ヘルプ

ブログ

塾長

ラブ&ピース&ホール

記事一覧へ

公開日: 2019/10/30

 ラブ&ピース。ジョンレノンじゃないけれど私は平和主義者です。以前はカーッと頭に血が上るとすぐに陸海空から総攻撃を仕掛けるどっかの大統領みたいな感じでしたが、歳を重ねるにつれ、沸点が低くなったのか、それとも怒りをアフガン、或いはデスロードに忘れてきたのか。とにかく、以前から申しているように最近はイラッとすることも本当に少なくなりました。

 

 

 

 

 俺にとって勝っても負けても2万で済むディスクアップはハトと並ぶ平和の象徴と言えます。だから穏やかな年金生活を送るためにはこの世でもあの世でもディスクアップだけ打っていればいいのですが、前の晩にスターリンの自伝を読んだ…といっても、遠藤ミチロウではありません。タカ派で知られるソ連のスターリンの書籍を読んだからでしょうか。この日は攻めてやろう、場合によっては平和条約を反故にしてポーランドに攻め入ってやろう、そんな気持ちで朝イチのホールに並びました。

 

 

 

 

 凱旋か、沖ドキか、バジ絆か。いやいや、一度攻めると決めた以上、生ぬるい台を打っている場合じゃありません。ここはやはり攻めの一手、ハイリスクハイリターンと言われる5号機の聖闘士星矢しかなかろうと、適当なカド台に陣取り、早速、打ち始めたのですが、念のため言っておきますと、俺はリングにぶっかけろ世代なので、聖闘士星矢にこれといった思い入れはありません。皆様、ご察しの通り、ほぼほぼ初打ちです。

 

 

 

 

 適度にハマって小さい当り、天井までハマって小さい当り、適度にハマって小さい当りを繰り返していたら、いつの間にか5時間が経過していました。残りあと1時間で投資70本。既に心の中では砂利を積載したトラックで星矢のシマに突っ込んでいましたが、このままだと本丸のARTを仕留められぬまま店を後にすることにもなりかねません。正直、かなり焦りました。渋谷道玄坂のカサディドゥエでベロチューまでしたのに一発やらせてもらえず、始発の銀座線で一人淋しく家に帰った15の夜を思い出しましたが、辛うじて8回目の初当りが本丸に刺さり、最終的には888枚の大爆発で5万強のチョイ負けと相成りました。星矢はマジでぶっ飛ばす、あんときやらせなかったクソエミもマジでぶっ飛ばす。

 

 

 

 

 

 やはりラブ&ピース。今となっては攻めるというドバカな選択をした自分を攻めだけに責めたい気持ちで一杯ですが、如何せん、このときは激怒り。なにがラブ&ピースだクソッタレ、ピースなんぞクソ喰らえ、どっかのブスを四畳半で乱暴に抱きたい、ブスのホールに俺のディック峰を突っ込みたい。そればかり考えていたからでしょう。帰りに立ち寄ったキルフェボンではイチゴンのタルトをピースでなくホール買い。一気に食べたら少し落ち着きを取り戻しました。

 

 

 

 

この記事の関連情報

関連する機種

ライター・タレントランキング

このページのトップへ