ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

森本レオ子

私にガンダムを教えてくれた意外な人物

記事一覧へ

公開日: 2021/07/31

 

親睦を深めたキッカケがガンダムUCだったので、ウチはいわゆるガンダムユニ婚です

 

 

 

 

週明け月曜日から『Pフィーバー機動戦士ガンダムユニコーン』の全国導入が始まるらしいですね。

 

ちょっと他人事のような書き方をするところに意地の悪さが滲み出てしまいましたが、いちガンダムファンとしてユニコーン(以下UC)がパチンコ化されるらしいと第一報を聞いた時は、「鬼ヤベえ、SANKYOゴン攻めしとるやないかい。こんなん絶対ビッタビタにハマってしまうわい……」とテンションがブチ上がりました。それにしてもスケボーが面白かったですね。

 

何にしてもですよ。UCの版権を持っていたのがSANKYOで良かったと、いちガンダムファンとしては思うわけです。ロボットや戦艦モノはやっぱりSANKYOなんですよ。カッコいいからね。

 

パチンコのガンダムシリーズはSPリーチの映像がとんでもなくハイクオリティで、モビルスーツにちゃんと戦火をくぐり抜けてきた傷みがあるんですよ。というか、モビルスーツ戦の表現に力を入れているところ自体にグッとくるんですよね〜。私の中の雄が呼び起こされる感覚があります。ムクムクッ。

 

 

※保管がかなり雑

 

 

申し遅れましたがワタクシ、実はそこそこのガンダム好きでして、「ガンダムUC」もOVA版は全話劇場で観たうえにDVDも買い揃えております。ただ、宇宙世紀モノしか観ていないので、ガンダム通だとは口が裂けても言えませんが。

 

SEEDも観てないですからね〜。T.M.Revolutionの西川さんが声優を担当したキャラクターが登場する回だけをつまんで観たくらいで、よ〜し! 今度こそ全話観るぞ! と試みたことなら何度かあるのですが、キラとアスランの区別がつかないのでSEEDは諦めました。

 

よく年をとるとキャラクターや若い子の見分けがつかなくなると言いますが、私は若い頃からキャラの判別が不得手だったので、単に生まれつきのアニメ音痴だったんじゃないかな。コードギアスも似たような理由で挫折しました。あれはノリも苦手だったけど。

 

 

 

 

思い起こしてみれば、初めてガンダムに触れたのは小学生か中学生くらいの頃に流行っていた「新機動戦記ガンダムW」でしたが、当時のWは“ガチガチのアニメオタクが観るもの”というイメージだったのであまり深入りすることもなく、ガンダムとはほぼ無縁の思春期を過ごしてきました。

 

が、暇を持て余した大学生の頃に、とある方がキッカケでガンダムにハマることになったんです。

 

パチンコにハマるキッカケと言えば、だいたい当時の彼氏、もしくは家族が相場。ガンダムもどっちかと言わないまでも一般的には男の趣味だし、どうせ彼氏だろ? と思うじゃないですか。でも違うんです。じゃあ兄弟? それも違うんです。友達? それも違います。多分、絶対に当てられないと思います。

 

と、無駄にハードルをあげたところで発表しましょう。期待は裏切らないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

MISIAです

 

 

みなさんが思っているMISIAです。ヨ〜エビシ〜ン♪のMISIAです。

 

たまたまファッション誌に載っていたインタビュー記事だかコラムだかで、知人にガンダムを勧められて観たらハマったとMISIAさんが話しているのを読み、すぐにむさしの堀之内店で劇場版三部作をレンタルし、結果どハマりするに至りました。

 

ただ、こうなってくるとまさか……なんですが、私は特別MISIAさんのファンというわけじゃないんですよ。自分でもなぜそう思ったのかがわからないのですが、その日はたまたま「MISIAが言うんだから面白いんだろうな」と思える気分だっただけなんです。

 

そのお言葉を目にした日が違えば、ガンダムを知らない人生を歩んでいたことでしょう。そう考えると人生って奇跡の連続ですね。

 

 

 

 

さて。パチンコ『ガンダムUC』の導入ですが、非常に楽しみにしております。UCはモビルスーツがとんでもなくカッコいいですから。新台の導入にここまで胸が踊るのは『CR T.M.Revolution』以来かもしれません。

 

パチンコのガンダムシリーズはぶっちゃけコンテンツ力の割にパチンコはビッグヒットと言えるほどではありませんが、それが不思議なくらい、台の出来は常に素晴らしいんですよ。伊達じゃないんですよ。

 

CGについては先ほども触れましたが、『CRフィーバー機動戦士Zガンダム』の変形する役モノも最高だったし。

 

現時点で公表されている演出情報のまとめを見る限りでは、もう一人の主人公とまで言われているリディ少尉の登場がかなり控えめになっていて、誰が主役で誰がライバルなのかがハッキリしていますね。一見さんにもわかりやすくなっているんだろうなという印象。

 

マリーダさんとジンネマンのエピソードが使われていたらいいんだけど。

 

 

PS.マリーダさんとジンネマンは言わずもがなですが、好きなキャラはアンジェロ・ザウパーです。あと、TWO-MIXは今でもたまにカラオケで歌います。

 

この記事の関連情報

関連する機種

ライター・タレントランキング

このページのトップへ