ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

元クズ田中

すべりこみ帰国

記事一覧へ

公開日: 2020/03/20

本日、3月20日の07:55発、フィリピン航空PR434便で日本へ戻ってきた。

 

数日前の時点で3月20日の午後便から4月14日まですべての日本行きフライトが欠航となり(後に臨時便として数便飛ぶことが決定)、実質、日本へ戻る最後の便に運良くすべりこんだわけだけど、今週頭からセブ市は約1ヶ月間、20時から翌5時までの外出禁止令が出され、さらにリカーバン、お酒の販売すらも禁止になり、ショッピングモールも、映画館も、プールも、学校も閉鎖された。

 

 

※3日、4日前に急に決まるフライトの欠航。迅速な対応は素晴らしいが、対応に追われる旅行者には気の毒でしかない

 

 

あれだけ酷かった渋滞がなくなり、通りやレストランから人が消え、まるで10年前に戻ってしまったかのようなセブから逃げるように出国するのは、残った仲間に対して申し訳ない気持ちもあるのだけど、3月29日の式典は予定通り行われるようで、そのための帰国となったわけだ。

 

先週の時点では仕事の都合で来られないと言っていた五島理事だが、式典当日の予定がコロナの影響で飛んでしまったようで、幸か不幸か出席できるようになり、これでオモダミンCでも鈴虫君でもなく、セブンスピリットの正式な理事が壇上で賞を受け取るという、まあ、言ってみればスマートな形に落ち着いたわけだけど、残念ながら、僕はいまだ解決しない大きな悩みを抱えている。

 

約600人の出席者に向けて僕は、40分も壇上でひとり喋りができるのだろうか。選考委員や役員との昼食会で、汚い箸の持ち方を見られやしないだろうか。そんな小さな悩みはたくさんあるのだけど、1番の悩みはそんなことではない。

 

いったい、五島理事は何色の髪の毛で式典にくるのだろう。白髪、金髪、Twitterを見るたびに変化する髪の色を見ながら、僕は悩む。白髪スーツの日焼けしたオジさんを目にして、よもや賞を取り消されたりはしないだろうが、怪しいNPO法人だと思われやしないだろうか。壇上で記念写真を撮るときも、オジさんはあの、プロレスラーと同じいつものポーズを繰り出すのだろうか。

 

 

※五島理事のTwitterより拝借

 

 

まあ、五島理事は社会人経験のある常識人だ。TPOに合わせた振る舞いをするだろうとは思っているのだけど、不安と同時に、期待してしまう自分もいるのである。大勢の人が見守るなか壇上で賞を受け取り、そのまま目録を床に投げつけて、偉いさんにドロップキック。聴衆が慌ててスマホを手に取ったところで前を向き、すかさず例のレスラーポーズ……。

 

さすがにここまでやると警備員が飛んでくるだろうが、当日は五島理事の動向にも密かに注目したいと思っている。

 

追伸

僕はギリギリ日本に帰国できましたが、まだセブには1000人以上、世界にはもっとたくさんの帰国困難者がいると聞いています。すべての方が無事に帰国できることを願っています。

 

 

ライター・タレントランキング

このページのトップへ