ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

塾長

タバコもオッパイも自由に吸いたい

記事一覧へ

公開日: 2020/09/17

 ホールに行く回数が減りました。鉄腕ダッシュと関ジャムを観る時間がないほど忙しくしているわけでも、スケベな身体をした愛人ができたわけでもありませんが、以前は週に最低でも10日はホールに通っていたのに、ここ最近は週4日にペースダウン。その理由は負け過ぎてもう打つ金がない…と、言ったら皆様は信じてくれるでしょうか。信じなくて結構。何故ならそれは真っ赤な嘘で本当の理由は自由にタバコ(私はアイコス)が吸えないからです。

 

 

 

それはホールに限った話ではないし、喫煙者はみんな我慢している。そんなド正論が北は北海道、南は南こうせつから聞こえてきそうですが、そのあたりは私とて重々理解しています。ただ、足並みが揃っているのならまだしも、実際にはそうではありません。フロアの問題だったり、年齢制限の問題だったりというのは理解していますが、なにかこう釈然としないというか、矛盾みたいなものを感じてしまうのです。

 

正直、ホールが禁煙になった当初は私もタバコの本数が減ってむしろいいじゃないかと思っていましたが、実際に行ってみるとこれが思っていた以上にキツイ。ただでさえ出なくてストレス溜まりまくりなのに、タバコが吸えなくてさらにストレスが溜まるこの悪循環から抜け出すには恐らく出る台を打つ、勝てる立ち回りをする以外に方策はないのですが、それができればこんなキャラには甘んじていません。ガル憎先生や以心伝心梅屋シン先生と同じ立ち位置で仕事をしているはずです。

 

先日、仕事で訪れたホールでバーサスを3時間打ってビッグ1回という、檻から脱走した松阪牛がタクシーで逃走するくらいあり得ない展開……いや、割とよくあるか。とにかく、嫌な感じの流れになりました。食事休憩の1時間を除いてもあと2時間以上は打たなければならないので、このペースで行くと確実に5万は負ける計算です。

 

 

 

目ぼしい移動先もなく、上野と同じ感触のバーサスにひたすら金を突っ込まねばならないのですからそりゃイライラします。致死量を超えるタバコを吸いたくなりますから、必然、喫煙室に足を運ぶ回数も増える、即ち打つ時間も減ります。その結果、5万負けるどころか、2千円勝ったとなると、やはりどう考えても喫煙室は不可欠。席で自由にタバコを吸える環境は悪であり、言語道断と言わざるを得ません。

ライター・タレントランキング

このページのトップへ