ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

塾長

取材系イベントの謎

記事一覧へ

公開日: 2021/09/23

 

 知的好奇心は旺盛なほうなのでなにか分からないことがあればすぐに聞きます。誰と誰が一発ヤッたとか、誰それの趣味は中押しでなく中出しらしいといった、いわゆるゴシップ系のネタには興味がないので知的好奇心は掻き立てられませんが、間違った情報を得てデマを流してしまう可能性があると思ったことに関しては1回の支払いが100万を超えたときのアメリカンエクスプレス以上に素早く本人確認をします。ゴシマエキスプレスです。

 

 

※本文とは一切関係ありません。山崎ひびきのだけど。

 

 

 前々から気になっていたのは取材系イベントです。この手のイベントは主催している会社がド派手な出玉や右肩上がりのスランプグラフ、設定6確定演出などの写真に煽り文句を添えてSNSにアップするのが常ですが、正直、それを見たところで今から行こうという気には多分ならないと思うのです。賢い打ち手であればもうお分かりでしょう。そう、今から行ってもゴミ台しかないであろうことは容易に想像できるからです。

 

 であるにもかかわらず、この手のイベントがなくなることはありません。いや、むしろ増えているような印象を受けるので、実際に取材系イベントでリポーターをやっている方に詳しく話を聞いてみたところ、どうやらこの手のイベントはその日の集客を狙っているのではなく「ちゃんと設定が入っていますから次のイベ日は朝から来てください」をアピールする狙いがあるのだそうです。

 

 なるほど、そういうことでしたか。BTSのジミンが自民、SUGAが菅でないことを知ったとき以上に膝を打ちましたが、ではあの確定演出の写真は一体どうやって撮影しているのでしょう。迷惑防止条例違反で現行犯逮捕されることを分かった上で盗撮しているとしたら面白いと個人的には思いますが、実際にはそうじゃありませんでした。

 

 

※後ろ向きな私は4と推測。

 

 

 先日、とあるホールでバイオを打っていると私の台に設定4以上を示唆する演出が発生。すると若い男性がすっ飛んできて「すみません、写真お願いできますか?」と言われました。そのときの私は総投資4万3千円で持ちコインなしという状況。腹に巻いたダイナマイトの導火線に今まさに火をつけようかというタイミングだったので「フザケンナハゲ、ぶっ殺すぞ!」と一喝してやろうかとも思ったのですが、炎上の火種はないに越したことはありません。ここはグッと堪え神対応が正解だろうと、いつものように台前で顔を作りレインメーカーのポーズを決めたところ、何故か男性は液晶画面にグッと近寄り写真を数枚撮影。なるほど、こうやって撮るのかといった感じですが、無論、気持ち的にはフザケンナハゲ、ぶっ殺すぞです。

 

 

※金の雨は降りませんでした。

 

ライター・タレントランキング

このページのトップへ