ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

橘アンジュ

猪木の荒波に揉まれまくる「乳マシーンハンター」

記事一覧へ

公開日: 2019/10/31

ッ元気ですかーーー!

 

「元気があれば何でも出来る!」

 

おそらく誰でも1度は聞いたことがあるセリフではないでしょうか?

 

わかりやすくキャッチ―でありながら、この言葉は真理でもあると私は思うのです。今回はこんな深ーい名言も楽しめる乳マシーンを全力ハントします!

 

あの名機が6号機で帰ってきた…!

 

『闘魂継承アントニオ猪木という名のパチスロ機』

 

タイトルを聞いて、堪らなくトキメク方も多いのではないでしょーか?

 

そうです! あの人気を博した初代猪木と同じ名を背負った6号機が登場しました!

 

実戦に向かったのは、乳マシーンハンターですっかり定番になっている「楽園南越谷店」さん。相変わらず新台の導入数が多いので安心♪


この日は導入2日目でしたが、猪木シリーズ往年のファンと思わしき方々でオープンと同時に満台だったんですけど…。

 

私も抽選で良番を引きちゃっかりゲット!

 

 

しかしこの日は体調不良により限りなくノーメイク、産まれたままの顔で猪木さんに挑むこととなりました。

 

橘「元気がなくても何とかできますかね…?」

 

 

猪木「迷わず打てよ、打てばわかるさ!」

 

ふむ、猪木さんに従いとにかく打ってみますか。

 

通常時はスイカを要カウント!!

 

まずは私が座った台は高設定なのか…、それを確かめるためにも小役の出現率に注目していきたいと思います。

 

本作はスイカの出現率に大きな差がついているので、通常時もAT中もしっかり数えていきましょう。

 

スイカ出現率

  

他にもCZやATの終了画面でも設定示唆がありますので、ぱちタウンの機種ページをチェックしてみてね♡

 

 

 

さてさて、通常時はレア役やゲーム数消化でバトル型のCZに突入。CZで勝利すればAT当選というゲームフローになっています。

 

早速レア役から出現した「BOMBAYE(ボンバイエ)」の文字と画面右下の猪木さん。

 

 

その後は「BOMBAYE」が出現すればする程、スタンバイした猪木さんのお身体が大きくたくましく、オーラのお色も変化していきます。勿論その後の展開の期待度を表していますよ。

 

演出で「誰が何と言おうとボンバイエが1番!」という猪木さんのセリフがある様に、「BOMBAYE」がとっても重要なわけです。

 

 

発展先は、猪木先生が不良生徒達に熱血指導するという演出。

 

残念ながらここではCZ当選ならずでした。先に言っておきますが、本機はこの演出に限らずなかなかシュールな世界観。

 

ジワジワくるんだよなこれが。

 

例えば…、

 

パワースポットに現れるスピリチュアルな猪木さん。

 

 

クセがつよい。

 

勝率80%! 3勝でAT「闘魂GP」突入

 

その後またまたレア役を介して「BOMBAYE」出現。

今度は初代パチスロ猪木でのライバルである「マスクマン」との「因縁の対決」に発展。

 

 

グランドコブラをお見舞して、遂に本日初のCZ「闘魂GP」へ突入!

 

わーい!

 

 

しかしATへのキッカケを掴んだにすぎません!

 

 

「闘魂GP」は3戦勝ち抜けばAT突入となります。

 

「あ~、最近よくある3回勝たないといけないCZね。3戦目で負けた日には落ち込みようは3倍のCZ…」 と、元気が更に損なわれかけましたが、よく見てください。

 

 

なんと、この「闘魂GP」勝率は約80%!

 

これは元気もやる気もみなぎる期待度です。無理ゲー感ナシ!!

 

早速叩きどころがやってきましたね。出し惜しみせずに奥義を使っていきましょう!

 

本日の奥義

 

今回は猪木さんの手前、あんまり破廉恥なのはやめて硬派なやつを1発かましたりましょう!

 

奥義『勝利はテメェで掴み取れ! 闘魂注入』

 

「気合いのビンタ!」と言いつつ、台に優しくソォ~ッと注入。

 

そして…。

 

 

闘魂注入の甲斐あってか、80%の威力なのかわかりませんが、初めての「闘魂GP」は難なく3戦勝ち抜くことができました!

 

 

 

見事3勝、いざAT!

 

…ではありません、先走り禁物ですよ♡

 

なんとこの「闘魂GP」、3勝後は延長戦ならぬ「炎超戦」に突入するのです!

 

 

そんでもって4~7戦目は勝利の度にATをストック、最終バトルである8戦目も勝利できれば本機最強の起爆剤である「道フリーズ」が発生するとのこと!

