ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

橘アンジュ

新台「青鬼」をハント!乳マシーンハンターがAT完走を捕まえる!

記事一覧へ

公開日: 2020/02/07

こんな台を待ってました

 

こんにちは~、乳マシーンハンターの橘アンジュです。

 

今回は節分の日に登場した話題の“鬼”を最速ハントしてきましたよ!

 

  

『パチスロ 青鬼』

 

 

映画、漫画、書籍…、数々のメディアミックスを繰り広げてきた伝説のホラーゲーム「青鬼」が遂にパチスロ化!

 

まさかのコンテンツがパチスロになるということで話題ですが、プレーヤー達が興味を持っているのはそれだけじゃないようです。

 

何やら巷では「AT突入=完走目前!?」「とにかく完走しやすい!!」なんていう噂が…。

 

それってつまりはATさえ入れば低設定でもヤレるってことですかね? だとしたら、そもそも設定狙いをしなくていい…?

 

そんな噂と疑惑を解明すべく、早速実戦開始です!

 

 

 

実戦スタート!目指すは444ゲーム

 

 

筐体の横には「閲覧注意」の禍々しい文字…。そして開始早々現れる青鬼!!!!

 

 

この青鬼から逃げ切れば大当り…、ではなく

 

 

こっちの女子生徒5人を全員「捕喰」すればAT当選となります。青鬼を全力で応援せねば!

 

本機はAT当選をかけたチャンスゾーン「ラストジャッジ」の天井が444G+αとなっています。

 

あ、浅い…!!!!

 

と思ったでしょ? これ、基本的には毎回天井に到達するものと思ってください。勿論例外もありますし、高設定は僅かながら優遇もされています。

 

 

が!  見てわかるように大体が天井での突入となる模様。なのでちょっと長い道のりではありますが、まずは444Gを目指しましょう。

 

朝イチは捕喰ポイント減算特化ゾーン「オワリノハジマリ」からスタートです。

 

 

女子生徒達がそれぞれ100ptずつ持つ「捕喰ポイント」。これが0ptになると該当生徒を捕喰できる可能性を秘めたチャンスゾーン、その名も「捕喰チャンス」に突入。

 

そして「オワリノハジマリ」終了時にはなにかを示唆していると思われる画像が出てきます。

 

 

「オワリノハジマリ」は有利区間移行時にも必ず突入しますよ。

 

ここでの画像出現、後々ビックリする展開が待ち受けていました…。

 

だから最後まで記事ちゃんと読めよ!

 

サムネのおっぱいだけ見て帰るなよ!!!!

 

 

本日初の「捕喰チャンス」

 

「オワリノハジマリ」などのポイント減算特化ゾーン以外にもレア役等でポイントは減っていき、早速1人を0ptにすることに成功!

 

 

お待ちかねの「捕喰チャンス」です。

 

 

天井までの道中、大事なのがこの「捕喰チャンス」。

 

「捕喰チャンス」成功で該当の生徒は捕喰済みとなり、「ラストジャッジ」で捕喰に挑む人数を前もって減らすことができます。

 

ここで減らしておけばかなり有利になりますね!

 

青鬼よ、思う存分捕喰するのだあ!!!!

 

 

これは何の画像かと言うと、女子生徒に逃げられ捕喰できなかった心底悔しそうな青鬼です。

 

 

君、こんな顔もするんだね。とっても表情豊か。

 

そんなこんなで初めての「捕喰チャンス」失敗。

 

しかし、そのあとすぐに訪れた2回目の「捕喰チャンス」には成功しました!

 

 

先に言っておきますが、今回の実戦で捕喰に成功したのはこの1回のみ。実は「捕喰チャンス」には設定差が設けられています。

 

 

突入にも設定差はありますが、それ以上に成功期待度にかなり差があるので、ここは要チェックですね!

 

複数回成功することがあれば高設定への期待が高まります。

 

まあ、今日は「低設定でもヤレるのか!?」という噂を実証にきたようなもんですから、設定なんぞ気にするかってんですよ。

(ちがうもん、つよがりじゃないもん…)

 

 

 

早いような長かったような、遂に444Gを超え本日初の「ラストジャッジ」に突入しました!

 

 

ベースは設定1でも50枚で回せるゲーム数が52G以上になっているので、だいたい9k前後でワンチャンってことになりますね。

 

私は8kで到達できましたよ。

 

でも単純に考えれば、444G+αに1度しかAT突入のチャンスが巡ってこないのですから、この「ラストジャッジ」めちゃくちゃドキドキします。

 

1人を捕喰済みなので、残り4人でスタートする「ラストジャッジ」。

 

 

1人目で赤文字!

 

 

青鬼ちゃん、ばっちり捕喰してくれました!

 

残すところは3人。

 

AT目指して気合いでレバーを叩き続けた結果…。

 

なんと!

 

初回のラストジャッジで!

 

いきなり全員捕喰成功!!!!

