ヘルプ

来店レポート

icon

VEAM長岡川崎店の来店レポート

店舗詳細
VEAM長岡川崎店

実施店舗:VEAM長岡川崎店

実施日:2022/01/14 09:00〜22:45

その他取材

 

今回で第4回目となった「VEAM長岡川崎店」における「リアルモンスタークロス」取材。

前回は『ハナハナ』シリーズ全体が低調だっただけに、同店はリベンジに燃えていた。改めて30φマシンの島において、真の実力を誇示してほしいと願うばかりだ。

もちろん25φマシンの活躍も見逃せない。毎回ノーマル機群を中心に盛り上がっているが、今回はどの島・機種が活気づいていたのか…。さっそく詳細をお届けしていこう!

  • パチスロ台数:316台
  • 20スロ台数:276台
  • 朝の並び:50人

『ツインドラゴンハナハナ』が30φの盛り上がりをリード!

グレートキングハナハナ-30

 

  • 20台中8台がプラス
  • 合計差枚:-4,258pt
  • 平均差枚:-212pt
  • 平均回転数:約3,531回転

 

ツインドラゴンハナハナ-30

 

  • 20台中11台がプラス
  • 合計差枚:+8,517pt
  • 平均差枚:+425pt
  • 平均回転数:約4,925回転

 

プレミアムハナハナ-30

 

  • 20台中5台がプラス
  • 合計差枚:-3,264pt
  • 平均差枚:-163pt
  • 平均回転数:約3,663回転

 

ハナハナ鳳凰-30

 

  • 16台中8台がプラス
  • 合計差枚:+116pt
  • 平均差枚:+5pt
  • 平均回転数:約3,035回転

 

シリーズ4機種の中で群を抜いた活躍を披露したのは、『ツインドラゴンハナハナ-30』だった。次に熱気を放っていたのは『ハナハナ鳳凰-30』で、こちらは半数がプラス差枚を達成している。

ツインドラゴンハナハナ-30』の目覚ましい活躍により、シリーズの総差枚数はプラスを記録!前回の雪辱を果たすだけでなく、稼働率の高さも窺うことができ、同店のポテンシャルを改めて知ることができた内容だ。

 

 

また沖スロ機種から、『チバリヨ-30』にも触れておこう。

10台中6台からプラス台が飛び出しており、その合計差枚数は+4,078枚となった。『ハナハナ』シリーズのみならず、30φマシン全体が館内の熱気を形成していたと言えるだろう。

5or6台並びの好調スポットあり!

30φマシン以外の活躍はどうだろうか。

ハナビ マットブラックver.』は平均回転数約5,286回転合計差枚+8,025枚という数字を記録。圧巻のパフォーマンスにより、ノーマル機群を牽引する存在となった。

 

 

マイジャグラーV』『ファンキージャグラー2』も負けじと奮闘し、654番台~659番台の6台横並びで目立った活躍を見せていた。

なお『マイジャグラーV』は4台中全てがプラスを記録している。平均回転数約8,099回転合計差枚+8,240枚という大盛況の結果となり、相当な手ごたえを感じられた一角だ。

 

 

バラエティーコーナーでも5台並びで盛り上がっていたエリアを確認できる。

パチスロ マクロスデルタ』『SLOTアルドノア・ゼロ』『パチスロガメラ』『秘宝伝 解き放たれた女神』『パチスロ百花繚乱サムライガールズ』の5機種から、合計差枚+9,729枚という数字が記録された。システムなどが違えど、隣の台が明らかな挙動を示していれば、期待が確信へと変わったのではないだろうか。

 

 

その他の機種に関して、『ニューパルサーSPⅢ』『パチスロディスクアップ』の2機種から、単品での好調台が見られた。特に後者は3台の合計差枚数が+1,665枚となり、しっかりと結果を残してくれた機種となっている。

 

『ハナハナ』以外の活躍が目覚まし結果に!

 

30φ・ 25φマシン問わず、館内全体が一丸となって盛り上がっていた。それもノーマル機・AT機問わずの活気溢れる状況だ!

ここまで注目機種が多いと、勝利を手にするチャンスも多いことが分かるだろう。本記事を通してポテンシャル&実力を知ってもらったことで、同店の動向をチェックしておくことをオススメしたい。

 

 

リアルモンスタークロスTOPへ

このレポートの関連情報

関連する店舗

関連する機種

icon

このレポート店舗の関連情報

特集

このページのトップへ