ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

塾長

閉店ガラガラ

記事一覧へ

公開日: 2022/09/01

 

 地元上野のパチンコ屋が二軒、八月末をもって閉店しました。どちらもパチスロ必勝ガイドの看板企画91時間バトルの実戦や深夜収録などでお世話になった店で、4号機時代は設定状況もかなり良かったのでプライベートでも頻繁に通っていました。かつて上野界隈には25軒くらいのパチンコ屋がありましたが、これで残りは3軒。まさかここまで減るとは思っていなかったので私もちょっとびっくりしています。

 

 

※このビルにはかつてディスコがありましたという嘘みたいなホントの話。

 

 

 カッパ君がMSガンダムのバトルでドル箱コックピットを完成させ、ういちが猛獣王の最高設定を掴み、私が不二子の下段青7ビタをミスりまくったのが御徒町のダイヤモンド。札差しによる設定発表があった頃は足繁く通っていましたが、5号機になったあたりから次第に足が遠のき、最後に行ったのがいつだったか、それすら思い出せません。もっと行っておけば良かったとは思いませんが、なにかこう、少しモヤッとしたので、昨日、隣の珍満で炒飯と餃子を食べた後、ニューパルに千円だけ突っ込んでさよならしてきました。

 

 

※PIA、ニューセブン、丸善と昔はパチンコ屋が三軒並びでありました。

 

 

 賞金首だかデカダンだかのバトルで10万勝ちを収めたサイバースパークは店名が丸善だった頃からよく打ちに行っていました。トリコロールにノーマルのウィリーチャンプにザンガスもあったでしょうか。あの頃は負け過ぎて常に家計は火の車、それこそ爪に火を点すような生活を強いられていたとぼんやり記憶しているのですが、よくよく考えてみたら丸善からサイバースパークに店名変更した理由は確か火事を出したから。それを予見できなかった自分が悪いのかも知れない…そんなことを考えながら最後にカドのディスクに二千円だけ突っ込んできました。ちなみに、サイバースパークは昨年ガンで亡くなった元設定師マエダがパチスロ必勝ガイドのライターになる前、設定師として働いていた店です。

 

 

※爆裂AT機時代は千人規模の並びがあったオリパサ。近々、失楽園、いや、楽園としてオープンする予定だとか。

 

 

 ダイヤモンドとサイバースパークに限らず、地元のパチンコ屋が閉店するたびに思うことは残念、悲しい、ショック、どれも微妙に違います。かといってありがとうは違うし、私がもっと通って全財産失えば良かったは絶対に違います。お疲れ様は客としてではなく業界人としてのお疲れ様になってしまうので、これも少し違う気がしないでもありません。正直、どういう感情なのか、それを表現するのがとても難しいのですが、敢えて言うなら昔から知っている地元の景色がまた変わってしまうことに少なからず寂しさを覚える。これが最も近いように思います。無論、ションベンが閉店すると聞いたらバンザイしますけど。

 

 

※勝っていたか、負けていたか。どれくらいいい思いをしたか、どれくらい嫌な思いをしたか。そのあたりによっても抱く感情は変わってくるように思います。

 

ライター・タレントランキング

このページのトップへ