ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

橘アンジュ

1000ミリちゃんこと橘アンジュがパチスロ1000ちゃんに挑む!

記事一覧へ

公開日: 2020/01/17

『1000ちゃんVSバスト1000ミリ超えちゃん』...ファイッッ!

 

 

こんにちはー! 乳マシーンハンター橘アンジュです。

 

2020年1月6日、遂に6号機初の「A+AT機」が登場したのは皆様ご存知でし ょうか?

 

私自身気になってはいたのですが、タイミングが合わず触れていませんでした。

 

実際に打ってみたプレーヤー達から聞こえてくる声は

 

「これはヤレる」

「これは無理ゲー」

「ヒキでどうにかなる」

「設定が入っていないとツラい」

 

と、見事なまでに両極端。

 

データを見てみてると気持ちいいくらいの右肩上がり一直線グラフもあれば、ズルズルと終日地を這うようなグラフもあり、こちらも非常に両極端。

 

一体どういうことなんだ!?

 

これは実際に打ってみなきゃわからん!

 

というワケで6号機初の「A+AT機」を体感すべく、この度ホールに駆け込んで来ましたよ!

 

 

 

『パチスロ1000ちゃん』

 

オーイズミの宣伝担当としてwebアニメ化やCDデビューなど、様々な活動を繰り広げてきた1000ちゃんが満を持してのパチスロ化でごさいます!

 

 

まずはAT「1000★CHANCE」を目指せ

 

実際に打ってみるとこの1000ちゃん、通常時はなーんにも起こらん。

 

そりゃそうですよね、本機はリアルボーナス機。レア役を引かないことにはなんにも起こらなくて当然!

 

「この感じ、何だか久々だなあ…」なんて思っていると100ゲーム過ぎで引いた強チェリーが刺さり、本日初のボーナス当選。

 

 

なかなか早めの初当り、幸先良ろし!

 

本機はボーナスもしくはCZからAT突入を目指すシンプル仕様となっています。

 

そしてそのAT中に出玉を一気に獲得できる様々なトリガーが秘められているようなので、まずはATを目指しましょ~。

 

ちなみにBONUS消化中には技術介入要素、終了画面では設定示唆ありです!

 

ボーナス中の打ち方(技術介入)

BIG中“ビタ押し狙って下さいマスター”ボイス発生時(下パネルもフラッシュ)に技術介入成功で高確状態へ移行。高確中は1000ちゃん揃い確率がアップ=AT期待度アップ!

逆押しor中→右押しで、最終的に左リールに3連1000ちゃんを目押し! 1番下の1000ちゃんを中段or下段に押して、3連が停止しすれば成功。目押しに自信がないプレイヤーは順押しフリー打ちで消化すれば約80%で高確へ移行する安心設計だ!

 

 

BIG BONUS・LIVE BONUS共通

効果音とともにエッジ部分(リール周囲)が白くフラッシュしたら左リールに赤7をアバウトに狙おう。

 

ボーナス&AT終了画面、左上の文字色で設定示唆

青文字

設定2以上確定

赤文字

設定4以上確定

虹文字

設定6確定

ボーナス終了時とAT後のCZ終了時の画面(エンドカード)で設定示唆

 

 

 

いろんな妄想を膨らませながらBONUSを消化しましたが、何事も無く終了。

 

気を落とさずに次のボーナスこそATにぶち込んでやります。

 

戦いはまだ始まったばかりですからね。

 

が! これがどうしたことか全然ATに入らない! ボーナスだけは割と軽くポンポン重ねていき、ちょっとずつ下皿にメダルが増えていく様は完全にノーマルタイプと化している…。

 

既にちょい勝ちだし「出玉を流して帰ろうかな~」なんて考えも過ぎりつつ、「ダメだ! ATをプレイしないことには帰れん!」と自分を律するAM10:30です。

 

 

  

パッとしない展開でしたが、遂に初のAT当選がやってきます!

 

きっかけはAT突入契機の1つであるCZ「ノルバトル」。通常時はレア役を契機に突入します。

 

 

「ノルバトル」中は成立役でAT抽選を行いますが、平均滞在G数は約10G。 保証G数は5Gとのことなので、最初の5G間が叩きどころですね。

 

気合いを入れてレバーオンをした1G目、見事に弱チェリーを引いてバトルに勝利することができたのです!

 

 

やったやった! これで「1000★CHANCE(AT)」突入だ!

 

 

ここから1000ちゃんの本気を見せてもらおうじゃないの~。ヒィヒィ言わせたるよ~!

 

 

え…

 

 

35枚とは…?

 

おこづかいかな…?

 

 

私の心がポッキリ折れる音が聞こえましたかね?

 

AT後は必ずCZ「ノルバトル」or「ジーロバトル」に突入するのですが、ATで獲得したメダルをここで減らし、かつバトルに負けるとこの様な何とも侘しい枚数になってしまうのです。

 

なるほど、本機に対して「無理ゲー」「ツラい」といった類の評判はこれを体験しているんだな…。

 

どうやらこの台の1000ちゃんはご機嫌がよろしくないらしので、早々に見切りをつけることにしました。

 

これはヤレる! 美味しいところが一気にやってきた!

