ち手にとっても、より明るい年になるといいですね!

 

2020 年の業界を振り返る「トピックス 2020」

 

新型コロナで多くのホールが自粛

2019年末から流行が始まり日本にも蔓延。4月~5月を中心に多くのホールが営業を自粛する事態となり、パチンコ・パチスロ業界にも打撃を与えました。現在でも入店時の消毒やマスク着用など、対コロナへの対策が引き続き行われています。

 

 

 

『P大工の源さん 超韋駄天』が大ヒット

時速36,000発という驚異的な出玉速度で多くの打ち手を虜にした『P大工の源さん 超韋駄天。人が多くないホールでも、この機種だけは埋まっている、なんて光景を目にした人も多いのではないでしょうか? 2020年に登場したパチンコ台の中では頭ひとつ抜けた存在です。

 

 

 

「遊タイム」搭載機がデビュー

パチンコにおいて、通常の大当り確率中に規定回転数ハマると時短に突入する機能、「遊タイム」が搭載されました。4月に導入された『Pフィーバー真花月2 夜桜バージョンを皮切りに、遊タイム搭載機種が続々とホールに登場し、今では多数の機種に搭載されています。世のパチンカーに大きな衝撃を与えた出来事です。

 

>>遊タイムについてはコチラで詳しく解説!<<  

 

 

 

ホールの顔だった人気機種が次々に撤去

設置期限切れにより、『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』や『押忍!サラリーマン番長』といった人気機種たちが姿を消したことは、記憶に新しいと思います。2021年に撤去されてしまう現役機種では、思い残しのないようにしましょう。

 

>> 5号機の撤去日カレンダーはココからチェック!<<

 

 

 

6号機がホールを席捲

5号機の撤去、そして6.1号機の登場など、2020年は6号機躍進の年と言ってもいいかもしれません。パチスロの主役となった6号機で、今後どんな台が登場するのかに注目ですね。

 

>>「6号機」についてはコチラで詳しく解説!<<

 

 

 

「2020年を振り返るクロス×トーク」公開中!

業界を取り巻く環境が大きく変化した2020年について、ライター陣が振り返る座談会が公開中! MYME、まりも、梅屋シン、ナミの4人が交わしたアツい(?)トークをお見逃しなく!!

>>2020年を振り返るクロストークはココからチェック!<<

 

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