ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

塾長

基本なんでもやりますが晒屋はやりません

記事一覧へ

公開日: 2020/12/17

 ボートでも競馬でも競輪でもいいのですが、この手の仕事はやらない、なにがあってもやらない、フザケンナくらいのことを言っていた人が大風呂敷をキレイに畳んでその仕事を請けるケースは間々あります。時間が経って考えが変わることは割と良くあるので私は別に問題ないというか、そもそも他人に興味がないのでなんとも思わないのですが、裏切られた感があるのでしょうか。SNSの住人はここぞとばかりに叩いてきます。

 

 それによってなにかしら損害を被った、たとえば知らない人に前歯を折られたとか、家族を人質に取られたとかいうのなら分かります。ただ、ほとんどのケースはそうでないはず。だから私には穀潰しが暇潰し的に叩いているようにしか見えないのです。もうそういう1円にもならない生産性のないことはやめませんか、その情熱をなにか他のものに向ければこの日本はもうちょっと住みやすくなりますよと私が力説したところで、そういう方々はきっと確固たる信念を持ってやっているはずなので絶対にやめません。であるならどうすれば叩かれないか。私なりに考えてみました。

 

 最も効果的だと思われるのは考えが変わったことを潔く発表する。正直、あまりカッコイイものではないのでこれを選択するには相当な勇気と根性が必要になりますが、多分、開き直りに勝るものはありません。今後、私が下着ドロで捕まるようなことがあれば、なにがいけないんだ、お前らに迷惑かけたかと天日干しのシマアジよりも潔く開き直ってみることにします。って、自分でもなに言ってるんだかよく分からなくなってきたけど。

 

 もうひとつはコロナで仕事が激減して貯金が底を尽きたから、今後、俺はどんな仕事でも請ける。やりたくない仕事でも晒屋以外はバンバン請けるとハッキリ言う。要は現在の懐事情を説明して、生活していくためにはやらざるを得ないということを知ってもらうのです。反論に対しては「じゃあ、ギャラ分の金をくれよ」と言ってやれば一発解決。それでもなお叩いてくるようなら情報開示経由の民事裁判をチラつかせる、或いは手っ取り早くブロックすればいいのです。もっとも、そうしたやりとりを見たクライアントがどう思うかは知りませんが。

 

 そう考えると、これはやらないとか、あんな仕事はクソだとか、端から言わないほうがいいというか、そのほうが絶対に賢いと思うのですが、他人はどうあれ、私は基本的に合法であれば大概の仕事は請けます。ただし、そこまで困っていないので晒屋の勧誘はマジで勘弁してくださいという、皆様にとってはどうでもいい発表でした。

ライター・タレントランキング

このページのトップへ