 

したのは隣で打っていた乳マシーンハンター担当編集のジャックちゃんでした。

 

\(^o^)/青鬼簡単ジャん!

 

 

アンジュはというと…

 

 

あっさり失敗、女子生徒強し…。

 

 

ヤメ時注意!「オワリノハジマリ」後にまさかの…

 

ATに当選したジャックちゃんは、噂を証明するかのように驚くほど簡単に完走確定。

 

 

す、スゲーうらやまちい…。わたしもAT、いや完走を目指して(隣でこうもあっさり完走を引かれると「AT当選=完走」が脳に焼き付いてしまったじゃないか)ひたすらにブン回しますが、2回目3回目の「ラストジャッジ」も捕喰失敗。投資も嵩んできたし、そろそろどうにかなってくれないと撮れ高ゼロ…。

 

「この取材、お蔵入りも有りえるぞ…」

 

と、半ベソをかきながら有利区間移行後の「オワリノハジマリ」ステージを終えた時でした。

 

 

ん? ここでの画像は恐らくマップ示唆だと思うんですが…、めちゃくちゃ金! めちゃくちゃピカピカしてる!

 

え、え、次のラストジャッジはAT確定とかあるんでしょうか??

 

もしそうだとするならばガンガン回して早く444Gを目指さなきゃ!

 

そう信じてひたすらにレバーオンを繰り返していた122G目でした。

 

 

突然の「ラストジャッジ」突入!!!!

 

こんなに早く来ることもあるの!? もしやさっきの金は天国的な示唆だったのか!?!?

 

せっかく巡ってきたチャンス、絶対に逃したくない。

 

今まで以上に気合いを入れて挑む「ラストジャッジ」、その結果は…

 

おめでとうアンジュー!!!!

おめでとう青鬼ちゃんー!!!!

 

見事全員捕喰! AT突入です!

 

かなり弱い演出でもあっさり捕喰していったので、もしかしたら先程の金枠画像は「天井短縮に加えてAT確定だったのではないかな?」と個人的には予想しています!

 

なので、「ラストジャッジ」失敗後には即ヤメ厳禁。

 

「オワリノハジマリ」後の画像は、しっかりチェックすることをおすすめします!

 

 

 

本機のATは1Gあたり約8枚の高純増AT。

 

 

5セット目クリアでエンディングに突入、その後は完走をかけた「カウントダウンチャンス」そして「ATTACTHE2000」へと突入しますので、エンディングに向かうことがこのAT最初の目標ですね。

 

 

AT初当り時は、満腹ポイントの特化ゾーン「超鬼ごっこ」からスタートです。

 

画面左下の満腹ポイントゲージが100%になる度にAT(青鬼BIGボーナス)をストックしていきます。

 

でも~なかなか貯まらないんでしょう?

 

と、通販番組の奥サマさながらの気持ちで打っていましたが、これが貯まる貯まる。

 

 

どんどんATをストックしていき、アッという間にエンディング確定!

 

 

AT開始数分で完走への挑戦権をいとも簡単にゲットしてしまいました。勿論、エンディングまでに払い出されるであろうおよそ1000枚程度のメダルもゲット確定。

 

こ、こんなにカンタンでいいのかな…?

 

でも~ここからが難しいんでしょう?

 

上手くいきすぎる展開にまたまた心の中の奥サマが渋い顔をします。

 

いいえ、奥サマ!

 

ここからが本機最高にして最低のポイント!

 

そう、超えるべき壁がめちゃくちゃ低いのです!

 

コチラをご覧下さい!

 

 

エンディング後に立ちはだかる「カウントダウンチャンス」と「ATTACTHE2000」、2つの壁はなんとどちらも成功期待度94%!!!!

 

最早壁ですらないわ! 言うなればちょっとした段差ぐらい!

 

興奮しすぎて上手いこと言ってるような全然上手くないようなよくわからない例えになってしまいましたが、それにしてもこの数字ヤバくないですか??

 

これこそが「AT突入=完走目前!?」と噂される所以ですね!

 

94%にあやかり、あっさりと「カウントダウンチャンス」をクリアし最後の「ATTACTHE2000」も…

 

成功です!!!!

 

 

何故か保健室の先生が水着になってくれました!!!!

 

お色気もあるホラーパチスロ、いいですね~。

 

さ、あとはドヤ顔で2400枚出るまで打ち続けるだけです。どやどや。

 

 

 

ハンター的まとめ

 

 

投資は1200枚を超えていましたが、それを簡単に覆す一撃性を持った本機。

 

 

確かにこれなら低設定だろうとヤレる!

 

投資額が多少嵩んでも打つ意味がある!

 

そんな1台でした。個人的にゼロか100かみたいな台は好き! あとは原作を知っている身としては「あの音楽」や「ドア演出」もワクワクしましたね。

 

ここのところパッとしなかった乳マシーンハンターに久々の勝利をもたらしてくれました!

 

ありがとう青鬼ちゃん

 

 

 

この記事の関連情報

関連する機種

ライター・タレントランキング

このページのトップへ