ブログ

諸積ゲンズブール

一日店長

記事一覧へ

公開日: 2018/05/15

特日だというのに高設定はおろかリセットすらかけていないボッタ店や、ラインナップだけは素晴らしいのにそれを全く活かす気がないヤル気スイッチ万年オフの店なんかに遭遇すると、誰もが一度は「俺だったらこうするのに。こうやったら流行るのに」と思ったことがあるでしょう。

 
 
言うは易し 行うは難し とはよく言ったもので、実際に店舗経営の経験がない者がどんなにそう思ったところで所詮それは机上の空論。
ジャグやハナハナは2〜3000Gくらいの回転数だと設定3でも6のようなデータになることがしょっちゅうあるなんて話も聞きますし、番長2程度の機種でもリセットをかけるだけで一気に甘くなるなんて話も聞いたことがあります。
 
 
だったらやってみよう。自分で配分を考えてみようということで、来月、とあるホールで一日店長を務めさせて頂くことになりました。
 
設定5で10万負けたことがある鉄拳デビルをオール5にしてやろうかなとか(あくまでも冗談です。そもそもその店に設置されてません)、ハクション大魔王を全6の一回交換にしてやろうかなとか(あくまでも冗談です。そもそも全国に設置されていません)、あるいはアラジンAを全台高確ロングスタートのベタピンにしようかな(あくまでも…以下略)なんて、やってみたいことは沢山ありますし、そういった仕掛けをお客さん達が受け入れてくれるのか、気付いてくれるのかが楽しみでなりません。
例え高設定をバンバン入れたところで、お客さんがそれに気づかずにヤメてしまっては何の意味もありませんからね。
 
また、そういった仕掛けをするためには、幅広い機種の知識が必要となります。段階的に設定差があるのか、それとも奇数偶数に特徴があるのか。設定を決める側がそれを知らなければ、機種の魅力は半減してしまいます。
 
 
そして何より大切なのが、経営として成り立たせること。全6にして赤字を垂れ流すなんてことは誰にでもできますし、かといって遊びに来てくれたお客さんにこのクソ店長と生卵をブツけられたくもありませんから、その塩梅が重要なのは言わずもがな。そこんところを上手いことやれているお店が、いわゆる繁盛店なのでしょう。一日店長というとアイドルの一日署長みたいで響きは良いですが、名ばかりの店長にならぬようしっかりと勉強して臨みたいと思います。
 
 
 
あ、ちなみにこの一日店長、二日連続でやらせて頂きます。一日店長2days。一日なのか二日なのかよくわかりませんね。
 
 

ライター・タレントランキング

このページのトップへ