ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

スロカイザー

実戦後には祝杯を

記事一覧へ

公開日: 2019/09/02

 

パチ・スロを打ち終わったあと、あなたは何処へ向かうだろうか。

 

私は勝った日ならちょっと贅沢な夕食を食べにGO、負けた日はスーパーや総菜屋の割引狙いをするのが日常だ。だが、同じことを繰り返してばかりだと、“飽き”がくるというものだ。

 

やはり、人生は何か変化が欲しい。経験を重ねている者なら「何でもないことが幸せだったと思う」と感じるかもしれないが、私は保守的人生を送ってきたので、まだまだ色々なことをやりたいお年頃なのだ。

 

普段、私がやらないこと。一度はやってみたいこと。それは何か。

 

そう自分に問い掛けてみると、導き出された答えは「BAR通い」だ。

 

BARはREGの象徴でもあるのでパチスロを打っていると何かとイメージが悪くなるけれど、そのBARではなくお酒を飲むことができるBARだ。

 

激闘が終わったあと、BARに寄って一息つく。なんて、カッコイイのだ。なんて大人っぽいのだ。そんな経験をしてみたい。

 

ということで、先日。私は『リノ』を打って一度もトマトを揃えることができず、口から半分ぐらい魂が抜けている状態になったあと、ホールの近くにあるBARに寄ってみることにした。

 

単身、独りでBARに行くのは人生初。緊張が緊張を呼んで、緊張しまくり。だが、勇気を振り絞って、いざ入店。

 

 

  

 

うむ、なかなか小洒落た店内だな。

 

 

 

 

「いらっしゃいませー」

 

おや、後輩ライターの大和氏そっくりなスタッフがいるぞ。「この世には自分に似た人が3人いる」と云われているが、まさか、大和氏に似た人と出会えるとは思わなかった。

 

驚き戸惑いつつも席について、大人っぽく「コーラ」と注文。やはり、デキる大人といったらコーラのイメージが強い。

 

そして、一度やってみたかった。「店員さんに飲み物をご馳走する」というのもしてみた。もちろん、ご馳走したのは大和氏似の人ではなく店内にいたもう1人の女性スタッフに、だ。

 

 

 

 

「お疲れ様でーす」

 

よく見てみると、後輩ライターの木村アイリ氏に似ているな。この世には自分に似た人が…以下略。

 

ということで、勘の良い人なら気付いたと思うが、

 

 

 

 

今回、私が寄ったお店は五反田にある『ぱちBAR LucKey』だ。

 

コング誠氏や大和氏など、多くのライター仲間がスタッフとして勤務いるところだ。DMMぱちタウンだと、水樹あや氏が店内にいる日もあるぞ。

 

注)女性スタッフの写真撮影は禁止されています(当日は特別許可をもらった)。

 

 

 

 

 

また、店内にはパチ・スロのグッズの展示や実機も設置されている(プレイ可能)ので、パチ・スロ好きには堪らないお店だ。

 

さて、実戦後でお腹が空いていたので、今日のオススメを聞いたところ「カルボナーラが美味しい」とのことなので注文。

 

 

注)「あーん」のサービスはありません。

 

 

 

 

メニュー表に目を通してみると、どうも料金を支払えばカラオケもできるみたいだ。私は独りカラオケをしていた時期もあったぐらいのカラオケ好き。なので、

 

 

 

 

 

大和氏にカラオケを奢って熱唱してもらった。2回ほど。

 

その後、大和氏・アイリ氏、そして、パチ・スロ好きのお客さんたちと軽く談笑して店をあとにした。

 

皆も実戦後などに寄ってみてはどうだろうか。きっと、敗戦で負った心の傷を癒してくれることだろう

 

この記事の関連情報

関連する機種

ライター・タレントランキング

このページのトップへ