ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

塾長

無抽選状態

記事一覧へ

公開日: 2019/11/20

 ディスクアップやハナビでバカみたいにハマっているとき、皆様はなにを考えているのでしょうか。大坂なおみから届くお歳暮はやっぱりジュースかなとか、卓球の張本からお歳暮が届くときは玄関でピンポンって鳴るのかなとか、ほとんどの方はお歳暮のことを考えていると思いますが、俺は違います。皆様と一緒にしないでください。ハマりが確率の3倍を超えたあたりから「これ、本当に抽選しているのかな」と台の無抽選状態を疑い始めます。

 

 

 

 

 なに狂ったことを言っているんだ、変なクスリでもやっているんじゃないか。そう思われる方もいるかも知れませんが、昔、コホンジャ小島大先輩が無抽選状態のパチスロを打ち、終日ボーナスなしで大負けしたことは古いガイドファンの間では広く知られた話。これは裏モノでしたが、裏であれ、表であれ、そうした事実があった以上、過信は禁物というか絶対はあり得ない。そう、あり得ないという意味では改心した沢尻エリカが薬剤師を目指すくらいあり得ないし、さらに言うなら俺は変なクスリをやっているわけではありません。シラフです、多分。

 

 

 

 

 そもそも、天文学的な数値の事象がこれほどまでに発生するパチスロをどうして疑って掛からないのか。そこからして疑問です。毎ゲーム当たりの抽選をしているというのであれば、毎ゲームハズレの抽選しかしない機械を作ることは物理的に可能なはず。無論、そこは保通協が黙っちゃいないとは思いますが、当たり前だと思っていることが、その実、当たり前ではなかったりするから、これまでに数々の攻略法が生まれ、中武のアニキがひと財産築けたわけです。常識を疑う。まるで今の俺に向けられている言葉のような気がしないでもないですが、これはとても大事なことだと思います。大丈夫、何度も言っているようにアンパンは粒あん、ハッパはダージリンしかやらないのでシラフです。多分。

 

 

 

 

 無抽選状態は存在する。長年そう信じて疑わなかったのですが、先日、パチスロと同じく無抽選状態が存在すると一部マニアの間で噂されてきたナイキのアプリ、スニーカーズで2週連続レアスニーカーに当選してその考えを改めました。無抽選状態などあってたまるか、バカ野郎。

 

 

  

 

 

ライター・タレントランキング

このページのトップへ