ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

スロカイザー

政宗DE後ヅモ

記事一覧へ

公開日: 2021/07/05

 

先日、昼過ぎにふらりと近場のホールを覗いてみたら、何やらいつもと雰囲気が違った。お客が多いし、出玉感も感じることができた。いつもより明らかにホール内は賑わっていた。

 

何があったのだとホール内をぐるりと見て回ったら、さらなる違和感に気付いた。ドル箱を使っている台は、ビックリするぐらい奇麗に並んでいた。

 

稼働が良いから出ているように見える…最初はそんないわゆる稼働マジックと思ったのだが、この出方は不自然極まりない。脳裏に過る「並びで高設定」という激アツワード。

 

いやいや、普段のホール状況は知っている。そんな大盤振る舞いするようなところではない。それに今日は特定日でも何でもない。きっと、偶然が重なって並んで出ているように見えているだけだ…そう自分を納得させようとしたが、ホール状況を見れば見るほど、高設定が並んで入っているとしか思えなかった。

 

天変地異の前触れか、理由は判らないが今日は設定を使っているみたいだ。だが、流石にここまで露骨だと、高設定っぽい並びはフル稼働状態で空く気配がない。

 

例え高設定を使っていても、自分が打てなければ意味がない。

 

後ろ髪引かれる思いだが、こればかりはしょうがない。今日のところは諦めて後日に期待しようとホールから離れようとした、ちょうどそのタイミングでドル箱を抱えて出玉を流そうとしていた人が視界に入った。

 

ドル箱の数はひいふうみと3箱。それだけ出ているのに、どうしてヤメようとするのだ。低設定がたまたま噴いただけだったのか、それとも打ち続けられない理由があるのか。答えは判らないが、これは大チャンス。

 

私はそのお客が直前まで座っていたと思われる、ドル箱が置かれていない台を探してすぐに見つけることができた。先客もナシ。その機種は政宗3

 

………あれ、嫌な予感がするぞ。

 

 

 

 

データ表示器に映されているスランプグラフを見てみると、その予感は見事に的中。AT(完走?)後に即ヤメしただけだった。

 

はいはい、世の中そんなに甘くない。

 

期待した私がバカだった。さあ、今度は本当に帰路につこう…と思ったのだが、よく見てみると政宗3の隣に設置されていた、Re:ゼロが高設定っぽい挙動をしていた。スランプグラフは細かくギザギザしていて緩やかな右肩上がり。

 

Re:ゼロは3台設置されており、露骨な高設定挙動は1台だけだったが他の台も悪くはない雰囲気でドル箱を使っていた。

 

…あれ、ということはRe:ゼロの隣にある政宗3にもチャンスがあるかもしれない。機種を跨いでいるが、この政宗3を打ったほうがいいのではないか。

 

私は迷うことなく着席した。

 

すると、どうだろうか。スイカからCZに入った。そして、そのCZを経由して2戦撃破も成功してATに当選。

 

 

 

 

出玉はあまり伸びなかったが、この挙動は粘る価値がある。さらに通常時・AT中の設定示唆演出は偶数示唆に偏り

 

 

 

 

設定2も否定。さらにさらに弱チェリーからCZ当選。これはどう考えても、設定4or6だ

 

やった、やったぞ、高設定を後ヅモした。

 

良いことは続くもので、

 

 

 

 

大きくハマることなく2回目のATに当選して、そのまま完走した。

 

十分すぎるほどの出玉を獲得。ここでヤメれば勝ちは確定なのだが、もちろん、私は迷わず続行。再び完走させて、5千枚をゲットしようではないか。

 

 

天井到達。

 

不幸中の幸い、天井からATに当選して

 

 

 

 

失われた出玉の半分以上を取り戻すことに成功した。

 

設定4or6なのは間違いないだろう。ただただただ………。天井到達のトラウマからか、臆病風に吹かれてAT終了後は即ヤメするという選択肢しか思い浮かばなかった。

 

で、3千枚弱流して大勝利

 

正直、近場のホールは設定不毛地帯と思っていたのだが、なかなかどうしてやるではないか。

 

帰宅後に調べてみたら、どうもSNS上で今日がアツいことを“匂わせていた”っぽい。SNSが立ち回りに活かされるのは都会のホールだけかと思っていたが、どうやら違ったみたいだ。

 

今後はしっかりとアンテナを張り巡らせて、勝率アップを目指していきたいものだ。

 

この記事の関連情報

関連する機種

ライター・タレントランキング

このページのトップへ