ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

スロカイザー

エンドルフィン

記事一覧へ

公開日: 2022/12/05

 

最近、どうやらSNS上では「AIイラスト化アプリ」が流行っているみたいだ。

 

AIイラスト化アプリというのは、自分の撮った写真をその名の通りAIがイラスト化してくれるアプリで、いよいよスゴい時代になったなぁと驚きを隠せない。

 

で、新しもの好きのミーハーな私は早速試した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スゴいを通り越してゴイスー。まさかまさかの仮面の下の素顔を描かれてしまった。AIに私がイケメン系男子であることをバラされてしまった。

 

このAIの性能は日進月歩で向上していくのは間違いないだろう。となると、数年後には写真で撮ったものを自動的に漫画化作成するアプリとかも出るかもしれない。というか、自分が知らないだけで既にあるのかもしれない。

 

「十分に発達した科学技術は魔法と見分けがつかない」なんて言葉があるけれど、まったくもってその通りだ。今後、どんな技術がどのように進化していくのか。楽しみでもあり、「もう人間いらなくね」となりそうな気もするので末恐ろしくもある。

 

さて、AIと同様に進化が止まらない昨今のパチスロ。皆はもうスマスロを打っただろうか。現在3機種登場しており、私はひと通り全機種に触れてみた。

 

ヴヴヴ、バキ、リノ、それぞれゲーム性は異なるが、どの機種にも言えるのは

 

出玉性能が強烈

 

これに尽きる。そして、負けっぷりも強烈。

 

最寄りのホールでは、急激な右肩上がりor右肩下がりのスランプグラフばかり並んでいる。無策で挑んだら大火傷しそうな気しかしないので、どうやって立ち向かうか現在試行錯誤を繰り返している。

 

 

※AIイラスト化

 

 

まず私が目をつけたのは、『バキ』のエンドルフィン狙いだ。

 

いわゆる、“穢れ”ポイントみたいなやつでMAX状態でCZに当選すると

 

 

※AIイラスト化

 

 

V×20・AT・継続のパネルとなりATが約束され、もしV×20が選ばれたら大量出玉獲得の大チャンスだ。ただ、左第1ベルの確率は1/81.9とあまり高くはないので過度な期待は禁物だろう。

 

で、問題となるのはエンドルフィンはいつ頃にMAXとなるのか。

 

気になったので打ちながら周りを観察してみたら、自分の台がMAXになったのは夕方6時ぐらいで(9時オープン)、ほぼ同じタイミングで両隣もMAXになっていた。もちろん、展開によって貯まり具合は大きく変化するけれど、ここまで綺麗に3台並んでMAXになったということは、この辺が平均なのだろう、多分。

 

思っていた以上に時間が掛かったので、稼働が落ち着き始めている今だと高稼働に期待できる土日祝日じゃないとエンドルフィン狙いは難しいかもしれない。

 

遡ること、先週の土曜日。夕方6時ごろにふらりとホールを覗いてみたら、右肩下がりのド凹みのバキが空いていた。もしかしたら、エンドルフィンが貯まっているかもしれないと思って打ってみたら、

 

 

※AIイラスト化

 

 

エンドルフィン示唆演出が発生、しかも90pt以上確定となる緑オーラ。これは貰ったとガッツポーズをしたけれど、ハマることなくATにちょこちょこ当たっていたせいでなかなかMAXになってくれない。

 

そして、気付けば夜8時。そろそろMAXになってくれないと時間的に厳しいかなと思っていたら

 

 

※AIイラスト化

 

 

※AIイラスト化

 

 

普通にATに当たって、開始画面(金)+プロローグ「あの言葉があったから」が発生して80%ループ確定。

 

エンドルフィン狙いとは全く関係ないけれど結果オーライ。

 

 

※AIイラスト化

 

 

20セット継続してくれるとありがたかったが、世の中そんなに甘くなく11セット目で撃沈。時計を見ると夜9時を過ぎていたので、これ以上、エンドルフィン狙いするのは危険と判断してヤメ。

 

【結論】
エンドルフィン狙いは不確定要素が多すぎて難しすぎる。私が求めるスマスロの立ち回りは遠い。あと、実戦の写真をAIイラスト化するとわけがわからなくなる。

 

ちなみに烈海王は

 

 

 

 

 

 

こうなりました。

 

【2022機種雑感】
パチスロ BOØWY

 

自分はBOØWYに思い入れがないので、BOØWYファンがどう思ったのかはよく判らない。ただ、もし『パチスロ おジャ魔女どれみ』という機種が登場して、この機種のような演出・ゲーム性だったら「いやいやいや、どれみを使わなくてもイイじゃん!!」とツッコミを入れる。出玉性能が高くてパチスロとしての魅力はあるけれど、タイアップ機種として考えるとイマイチ。

 

あと、歌がよく聞こえない。音量を上げると歌以外も部分の音量も大きくなって、やはり歌がよく聞こえない。それと音量調整の音量がめちゃくちゃ大きくて、初打ち時はマジで驚いた。音量調整の音量を調整する機能が欲しいと思ったぐらいだ。

 

この記事の関連情報

関連する機種

ライター・タレントランキング

このページのトップへ