ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

スロカイザー

縛られ体質

記事一覧へ

公開日: 2022/04/25

 

あなたはどんなプレイが好みだろうか。私はもっぱら縛りプレイが大好きだ。

 

勘違いしないでほしいのは、これはいかがわしいプレイのことではなくゲームでのプレイスタイルという意味でのプレイだ。

 

今、私は『ELDEN RING』という、いわゆる死にゲーをのんびりゆっくりと100時間以上プレイしているのだが、

 

 

 

 

初期レベルであるレベル9(囚人)のままレベル上げをせずに物語を進めている。

 

おそらく、ストーリーは中盤から後半になったところぐらいだろうか。このゲームは発売日(22年2月25日)に購入したので、本当にのんびりゆっくり進めている。

 

基本的に自分はゲームをするときは、大体縛りプレイをする。縛りプレイとは、自分に何らかの制限を掛けて、不自由の状況を楽しむというプレイング。

 

きっと、1回目は普通にクリアーして2回目から縛りプレイ…という方がゲームを隅から隅まで楽しめると思うが、縛り癖がついているせいでどうしても1回目から無意味に縛ってしまう。

 

だが、それがいい。

 

 

 

 

このゲームはレベルアップさせてステータスを上げることで、装備できる武器や防具が増えたり、使える魔法が増えたりするが、初期レベルのままなので使えるものがかなり制限される。

 

ド派手な武器、カッコいい武器、ロマン武器、色々な武器が存在しているが、それらはある程度ステータスが高くないと使えないので、私がメインで使っているのはゲームスタートから持っていた地味なやつ(鍛えて強くできる)。また、使える魔法も初歩的なものが5個ぐらいある程度だ。

 

YouTubeなどでプレイ動画とかを見ると、様々な武器・魔法を使っていて羨ましくも感じたりするが、もう時すでに遅し。今から通常のプレイに戻すのには抵抗がある。若干、後悔を感じたりもするが

 

だが、それがいい。

 

何故だろうか、縛ってプレイしている自分に酔っているのだろうか。理由は判らないが縛りプレイはヤメられない。

 

この悪癖はゲームだけでなく、パチスロも例外ではない。

 

戦国乙女』では

 

 

ヒデヨシ縛り(ヒデヨシ勝利でART300Gスタート)をして、

 

黄門ちゃま喝』では

 

 

裏・挑戦縛り(30%で家康降臨当選)もした。

 

この他の機種でも何か縛れるものがあったら、とりあえず、何か縛ってプレイするのが当たり前だった。

 

ただ、パチスロが5.5号機になり、5.9号機になり、6号機になり…、ルールが変わることで次第にこういった縛り要素がなくなっていった。

 

今の私は縛り不足、縛りが足りていない。ああ、どこかにイイ感じの縛りは存在しないだろうか。

 

なお、余談になるが私は幼児プレイに憧れている。

 

この記事の関連情報

関連する機種

ライター・タレントランキング

このページのトップへ