 

つまり「闘魂GP」はAT突入のキッカケでありながら大爆発へのキッカケでもあるんですね。

 

そうとくれば、もちろん目指すは「道フリーズ」!

 

 

4戦目、5戦目、6戦目と順調に勝ち進み…、

 

 

ハイ! 7戦目で敗退!

 

悪くもないけど決定的な見せ場にもならないこの感じ、いつも通りだな!

 

ア゛ア゛ア゛ン゛ちくしょう!

 

 

とはいえストックを3つ持った状態でスタートしたAT「闘魂CHANCE」。

 

その後も6択チャレンジを得意のエスパーで当てるなどして、ストックを獲得していきます。

 

 

ちなみにAT中はオリンピアさんの看板娘達が登場する「乙女カスタム」で楽しむことも可能ですよ♡

 

乙女ファンの為にちょっとだけ見せてあげます。

 

 

あ~これは入っちゃってますね。

 

ズッポリ注入されちゃってますね。

 

闘魂がね。

 

そんなこんなで9連チャンもした楽しいATでしたが、終わってみれば闘魂ボーナスも引いたのに下皿に600枚弱。

 

 

ベルナビ管理型のATなので、ナビ回数が最低の10回ばかりに振り分けられるとなかなか枚数がついてこないんですな…。

 

AT1セットが終わるごとに最大50Gの引き戻しゾーンに突入するので、せっかく得たメダルを次セット発動までに減らしてしまうこともありました。

 

気を取り直して打ち続けるも、その後は「闘魂GP」に入っても毎回アッサリ負ける。

 

700G+αで到達する天井の「闘魂GP」でもバトルに勝てず、投資が2000枚弱まで膨らむという結果に…。

 

6号機らしからぬ波の荒!?

 

しょげていると同行していたじゃっくちゃんからまさかの情報が。

 

 

じゃ「ここの猪木、昨日は最高5000枚出てたみたいですね」

 

と、龍の如し右肩上がりのスランプグラフを見せてくれました。

 

ア「え~! 出る時はそんな出るんすね!?」

じゃ「でもワーストはマイナス4000枚でっす」

 

おぉ、なかなか波が荒い。そして今の私は確実に後者の流れの気が...、と頭を抱えていたその時、シマで1番調子の良さそうな台が空いたではないですかッ!!

 

前任者の方が2箱抱えて立ち去るのを見送って、じゃっくちゃんもドン引きの早さですかさず移動キメてやりましたよ。

 

 

 

そんなワケで本日2台目。気持ちも新たにしばらく回していると、画面左上の猪木像が何やら激しくザワザワしはじめました。

 

 

本機はレア役が仕事をしなかった時など、打っていてガッカリするタイミングに「怒ポイント」なるものが猪木像に貯まる仕組みなんですね。

 

で、ポイントがMAXになると恩恵があるわけなんですが、まさに今がその時だったようです。

 

一瞬の演出で写真に撮れなかったのですが、猪木像が画面いっぱいに映し出された後、「怒ポイント」MAXの恩恵である「コロシアムZONE」に移行!

 

 

「コロシアムZONE」は闘魂ボーナス期待度50%の高確ゾーン。ボーナス当選を逃しても「闘魂GP」に移行するとのことですが、闘魂ボーナス当選にはATも付いてきますから50%をしっかり射止めたいですね。

 

ドキドキしながら打っていると…、

 

 

中押しカットイン!

 

                        

 

闘魂ボーナス!!!!

 

しっかり50%を射止め、闘魂ボーナス+ATに当選です! ちなみに「コロシアムZONE」突入率はガッカリすることが多い=怒ポイントが貯まりやすい設定1であっても1/3205.3。恩恵の内容から考えても積極的に狙っていく必要はなさそうなので、突入したらラッキーぐらいに考えてよいのではないかと私は思います。

 

ハンター的まとめ

 

 

2台目でちょろっと取り戻し、2台合計でマイナス1,940枚。

 

結局、2台目の闘魂ボーナスを経由したATは5連で終了。しかしながらベルナビは20回以上が多く選ばれ、その分出玉スピードも早く感じました! また1台目と比べて格段にCZ「闘魂GP」への突入が早かった!

 

先にも言いましたが「闘魂GP」はATのキッカケであり「道フリーズ」へのキッカケでもある。こんな頻繁に「闘魂GP」がくるなら前日データで見た5000枚という大量獲得もなるほど納得ですね!

 

今回はこの台のポテンシャルを引き出してあげられないまま、終了のお時間がやってきてしまいました。

 

無念の引退…。

 

次は元気が満ち満ちている時に打ちます!

 

 

 

この記事の関連情報

関連する店舗

関連する機種

この記事に関連する店舗の来店レポート

ライター・タレントランキング

このページのトップへ