ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

塾長

たとえ閉店する店でも負けたらクソッタレ

記事一覧へ

公開日: 2021/03/25

 

 ここ最近、地元のホールがバンバン店を畳んでいます。それがコロナの影響によるものなのか、元々厳しかったところにコロナがきてとどめを刺された感じなのか。厳しいことを言えば企業努力が足りなかった可能性もありますが、理由はどうあれ、何度も足を運びクソほど負けたホールがこの世からなくなるというのは、なにかこう少し寂しい気がしないでもありません。

 

 

※三島に行くたび立ち寄っていた大好きな店は現在空き地に。一度も勝ったことはありませんが。

 

 

 上野はかつて都内でも有数の激戦区でした。最盛期は20店舗くらいあったように思いますが、5号機になったあたりから徐々に減りはじめ、現在6店舗。今月末に閉店する店があるので4月以降は5店舗になってしまうと思うと、やはり少し寂しい感じがします。そう、このコラムで「クソッタレ」とか、「二度と行くか」とか、悪口を言えなくなるのが少し寂しいのです。

 

 地元にあるすべての店で負け越しているのでいい思い出はひとつもありません。ストックを飛ばしていたとか、嘘札を差していたとか、そもそもベタピンだったとか、よくよく考えてみたら淘汰されて然るべき店がほとんどなので、閉店の噂を聞いたところで別になんとも思いません。むしろ、せいせいしたくらいに思っていますが、無論、価値観は人それぞれ。別れを惜しんで店に足を運んだり、感傷的になっている打ち手をディスっているわけではありませんので念のため。

 

 一度目の緊急事態宣言が明けたときにも当コラムで申し上げましたように負けて当然、これまでお世話になったのだからいくらか置いて帰るのが礼儀みたいな感覚が器の小さい私にはありません。いつ如何なるときも気持ちだけは店を潰すつもりで勝ちに行っていますし、負けたらクソッタレと言えるのが私の考える正しいホールと打ち手の関係性なので、例外はありません。という皆様にとってはどうでもいい発表をしたところで、来週あたり、月末に閉店する店(ビバドンのどう考えても設定1の台に6の札を刺した極悪店)にとどめを刺しに行こうと思います。最後の最後に渾身のクソッタレを言うために。

 

 

※八つ裂きにしてやるから覚悟しとけよ

ライター・タレントランキング

このページのトップへ