ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

スロカイザー

思い出トリガー

記事一覧へ

公開日: 2018/10/15

 

先日、SDカードの整理をしていたら、昔、携帯(ガラケー)で撮った写真が山のように発掘された。不意に見つけた古いアルバムを開くような感覚で中身を確認してみると、

 

「ああ、この機種でいっぱい出したな」と大量出玉を獲得した写真を見て過去の自分を羨ましく思ったり、「何かに使えると思って保存したけど、使う機会はなかったな」とウケ狙いのネタ画像見て苦笑いしたり、「いっぱい出して、いっぱいナニに使ったな」と今と変わらぬ性癖のエロ画像を見て悶々としたり…と、ダムが決壊したかの如くドドドと思い出が蘇ってノスタルジックな気分に襲われた。映画『千と千尋の神隠し』に「一度あったことは忘れないもんさ、思い出せないだけで」というセリフがあったが、こういうことなんだなと独りで納得。

 

折角なので、今回はそんな発掘された昔(2011~2013年)の写真の一部を紹介しよう。

 

(C)2004 黒澤明/橋本忍/小国英雄/NEP・GONZO (C)FIELDS, (C)Bisty
撮影日:2011年6月

 

『SAMURAI 7』という、マイナーなボーナス+ART機で一撃8600枚出した(たしか、初打ち)。当時はまだ5号機で万枚を出したことがなかったので念願達成を期待したが、残念ながら万枚には届かなかった。5号機初の万枚が『SAMURAI 7』だったら、「こんな経験は自分だけ」と自慢(?)できたのに残念だ。ちなみにこの機種のゲーム性はまったく記憶にない。一度あったことでも思い出せない。

 

撮影日:2011年6月

 

『ドラゴンギャル~ルーと伝説の黄金龍~』で、構図が私好みのエロさ。たしか、この演出は一瞬しか映らなかったので、携帯を構えていないと撮れなかった…ような記憶(曖昧)。ちなみにゲーム性は、天ボーナス・闘ボーナスという2種類のボーナス(擬似ボーナス)があったということは覚えているが、詳しいことは忘れた。そもそも、タイトルの「ルー」が誰なのか思い出せない。“藪からスティック”の人とか、グレミー・トトに求愛された人しか心当たりがない。

 

撮影日:2011年11月

 

『マジカルハロウィン3』での1枚。お胸がプルルンと弾ける演出に合わせて自分の手をニギニギすると、実際にお胸を揉んでいる気分になれる…ということに気付いた。世界平和に貢献できる画期的な発見だと思う。

 

撮影日:2012年1月

 

『パチスロ 黒ひげ危機一発』で挑み続けた日の思い出。この機種はART当選時にARTのゲーム数を賭けた“黒ひげチャレンジ”が発生して、チャレンジに成功するとARTゲーム数がアップする(最大1000G)。30Gスタートが基本(フリーズ時は250Gスタート)で、30G→60G→120G→250G→500G→750G→1000Gと成功するたびにARTゲーム数は増える。ただし、チャレンジに失敗するとARTのゲーム数は0Gになる。

 

 

4桁上乗せや4桁スタートという経験がなかったので、当時の私は1000Gになるまでチャレンジした。そんな“縛り”プレイで挑んだ結果、2日目の実戦で見事に成就。苦しい戦いだったが、達成時の爽快感は格別だった。もう一度、チャレンジしたいかと問われたら、間違いなく私はこう即答するだろう。

 

「いやだ」

 

黒ひげチャレンジは面白いのだが、これ以外が私好みではなかった。ストレートに言うと、つまらなかった。

 

撮影日:2012年2月

 

おそらく、「胸の谷間+レインボー」ということで撮った写真だと思うのだが、何の機種なのかまったく思い出せない。知っている人がいたら教えてほしい。

 

撮影日:2012年8月

 

『シンデレラブレイド』のART中、押し順ナビに従うとアーマーブレイクする女の子。この決定的瞬間を撮りたくて、何度も撮影にチャレンジしたものだ。たしか、当時使っていた携帯には連写機能がなかったので、かなり苦労した記憶。

 

撮影日:2013年5月

 

5号機初めての万枚。『キャッツ・アイ~コレクション奪還作戦~』を夕方ぐらいから打ち始めて、閉店取り切れずで終わった。

 

今でも覚えている。万枚に届くかどうかギリギリのタイミングでコインが切れて、慌ててCALLボタンを押したら店員さんが笑顔で指をバツにしたことを(「ヤメますか?」のサイン)。本気で「アホか。ヤメるわけないだろ、よく見ろよ」と思った。ちなみにこの機種のゲーム性は、AT機だったということは覚えている。リプレイでもコインが投入可能になった初の機種ということも覚えている。あとは忘れた。

 

撮影日:2013年8月~

 

『パチスロ 戦国乙女~剣戟に舞う白き剣聖~』には、とことんハマった。乙女ボーナス(擬似ボーナス)中の“乙女ロワイヤル”では、バトルに勝利すると選択キャラに応じて獲得できるARTのゲーム数が変動した。ヒデヨシは一番難易度が高くて勝利すると300Gゲット(ART中は200G)と夢のあるキャラ、そんなヒデヨシだけを選び続ける“ヒデヨシ縛り”が、私の中で空前絶後の大ブームになった。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

ホントに馬鹿の一つ覚えのようにヒデヨシを選択し続けた。この機種の戦績はプラスだったので、自分の中では“ヒデヨシ縛り”が最強の攻略法。ただ、マネした人はことごとく撃沈していたので、私限定の攻略法だったのかもしれない。

 

現在2018年10月。今後、私はどんな写真を撮るのかは判らないが、大部分がパチ・スロになることは間違いないだろう。それはパチスロライターとして誇らしくもあり、寂しいところだ。

 

恋人の写真とか、妻の写真とか、子供の写真とか…そういった幸せいっぱい夢いっぱいの写真で、スマホの容量が埋め尽くされる日はいつになるのだろうか(遠い目)。

 

余談になるが、嫁の写真とか、ロリの写真は今でもいっぱいあるぞ。

 

この記事の関連情報

関連する機種

ライター・タレントランキング

このページのトップへ