 

最初の台よりはいくらかご機嫌の良さそうな台が空いたので、すかさず移動です。

(稼働が高くてなかなか空台にならず…。恐るべし1000ちゃんの魅力ッ

 

「このままでは終われない」と、挑んだ2台目。

 

先程の台では巷で噂される本機の「洗礼」を受けましたから、今度はちゃんと「醍醐味」も体感しないと。

 

しかし、こちらの台もなかなかに辛い展開が続きます。

 

ハマる。ATに入ってもすぐ抜けてしまう。そしてかさむ追加投資。

 

加えて体調不良だったこともあり、マジに限界を迎えようとしていたさなか、

 

 

BIG中に1000ちゃん図柄が揃って、久々のAT「1000★CHANCE」突入。

 

そして「1000★CHANCE」中にも1000ちゃん図柄が揃って、遂に上位AT「1000★PARTY」へ突入です!

 

 

そう! 本機には上位ATである「1000★PARTY」が存在し、ここに辿り着かないことには始まらないのです!

 

なので、「1000★CHANCE」はあくまで「1000★PARTY」突入のためのチャンスゾーンぐらいに考えておいたほうが良さそう。

 

やっとスタートラインに立った感じですかね。

 

 

 

 

「1000★PARTY」はST式のAT。ベルやレア役で継続抽選(平均継続率65~83%)を行い、継続時は残りゲーム数が20Gに再セットされます。

 

ここをよく見てほしいのですけれど、

 

 

Stage7突破でPREMIUM 1000★CHANCE突入!?」の文字。

 

ここで出てきた「PREMIUM 1000★CHANCE」とは??

 

1000枚獲得まで継続する本機最強ATです。これこそが本機最大のトリガーで醍醐味! らしい!

 

そして今突入した「1000★PARTY」を継続させstage7(7セット)を突破できれば、「PREMIUM 1000★CHANCE」を賭けた抽選が行われる! らしい!

 

7時間以上打ち続け、やっと醍醐味の尻尾を掴むことができたわけですね…。この7時間、1度も下皿が潤うことはなかっただけに、この瞬間は思わず涙が出そうになりました。

 

今日は上質な百合を堪能しただけで実戦終了かと思った。

 

※百合が楽しめるのは間違いなく『パチスロ1000ちゃん』の魅力のひとつです

 

 

激アツのニブイチ「お昼だぁ~★ちゃれんじ」

 

ここまで来たら絶対に「1000★PARTY」を7セット目まで持っていく!

 

強い想いのおかげか、はたまた高い継続率の賜物か、なんとここで有言実行の7stage突破!

 

 

あと超えるべき壁は1つ、「PREMIUM 1000★CHANCE」を賭けた「お昼だぁ~★ちゃれんじ」を成功させること!!

 

「1000★PARTY」7セット目の最終ゲームで発生する「お昼だぁ~★ちゃれんじ」。

 

 

期待度は50%。つまりはニブイチ。ここでニブイチを取れれば、この後1000枚確約の「PREMIUM 1000★CHANCE」突入! しかし失敗すれば下位AT「1000★CHANCE」のストックを1つ上乗せした状態で「1000★CHANCE」へ。

 

本機最強ATか、下位ATか。

 

運命の別れ道はここです!

 

全身全霊を込めて、いざ…!!

 

 

 

 

土壇場で ニブイチはずし 見せ場無し

アンジュ心の句

 

やっぱり人間、体調不良でパチスロを打つもんじゃないですね。

 

引きよわよわ…よわよわ…。

 

とは言え、下位AT「1000★CHANCE」のストックがもらえました。1000ちゃんのお情けとも言える「1000★CHANCE」ストックを得て、ここからもうひと頑張りしたいところですが…。

  

 

ハンター的まとめ

 

 

2台に渡る『1000ちゃんVSバスト1000ミリ越えちゃん』の戦い。ニブイチをハズした時点で皆さま薄々お気付きだったかと思います。

 

アンジュ惨敗。不甲斐ない…。結局先程のATは「1000★CHANCE」から再度「1000★PARTY」に昇格させるなどして粘ったものの、「PREMIUM 1000★CHANCE」までは手が届かずに終了。

 

 

ただこの間ボーナスを引けずともジワジワと出玉が500枚以上まで増えていったので、ここにボーナスが絡み、更には「PREMIUM 1000☆CHANCE」突入ともなれば、かなりの瞬発力が見込まれますね!

 

また本機はAT終了後に必ずCZへ突入するので、そこでいかに引き戻せるかも重要です。

 

今回はなかなかにしんどい戦いを強いられましたが、一方で「ヤレる」「ヒキでどうにかなる」という声にも、右肩上がり一直線のグラフにもなるほど納得。

 

6号機初の「A+AT」は確かに他の台とは全く違った感触。 6号機の今後の展開において、ターニングポイントとなる1台なのではないでしょうか!

 

(グダグダ言ってないで次は勝つ!)

 

 

この記事の関連情報

関連する機種

ライター・タレントランキング

このページのトップへ