ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

森本レオ子

射幸心は自分で煽れ

記事一覧へ

公開日: 2021/07/17

 

ギリギリ間に合いました!

 

 

 

 

同じ話を何度も聞かされるのはウンザリですが、ごくごくまれに何度でも聞きたくなる巷のエピソードトーク、小噺があります。

 

最近聞いたお気に入りの小噺は、仕事の準備がいつも病的に遅いAさんが、撮影前日になってようやく大慌てで小道具の用意を始めたものの、ドンキやハンズでは調達できず、真夜中に「この中にアマプラ会員の方はいらっしゃいますか?」と叫び回っていたという話。

 

飛行機の中の医者じゃないんだからと、少なくとも年内は退屈することなく聞けそうです。

 

他にもお気に入りの小噺がありまして。

 

初めて聞いたのは最近ではありませんが、おひるおかずちゃんが軍資金が足りなくなったために、遊タイム発動まで残り6回転の台を捨てて帰った話。

 

この1ヵ月で3回くらい聞きましたが、未だに飽きていないし、話し手が変われば違う小噺として新鮮な気持ちで聞けています。こうなってくるともはや落語なんじゃないかと思えてきました。まんじゅうこわい、遊タイムこわい。ってね。

 

「おかずちゃん、遊タイム6回転前の台を捨てるの巻」についての詳細は、ヤングさんのYouTubeチャンネル「ヤングちゃん、寝る?」にて、おかずちゃん本人が詳しく話しているのでぜひとも観て頂ければと思います。再生回数が増え、ゼイドンノウ社の景気が少しだけ上向き、レオ子のコスプレ道場のギャランティもほんの少しだけアップするかもしれません。

 

風が吹けば桶屋が儲かる。まだの方はぜひ、チャンネル登録・高評価ボタン・定期的な動画の視聴をよろしくお願いします。

 

 

 

 

1ヵ月の間に3度ほど同じ話を聞いたせいか、この時のおかずちゃんの気持ちを想像する時間が増えました。今現在の私の脳内は80%がBTS、10%が献立、5%がこのコラムの締切、そして残りの5%が、遊タイム6回転前のおかずちゃんについて。想像し始めると止まらないんですよね〜〜〜。

 

6回転前に軍資金が尽きたという話なんですが、遊タイムの発動まで回せるだけの軍資金を持ち合わせているかどうかは事前に確認していたと思うんです。確認した時点で危ないかもしれないと思ったら、私だったらそのタイミングで諦めただろうな。

 

でもおかずちゃんはイケると思って回したんだ。届くかどうかギリギリだっただろうけど挑戦したんだ。カッコいいよ。ギャンブラーだよ。アンタ、カイジだよ。

 

 

おひるおかずちゃん

 

 

と、リアルレオ子はそこで諦めるけど、おかずちゃんは打ったんだから私ももう少し妄想を進めて、ギリギリの軍資金で打つイメージを続けてみました。するとね、これが不思議とめちゃめちゃ楽しいんですよ。

 

パチンコは基本的に「当たる」「ハズれる」しかないギャンブルなわけです。そこに軍資金が「足りる」「尽きる」の要素が加わることで、面白味も2倍になります。こうなるとちょっとした回転ムラにも一喜一憂できるでしょう。もしかしたらその日のおかずちゃんは、軍資金は足りると踏んだものの、下ムラを喰らい続けて届かなかったのかもしれない。そのせいで無念のギブアップになったのかもしれない。

 

妄想を続けていくうちに、1つの気づきがありました。気づき。なんて意識が高い響き。

 

さて。この状況で打った場合、最悪なのはおかずちゃんが喰らった「遊タイムに届かず軍資金が尽きること」であって、「遊タイム直前で大当りを引く」ことではありません。

 

軍資金が足りるがどうかが怪しい場面なら、いっそのこともう当たってくれって思うハズ。電サポ当たりの恩恵を受けられず、雀の涙ほどの出玉しか得られなかったとしても、「何にも知らねーヤツが6回転前にヤメやがったwww あざーすwwww」なんてヤツに持っていかれることまで考えれば、なおさら当たってくれって思うんじゃないかと。

 

 

 

 

市井のパチンカーが怯えている「遊タイム直前」の大当りって、ギリギリの軍資金で勝負すれば解決するんじゃない? 

 

さすがにそれはバカバカしい話かもしれませんが、軍資金をあらかじめ決めておくことで、当たりハズレ以外にもギャンブルの要素が乗るわけですから楽しさは増すと思うんですよ。普通の大当りより、軍資金が尽きる直前の大当りの方がドラマチックだし。

 

これからの時代、射幸心は自分で煽るものですよ。セルフプレジャー。お! これは素敵な造語が完成したかもしれない。と思って念のためグーグルで検索してひっくり返りました。私としたことが知らなかったぜ……。

 

 

PS.日々勉強です。

 

ライター・タレントランキング

このページのトップへ